FC2ブログ

岩井証券のメリット 

現在、岩井証券で実施中のキャンペーン
・口座開設から3ヶ月間1日30万までの株式手数料が無料
・信用口座開設 収入印紙代4000円キャッシュバック
・2008/12/15~2009/2/27に先物口座新規開設で1ヶ月間先物ミニ手数料無料。先物口座開設は12/15~の口座開設じゃないと駄目ですので、それまで待ちましょう。先に株式口座を開く必要有りますので、株式口座は先に開いておいた方がいいと思いますけど。


<以下 以前に書いた記事です>

私がメインとして使う証券会社として理想的なのは、
1、手数料が安い(私の場合あまり高額の取引はしないので、低額帯での手数料が安いのが良い
2、できたら逆指値を使える。
3、即時入金が出来る。

私は今までSBI証券をメインとして使ってきましたが、昨年の8月から岩井証券に乗り換えました。
実際に使ってみての、メリットデメリットを書こうと思います。

岩井証券のメリット1、手数料が安い

  ~10万 ~20万 ~30万 ~40万 ~50万 ~60万 ~70万 ~80万 ~90万 ~100万 ~200万 ~300万
岩井 84円 168円 252円 336円 420円 504円 588円 672円 756円 840円 1680円 2520円
GMO 230円 230円 300円 430円 430円 860円 860円 860円 860円 860円 1260円 1660円
イートレ 0円 250円 315円 500円 500円 900円 900円 900円 900円

900円

1320円 1740円
ジョイン 100円 200円 300円 400円 500円 900円 900円 900円 900円 900円 1320円 1740円
楽天 450円 450円 450円 450円 450円 900円

900

900円 900円 900円 2100円 3150円

上記は、各社の1日定額手数料の正規料金を比べたものです。これを見ると、1日10万~100万円までの取引ならイートレやジョインベスト・GMOなんかよりも安いです。
しかも岩井証券は日計(デイトレ)の場合、返済分の手数料が無料です。

手数料比較シミュレーションをやっていただくと、低額の取引が多い人にとってメリットが大きい料金体系なのが分かると思います。
ただし100万円以上の価格帯ではそれほど割安ではないので、1日100万円以上の取引が多い人はクリック証券とかにした方がいいと思います。

また先物ミニの手数料も片道105円と安いので、私は先物ミニも岩井で取引してます。オプションは、手数料は安い方だと思うので「買い」の場合は問題ないと思いますが、「売り」の場合はSPAN証拠金を採用していない為、他社と比べて証拠金が多く必要になります。

岩井証券のメリット2、逆指値(OCO)を使える
逆指値は、急落などの時に自動的にロスカットができ便利です。
岩井では去年の8月から逆指値を使えるようになったのですが、通常の指値と同時の注文(OCO)ができませんでした。中期投資の場合はそれほど問題ないですが、短期のスイングで買った場合、普通の売り指値を入れたいけど、万が一の為に逆指値も入れておきたいという事が多く、ちょっと使いづらかったです。今イートレを使ってる人はそのもどかしさが分かると思いますが。

そして、ついに今週から逆指値+通常注文(OCO注文)が使えるようになりました。岩井ユーザーとしてはすごく嬉しいです。
今まで、OCO注文ができるところは少なく、カブドットコム・マネックス・松井・楽天などで、手数料が若干高めでした。
この手数料で、OCO注文が使えるってのは、魅力的だと思います。

岩井証券のメリット3、即時入金ができる。
即時入金サービスは、やっぱり無いよりは有る方が便利です。岩井では、みずほ・東京三菱UFJ・三井住友・ジャパンネット・イーバンク・セブン銀行・郵貯・りそな・埼玉りそな・近畿大阪銀行から、ネットから手数料無料で即時入金できます。

1日の取引金額が100万円以下の事が多く、逆指値(OCO)を使いたいって人は、岩井証券いいんじゃないかと思います。おすすめです!

続きを読む
スポンサーサイト



にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

祝!岩井証券が「逆指値+通常注文」を導入 

個人的にすごく嬉しかった事。
岩井証券が、来週から、ついに、ついに

株でも「逆指値+通常注文」(OCO注文)を始めるそうです!

これまでも岩井証券では逆指値注文は可能だったのですが、通常の指値とは一緒にだせなかったのがネックで正直、ちょっと使いにくかったです。
参照記事 岩井証券のメリット
「逆指値+通常注文」は多くの岩井証券ユーザーが待ち望んでいた事だと思います。

もちろん今までも、カブドットコムやマネックス、楽天、松井なんかではOCO注文できましたけど。それらの証券会社よりもずっと安い手数料の岩井証券で、使えるってのが意味が有ります!

いやーほんとに嬉しい。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

はじめ 

株を始めるにあたって、まず最初にする事は、証券会社の口座を開く事です。もちろん株について一から勉強する必要が有りますが、口座開設には1週間~2週間はかかるので、まずは口座の開設の申し込みを済ませてから、勉強をはじめる方が効率的です。

証券会社といってぱっと思い浮かべるのは、野村證券山一證券といったところでしょうか。しかし、金持ちではない個人が株をこつこつやろうとする時に、お勧めなのが、オンライン証券もしくはネット証券と呼ばれる主にインターネットで取引をする証券会社です。
オンライン証券のメリットは①手数料が安い②証券マンの押し付けが無く、じっくり自分で選べる。③家に居ながらにして株取引ができる。

ちなみに私の場合は、メインがイートレード証券、サブがライブドア証券、そして松井証券と全部で3つも口座を持っています。なんで3つも口座を持っているのか?

口座を持った人だけが見れる情報が有ります。証券会社により同じ銘柄の株でも、分析内容が違う事もあります。そんな時、一つの証券会社にしか口座を持っていなかった場合、その証券会社からの見方しか見ることができません。もし、いくつかの証券会社に口座を持っていると、より多くの情報を得る事ができ、そこを取捨選択する事ができます。

また証券会社によって、取引手数料に特徴が有ります。取引のスタイル、金額に合わせて証券会社を使い分けることも可能です。 もちろん口座をいくつか作っても、その全てにお金を入れて、株を買ったりする必要はまったくありません。まずは自分が何を重視するかを考えて、メインの証券会社を決めます。ちなみに自分の一番の重視するポイントは手数料の安さです。

もしその証券会社が他の証券会社と比べて全てにおいて優れている場合、他では取引する必要が無いでしょう。しかし一長一短がある場合は、その短の部分を補うとゆうかそこの部分で強い証券会社をサブ口座にすればよいでしょう。

またオンライン証券はネット銀行との相性が良いです。証券会社が決まったら、証券口座への入金方法をどうするか考え、必要に応じて金融機関の申し込みを早めに済ませておくと、のちのちスムーズに株取引がはじめられると思います。
特に普段使ってる金融機関が地方銀行の人は、振込手数料の事などを考えると、ネット銀行に口座を作っておいた方がいいと思います。

<07年3月30日追記>(以下の各リンクはこのブログ内へのリンクです)
現在私の持っている証券口座は10に増えました。ちょっと多すぎです。
現在は岩井証券をはメイン口座として使っています。手数料が安く逆指値が使えるのが魅力的です。
優待目的などで、20万円以下の銘柄を買う時は手数料無料の丸三証券で取引しています。
楽天証券は、使いやすいと評判のマーケットスピードが使える事と、海外ETFが充実しているのが魅力です。
マネックス証券ではミニ株の取引と投資信託の積立をしています。
カブドットコム証券は、ノーロードファンドの多さと多彩な注文方法が魅力です。小額で投資をはじめようとする人にはプチ株もあります。
野村證券は、IPOと豊富な商品が強みです。
他にもいろいろな証券会社が有ります。詳しくはオンライン証券一覧をご覧ください。

そしてネットで資料請求して、口座申込書が送られてきたら、一般口座か特定口座で源泉徴収有りか無しかの3つの中から選ばなくてはなりません。手前味噌ですが源泉徴収有りと無しどっちが得かが参考になると思うので決める前に一度読んでおくと良いと思います。

以上の手続きが終わったら、実際に株が取引できるようになるまでに、勉強をしましょう。
を読むのももちろん良いですし、今では星のようにたくさんの株に関するサイトがあるので、インターネットで勉強するのも良いと思います。
株について全く分からない、ゼロから勉強したいって方は株を始める前に見るサイト~株リンク集 をご覧ください。私が実際に見て良いと思った株サイトだけをまとめた物です。
本にしても、インターネットにしても、いろいろな投資スタイル(デイトレ・スイング・中期・長期・割安株・テクニカル・インデックス投資などなど)の人のを読むのをおすすめします。いろいろ読むことで、自分にあった投資スタイルが見つかっていくかと思います。


このブログは[株をはじめる前に読むブログ]とのタイトルですが、私が興味がある事を記事にしているので、初心者の方にはややとっつきにくい記事も多いかもしれません。初心者向けの記事は、株をはじめる前に(初心者向け)カテゴリーにまとめてます。
またバーチャル取引ゲームで取引を実際に体験してみるのもいいと思います。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。
アクセス解析アクセスランキング