FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

外国株ETFと投資信託のリターン比較(ロシア・ブラジル) 

日本以外の先進国22カ国の株式に連動する上場インデックスファンド海外先進国株式(MSCI-KOKUSAI)と、新興諸国22カ国の株式に連動する上場インデックスファンド海外新興国株式(MSCIエマージング)が、東証に上場するようです。KOKUSAIが1月29日。エマージングが2月24日との事。信託報酬はどちらも0.26%。

これは良いニュースですね。

おすすめ関連リンク
複数国の株式市場にまとめて投資できる外国株ETFが初上場(日興アセットマネジメント)



投資信託ブログなどでは、この話題でもちきりです。

ちなみに、2010年1月6日現在、日本に上場の外国株ETFは、以下のものがあります。

コード  ファンド名 連動対象指数 信託報酬 上場先 
1313 サムスンKODEX200上場指数投資信託  韓国 KOSPI200指数  0.35%以内  東証 
1322  上場インデックスファンド中国A株CSI300  中国 CSI300指数  1.05%程度  東証 
1325 (NEXT FUNDS)ブラジル株式指数上場投信  ブラジル ボベスパ指数  0.95%以内  東証 
1678 (NEXT FUNDS)インド株式指数上場投信  インド S&P CNX Nifty指数 0.95%以内  東証 
1679  Simple-X NYダウ・ジョーンズ上場投信  アメリカ NYダウ30 0.57857%程度  東証 
1323  (NEXT FUNDS)南アフリカ株式指数上場投信  南ア FTSE/JSE Africa   0.95%以内  大証 
1324 (NEXT FUNDS)ロシア株式指数上場投信  ロシア RTS指数 0.95%以内  大証

NYダウ以外は新興国のものが多いですね。上場インデックスファンド海外新興国株式が上場されれば、新興国はそれ1本で。という人もおられるでしょうが。自分で国の割合を考えて投資したいという人もいるかもしれません。
そこで、これらのETFは「使える」のか過去の値動きを投資信託と比べてみました。

南アフリカやインド、NYダウなどはできてから日が浅いので、ロシア、ブラジルを見てみました。

続きを読む
スポンサーサイト
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

ETF一覧  へのリンク 

「国内上場ETFの一覧」を作ろう と思ったのですが。今は本数が増えたので時間がかかりそう。時間がかかるわりに既存のETF一覧を大きく超えるものは作れなさそうなので、「既存のETF一覧の紹介+自分なりの補足」という形にしました。

ETF[モーニングスター]

国内ETFのまとめ[かえるの投資.com]

上場投信[Yahoo!ファイナンス]~これは「上場」のキーワードで検索したものなので洩れが有るかも。

東証上場ETF一覧[東証]
大証上場ETF一覧[大証]

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

野村アセットETF売買単位を10分の1に引き下げ 

野村アセットのETF22本が9/1から現状の10分の1の金額から取引できるようになるようです。 例えばTOPIX型1306の場合、現状は1口13万円程度なのが、1万3千円程度から売買できるようになります。

野村アセット、ETF売買単位を10分の1に下げ 22本で [NightWalker's Investment Blog]
野村アセット、ETF売買単位を10分の1に下げ [梅屋敷商店街のランダムウォーカー]
を読んで知りました。


1日の取引額が一定の金額まで無料な証券会社をまとめると、
1日10万円まで無料
松井証券
SBI証券
岡三オンライン証券
※現状、上記3社は無料対象外銘柄は無いようですが、判断により特定銘柄を無料対象外とする場合が有ります。

1日20万円まで無料
丸三証券 ※無料対象外銘柄一覧
野村證券(←の記事はちょっと古いです。。現状は、ほっとダイレクト口座と書面の電子交付の申込みが条件です。)

全て一日定額手数料の場合です。ワンショット手数料で無料のところは無いはずです。


ドルコストで投資信託を積立する「投資信託積立」と、直接ETFを積み立てる「直接ETF」と、それらを組み合わせた「リレー投資」とを比較してみました。

「投資信託積立」 「直接ETF」 「リレー投資」
購入手数料  ノーロードファンドは無料。(A) 0.1%程度。
一定金額まで無料の証券会社を使えば無料。(B)
(A)+(B)
信託報酬 年0.5%程度(C) 年0.25%程度(D) リレー前(C)
リレー後(D) 
ドルコスト  ○  ×→△ ○ 
楽さ 自動積立を使えば一番楽チン。自動積立を使わない場合は、「直接ETF」と同程度  自分で購入する必要有り。  一定期間ごとに投信を売却してETFを買う必要がある。 
税金  トータルの売却時に トータルの売却時に  投信の売却時+トータルの売却時に

・手数料に関しては、投資信託はノーロードファンドを、ETFは上記の一定金額まで手数料無料の証券会社を、使えば無料となります。

・信託報酬はTOPIX型の場合で、投資信託が年0.5%程度なのに対して、ETFはそのおよそ半分の0.23%となっています。100万円を1年保有した場合で2500~3000円程度の違いとなります。

・ドルコスト平均法は、
価格が高い時は少しだけ、価格が安い時に多めに買う形になるので、より多くのリターンを期待できる。
時間的分散効果でリスクが軽減される
という二つの効果が有ります。②に関してはこれまで、1万円から購入可能な「投資信託積立」と「リレー投資」が有利で、15万円程度から購入可能な「直接ETF」が不利でした。しかし今回の変更で2万円以下で買えるようになりますので、差はほとんど無くなります。
①に関しては、「投資信託積立」と「リレー投資」はOKですが、「直接ETF」だと難しいです。積立金額が有る程度大きい人(例えば月10万円の人)ならば、ETFが14000円の時は7口、ETFが20000円なら5口といった具合に、多少ドルコストっぽい買い方もできるでしょうが。
投資額が大きくなく「直接ETF」でドルコストっぽい運用をしたいの有れば、面倒くさいですが株価が下がっている時は購入間隔を短めに、上がっている時は購入間隔を長めにするという方法も有ると思います(例えば1日1000円としてETFの1口か2口の購入金額になったら購入する)。

楽さは、投信の自動積立を使うのが一番楽です。ETFの場合は自分で購入する必要が有ります。投信でも自動積立を使わない場合は、自分で購入する必要があります。リレー投資は、一定期間ごとに投信を売却してETFを購入する必要が有ります。

「投信積立」の良い点は、手軽さ簡便さと、ドルコスト。 欠点は、信託報酬。
「直接ETF」の良い点は、信託報酬が低い。 欠点は、ドルコストでない(今回の改正でだいぶ改善され、そのうち分散買いの効果は遜色なくなります。)
「リレー投資」の良い点は、ドルコストと低信託報酬の両立。 欠点は、めんどくさいのとリレー時の税金の扱い。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

あの人は今~東証規模別・業種別ETFのその後 

さて忘れられてた方も多い?かもしれませんが、3/24にTOPIX規模別ETFが、3/25にTOPIX業種別ETFが上場いたしました。

これらのETFは出来高がどうなんだろうと心配されていた方もいるんじゃないかと思います。
あくまでも私の考えですが、中長期で少ない単位だけ取引する人ならば出来高が有る程度少なくても、指数との連動性が高いならばよいかなと思います。

そこで、4月3日の指数とETFの価格と(前日比)を見比べてみて、指数との連動性がどの位有るのか調べてみました。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

気になったニュースあれこれ 拾い読み 

日経平均が急反発、米株高と円安で1万5500円台回復
日経平均が15500円、ドルが110円回復しました。このまま底打ちとなればいいんですが。
今回の上昇は、アメリカの金利引き下げ期待などからダウが+2.55%、ナスダックが+3.18%になったというのが大きいと思います。
アメリカ株の値動きに関しては、今日(11月28日)の米国市場  [戦略的ハイテク株投資]に詳しく書かれています。
日本株に関しては、急反発も凪状態・・・凪の方が安心なのか? [株式祇園精舎]


先物オプション取引取引にかかわる新商品の導入について [東証]
来年5月をめどに、TOPIX先物ミニ・TOPIXコア30先物・東証REIT指数先物の導入するとの事。
日経先物ミニが好調で出来高が多いです。TOPIXの値動きはなんだかんだ日経平均と近い値動きなので、日経先物ミニの出来高を食う形になるのか、それとも相乗効果で先物ミニ市場が活性化するのか、あるいは日経先物ミニと違って盛り上がらないのか。
個人投資家にとっては、日経平均とTOPIXのロングショート取引をしやすくなりそう。
REITの先物が上場ってのはちょっと意外でした。
こちらのニュースは東証、ミニTOPIX先物取引を2008年5月に導入 [クローズアップ株式]で知りました。

先物オプション取引におけるイブニングセッションの導入について [東証]
来年5月からイブニングセッション(夕場)も導入するとの事。
先物ミニといい、まんま大証のパクリですね。
まあ良いサービスを取り入れていくのは良い事ですけど。


貸借銘柄の選定:上海株式指数・上証50連動型上場投資信託 [大証]
指数とはかけ離れた値動きを演じたあの上海ETFが賃借銘柄に選定にされました。12月3日から信用売りが可能になります。
最初っからそうしとけよ って感じですが。
こちらも[クローズアップ株式]で知りました。大証、上証50連動投信を貸借銘柄に選定


米S&P・日興アセット、新興市場連動のETF [NIKKEI NET]
JASDAQやマザーズ・ヘラクレスなどの新興6市場に上場の100社を対象とした新興市場ETFが2008年春にも上場するようです。
これまで新興市場型のETFはありませんでした。新興市場は以前比べて日経平均などと異なった値動きをするようになってきているので、これは良いんじゃないかと思います。最近ETFが増えてますね。
ところでこれは賃借銘柄(空売り可能)になるんですかね?それもちょっと気になります。

[メモ] 春になったらS&P日本新興株100指数 [かえるの気長な投資日記]を読んで知りました。

定例記者会見資料11月27日 [東証]
2000株、1000株、500株、200株、100株、50株、10株、1株とばらばらだった売買単位を、「100株」に2012年まで段階的に統一していくそうです。
これに関しては、売買単位統一へ向けた第一歩  [株式十八番!]に詳しく書かれてます。
わかりやすくなるのはもちろんですが、単元が1だったものが100になれば、ミニ株やプチ株などの単元未満株取引において、投資対象が増えて選択肢が広がりますね。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。
アクセス解析アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。