スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

口座開設キャンペーン一覧 2017年3月現在 

毎回好評のマネックス証券のキャンペーンです。 投資信託は100万円以上で2000円、200万円以上で5000円などもらえます
債券100万円以上で3000円、150万円以上で5000円もらえます。債券は、個人向け国債も対象みたいなので、検討中の人には嬉しいですね。3/30 までです。 
信用口座開設で信用取引手数料全額(1ショット手数料)・米国株手数料キャッシュバック、FXキャンペーンも行っています。
ただし、あたりまえですが、キャンペーン金額以上の損失になる場合もありますので、各投資信託のリスクや金額を考えてご投資ください。

SBI証券 も同様のキャンペーンをやっています。ただし現在は販売手数料ありの投資信託が対象となり、ノーロードファンドは対象外となったので注意が必要です。30万円以上なら1000円、50万円以上なら2000円、100万円以上なら5000円、200万円以上なら1万5000円です。
それから株式取引で5000円もらえるキャンペーンもありますが、こちらはもれなくではなく抽選です。こちらは3/31 までです。 
それからNISAのキャンペーンも行っています。住民票の取得代行。 平日の昼間に市役所等に行く暇がないという人には好いですね。私は迷った末、SBI証券でNISA口座を開きました。

楽天証券 は、今回は株取引や積立投信の取引によって抽選で5000ポイントあたるキャンペーン中です。自動引き落としでの投信積立する時に必要な楽天カード は、新規入会+手続き+1回利用で5000楽天ポインもらえます。 期間限定で増額される事もあるので、チェックしてみてください。増額時に作るのがお得です。

<この記事は最初2007年5月の初めに書いたものですが、好評のようなので毎月更新することにしました。2017年3月11日現在の情報です。詳しい条件等は必ず各証券会社のページをご覧ください。>
情報があれば、コメントで教えてください!



口座開設
キャンペーン 
  条件  キャンペーン
期間 
マネックス証券 資料請求時に「請求コード入力欄」に「51000」を入力し、新規口座開設…①

3月30日までに資料請求

  500円プレゼント  ①+投資信託買付30-50万円買付&保有   4月28日までに約定 
  1000円プレゼント  ①+投資信託買付50-100万円買付&保有  同上 
  2000円プレゼント ①+投資信託買付100-150万円買付&保有  同上 
  3000円プレゼント  ①+投資信託買付150-200万円買付&保有  同上
  5000円プレゼント  ①+投資信託買付200万円以上買付&保有  同上 
  500円プレゼント  ①+債券20-100万円の買付け  同上
  3000円プレゼント  ①+債券100-150万円の買付け  同上 
  5000円プレゼント  ①+債券150万円以上の買付け 同上 
  1000円プレゼント ①+NISA口座開設  6月末までに開設完了
  信用手数料全額キャッシュバック 信用口座を新規開設から31日間10万円まで
  米国株手数料全額キャッシュバック  初回入金から20日間。最大3万円まで
SBI証券 新規口座開設②

3月末までに口座開設申込み、4/14までに開設完了

  1000円プレゼント ②+買付手数料のかかる投資信託合計30万-50万円の買付け 4/28までに約定
  2000円プレゼント  ②+買付手数料のかかる投資信託合計50万-100万円の買付け 同上 
  5000円プレゼント  ②+買付手数料のかかる投資信託合計100万-200万円の買付け 同上 
  15000円プレゼント ②+買付手数料のかかる投資信託合計200万以上の買付け 同上 
  住民票取得代行  ②+NISA口座申込み 4/14まで
楽天証券   住民票取得代行 NISA口座申込みの際に委任状を提出
丸三証券 株式手数料2ヶ月無料 新規口座開設  随時


丸三証券はいつでも、新規口座開設で、2ヶ月手数料無料です。金額の上限もありません。

続きを読む
スポンサーサイト
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

SBI証券(旧イートレード証券)のメリット 

現在オンライン証券での口座数、預け入れ数はSBI証券(旧イートレード証券)が断トツの1位です。
トップな理由はおそらく、豊富な商品、格安な手数料の2点が大きいと思います。

SBI証券のメリット1、豊富な商品
日本株~当然現物株の全銘柄扱ってますし、信用取引もできます。

外国株~米国株・中国株・韓国株・ロシア株・ベトナム株・インドネシア株・シンガポール株・タイ株・マレーシア株が取引可能です。米国株や中国株は取り扱いのあるネット証券が多いですが、韓国や東南アジアの株の取り扱いは、ネット証券の中では多いです。
信託報酬の低さが魅力の海外ETFの取扱いもしています。

単元未満株(S株)~ミニ株が単位株の10分の1からなのに対して、S株は1株から買うことが可能です。手数料は片道0.54%(最低手数料54円)。

投資信託~取扱いの投資信託は1500本以上も有ります。これはすごく多いです。また手数料無料のノーロードファンドだけも497本と充実してます。(数字は2014.5.14現在)投資信託もしたい人にもSBI証券おすすめです。
外貨MMFも6通貨の取り扱いがあります。

外国為替証拠金取引(FX)~全20通貨ペアと扱い通貨が多いです。

先物・オプション~日経225先物・先物ミニ・オプション取引を扱っていて、こちらも大幅値下げで業界最低水準になりました。

その他にも債券・個人向け国債なども扱っています。

SBI証券のメリット2、格安な手数料
ここは、手数料プランがスタンダードプランアクティブプランの2種類から月ごとに選択が可能です。スタンダードプランは1日に1回しか取引されない人、高額取引される人に有利なプランです。
アクティブプランは1日に何度も取引される人に有利なプランです。

スタンダードプラン

1注文の約定金額  ~10万  ~20万 ~50万  ~100万 ~150万 ~3000万 3000万越え  3000万越え 

現物手数料

150円 199円 293円 525円 628円 994円 1050円  1050円

信用手数料

154円  154円  206円  388円  388円 388円 388円 無料 

アクティブプラン

1日の約定金額の合計 ~10万  ~20万  ~30万 

~50万

~100万 ~200万  以降100万ごとに 

現物手数料

103円 206円  308円  463円 822円 1254円 +432円

信用手数料

103円  258円  258円  250円 515円  947円  +432円
※5000万円以上は無料

※現物手数料が普通の手数料です。
ちなみに、私は最初よく分からずそのままスタンダードプランにしてましたが、高額取引する人でなければアクティブの方が有利なケースが多いのでアクティブに変更しました。
もちろんスタンダードプランの方が有利な人もいます。

先物ミニの手数料は、1枚54円と最低水準です。

SBI証券のメリット3、その他にも良い点いろいろ

普通の成行・指値の他に寄指・引指・不成・寄成・引成、そして逆指値の注文方法が選べます。どの注文方法で注文しても手数料変わらないのはいいですね。

SBI証券のホームページは構成が分かりやすくて、使いやすいです。特にポートフォーリオ機能がお気に入りです。

口座を持つと会社四季報のデータが見られます。これは四季報欲しいけど高いよね、大きくて邪魔だよねーって人にはおすすめです。私はそんな一人です。

ネットから手数料無料で即時入金ができる金融機関が9行と多いです。


同じSBIグループのネット銀行住信SBIネット銀行との連携が良いです。セブン銀行を24時間手数料無料で利用できます。

まとめ
とりあえずどこの証券会社に口座開こうか迷って決められないなら、とりあえずSBI証券 に口座作っといて損はなし。一番無難です。だからこそオンライン証券口座数1位なのでしょう。もちろん部分、部分ではSBI証券より優れている証券会社もいろいろあります。


2008/7/1より、イートレード証券SBI証券に名称が変更になりました。
この記事は2014年5月25日現在の数字・データです。変更になる場合もありますので、必ずSBI証券のサイトでご確認ください。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

松井証券のメリット 

松井証券はいち早く外交マンを廃止しネット証券の先駆けとなった会社です。

松井の手数料は1件ごとによる金額ではなく、1日いくら取引をしたかで手数料が決まります。

1日の
約定金額 
10万円以下 10万
~30万円
30万
~50万円 
50万
~100万円 
以下100万円
ごとに 
手数料 0円 315円 525円 1050円 1050円追加

松井証券の魅力はなんといっても、1日10万円以下の取引の手数料が無料だということです。期間限定ではなく手数料無料をやっているのはここだけかなたぶん。他社はSBI証券は100円。楽天証券は450円(1日50万円まで)。マネックス証券は2625円(1日300万円まで)などとなっています。
より詳しい比較はこちら
また、新たに信用取引口座を開設してから6か月後の月末までは、1日30万円まで無料となるそうです。

また松井証券は逆指値を使えます。普通の指値と同時に出す事も可能です。ちなみにSBI証券は逆指値が使えますが、普通の注文と同時には出せません(株取引の場合)。

他にも松井証券に口座を開くメリットが有ります
・口座を持つと、アナリストレポートやQUICKリサーチネットのレポートを無料で見ることができます。リサーチレポートは、全ての銘柄有る訳ではないですが、とても詳しいです。

・トレーディングツールのネットストック・ハイスピードが使えます。同じようなトレーディングツールにはSBI証券HYPER SBI楽天証券マーケットスピードなどがありますが、これらは利用状況を満たした場合無料です。それに対しネットストックハイスピードは松井証券に口座さえ開いていれば無料で利用する事ができます。

FX日経先物なども扱いが有ります。

米ドルMMFの手数料は片道0.2円と、他の証券会社よりも安いです。私は、外貨MMFを松井で買いました

・ 入金方法は通常の銀行振り込みの他に、提携金融機関とのネットリンク入金サービスが有ります。これはリアルタイムで買い付け余力に反映され、しかも入金手数料は松井が負担してくれるので便利です。提携金融機関はジャパンネット銀行ゆうちょ銀行みずほ銀行三菱東京UFJ銀行三井住友銀行りそな銀行埼玉りそな銀行セブン銀行イーバンク銀行じぶん銀行スルガ銀行京都銀行近畿大阪銀行と大変充実しています。

  まとめ 松井証券はこんな人におすすめ
1)株取引1日10万円以下の取引が多い人。
2)比較的安めの手数料で、逆指値注文を使いたい人。
3)タダで気になる銘柄のレポートを読みたい人。
4)タダでネットストックハイスピードを使いたい人。
5)なるべく安い手数料で、米ドル外貨MMFを始めたい人。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

岡三オンライン証券のメリット 

岡三オンライン証券 の情報が、ちょっと古いとのご指摘をいただきましたので、記事更新します。
ワンショットの手数料が安くなっていますね!それと以前有った中国株の扱いは無くなってしまうようです。
岡三証券をご存知の人が多いと思いますが、同じ岡三証券グループ内の別会社です。

岡三オンライン証券のメリット1 手数料
ノーマルプラン (ワンショット手数料)

ワンショット手数料 ~10万  ~20万 ~50万  ~100万 ~150万 ~300万 300万越え 
現物手数料 99円  150円  300円  500円  700円  1000円  1200円 
参考 SBI証券 145円  194円  358円  639円  764円  1209円  1277円 
信用手数料 ~99円  ~99円 ~130円  ~300円  ~300円 ~300円 ~300円
参考 SBI証券 150円  150円  200円  400円  400円  400円  400円 

定額プラン (1日定額手数料)

1日定額手数料 ~10万  ~20万  ~30万 

~50万

~100万 ~200万  以降100万ごとに 
現物手数料 100円  200円  300円  400円  800円  1200円  +400円
参考 SBI証券  100円 200円  300円  450円  800円  1220円 +420円 
信用手数料 100円  200円  200円  200円  400円  650円  300万まで900円
以降+~300円
 
参考 SBI証券  100円 250円  250円  250円  500円  920円  +420円

ネット証券最大手で、手数料も安めなSBI証券と比べてみると。
現物手数料は、1日定額手数料が若干安め。ワンショット手数料は全ての価格で低くなっています。特に20万円まで150円なのが良いですね。
信用手数料は、ワンショット手数料がSBIと同じが若干割安。1日定額手数料は岡三オンライン証券が安いです。さらに月に1億円以上取引するような方ですと手数料はさらに安くなります。
また、SBI証券がワンショットと1日定額手数料の切り替えが月ごとでしかできないのに対して、岡三オンライン証券は日々変更可能です。

岡三オンライン証券のメリット2 無料で利用できる情報サービス
岡三ネットトレーダーWEB等の、取引ツールを無料で利用可能。これだけでも、普通の取引には充分だとは思いますが。デイトレーダーなど向けに有料でさらに本格的なツールも有ります。

岡三証券グループの投資情報が見る事ができます。岡三のレーディングやレポートなど。岡三証券と岡三オンライン証券でしか見る事ができないオリジナルの情報です。レポートの本数も多いです。その点は岡三証券がバックにあるメリットが出ていると思います。

岡三オンライン証券のメリット3 FX(くりっく365)
岡三オンライン証券のFXは、税制的に有利な点が多いくりっく365と、手数料コストが割安なFX(店頭)の両方を取り扱っています。
これらの取引が興味が有る人は、ひとつの証券会社にまとめると資金の移動もスムーズにできますし、いいんじゃないでしょうか。

岡三オンライン証券のメリット4 即時入金
手数料無料の即時入金サービスも当然あります。みずほ・三井住友・三菱東京UFJ・りそな・埼玉りそな・ジャパンネット銀行・セブン銀行・楽天銀行・住信SBIネット銀行・するが銀行・ゆうちょ銀行が対応しています。住信SBIネット銀行に対応しているのはめずらしいですね。

岡三オンライン証券のウィークポイント
・投資信託の取扱い少なめ。
・会社四季報など、企業のファンダメンタルズを調べる為の情報が少なめ。

まとめ
低めの手数料で取引可能ですし、FX(くりっく365)にも興味が有るって人は、岡三オンライン証券をメインで使うってのも有り。その場合、投資信託の充実している証券会社四季報などを見られる証券会社と組み合わせて使うとよりいいんじゃないかと思います。

岡三のレポートや岡三ネットトレーダーWEBなど、岡三オンライン証券ならではの投資情報も充実しているので、現在お使いの証券会社にプラスして、岡三オンライン証券をサブとして利用するっていうのも、当然有りだと思います。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

ワンショット手数料値下げ競争 

昨夏、楽天証券とSBI証券による熾烈な?ワンショット手数料値下げ合戦の末、両社は同じ手数料で落ち着きました。
おすすめ関連リンク
再再再 いい感じ♪楽天証券、再々々対抗値下げ発表  [梅屋敷商店街のランダムウォーカー]~値下げのプレスリリースが出る度につど記事を書かれていますので、流れがわかるかと思います。ここまで続くと記事書くのも大変そうですね。

その後、アイディーオー証券、エイチエス証券(携帯からの取引のみ)が手数料を改定したというのを、教えていただいたので、上記2社の手数料を比較に加えました。

さらに2010円7月1日より、岡三オンライン証券が手数料値下げするようです。


注文1件あたりの手数料・ワンショット手数料の安い証券会社をまとめました。
赤字はその価格帯の業界最安値水準。。
なお1日いくらで手数料が決まる1日定額制手数料についての記事はこちら
信用取引手数料に関してはこちら をごらんください。

 
~10万 
10
~20万
20
~30万
 
30
~50万
50
~100万
100万
~150万 
 
楽天証券
SBI証券
145円  194円  358円  358円  639円  764円  ~3000万まで1209円
3000万以上1277円 
岡三オンライン証券
7/1~
99円  100円  300円  300円  500円  700円  ~300万まで1000円
300万以上1200円 
クリック証券(JASDAQ銘柄)  105円
(315) 
105円
(315) 
315円
(525) 
315円
(525)
525円
(735) 
735円
(1218) 
~300万まで1050円
300万以上1260円
(100万円ごとに+273円) 
むさし証券トレジャーネット 231円 231円  231円  231円  462円  462円  ~300万まで462円
~600万まで924円
以降300万ごとに+462円
 
IDO証券 84円  105円  189円 189円  357円  420円  200万まで630円 
HS証券 PC 140円  470円  470円  470円 1050円  1200円 1000万まで1500円 
HS証券 携帯 100円  105円  295円  315円  520円 730円  300万まで1040円
300万以上1250円 
マネックス証券 PC 成行1050円
指値1575円 
成行1050円
指値1575円
成行1050円
指値1575円 
成行1050円
指値1575円
成行1050円
指値1575円
成行~1575円
指値~2362円 
100万円以上は、成行き0.105%、指値0.157% 
マネックス証券 携帯 105円  106~210円  211~315円  315~525円  526円から1050円 1050円~1575円  10万円以上は0.105%
  ~10万  ~20万  ~30万  ~50万  ~100万  ~150万   

 楽天証券 野村などの大手証券やカブドットコム・マネックス等などと比べれば安いものの、SBI証券などと比べると楽天はちょっと手数料高めでした。
しかし2009年夏のSBI証券との値下げ合戦で、ワンショット手数料(現物)では、全体的に安い手数料になりました。
楽天には逆指値(OCO)注文が可能であったり、マーケットスピードという武器が有るので、同程度の手数料であればSBIよりも有利だと思うんですけどね。

 SBI証券 ネット証券で顧客数NO.1のSBI証券は、新興のネット証券会社のワンショット手数料の値下げ競争を静観している感が有りますが。業界第2位の楽天証券の手数料値下げは見過ごせなかったようです。

岡三オンライン証券も上記2社と同じ手数料でしたが。2010年7月1日より手数料が値下げになります。全ての価格帯で楽天証券・SBI証券よりも安くなります。特に目立つの20万円までが100円。さらに下記の手数料の安さで定評のあるクリック証券よりも約消費税分低い手数料となっています。

クリック証券(GMOインターネット証券から社名変更) 安さが売りの証券会社だけあって、全体的に安いです特に20万までが105円300万以上が一律1260円となっているのが特徴です。
ただし、JASDAQ銘柄には追加手数料がかかるのが難点です。JASDAQ銘柄をよく取引する人にはおすすめしません。
 
 むさし証券トレジャーネットあまり有名ではないかもしれませんが手数料を見てみてると、50万以下が231円、300万以下が462円と安いです。1件20万~300万という広い価格帯で岡三証券の新手数料よりもさらに安いです。ただし、ここはMRFがないようです。

 アイディーオー証券 1件100万円以下の取引では、むさし証券よりもさらに安いのがアイディーオー証券です。10万円までが84円、20万円まで105円、100万円まで357円。ただし、ここはMRFが有りませんし、手数料無料の即時入金サービスもありません。

 エイチエス証券は、普通のPCからの取引では、SBI証券・楽天証券などよりもちょっと高めで、特徴のない手数料ですが。
携帯からの取引ですと手数料が安く、全ての価格帯でSBI証券・楽天証券などよりも安いです。岡三オンライン証券の新手数料と比較的近い値段です。PCよりも携帯から取引するという人にはおすすめ。

 マネックス証券は、上に書いてきた様な安さが売りの証券会社と較べると、ちょっと高めです。ただし、携帯からの取引ですと105円からと、その差は小さくなります。マネックス利用する人は、携帯からの取引が割安です。

参考までに、2009年7月までの手数料はこちら
2006年春から夏にかけての手数料値下げ競争については、こちらに残してあります。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。
アクセス解析アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。