FC2ブログ

決算の読み方 勉強になるサイト 

決算発表シーズンも、そろそろ後半ですね。
ところで、決算の数字はちゃんと見てますか?短期投資ならばちゃんと見なくてもいいかもしれませんが、中長期だと見ておきたいところですね。

最低でも、売上高や営業利益、純利益あたりはおさえておきたいところ。

財務データの読み方1、売上げ・経常利益・営業利益 
財務データの読み方2、売上高営業利益率・売上高経常利益率 
財務データの読み方3、キャッシュフロー あたりを読んでみてください。
また、決算や会社四季報の読み方に関する記事を、ひとつのカテゴリーに分けました。

そして、さらにくわしく勉強したい方は、
決算書の読み方 [株式十八番]
企業を分析する [大学生の株日記]
の二つがおすすめです。
どちらも相互リンクさせていただいているサイトですが、非常に細かいところまで書かれています。
勉強になります!

スポンサーサイト



にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

財務データの読み方3、キャッシュフロー 

企業の決算書は、「賃借対照表」「損益計算書」「キャッシュフロー計算書」の3つで構成されています。今日はこの中の「キャシュフロー計算書」について書こうと思います。
キャッシュフローは一定期間の現金の流れを表します。
営業キャッシュフロー・投資キャッシュフロー・財務キャッシュフローの3つが有ります。

営業キャッシュフロー(以下営業CF):営業活動から得られるお金の流れ。
営業活動による現金収入が支出より多ければ+、逆に支出が多ければ-。当然プラスが大きい方が良く、マイナスの場合はなんらかの問題がある可能性も。

投資キャッシュフロー(以下投資CF):設備投資やM&Aなど投資によるお金の流れ。
固定資産や有価証券などを売却して現金を得ると+、逆に設備投資やM&Aなどにお金を使うと-。成長中の企業はマイナスの所が多い。

財務キャッシュフロー(以下財務CF):借入金などによるお金の流れ。
借金や社債の発行等でお金を得ると+。逆に借金の返済などを行った場合は-

キャッシュフローの値は四季報などに載っています。また多くの証券会社のサイトでも見る事ができます(口座開設が必要)。また証券会社に口座を持っていなければ、EDINETで見る事もできます。

1、各キャシュフローが+か-かを見る
いきなり、何億円といった金額を見てもピンとこないと思うので、まずは各キャッシュフローが+か-かを見ると良いと思います。
CFの解説ではよくスーパー大手3社(イトーヨーカドー・イオン・ダイエー)の比較で説明されているのが多いです。イメージしやすいと思うのでここでもこの3社について触れたいと思います。
・まずイトーヨーカドーは営業CFが+、投資CFが-、財務CFが-。投資に必要な資金を営業CFでほぼ賄え、余った分で借金も返済しています。安定している優良企業に多いタイプです。[安定優良型
・次にイオンは、営業CFが+、投資CFが-、財務CFが+。ご存知の通りイオンは、地方都市とかにも巨大なショッピングセンターを造っています。その為投資CFは高い値となっています。その高い投資は営業CFだけでは賄いきれないので、借入金などで賄っています。このタイプは成長中の企業に多いです。「積極投資型
・最後にダイエーは営業CFが+、投資CFが+、財務CFが-。経営再建中で閉店した店舗土地の売却をすすめるダイエーは投資CFが+となっています。それを過大な借入金の返済に充てています。「企業再生型

有名な企業のCFはどのタイプになるか調べてみました。

  営業
CF
投資CF  財務CF   主な企業
安定優良型   +  -  - イトーヨーカドー、キャノン、みずほFG、新日鉄、住友金属工業、東芝、松下電器、JR東日本、阪神電鉄、ローソン、ファミリーマート、日本ハム、キューピー
積極投資型  +  -  +

イオン、トヨタ、ホンダ、三菱自動車、ソニー、三洋電機、ヤフー、ほくほくFG、ヤマダ電機、ゲオ

企業再生型  +(-)  +  - ダイエー、双日
不安定投資型
(ボロ株型)
 
 -  -  + ソフトバンク、楽天、野村H、イートレード証券、マネックス、ドリテク、イチヤ、サハダイヤモンド、エスサイエンス
   -  +  + りそなH、岡三H
 -  -  - 丸三証券

安定優良型には昔からの大企業が並んでいます。倒産などの可能性が低く、株価も比較的安定しています。

積極投資型には自動車各社やソニー、ヤフーなんかが並んでいます。安定性と成長性を両立したタイプです。ただしダイエーなどもかつてはここに入っていました。
積極的なチェーン展開をすすめる会社は、投資CFが-で財務CFが+のところが多いです。ローソンやファミリーマートといったコンビニは財務CFがマイナスですが、これはコンビニは直営店舗が少なく、多くの店舗がフランチャイズだからでしょう。

企業再生型はダイエー・双日といった再建中の企業が多いです。

不安定投資型は、営業CFが-、投資CFが-、財務CFが+の企業で、将来の成長を見込んで積極的に投資を行っているが、現在はまだ営業CFが-の企業です。ソフトバンクや楽天なんかがここに含まれます。
またイチヤやサハダイヤモンド、エスサイエンスといった低位株(ボロ株)もこのタイプに入ってます。営業CFのマイナスがずっと続けばいずれは資金がショートし倒産してしまいます。中長期で株を保有しようと思うならば、営業CFがマイナスの企業は、今後プラスに変わる見込みが強いところ以外は避けた方が無難です。

2、同業他社と比べる,昨期と比べる
例えばイートレード証券を見てみると営業CFがマイナスです。これだけ見ると本業がうまくいってないのかなあと思ってしまうと思います。しかし他の証券会社を見てみても、野村や大和といった大手や丸三・岡三といった中堅、マネックス・カブドットコムなどのネット専業証券もどこもかしこもマイナスです。詳しい理由は分からないですが、各社が営業利益はプラスである事から、営業CFがマイナスなのは証券会社特有の理由が有るのかなと想像できます。(理由知ってる人は教えて!)
また、大手自動車メーカー各社はどこも、積極投資型となっています。そうゆう場合、プラスかマイナスかだけではなく数字を見て比べてみると良いと思います。

  営業CF 投資CF  財務CF 
トヨタ  +23,709億( +22,830億) -30,611億(-23,127億) +4,193億(+2,422億)
ホンダ  +7,466億(+7,129億) -8,078億(-9,674) +974億( +4,595億)
日産 +3,694億(+7,974億) -8,650億(-7,561億) +5,210(-1,137億)
トヨタや3兆円、ホンダは8000億と積極的に設備投資を行っていますが、そのうち新たな借入金による物は1~2割程度で、営業の儲けを投資に回してるのが見て取れます。営業CFや投資CFと比べて財務CFの値が小さく、安定優良型に近い積極投資型です。また昨期と比べるとトヨタは借入金を増やして投資も積極的に増やしている。ホンダは昨季よりも投資を若干抑えて、財務CFの支出を減らしています。日産も積極的に投資を行っています。理由は分かりませんが、営業CFが前期よりも減っている為その分財務CF(借入金)を増やして、投資を行っています。


まずは自分が株を保有している企業や気になっている企業のキャッシュフローを見てみましょう!

おすすめ関連リンク
キャッシュフロー計算書とは [kabukun 株の教科書]
キャッシュフロー計算書とはどうゆうものか、キャッシュと利益の違いが分かりやすく解説されています。

キャッシュフロー計算書の極意 [決算書.com]
さらに詳しくキャッシュフローについて知りたい方は、こちらを読んでみると良いと思います。株サイトではなく、企業の決算書の読み方についてとても詳しく解説されているサイトです。

ブログ内リンク
財務データの読み方1、売上げ・経常利益・営業利益
財務データの読み方2、売上高営業利益率・売上高経常利益率

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

財務データの読み方2、売上高営業利益率・売上高経常利益率 

今日は売上高営業利益率と売上高経常利益率について書きます。その企業がどれだけ儲けられる構造になっているかを見る為に、私はこの指標を使ってます。

営業利益売上高で割った物が、売上高営業利益率です。経常利益売上高で割った物が、売上高経常利益率です。営業外の損益が少ない場合はどっちも同じような数字になるので、どちらかを見れば良いと思います。前回書いたように営業外の損益はその年限りの事もあるので、私の場合は売上高営業利益率を見てます。
この2つの指標は効率の良い・コストをおさえた経営が出来ているかを表してます。売上高営業利益率が10%なら、100万円の売上が有った時に、仕入れ原価や従業員の給料なんかの運営費を全部引いても10万円利益が残るってことです。売上高営業利益率が1.8%なら100万円の売上で1万8千円の利益が残るって事です。多い方が当然良いです。

取引量が多く利ざやの少ない卸売り業や食品スーパーなんかは低くなりますし、金融や医薬品製造なんかは高めになります。gooによると、製造業が4.2%・卸売業1.8%・小売業が4.4%位が平均のようです。異業種を比較してもあまり意味がないと思います。
比べるべきはライバル企業。そして過去からの推移も見ると参考になります。

例としてアサヒビールを見てみましょう。2005年12月期は売上高1,430,026百万円が営業利益が90,248百万円ですので、売上高営業利益率は90248÷1430026×100=6.3%となっています。
ライバル企業も同様に計算すると、キリンビールは6.8%、サッポロは2.3%となってます。キリンとは互角ですが、やや負けてますね。
次にアサヒビールの推移を見てみましょう。2004年は7.0%、2005年が6.3%、2006年(予想)は営業利益予想がないので、経常利益で計算してみると6.9%となっています。利益率は良くも悪くも横ばいのようです。

おすすめ関連リンク
都道府県別にみた中小商工業の構造
統計が平成10年とちょっと古いのですが、規模別・都道府県別の売上高営業利益のデータが載っていて、興味深いです。

売上高営業利益率/売上高販売管理費比率[リアルタイムリテール]
小売業のいくつかの企業の売上高営業利益率について書いていてます。
このサイト自体は日経BPの中の小売業に関するサイトです。私は仕事が小売なんで、このサイトはちょくちょく見てます。
直接的には株には関係ないかもしれませんが、リアルタイムリテールに限らず日経BPのサイトでは、いろいろな企業や事例を紹介しているので、投資したくなるような企業が見つかるかもしれませんよ。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

財務データの読み方1、売上げ・経常利益・営業利益 

売上高:収入の事で、モノを販売したり、サービスを提供したりして得たお金の総額です。収入が利益の元になるのでこれは大事ですね。

売上高総利益:売上高から売上原価(仕入原価、製造原価)を差し引いたもので、粗利益とも言います。これは、ユニークな強みを持っていて独占的な企業は高めになりますし、価格競争が激しい分野の企業は低めになります。

営業利益:売上総利益から営業費用を差し引いたものが営業利益です。営業費用とは給料などの人件費や、広告費、家賃・光熱費等売上げを上げるのに必要なもろもろの費用です。営業利益は、本業で稼いだ利益といえます。 

経常利益:営業利益に営業外収益(受取利息、受取配当金、有価証券売却益など)を足して、営業外費用(支払利息、有価証券売却損など)を差し引いたものが経常利益です。
例えば子会社が上場する場合などは、有価証券の売却益を得られるので、経常利益は高くなります。土地の売却なんかもここに入ります。バブルの頃盛んに行われた財テクは営業外収益を上げて、経常利益を上げようとしたものです。バブル崩壊直後は営業利益が悪くなくても、経常利益がマイナスになってしまった企業もあったようです。

税引後利益:営業利益から税金(法人税や法人住民税、法人事業税など)を差し引いたものです。税引後利益は当期利益、純利益、最終利益などとも呼ばれます。最終的に残る利益です。この利益がPERROEなどの計算に使われます。法人税の税率は決まっているので、経常利益とほぼ比例します。


会社四季報なんかで企業は財務状況を見るときって、どうゆうところを気にして見ますか?
人それぞれだとは思いますが、私の場合はまず売上の推移を見て、経常利益の推移を見て、経常利益と営業利益を見比べます。

売り上げの推移を見る事でその企業の成長性を見ます。当然右肩上がりの方が良いです。ただし多くの人が右肩上がりの企業の方が良いと思う為、右肩上がり企業は株価が高め、売り上げが伸び悩んでいる企業は株価が割安な傾向があります。
売上高の伸びを前年の売上高で割った物が、売上高成長率です。私の場合は目分量とゆうかてきとーな暗算で、10%位だなとか30%位だなとかって見てます。前年の成長率が12.6%とだったとしたら、今年もぴったり12.6%にはならないと思うので、大体の傾向がつかめれば良いかなと。

ただ売上げだけが良くても、会社としては儲けがなければ意味が無いので、営業利益の推移も大事です。成熟市場で売上げの伸びがあまり期待できないでは分野では、いかに効率よく経営し利益が出すかってゆうのが大事になってくると思います。営業利益の伸びを前年の営業利益で割った物が、営業利益成長率です。これも私の場合、売上高成長率と同じ様に概算で見ます。私の場合はどっちかって言うと売上げの伸びよりも営業利益の伸びの方を重視します。

特別な事が無いと、営業利益と経常利益は同じような数字な事が多いです。しかしたまに、その年だけ経常利益が営業利益よりも際立って高い事が有ります。なんらかの理由で営業外収益が良かったとゆうです。これ自体は会社の利益が増えたとゆう事なので良い事です。気をつけなくてはならないのは、PERやROEもこの営業外収益が含まれた利益で計算されるとゆう事です。大きな営業外収益は、その年だけの単発的な理由の事が多いです。つまり翌年の利益は営業利益が一緒なら、その営業外収益の分今年よりも悪くなってしまい、PERやROEも悪くなります。(もちろん翌年以降も営業外収益が高い見込みが有れば問題ないです)

いくつか気になる企業が有る場合は、以上の方法でおおまかに掴んで絞り込みます。で実際に購入するかどうか判断する時にはもっと詳しく見たりもします。それは次回書こうと思います。

財務情報は上場企業ならたいていその企業のホームページのIR欄で見られます。
NIKKEI NETEDINETなどでも財務情報を見る事ができます。
またイートレード証券マネックス証券に口座を持てば、会社四季報のデータを見る事が可能です。


おすすめ関連リンク
企業を分析する [大学生の株日記]
決算書の読み方や決算用語の解説。自分の言葉で説明されていて、とても分かりやすいです。おすすめ!

四季報の読み方 [夢を実現する株式投資初級講座]
シリーズで四季報の読み方を紹介しています。四季報に書いてあるいろいろな用語の意味が分かるようになります

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。
アクセス解析アクセスランキング