FC2ブログ

藤巻健史 を読む 

私は本を読むのが好きなので、図書館とかで借りてよく読みます。
いろいろ読んだ中から、今日は藤巻健史氏の本をご紹介したいと思います。

藤巻氏の本で必ずと言っていい程、書いてあるのが、↓

・「長期的な経済の見通しに基づいて勝負する」ことをお薦めする。ディーラーを真似て頻繁に売買すると「高い所買って安いところで売るはめ」になりかねない。マーケットの大きなうねりに乗ることが肝要

・個人投資家は偉い先生のマーケットコメントをすぐ信じてしまう。それらはあくまで参考程度自分の頭で判断する。その為には勉強も必要。

・日本の不景気の原因は「円が身の丈以上に強すぎる」から。
中国は1980年に1ドル=1.5元だったのが、94年以降は1ドル=8.3元(現在は1ドル=7.5元程度です)。これだけ人民元が安くなれば国際競争力は増し、中国経済が伸びるのは当然。1980年に1ドル=200円台だったドル円が、1ドル800円台になるようなもの。
日本も円安にすれば良い
円安により輸入物価は上がるだろうが、「物価が高くても景気がいい」方が、「物価が安くても不景気で仕事が無い」状況よりはずっと良い。
(5年位前に書かれた内容です。)

・日本の金融緩和政策は、「お金をジャブジャブ」にする政策。資産インフレへ。私は借金してでも土地や株や外貨投資をする。
(数年前に書かれた内容です。) 

個性的というか、ポジショントークもふんだんに入ってます。すぐ信じずに、あくまで参考程度。がいいのかも知れませんが、結構面白いです。
基本のところはどの本も同じこと書いているので、とりあえずなんでもいいので1冊読んでみるのをおすすめします。
藤巻健史の著書一覧

私が読んだ本
藤巻健史の5年後にお金持ちになる「資産運用」入門
高校生への授業をもとに書いているので、簡単な内容で分かりやすいです。経済が苦手な人にもおすすめ。

藤巻健史の実践・金融マーケット集中講義(上) 為替と金利はなぜ、いつ動くか編
藤巻健史の実践・金融マーケット集中講義(下) 現場で使えるデリバティブ、スワップ編
こちらは、ディーラー時代にどんな取引を行っていかたかが分かります。特に金利スワップ取引や債券先物・OP取引など、普段馴染みがない金融取引についての解説が有り、興味深かったです。それを個人投資家が実際にどう活かすのか?
ってのは置いといて、ディーラーってどんな取引をしているんだろうって興味が有る人には面白いと思います。

藤巻兄弟の大人塾。
ファッション業界で活躍している弟の藤巻幸夫氏との共著。
雑誌への連載をまとめたもので、健史氏の経済の話と幸夫氏のファッションの話が2ページごとに。
雑誌のコラムなので、専門的ではなく簡単な内容。でも、藤巻健史氏の考え方のエッセンスはきっちり押さえてあります。

続きを読む
スポンサーサイト



にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。
アクセス解析アクセスランキング