FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

証券税率10%→20%へ。今年一旦、売るべきか!?売らざるべきか!? 

来年2014年から、株や投資信託の税金が10%から20%になります。例えば10万円の利益が有った場合、今年売れば税金は1万円ですが、来年売れば税金は2万円に増えてしまいます。
※復興特別所得税があるので正確には、10.147%から20.315%。

今回は、来年以降も保有するつもりの株や投資信託も、今年中に一回売ってすぐに買いなおした方が良いのか、それとも売らずにそのまま保有していた方が良いのかをシミュレートしてみます。

買いなおしのメリット。
税率が低い今年のうちに売ってしまった方が、ここまでの利益分に対しての税金が低くなる。

買いなおしのデメリット。
税金が引かれる。株は取引手数料がかかる。投資信託は購入に手数料がかかるものがあるし、ノーロードでも一旦売る際に信託財産留保額が引かれる。 その為、一旦売って買いなおしをすると、しない場合と比べて投資金額が少なくなり、複利効果が薄れてしまう。

手っ取り早く結論だけ知りたい人は、まとめへ。



というわけで、作ってしまいました。税金計算シミュレーション(Excel)。
基本的に、ピンクの欄が変数ですので、そこの数字をいろいろ入れ替えてみてください。結果がイメージしやすいように元本欄もピンクにしてありますが、基本的に元本の大小は、どっちが得になるかの分岐点の結果には影響を与えません。黄色の欄が結果です。
もちろん式の意味を理解したうえで、他のところを変化させるのはご自由にどうぞ。
おかしな所等ありましたら、教えてください。

まずは、取引手数料や信託財産留保額などが一切かからないと仮定した場合の計算をしてみましょう。
今年までの利益50%、売却手数料・信託財産留保額0%、購入手数料0% を入力

買いなおし以降の利益が+125%(2.25倍)と+126%(2.26倍)の間が分岐点になります。
今後の利益が125%以下なら、今年中に一回売って買いなおした方がよく。126%以上なら今年売らずにそのまま保有の方がトータルでのリターンが大きくなります。
このケースの場合は、買いなおし時点の利益がどの位かは影響しません。


次に、株や国内上場のETFを考えてみましょう。
株式の取引手数料は、証券会社や取引金額によって全然違いますけど。SBI証券の場合、アクティブプランで1日10万円まで100円(0.1%~)、1日50万円までで450円(0.09%~0.1125%)等となっています。
今年までの利益が50%、売買手数料を売却、購入共にで0.12%として計算してみると。
買いなおし以降、+112%以上上昇した時に、今年売らずにそのまま保有の方がリターンが高くなります。
買いなおし時点の利益を+200%(3倍)になっているケースで、計算しても分岐点は+119%以上です。
このケースの場合は、今年一旦売るまでの利益はほぼ無視して構わないと思います。

投資信託は、手数料がかからないノーロードファンドなどが増えていますが、その場合信託財産留保額0.04%程度。
買いなおし時点の利益が50%。購入手数料が0%、信託財産留保額が0.04%として計算してみると。+124%以上がボーダーとなります。
このケースの場合も、今年一旦売るまでの利益はほぼ無視して構わないと思います。

新興国株式などでは、購入時手数料に3.15%とかかかるものが有ります。
ここまで手数料が大きくなってくると、買いなおし時点の利益は影響してきます。
買いなおし時点の利益が+30%以下の場合は、売却時の税金と再購入時の手数料が大きく響いてしまう為、買いなおし以降の利益が例え0%でも、買い直しをしない方が有利です。
買いなおし時点の利益が+100%の場合は、買いなおし以降の利益が50%越えが分岐点で、それ以上になるなら、そのまま保有がお得。

続きを読む
スポンサーサイト
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

投資信託の税金 

投資信託は、国内籍の投資信託とルクセンブルク籍等の外国籍投資信託が有りますが、ここでは国内籍投資信託について書きます。
まず、投資信託は株式投資信託と公社債投資信託の2つに分類され、それぞれ税制が異なります。


株式投資信託の税制

2011年(平成23年)取引分までの税率は10%(所得税10%、住民税3%)です
2010年(平成24年)以降取引分については、税率が20%(所得税15%、住民税5%)に戻る予定です。ただし、景気の状況等により変更になる可能性もあります。

税率の事を抜かすと、2009年取引分から変更になった点は主に2点です。
(1)、解約で売った場合も、これまでの買取で売った場合と同じ税制に
(2)、分配金が、投資信託や株式の売却損と損益通算可能に(確定申告が必要)
参考記事 投資信託の税制について(個人投資家の場合)[大和投資信託]

(1)、解約で売った場合も、これまでの買取で売った場合と同じ税制に
2008年取引分までは、解約で売った場合と買取請求で売った場合の税制が異なり、全体的に解約で売るよりも買取請求で売った方が有利な場合が多い税制でした。しかし今年取引分からはこれまでの買取請求の場合の税制に一本化され、解約で売っても株式や株式投資信託の売却損と損益通算などできるようになりました。さわかみファンドなどの直販投信は解約しか選らべませんので、この改正は良かったですね。
<追記 ↑日本国内居住者で個人の場合>

2)、分配金が、投資信託や株式の売却損と損益通算可能に(確定申告が必要)
分配金・配当金は、これまで源泉徴収され確定申告はしなくてOK。総合課税として確定申告する事によって配当控除を受ける事も可能でした。
2009年取引分からはさらに、申告分離課税として確定申告する事もできるようになりました。
詳しくは→配当金と分配金の税金

↓損益通算可能な組み合わせ。○損益通算可能 ×損益通算不可 2009年取引分より損益通算可能に

損益通算 上場株式等の譲渡益 株式投信の譲渡益(買取請求)  株式投信の解約益・償還益  非上場株式等の譲渡益  上場株式の配当金(分離課税として確定申告)  投資信託の分配金(分離課税として確定申告)  非上場企業の配当金 
上場株式等の譲渡損   ○  ○    ○      ×

株式投信の譲渡損(買取請求)

 ○  ○    ○      ×
株式投信の解約損・償還損  ○  ○    ○      ×
非上場株式等の譲渡損   ○  ○    ○  ×  ×  ×

海外株式・海外ETFも、国内上場株式等と損益通算できます。
参考 楽天証券の解説ページ


株式投資信託と公社債投資信託 公社債投信の税制

公社債投信の税制は、債券の税制と近いです。株式などの損失と損益通算はできません。分配金も同様に損益通算できません。
日本株のファンドや国際株式ファンドが株式投資信託なのは分かると思いますが、例えば株式が50%・債券が50%のバランス型のファンドはどちらに分類されるか分かりますか?

株式投資信託の定義は1株でも株式を運用に組み込む可能性が有るかどうかです。ですので、株式50%のバランス型ファンドは株式投資信託に分類されます。世界主要先進国のソブリン債券に分散投資する「グローバル・ソブリン・オープン」は約95%が債券に投資されてますが、株式も一部組み入れる可能性があるファンドなので株式投資信託に分類されます。REITのファンドも株式投資信託です。この様に多くの投資信託は株式投資信託に分類されます。
ちなみに100%公社債で運用している投資信託、MMFやMRFなどが公社債投資信託に分類されます。外貨MMFは、外国籍公社債投資信託になります。
買おうと思うファンドが株式投資信託か公社債投資信託か分からない時は、目論見書の表紙を見てみてください。 「追加型株式投資信託」などと必ず書いてあるはずです。 
<追記 現在は、目論見書の表紙・もしくは表紙の裏に「税制上は株式投資信託として取り扱われます」などと書いてあるケースが多いです。三菱UFJ投信などは書かれていないので、“必ず”ではないですね。実際問題としては、公社債投資信託に分類されるのはMMF・MRF・中期国債ファンドなどが一部の商品のみで。「運用方針」として株式を組み入れないという債券型のファンドでも株式型投資信託が大部分を占めます。>

ちなみに「追加型」とは、募集期間が特に決められていなくいつでも購入する事ができる投資信託の事です。

  公社債投資信託 
分配金  利子所得
20%源泉分離課税
償還差益 利子所得
20%源泉分離課税
解約益 利子所得
20%源泉分離課税
売却益 非課税
差益に対し20%の
特別控除額が差し引かれます

まとめ
1、投資信託には国内籍株式投資信託国内籍公社債投資信託・外国籍株式投資信託・外国籍公社債投資信託の4つに分類され、それぞれ税制が異なる。
2、日本国内で販売されている投資信託の多くは国内籍株式投資信託である。
3、2009年取引分より、解約で売っても買取請求で売っても同じ条件に。
4、2009年取引分より、分配金は分離課税として確定申告する事により、株式や株式投信の売却損と損益通算可能に。

投資信託の場合、一般口座と特定口座(源泉徴収なし)の税制は一緒です。一緒ならば、証券会社や銀行が年間取引報告書をまとめてくれる特定口座にしとくのをおすすめします。
特定口座(源泉徴収あり)にすると確定申告は不要です。

特定口座を源泉徴収有りにするか、無しにするか迷われてる方は、
特定口座源泉徴収有りと無しどっちが得か(サラリーマン・OL向け)
特定口座源泉徴収有りと無しどっちが得か(主婦・学生・無職向け)
も見てみてください。この記事は株をやる人向けに書いた記事なのですが、株式投信の税制は株とほぼ一緒なので、参考になるかなと思います。

以上長々とと投資信託の税制について書きましたが、間違っている所・読んでもよく解からなかった所・記事に書いてないけど投資信託の税制についてこれは触れといた方が良い点、等ございましたら、ご指摘しただけると大変ありがたいです。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

積立投信でドルコスト平均法! 

どうしても、忙しい時などは投資を忘れる・もしくはメンドクサくなってしまったりするので。自動積立は自分にとっては無くてはならないものになってます。
ドルコスト平均法~定期的に一定金額を買い続ける投資方法。価格が高い時は少しだけ、価格が安い時に多めに買う形になるので、より多くのリターンを期待できるとされる投資方法。

3万円を使って、1万口当り基準価格が1万円の時に購入すると、30000口の投資信託を買えます。
ここでもし、基準価格が9000円、10000円、11000円と推移したとして、それぞれの時に1万円づつ購入したとすると、

  1月 2月 3月
1万口当り基準価格  9000円 10000円 11000円
買付け口数 11111口 10000口 9091口
11111+10000+9091=30202口

30202口買える計算に計算になるので、1万円の時に3万円一気に使うよりもお得になります。これがよく言われるドルコスト平均法のメリットです。
ただし、当たり前ですが、基準価格9000円の時に3万円一気に使うと33333口も買えるので、これが一番儲かります。ですので、投資信託の値動きの見通しを立てられる方であれば、基準価格が安いと思われる時に買うのが良いと思います。ドルコスト平均法はもともとは予想が難しい為替取引で少しでもリスクを少なくする為に考え出された投資法です。値動きの予想は難しいと考える人にとっては、良い投資法だと思います。またどちらかとゆうと長期投資向きだと思います。

詳しくは、
ドルコスト平均法の考察1 ~一定口数積立との比較 
ドルコスト平均法の考察2~一括全力買いとの比較


投資信託を毎月一定額積み立てていけば、積立預金と同じ感覚でコツコツ貯まっていく。しかもドルコスト平均法でお得になるはず。
各証券会社・銀行の自動積立サービスについて調べてみました。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

投資信託 

投資信託は、株や債券など中身はいろいろですが、その投資信託によって決まった種類の商品をたくさん集めて、それを小売りする商品です。

例えば、日本株の投信なら、条件にあった日本のいろいろな企業の株をたくさん集めて、それを小売りする。
中国株の投信なら、条件にあった中国のいろいろな企業の株をたくさん集めて、それを小売りにする。
海外債券の投信なら、条件にあった外国の債券をいろいろ集めて、それを小売りにする。

例えばトヨタの株を普通に(単元で)買うには、30万円以上必要です。日経平均の採用銘柄を全部買おうとしたら、寸千万~数億円もの資金が必要です。
でも、日経平均型の投資信託を買えば、1万円程度からの資金で日経平均を丸ごと買う事ができます。
株や債券を直接自分で買う場合少ない資金で分散投資するのは難しいですが、少ない資金からでも分散投資する事ができるのが最大のメリットだと思います。
また、海外(特に新興国など)の株や商品など、個人ではなかなか自分で買いづらいものにも簡単に投資できます

投資信託には非常に種類がたくさんあるので、日本株に投資したい人には日本株投資信託、インド株に投資したい人にはインド株投資信託、世界中の株に投資したい人には世界株投信、株や債券が両方バランスよく入っているのがいい人にはバランス型ファンド。といったように自分の好みにあった投資信託を選ぶ事ができます。

ただし、投資信託はボランティアで販売されている訳ではないので、当然運用会社や販売会社へ手数料を払うかたちになります。

手数料は、買う時にかかる販売手数料と、日々引かれていく信託報酬、売る時にかかる信託財産留保額があります。
これらの手数料は、例え投資信託が上がろうと下がろうと確実に引かれていくコストです。
<関連記事 投資信託にかかるコスト まとめてみました。
販売手数料がかからないノーロードファンドも有ります。
このコストは投資信託ごとに違いますが、同じ内容のファンドであれば、コストが低いにこした事はありません。全然違ったタイプの投資信託同士のコストを比べてもあまり意味がないと思いますが。

もしそのコスト以下で、個別で充分に分散投資できるならば、投資信託じゃなくてもいいと思います。

投資信託は、利回りが保障されている商品では有りませんし、元本も保証されていません。
その投資対象の利回りからコストを引いた分が投資家の利益になります。例えば日経平均がその年に10%上がったとして、コストが1%だったとしたら、日経平均型の投資信託を買った人の利益は9%になります。
投資信託が元本保証で無いという事に関しては、以下のブログの記事を興味深く読ませていただきました。
<おすすめ関連リンク> 
そもそも日本にETFのニーズはあるのか。 [株式十八番!]
投資信託に振り回される人 [楽(趣味)あれば苦(投資)あり]

未来を正確に予想するのは無理ですが、(その投資対象の期待リターン-コスト)が、下がるリスクなどを加味したうえで他の投資対象と比べて、有利だと思われるなら、投資信託を買うのがいいでしょう。

モーニングスターで、1年間(2008年6月末→2009年6月末)で成績の良かったファンドと悪かったファンドを見てみましょう。
まずは良かったファンド
1位は、グローバル・アンブレラUBS 世界株ショート。世界の株が下がったこの1年。一番上がったのはベア型のファンドという、当然といえば当然、つまらないと言えばつまらない結果となりました。
そして2位は、なんとあのファンドです。

投資信託は種類によって、大きく変動しやすいハイリスクハイリターンな商品(新興諸国株とか)と比較的変動が少ない商品(日本債券型)など、変動の大きさに対する傾向はあります。
自分で取れるリスクとリターンとの兼ね合いから投資されるもの、金額を決められるといいんじゃないかと思います。
<関連記事 標準偏差 ~リスクについて考える 
ただし過去の実績はあくまでも過去の実績だという事は忘れずに。

まとめ
投資信託はたくさんの種類が有り、その投資信託ごとにどんな商品に投資するか決まっている。
その商品を直接買う場合と比べて、少ない資金から簡単に購入する事ができる。

投資信託には、販売手数料・信託報酬・信託財産留保額といったコストがかかる。
これらは必ず引かれるものなので、投資信託を買う際は、そのファンドのコストがどの位なのか認識する必要が有る。
そのコストを払ってでも、その投資対象に投資する魅力が有ると考えれられるならば、買えば良い。

投資信託は預金などよりも高いリターンを上げる可能性が有ります。
しかし利回りも元本も保証されていません。

短期的には下がる可能性も結構有ります。
下がっても大丈夫な資金、長い間じっくり保有できる資金で投資するのが良いかと思います。


投資信託は、預金などと比べて非常に奥の深い商品だと思います。
きっちり勉強されてから、始められるのが良いと思います。
人によっては小額をまず買ってみるのもひとつの手。実際に買った方が興味が湧いていろいろ調べるようになるかもしれません。
よく分からないまま、銀行や証券会社に勧められるままに、大きな金額を投資するのはおすすめではありません。

を買って読んだり、インターネットで勉強するといいんじゃないかと思います。

おすすめサイト
モーニングスター 投資信託に関する様々な情報を調べるならココ。

おすすめブログ(初心者向け)
ホンネの投資信託入門
投資信託初心者入門ガイド
投資信託を徹底解説!

もう少し詳しく勉強したいなら
資産運用-消費者に良い投資信託を買おう
ファンドの海
投資信託 - SyncHack
個人投資家のための投信資料館
ジョン太郎とヴィヴィ子のお金の話
カン・チュンドの投資のゴマはこう開け!(特にメールマガジンは初心者におすすめ)

おすすめブログ(インデックス投資に詳しい)
梅屋敷商店街のランダムウォーカー 
rennyの備忘録
NightWalker's Investment Blog
投信で手堅くlay-up!
ある貧乏人の投資信託物語
20歳からの投信による資産形成 

おすすめブログ(特に海外ETFに詳しい)
雄牛と熊と欲豚と
医師による医師・小金持ちのための資産運用・活用法

おすすめブログ
かえるの気長な生活日記
小金持ち父さんの資産設計塾(?)
自給自足を目指して投資っ子。
おやじダンサーのひとりごと
我が子の為に株式投資・投資信託

その他、ここでは紹介できなかった、良い投資信託に関する良いサイトやブログがいろいろ有ります。10年前いや5年前でもこんなにサイトが充実してなかったと思うので、これから始められる人はラッキーだと思います。

最後に私のブログの投資信託に関する記事のご紹介。
ノーロードファンド~購入手数料が無料の投資信託もいろいろあります。

積立投信でドルコスト平均法
楽天証券での海外ETFの買い方 ~低めのコストの投信を毎月積み立てて、そこからさらに低コストの海外ETFへとリレーするのが、私の基本的パターンです。

私のポートフォリオ ~このポートフォリオがいいとかお薦めとかするつもりは全く有りません。この人はこんな投資信託買ってんだ。程度に

ETF上場投資信託のすすめ  ~上場していて、株と同じ様に売買できる投資信託も有ります。
コストの低いバランス型ファンド一覧 ~バランス型ファンドに興味の有る人は
コストが低めなTOPIX連動型ファンド一覧~日本株をインデックス投資するなら
原油高をヘッジ コモディティファンドとエネルギー株投信 ~原油や商品価格がこれからも上がり続けると思う人は
金投資と金ETF ~金投資に興味の有る人は
転換社債型ファンドをポートフォリオに組み込むメリットとは?  ~転換社債型ファンドって何だ?って人は
新興諸国株が熱い  ? ~新興国株ファンドに興味の有る人は

投資信託で証券会社比較 ~この記事を書いた時よりもコストの低いファンドなどが増えたので、近いうちに更新したいなと思ってますが。

投資信託の税金~最初は私も税金についてよく分からなかったです。

投資信託どんな時に売る?アンケート
投資信託どんな時に売る?集計結果 ~そもそも投資信託ってどんな時に売るものなの?そんな素朴な質問に、多くの方がアンケートで答えてくれました。
アンケート企画はまた、やりたいなと思ってます。何かアンケートして欲しいネタがあれば、コメントください。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

海外債券型投信(為替ヘッジ有り)についての考察 

個人向け国債定期預金のリターンは、
金利(あらかじめコストを引いたうえで設定された金利)

国内債券型投資信託のリターンは、
金利+債券価格の上下による損益-信託報酬等のコスト 

債券 基本のきでも書きましたが、金利上昇局面では債券価格は下落し、金利下落局面では債券価格は上昇します。

海外債券型投資信託のリターンは
金利+債券価格の上下による損益+為替による損益-信託報酬等のコスト となります。

低金利の日本と比べて金利が高い国が多かったので、国内債券と比べて海外債券は多くの金利を見込めました。今でも日本より金利が高い国が多いですけど、金利を下げた国が多いので差は縮まりました。

債券価格の上下による損益は株の値動きとは反対方向に動く場合が多いので、株式(投信)を保有している場合、相性が良いです。
しかし、為替による損益はここ数年は株の値動きと同じ方向に動く場合が多く、株が下がった時に債券価格の上昇幅以上に為替が大きく下落する事が多いです。結果、株式と海外債券はここのところ同じ方向に動く(正の相関)になる事が多いです。

それでは、為替の影響を受けないで外国債券(投信)に投資する事はできないのか?
為替の影響を受けないように為替ヘッジをしたタイプの投資信託も出ています。
為替ヘッジ[野村證券証券用語解説集]を読んでいただけると分かりますが、為替ヘッジをする場合およそ二国間の通貨の金利差分のコストがかかりますFXでいうならスワップ金利ですね。
日本はここ数年ずっと低金利でしたので、スワップ金利≒外貨の金利
すなわち為替ヘッジにはほぼ外貨の金利分のコストがかかるので、

海外債券型投資信託(為替ヘッジ有り)のリターンは
債券価格の上下による損益-信託報酬等のコスト  となります。※日本が低金利の場合

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。
アクセス解析アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。