FC2ブログ

私のポートフォリオ 2009年4月末 

多くの人にとってどーでもいいと思いますけど、私の現在のポートフォリオについて書こうと思います。ちなみに2007年7月はこんな感じ2008年3月はこんな感じ でした。
それほど教科書的な良いポートフォリオではないので直接参考にはしない方がいいと思いますが、一例として。証券会社の使い分けも含めて書いていこうと思います。

日本株 (個別投資)

44.8%

先物ミニ 証拠金

2.3%

FX 証拠金 4.8%
投資信託(海外ETF含む) 48.0%
100.0%

日本株 44.8%(昨年38.5%)
日本株は主に、岩井証券を使って取引しています。
相場が不安定ですので、昨年からは信用買いは控えています。
最近はSBI証券S株を使って、安いと思ったものを毎月ちびりちびり買い増してます。
マネックス証券でも、ミニ株や一部の銘柄を貸し株ねらいで保有しています。

先物ミニ 証拠金 2.3% (昨年2.5%)
今は、先物ミニを1枚建てらればいいかなという証拠金だけいれてます。
先物ミニも岩井証券を利用してます。

FX 証拠金 4.8%(昨年3.3%)
昨年から新規入金は一切していませんが、株や投信のマイナスが大きかったので、相対的に割合が少し高くなりました。
FXは、証拠金に対してちょっとレバレッジが高めの時も有ります。でもまあ、損切りの逆指値は入れますし、FXに投じている資金自体がそれほど多くないので、万が一の場合もなんとかなるかなと。主に外為ドットコムとインヴァスト証券で取引してます。

で残りの48.0%(昨年55.7%)が投資信託(海外ETF含む)です。
海外ETFは楽天証券、投資信託はフィデリティ証券がメインです。

投資信託の中身を見てみると

インベスコ 店頭・成長株OPEN フィ 1.4% 日本株
ほくほくインデックス 道銀 0.9% 2.3%
IVV  SP500・ETF 楽天 3.5% 外国株式
EFA ヨーロッパアジアETF 楽天 5.1%
トヨタバンガード外国株式 フィ 9.6% (先進国)
STAM グローバル株式インデックス フィ 2.2%
NASDAQオープンB SBI 0.5% 20.9%
年金積立 海外新興国 フィ 4.5% 外国株式
2828ハンセンH・ETF 楽天 4.1%
HSBC インド フィ 0.9% (新興諸国)
HSBC ブラジル フィ 0.8%
欧州新成長国株式F フィ 1.1% 11.4%
グローバルソブリン 道銀 3.2% 外国債券
年金積立 海外債券 フィ 0.3%
外貨MMFオーストラリア マネ 5.5% 9.0%
STAM J-REITインデックス フィ 0.9% 日本REIT
    0.9%
IYR 米国REIT 楽天 2.0% 世界REIT
      2.0%
1328 金ETF マネ 0.9% コモディティ
1327 商品ETF 岩井 0.6% 1.5%
48.0%

投信(日本株) 2.3%
私が個別で買っている日本株は、東証1部・2部などの割合が多く新興市場は少ないので、少しだけ「インベスコ 店頭・成長株OPEN」も保有しています。
ほくほくインデックスファンド」は、2005年に道銀で買いました。いわゆるご当地ファンドです。でもはっきり言ってTOPIXと同じ様な値動きでした。信託報酬の分負ける感じ。

投信(外国株 先進国) 20.9%
先進国の株は主に、楽天証券の海外ETFで保有してます。「IVV(米国株)」より「EFA(米国以外の先進国)」の方が割合が高いですが、深い意味は有りません。同じ位の割合でいいと思ってます。海外ETFはまとめて買った方が手数料が得なので、単にEFAを買う時に資金に幾分余裕があったから多めに買っただけです。
その後バランスを考えて、ヨーロッパ株の割合が少なく、米国株の割合が高めの「トヨタバンガード海外株式ファンド」を毎月積み立てていました。
だいたい丁度いいかなと思うような割合になったので、2ヶ月ぐらい前より積立ファンドは「STAM グローバル株式インデックス」に変更しました。時期をみて海外ETFに替えようと思っています。
NASDAQオープンが少し入っていますが、深い意味はなくトヨタバンガードでよかったんですが、昨年にドルが100円を切りその時米国株の下落も大きかったので、こっちを買ってみました。

投信(外国株 新興諸国) 11.4%
「年金積立インデックスF海外新興国株式」が今はメイン。今後もう少し資金が増えたなら海外ETFの「EEM」か「VWO」にスイッチしようかなとも思います。

2006年の11月に中国株(H株)のETFを買いました。その後2年で倍以上になり、そしてまた半分になり元に戻りました。。
以前はBricsファンドを保有してましたが、中国株ETFを購入したので、バランスも考えてインド株・ブラジル株・欧州新成長国を少しづつ。

投信(日本REIT)0.9%
昨年暮れにREITが破綻したりして落ち込みが激しかったので、試しに少しだけ買ってみました。

投信(海外REIT)2.0%
昨年に、保有していた米国REITファンドから、海外ETFのIYR(米国REIT)へ乗り換えました。
比較的、米国株と同じタイミングで上がったり下がったりする事が多いですが、振れ幅は違うので、ある程度のリスク分散(ポートフォリオ全体での標準偏差を小さくする)効果はあるのかなと思います。

投信(外国債券)9.0%
グローバルソブリンも、初めて買った投資信託のうちの一つです。道銀で一番勧められたのがこれ。
それからマネックス証券で、オーストラリアドルの外貨MMF積み立ててます

投信(コモディティ)1.5%
金ETFコモディティETFを少し保有しています。

続きを読む
スポンサーサイト



にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

新光総合研究所のサイトで、日本株ポートフォリオ診断 

[Mc.N の投信都市]のこちらの記事を読んで知ったのですが、
新光総合研究所の指定銘柄診断は結構良いです。

一つの銘柄だけを入れることもできますし、複数の銘柄の組み合わせを入力する事もできます。
自分の日本株のポートフォリオを入れてみるのをおすすめします。

銘柄コードを入力→保有株数を入力→でポートフォリオの診断がでます。
診断項目は、そのポートフォリオとTOPIXか日経平均との3年前からの比較チャート。
ポートフォリオの配当利回り・PER・PBRの加重平均。

株価水準規模割安性株価騰落率成長性市場感応度金利感応度為替感応度を見ることができます。
上の8項目はあくまでも目安ですが、自分のポートフォリオがバランスがとれているかを見る事ができます。どういったところが偏っているのか再確認できます。もちろん、アクティブに行くのであれば意識的にとがったポートフォリオにするというのも、ありだと思います。

結構面白いと思うので、ご興味の有る方はやってみてください。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

ポートフォリオアンケートと私のポートフォリオ 

[かえるの気長な生活日記。]で今、ポートフォリオの割合アンケートを行っています。
理想とするポートフォリオの割合を入力して、みんなの平均を出そうというものです。
既に200件の回答が集まっているそうですが、面白そうなので私もアンケートに参加しようと思います。
まだ、参加されてない方でご興味が有る方はぜひ参加してみてください!

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

私のポートフォリオ 

多くの人にとってどーでもいいと思いますけど、私の現在のポートフォリオについて書こうと思います。
それほど教科書的な良いポートフォリオではないので直接参考にはしない方がいいと思いますが、一例として。証券会社の使い分けも含めて書いていこうと思います。

日本株 43.1%
先物ミニ 証拠金 2.2%
FX 証拠金 3.6%
投資信託(海外ETF含む) 51.1%
100.0%


日本株 43.1%
日本株は、IPOなどに応募する為に一部キャッシュポジションを持ってますけど、その分より少し多いぐらい信用買いをしてます。年末は上がるかなと勝手に思っているので、ほぼ資金に対して100%のポジションを取ってます。暴落が有った時のキャシュポジション代わりに、信用の枠はなるべく残しておいてます。
日本株は主に、岩井証券を使って取引しています。
マネックス証券でもミニ株や、一部の銘柄を貸し株ねらいで保有しています。
キャッシュポジションはIPO用にマネックスイートレードに少しづつ入れています。
それから、ジョインベスト証券で口座開設+5万円以上入金で5000円プレゼントというキャンペーンを以前行っていましたが、その時の5万5千円でまめ株を買ってみました。

先物ミニ 証拠金 2.2%
今は、先物ミニを1枚建てらればいいかなという証拠金だけいれてます。
なお余談ですが、月末にUPしている毎月の成績はこの数字を基にするともの凄いマイナスになってしまうので、2月の世界同時株安時までのオプションの売りもやっていた時の証拠金を基にした計算をしています。先物ミニも、今は岩井証券を利用してます。

FX 証拠金 3.6%
FXは、証拠金に対してちょっとレバレッジが高めかなと思います。でもまあ、損切りの逆指値は入れてますし、FXに投じている資金自体がそれほど多くないので、万が一の場合もなんとかなるかなと。主に外為ドットコムとインヴァスト証券で取引してます。

で残りの51.1%が投資信託(海外ETF含む)です。

投資信託の中身を見てみると

日本小型株ファンド 3.3% 日本株
ほくほくインデックス 1.4% 6.1%
コロンブス・ジャスダック 1.3%
IVV  SP500・ETF+MMF 6.0% 国際株
EFA ヨーロッパアジアETF 8.8% (主に先進国)
トヨタバンガード外国株式 2.2% 17.0%
JFアジア株アクティブ 4.7% 国際株
HSBC Briscファンド 2.5% (主に新興諸国)
2828ハンセンH・ETF 5.7% 17.0%
HSBC インド 1.1%
HSBC ブラジル 1.4%
欧州新成長国株式F 1.7%
米国REITヘッジ有りA 2.1% 海外REIT
米国REITヘッジ無しB 2.5% 4.6%
グローバルソブリン 3.6% 海外債券
外貨MMFオーストラリア 2.8% 6.4%
51.1%

投信(日本株) 6.1%
日本小型株ファンドとほくほくインデックスファンドは、2005年に道銀で買いました。
今まで何回か書いてますが、日本小型株ファンドには夢を見させてもらいました。ライブドアショックと共に夢から覚めましたが。。
ほくほくインデックスファンドは、いわゆるご当地ファンドです。でもはっきり言ってTOPIXと同じ様な値動きでした。信託報酬の分負ける感じ。
ジャスダック株のファンドは、JASDAQ指数が年初来安値を更新などのニュースが出るたびにちょびっとづつ買っているものです。(イートレード証券)

投信(国際株 先進国) 17.0%
先進国の株は、楽天証券の海外ETFで保有してます。IVV(米国株)よりEFA(米国以外の先進国)の方が割合が高いですが、深い意味は有りません。同じ位の割合でいいと思ってます。海外ETFはまとめて買った方が手数料が得なので、単にEFAを買う時に資金に幾分余裕があったから多めに買っただけです。
EFAは日本株も含まれているので、購入の際に、ほくほくファンドと日本小型株ファンドの一部を解約してバランスをとりました。

また、マネックス証券で新興国も含めて世界の株式に投資するトヨタバンガード海外株式ファンドを毎月積み立ててます。これはある程度資金が貯まるごとに上記のETFに買い換えていこうと考えています。

投信(国際株 新興諸国) 17.0%
JFアジア株アクティブファンドは、2005年に道銀で初めて投資信託を買った時のファンドの一つです。香港・台湾・韓国・シンガポールなどNIES諸国の比率が高めなので、新興諸国としてくくるのは微妙かもしれませんが。初めての時でよく分ってなかったのですが、なんとなくアジアは伸びるかなと思い買いました。2年間で、ほぼ倍になりました。

BRICsファンドは、2005年の冬にマネックス証券でノーロードキャンペーンをやっていた時に買ったものです。こちらは1.6倍ぐらいになってます。

去年楽天証券で海外ETFのサービスが始まり去年の11月に中国株(H株)のETFを買いました。1年経ってませんがこれも1.6倍ぐらいになってます。

インド株・ブラジル株・欧州新成長国の株式ファンドは、今まで積み立てていた外国株ファンドが償還になったので、その資金で今年の2月に購入しました。
そして、その後に世界同時株安。最悪のタイミングでした。
でもまあ、どれも現在は買値を大きく上回ってます。

騰がった事ばっかり書いてますが、新興諸国株はちょっと急ピッチで上がりすぎとの懸念はあります。

投信(海外REIT)4.6%
その他では、米国REITファンドを保有しています。(道銀)
比較的、米国株と同じタイミングで上がったり下がったりする事が多いですが、振れ幅は違うので、ある程度のリスク分散(ポートフォリオ全体でのベータ値を小さくする)効果はあるのかなと思います。

投信(海外債券)6.4%
グローバルソブリンも、初めて買った投資信託のうちの一つです。道銀で一番勧められたのがこれ。
それから、マネックス証券で、オーストラリアドルの外貨MMF積み立ててます


改めてポートフォリオを見てみると、
日本株の割合が大きいなと。日本株と日本株の投資信託をあわせると、投資資金のほぼ半分にもなってます。

先物ミニは今、ロングで一枚持ってます。日本株は一旦下がるにしても年末には今より上になるんじゃないかという、自分の勝手な妄想により、ロングで入る事多いです。ただリスクのバランスを考えたら先物ミニはなるべくショートで参戦した方がいいのかな。

逆に、アメリカ株やヨーロッパ株などの割合がちょっと少ないなと。

新興諸国ファンドは今ぐらいの割合でいいと思ってますが。投資信託の税率が20%になる前におおかたは売ってしまって、海外ETFのEEM(新興諸国に幅広く投資)に乗り換えようかと考えてます。
ただ今みたいに、たくさんの国のファンドを保有して、その値動きをウォッチしていくのは個人的には好きです。効率的・合理的ではないかもしれませんが。

今後は、日本株が投信も含めて40%ぐらいになるまで減らして、その分IVVやEFAなどの海外ETFを増やしていきたいと考えてます。

東証でも、外国株のETFの上場を検討しているみたいですし、購入するETF自体は別のものになるかもしれませんが。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。
アクセス解析アクセスランキング