FC2ブログ

トレンドと投資家 

投資の科学で、企業の成長のSカーブと株価の関係について書かれています。
そちらから一部引用させてもらうと、
「投資家(というより人間)は、物事の移り変わりを線形で考える。最近のトレンドを将来に引き伸ばして考える傾向が強い。」例えば低成長な時は低成長がずっと続くと考え、高成長の時は高成長がずっと続くと考える。

おすすめ関連リンク
景気ウォッチャー調査と株価の関係 [ダントツ投資研究所]
景気ウォッチャー調査では、景気の現状判断と3ヵ月後の先行き判断について調査されています。
しかし、こちらの記事とグラフを見ると、この2つはほとんど同じ動きをしているのが分かります。つまり先行き判断は単に、現状の傾向が続くだろうとの予想になってます。

この「最近のトレンドを将来に引き伸ばして考えるという傾向」が株価などに与える影響は結構大きいのかなと思います。
急上昇している株価あるいは不動産価格などを見て、このまま上がり続けると思ってしまうからバブルが生まれてしまう。

逆もまたしかり。
ただし、相場の底は得てして「現状も今後も悪くなっていくだろう」という心理の時にやってきますが、「現状も今後も悪くなっていくだろう」と思った時が底とは限らない。

続きを読む
スポンサーサイト



にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

現状維持バイアスとサンクコスト効果 ~行動経済学2 

次の問いに答えよ。  ~行動経済学1 の続きとなっていますので、まだ読んでない方はそちらを先にお読みください。


前回のアンケートでは、たくさんの人にお答えいただき、本当にありがとうございます。

回答結果は ←回答のコメントもいろいろ書いていただいて、興味深く読ませていただきました。(感謝です!)

・よくわからないけど Aのまま  35票 (13%) 
・よくわからないけど Bに変える  7票 (3%) 
・Aが当たりの確率が高いので、Aのまま  22票 (8%) 
・Bが当たりの確率が高いので、Bに変える  57票 (21%) 
・確率は同じだし、 Aのままにしとく  145票 (54%) 
・確率は同じだし、 Bに変えてみる  4票 (1%) 

さて、回答です。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

次の問いに答えよ。 ~行動経済学1 

読書の春という記事であげた1冊のうち、山崎元さん推奨の1冊 『行動経済学』をご紹介しよう
と思ってたのですが…
時間がなくて今日はうまくまとめられなかったので、この本に載っていた問題を1つ。

質問1
今、あなたはテレビのクイズ番組に出演しているとする。何題かの問題に正解し、最後の賞金獲得のチャンスがやってきた。
ドアが3つあり、どれでもいいからドアを開けるとその後ろにある賞金がもらえることになっている。1つのドアの後ろには100万円が置かれているが、残りの2つのドアの後ろにはタワシが有るだけ。 
あなたは、A・B・C3つのドアから検討をつけてAのドアを選んだとしよう。まだ、ドアは開けていない。
すると、どのドアの後ろに100万円が有るのかを知っている司会者は、Cのドアを開けた。もちろん、そこにはタワシがあるだけ。
ここで司会者はあなたに尋ねた。「ドアAでいいですか?ドアBに変えてもいいですよ。どうしますか?」

アンケートにご協力ください
さあ、あなたならどうするだろうか。Aのままでもよいし、まだあけられていないBのドアに変更してもよい。どちらを選ぶか?
よくわからないけど Aのまま
よくわからないけど Bに変える
Aが当たりの確立が高いので、Aのまま
Bが当たりの確立が高いので、Bに変える
確率は同じだし、 Aのままにしとく
確率は同じだし、 Bに変えてみる


つづき(回答)は こちらの記事です。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。
アクセス解析アクセスランキング