FC2ブログ

走っているバスと停まっているバス 

今日は日経平均で-752円で12573円とずいぶん下がったんですね。

私が投資を始めたのは2005年8月。その時もちょうど日経平均は12000円台でした。その時の水準に逆戻り。
買い増していったので、通算の成績は今月でマイナスになりました。投資は長く続けたもん勝ちだと思っているので、気にせず買い続けますけどね。長期戦になるのも覚悟のうえで弾切れにならないようなペースでちびりちびりとですが。

長期投資の人向けの話しです。

今読んでいるグレアム新 賢明なる投資家 上によれば
「株と債券への基本的には50:50にすべきだ。昔ながらの考え方によれば、長引く弱気相場によって株価が「割安」となった時には、株式の割合を上げるのが堅実な選択といえるだろう。逆にいえば、相場水準が危険なまでに高くなったと投資家が判断すれば、株の割合を50%以下に下げよという事になる。
こうした平凡なやり方は、言うは易くとも、いざ実行するとなると難しいものだ。なぜならそうしたやり方は、強気相場や弱気相場の行き過ぎを生み出している、人間の本質に反しているからである。」
グレアムもっと早くに読んどけばなと思いました。まぁ長い投資生活のまだ2年半だからそれほど遅くもないのかも知れませんが。



私が投資を始めた2005年は夏に12000円だった日経平均が16000円台へと駆け上がっていきました。
マザーズやヘラクスレスなどの新興市場はさらに早いスピードで上昇していました。さらにそれを信用買いでレバレッジをかけていた人は、1年で資産を2倍あるいはそれ以上にした人も多かったようです。そこまでいかなくても、買いで入っている人はほとんどが儲かっていたんじゃないかと思います。

おすすめ関連リンク
投資をはじめるタイミング [我が子の為に株式投資・投資信託]
走っているバスに飛び乗るのは危険日本株というバスが止まるまで投資を待つことをお勧めします。

こちらは、2006年1月10日に書かれた記事です。日経平均やTOPIXなどはその後もしばらく上がりましたが、新興市場に関してはまさにドンピシャなタイミングな記事ですね。


で、以下私なりの例えを書くと、

今、バスはバスターミナルで停まった状態なのかなと。
ただし、日本のバスみたいに定時に発車のバスではなく、途上国なんかでよく有るような乗り合いの乗客が集まったら発車するようなタイプなバス(←イメージ湧きにくいかもしれませんが。)

今からバスに乗り込んでいても乗客が集まらないので、まだまだ発車しないかもしれません。
要領のいい人だったら、発車ぎりぎりまで他の用事を足したり、喫茶店でゆうゆうお茶を飲んでいるかもしれません。
要領の悪い人だったら、同じ様に発車ぎりぎりまで他の用事を足したり、喫茶店お茶を飲んで、結果バスに乗り遅れるかもしれません。もしくはそこから走って追いかけて飛び乗るか。

気が短かめの人には、走らないバスにずっと乗って待っているのはイライラしてしょうがないかもしれません。そういう人には無理にバスに乗ってろとは言いません。
気が長い人だったら、バスターミナルで行き先をよく確認したうえでバスに乗り込み、缶ジュースでも飲みながらゆっくりと本でも読みながら時間を過ごすかもしれません。いつ発車になるんだとそわそわしたりイライラしても、出発が早くなるわけじゃないですしね。

ちなみに新興諸国のバスは、ここ数年猛スピードで飛ばしてましたが、まだ停まってないかもしれませんけどだいぶスピードが緩んできましたね。


まぁ、発車はまだかもしれませんし、上がる時も下がる時も行き過ぎるのが相場ですので、無理してでも今買いだとは思いませんが。

2005年の秋~2006年にかけての様な時と、今みたいな時。これからどっちがより下がる危険性が大きいのか。投資をする(投資をはじめる)にはどちらが向いているのか。

スポンサーサイト



にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

こんな時は長期投資の本でも読みましょ 

長期投資の方に おすすめリンク
私の割安株探し(イントロデュース編)
私の割安株探し(バランスシート検討編1)
私の割安株探し(バランスシート検討編2)
暴落時、ふと目に付いたニュース  [株式十八番]

バリュー投資復権の年
投資に必要な才能を復習する
リスク回避で株式売却の意味不明 [投資を楽しむ♪]

お二方のおすすめ、グレアム 新 賢明なる投資家 上を今読んでいます。

中長期の投資家ならば。サブプライム問題やノックイン債の事を気にするのもいいですが(←実際私もそういった事に対する好奇心もありますが)、こういった時こそ、長期的視点で書かれた本を読むのをおすすめです。
グレアムじゃなくても、ウォール街のランダムウォーカーでも敗者のゲームでもピーターリンチでもなんでも、お好きなのでいいと思いますけどね。

相場は上がったり下がったりするもの。
株価が下がっている事を必要以上に気にしていたら、中長期投資でもどうしても視点が目先に行きやすい。
そんな時には、これらの本を読んでみると(読み返してみると)、また中長期での視点にリセットできるじゃないかと思います。


短期投資の方に おすすめリンク
投資スタンス・投資手法を見直すいい機会かも・・・
相場格言からしても、相場は矛盾に満ちている [株と先物の勉強会]

下落(ベア)相場≠難しい相場 [昔ディーラー 今デイトレーダー ひろの旅日記]

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。
アクセス解析アクセスランキング