ネット証券で見られる情報一覧 

すごい久々になってしまいましたが、細か過ぎて伝わらない証券会社比較の第8回目です。
今回のテーマは、各証券会社の銘柄情報です。
今回はいつもの10社の他に、私が口座開設している野村證券ジョインベスト証券岡三オンライン証券も含めて13社で比較してみたいと思います。

  会社
四季報
四季報速報  日経
会社情報
四季報
レポート
Quick Quick
リサーチネット
証券
アナリスト 
株スコア  チャートフォリオ  フィスコ
IPO 
株式新聞
ニュース 
ロイター
ニュース
 
テレコン21  点 
SBI
証券
 
 ○    ●    ○     銘柄  ○   4 
岩井証券    ○ ○岩井            2 
カブドットコム
証券
 
 ○    ◎  ● ○三菱
UFJ証券
 ○      ◎時間
+検索 
 ○    7 
GMO証券  ○    ○           

 

  2 
松井証券     ○   ◎ △リーマンB     ○       5 
マネックス
証券
 
 ○  ○   ●  ○JPモルガン   ○   ○   銘柄    7 
丸三証券     ○               ○時間   ◎  4 
かざか
証券
 
   ○ ○かざか       ◎   ○ 5 
楽天証券   ○  ○  ● ○楽天       銘柄   ○ マケスピ  6 
リテラクレア
証券
 
   ◎                 3 
野村證券   ○   ○  ○    ○   ○野村            ◎  7 
ジョインベスト証券   ○         ○              ○   3 
岡三オンライン証券             ○岡三           ○   2 

会社四季報:これは基本ですね。口座開設をすると会社四季報を読める証券会社は多いです。四季報は毎号買っているよって人以外は、こういった証券会社の1つは押さえておいた方がいいと思います。
サンプル画面 (マネックス証券)

四季報速報
というのもあり、これは全ての銘柄が対象ではなく日経平均に採用されるような大企業300社の情報が中心ですが、決算などを受けて四季報側の見方が変わった時に、四季報の発売前にいち早く知ることができます。
 サンプル画面 (楽天証券)

日経会社情報:会社四季報と並ぶ情報誌が日経会社情報です。丸三証券野村證券でPDFファイルを見る事ができます。以前は日経テレコンを開いて検索してってやらないとならなかったのですが、丸三証券 では売買注文ページから1クリックで見られるようになったので便利です。

会社四季報最新銘柄レポート:毎週更新で、今期PER・来期PER、PBRや配当利回りも見られる。同業種のライバル企業との比較や経営指標の過去3年分のデータを見られるなど、会社四季報の内容をよりグレードアップした内容となっています。私好み。
リテラクレア証券のメリットという記事でも書いてますが、会社四季報最新銘柄レポートを読めるというのがリテラクレア証券の良い所です。

Quick:Quick社提供の銘柄情報です。財務の過去の実績や過去の株価など、賃借状況など数字的なデータが中心です。Quickの情報はたいていの証券会社では発注画面とは独立していて、別にQuickを開いてそこから銘柄検索しないとなりません。それに対してカブドットコム証券は発注画面から1クリックでその企業のQuick情報を見る事ができるので、便利です。
 サンプル画面 (ジェット証券)

Quickリサーチネット:上記のQuick情報は基本的な数字データのみですが、Quickリサーチネットは、その企業(全ての企業ではないですが)に対しての詳しいレポートを読む事ができます。また、Quickコンセンサス(いろいろなアナリストの業績予想の平均値)も見る事ができます。アナリスト予想に対して決算がどうであったかで結構株価に影響があるので、ファンダメンタルズ分析に基づく短期・中期投資派は見ておいた方がいいかもしれません。リサーチネットは基本的に有料で月500円程度の手数料がかかるのですが、松井証券では無料で読む事ができます。表の●は有料で閲覧可能な証券会社
 詳細 (カブドットコム証券)

証券アナリスト:証券会社のアナリストレポートを読む事ができます。アナリストレポートは個別企業ごとのものや、市況全体に対するレポートとがあります。松井証券のリーマンブラザーズのアナリストレポートは市況レポートのみです。何社かのレポートを読み比べてみるのも面白いかもしれません。

株スコア:成長性・割安性・企業規模・テクニカル・財務健全性の5項目もそれぞれ10点満点で採点しています。財務データを読みこなすのが苦手な初心者にとっては、分かりやすいと思うのでまずはこれを見てみるのをおすすめします
ただし、この数字が低い銘柄はちょっと問題点が有るかなという認識に使うのは良いと思いますが、これが良い数字だからといって安心して買うのはちょっと危ないです。
サンプル画面 (マネックス証券)

チャートフォリオ:以前ヤフーファイナンスで無料で見れたのですが、現在は口座開設などが必要です。

フィスコIPO:フィスコのIPO情報は詳しく、私もIPO(新規公開株)に申し込む時は参考にしています。今までマネックス証券とかざか証券で読む事が可能だったのですが、9月末でマネックス証券はサービスを終了してしまいました。現在はこの表の証券会社ではかざか証券 でのみ読む事ができます。

株式新聞:株式新聞のニュース記事を読む事ができます。ヤフーファイナンス を見てると(株式新聞)¥vip と書かれて本文が読めないニュースが有りますが、これらの証券会社に口座を開いていると同じニュースを読む事ができます。
イートレ・マネックス・楽天は銘柄情報から、その企業に関わる株式新聞ニュースがあれば表示されます。
カブドットコム証券丸三証券は、新しい順に順番に株式新聞ニュースが表示されます。
カブドットコム証券は、キーワード検索もできるので特定の企業に関する記事だけ検索もできますし、登録していた企業にニュースがあったらメールで送ってくれるサービスも有ります。
個別企業について詳しく調べている時には、上の銘柄ごと表記の証券会社が。短期売買などで、多くの企業に関するニュースが何かないかと探している時は、後者の時間順表記の証券会社が便利だと思います。 
 詳細 (カブドットコム証券)

ロイターニュース:ロイターは企業決算などのニュースをいち早く流しています。ロイターのニュースは証券会社に口座を作らなくてもロイターのサイト などで読めるものが多いですが、銘柄情報画面から、その企業について何かニュースが出てないか知ることができるので、あったら有ったらで便利です。

テレコン21:日経新聞系4紙(日本経済新聞・日経産業新聞・日経流通新聞MJ・日経金融新聞)の記事を読む事ができます。企業名などで検索することもできるので、その企業を取り上げた新聞記事を読む事ができます。 これは、株以外でも利用価値が有ると思います。
野村證券丸三証券で見る事ができます。また、楽天証券ではマケスピでのみ見る事ができます。
 サンプル画面 (野村證券)

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

各証券会社の注文方法を比較 

6/30より、ジョインベスト証券逆指値(W指値)や連続注文が可能になります。それにあわせて過去記事を修正しました。

細かすぎて伝わらない証券会社比較の第3回は、注文方法です。注文方法を比較するのは比較的ありがちなのでこの企画にそぐわないかもしれませんが…。
どこの証券会社でどうゆう注文ができるか自分で1回整理したかったんで、調べました。

  成行  寄成  引成  指値  寄指  引指  不成 
指値 
トレーリングストップ  日経
TOPIX 
+-
指値 
連続
注文 
成行
残数 
先頭
注文 
注文期間  点 
イートレード
証券
 
○              7営業日までの任意  6 
岩井証券             30営業日までの任意  7 
カブドットコム証券  ◎  ○  ○  15営業日までの任意 14 
クリック証券               当日or週末まで 5 
松井証券              当日or週末まで 7 
マネックス
証券
 
    30日後までの任意  13 
丸三証券                      当日or週末まで  2
かざか
証券
 
                    当日or週末まで  3
楽天証券              当日or週末まで 7
リテラクレア
証券
 
        10営業日までの任意  7 
ジョインベスト証券 ○  ○  ○  ○  ○  ○  ○  ◎      ○      2週間後までの任意 10 
オリックス証券 ○  ○  ○  ○  ○  ○  ○  ◎        ○      20営業日までの任意 9 


参考マネックス証券の注文方法  カブドットコム証券の注文方法

成行:値段にこだわらず、売買の成立を優先させる注文のしかた。
指値と並ぶ、最もスタンダードな注文方法です。これは当然どこの証券会社でもOKです。

寄成(寄り成行):寄り付きにのみ成行注文が執行されることを条件とした注文。
これは多くの証券会社で注文可能です。表で◎のマネックスと、カブドットコムは、前場か後場かの指定が可能です。(引成・寄指・引指・不成の◎も同じ意味です)

引成(引け成行):引けにのみ成行き注文が執行される事を条件とした注文。
これも多くの証券会社で注文可能です。ライブドアは寄りの指定はできますが、引けの指定はできません。

指値:値段を指定した注文。買いの場合はその指値以下、売りの場合はその指値以上だと売買が成立される。
成行と並ぶ、最もスタンダードな注文方法です。これも当然、どこの証券会社でもOKです。

寄指(寄り指値):寄り付きにのみ指値注文が執行されることを条件とした注文。

引指(引け指値):引けにのみ指値注文が執行される事を条件とした注文

不成(不出来引け成行):指値注文で場の引け前までに約定しなかった場合、引けで引け注文となる注文方法

逆指値:普通の指値とは逆に、買いの場合は指定の価格以上になったら買い、売りの場合は指定の価格以下になったら売る注文方法。
◎のところは、普通の指値と逆指値を同時に発注できるいわゆるW指値が可能な証券会社です。

トレーリングストップ:「高値からの下落幅」「安値からの上昇幅」が一定以上になったら発注。カブドットコムの説明ページ。ジョインベスト証券の追跡逆指値注文は、カブドットコムとは違う仕組みですが、トレーリングストップに近いかたちかと思います。

日経・TOPIX:日経平均が指定の価格以上・以下になれば、発動される注文。
これは私は実際に使った事ないのですが、日経平均との連動性が高い銘柄の場合は結構使えるかもと思います。自分だったら逆張りで、日経平均がだいぶ下がった所で買い、急に上がり過ぎたら売りで使いたいですね。
マネックスは日経平均のみ、カブドットコムは日経平均とTOPIXが選択可能です。

+-指値:あらかじめある値段からプラスまたはマイナスの値段になったらという条件を設定し、その値段に合致したら成行またはその値段から±指値で発注する注文方法です。
例えば、始値から30円以下下がったら買い注文。などの使い方をします。これはカブドットコム独自の注文方法です。

連続注文(Uターン注文・リレー注文):最初の注文が約定すれば自動的に次の注文を発注する注文方法。
例えば、A株が売れたらB株を買い注文。A株が買えたら買値より高い指値で売り注文。などの使い方。
昼間取引ができないサラリーマンには便利かもしれません。これができるのはカブドットコムとマネックスだけだったのですが、オリックスやジョインベストでも可能になりました。

成行き残数(成行き残数指値・成行き残数取り消し):成行きの一部が約定した時に残りを指値に変更、あるいは残りは注文取消しにする注文方法。
これは1回に、1単位か2単位しか取引しない私みたいな小投資家には関係ありませんね。板が薄くてたくさんの成行き注文を出すと一気に価格が動きそうな状況の時に使えると思います。

先頭指値(先頭指値・優先指値・現在値指値)
現在値指値:現在値での指値注文
優先指値:現在値の1コ上の指値注文。売りの場合は1コ下。
先頭指値:注文時の同側気配値の1コ上の指値注文。売りの場合は1コ下。
これは、出来高が大きく比較的値段が動きやすい銘柄に発注をする時便利だと思います。

注文期間:注文の有効期間です。
多いのは、「当日」か「週末まで」のどちらかを選ぶパターンです。また、期日を何日までと指定可能な証券会社も増えてきています。長いところでは、岩井証券は30営業日後・マネックス証券は30日後まで指定が可能です。とくにいくら以上になったら売り・逆指値でいくら以下になったら売りなどといった機械的な売買を目指す人は、指値を入れっぱなしにしてけばいいので便利だと思います。買いの場合は買い注文を入れている間は資金が拘束されるので気をつけてください。

点:上記の項目をもとに、私が独断でつけた点数です。

1位 カブドットコム証券 14点
やはり、自動売買と言ったらカブドットコム証券ですね。
寄りや引けなので注文で、前場か後場かの指定ができるのは便利です。また日経・TOPIXに連動した発注や+-指値など、ザラ場を見る事ができない人は重宝しそうな売買方法が目白押しです。

2位 マネックス証券 13点
注文方法の多様さでは、カブドットコム証券と双璧をなします。
カブドットコムに有ってマネックスにない注文方法は、+-指値・TOPIX連動注文など。
反対にカブドットコムに無くてマネックスに有る注文方法は、先頭・優先注文。また注文期間の長さも魅力です。

3位 ジョインベスト証券 10点
6/30より、逆指値(W指値)や連続注文が可能になり、一気に便利になります。

4位 オリックス証券 9点
オリックスも、逆指値(W指値)や連続注文が可能です。

5位 楽天証券 松井証券 7点
この2社は、高度な自動売買こそありませんが、基本的な注文方法はだいたい押さえています。
ライバルのイートレード証券との大きな違いは、通常の指値と逆指値が同時に出すW指値が有る事です。この差は大きい。

5位 岩井証券 7点
W指値注文ができるようになり、便利になりました。また発注期間は最大30営業日まで可能なのも、岩井証券のうりです。

5位 リテラクレア証券 7点
発注条件として、成行き残数や先頭注文などの指定が可能です。
リテラクレア証券の注文方法は、どちらかというとザラ場を見ながら発注する人向けだと思います。

丸三証券は普通の指値と成行き注文のみなので点数をつけるとすると、2点です。しかし実際は普通の指値と成行きしか使わない人も多いと思うので、点数ほどは使い勝手悪くはないと思います。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

細かすぎて伝わらない証券会社比較 

私は証券会社比較が好きなんですが、他のサイトと同じ様な内容だとつまらないので、他のサイトではなかなかやらないような細かい事にこだわった証券会社比較を10回に渡って行おうと思います。
対象にするのは、私が実際に口座を開いているネット証券10社です。これに野村証券をプラスした11社(現在は13社)に口座を持ってますが、野村はタイプが違うので今回は除外しました。
実際に口座を開かないと分からないような事も、書いていければいいと思います。
ネット証券比較ならジョインベスト証券も比較に入れた方がいいかなと思いましたが、口座持ってないんで。
また、もし比較して欲しい項目が有りました、リクエストください。

  1.パスワード 2.クリック数 3.注文
方法
 
4.株価
ボード
 
5.投資
信託
 
6.住所
変更
 
7.入出金  8.銘柄
情報
 
9.  10.  計 
イートレード
証券
 
9 8 5  6 9 8 9 4      58
岩井証券 6 6  6  8  4  6  7  2      45 
カブドットコム
証券
 
6  8  10  9  9  7  4 7      60 
GMO証券 10  10  5 7  0 6 

7 

2      47
松井証券  10  4  5  7  2  8  9 4      49 
マネックス
証券
 
10  10  10  8  9  8  8 6      69 
丸三証券  8  3  2  8  4  4  6  4     

39 

かざか
証券
 
4  4  3  7  2  7  1  5      33 
楽天証券  9  8 7 6  7  5  7  6      55
リテラクレア
証券
 
7 6 7  5  5  6  6 3      45 


<10月11日>第1回第2回第3回第4回第5回第6回第7回を終えた時点では、マネックスが69点でトップ。カブドットコムが60点で再び2位に。以下58点のイートレード、55点の楽天と続きます。

第10回目は人気投票にしたいと思います。あなたのおすすめ・お気に入りの証券会社を教えてください。
細かすぎて伝わらない証券会社比較は1・2週に1回位のペースで書いてく予定なので、第10回は11月ぐらいになると思います。更新全然できてなくてすみません。第10回目までは続けますので、まだ投票されて無い方は、ご投票ください。左の○をクリックすると投票になります。

アンケートにご協力ください
あなたのおすすめ・お気に入りの証券会社は?
イートレード証券
カブドットコム証券
GMOインターネット証券
松井証券
マネックス証券
丸三証券
ライブドア証券
楽天証券
リテラクレア証券
その他


アンケートの項目が10しか選べなかった為、迷いましたが一番口座数の少ないであろう岩井証券を除いて、「その他」とゆう項目を入れました。岩井証券の場合はその他を選び、コメントで岩井証券と書いてください。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

証券会社の入出金方法 徹底比較! 

3月12日から、三井住友銀行がセブンイレブンとローソンのATMでの手数料を条件付きで無料にするとの事です。
条件とは1)預金などの残高30万円以上、2)給与振り込み、3)インターネット通帳の利用などの条件を1つでも満たせばOK。
これって、すごく便利そうですね。私は三井住友の支店やATMの無いいなかに住んでるので、三井住友に口座作るなんて考えた事も無かったですが、検討の余地有りそうです。三井住友はメガバンクの一つで即時入金に対応している証券会社も多いですし。

2月15日から、丸三証券で即時入金サービスがついに始まるみたいですね。
このニュースについては、いち早く[☆プッチの株日記]や[クローズアップ株式]で書かれていて知ったのですが、丸三にとって即時入金がないのが欠点のひとつだったので、これでだいぶ使いやすくなりそうですね。

今回は、久々の細かすぎて伝わらない証券会社比較として、各証券会社の入手金方法について比較しようと思います。
まあいつもと比べて、よく有りがちな比較ですが。。 自分的に整理しておきたかったんで。

  三菱
東京UFJ
みずほ 三井
住友
ジャパン
ネット
イー
バンク
郵便局 スルガ セブン  ATM
カード 
出金   
イートレード
証券
 
 ○  ○  ○  ○  ○  △  ○     9
岩井証券  ○  ○  ○  ○  ○  ○       7
カブドットコム
証券
 
 ○  ○  ●    ○       4 
GMO証券  ○  ○  ○  ○  ○  ○       7
松井証券   ○  ○  ○  ○  ○  ○  ○  ○     9
マネックス
証券
 

 ○

 ○  ○  ○  ○  ●△  ○       8 
丸三証券   ○  ○  ○  ○  ○  △       6 
かざか
証券
 
              1 
楽天証券   ○  ○  ○

 ○

 ○  ○     7 
リテラクレア
証券
 
 ○  ○  ○  ○  ○     6 

証券会社への入金方法として便利なのが、即時入金サービスです。営業時間中なら即時(遅くても1分程度)に証券会社の口座に反映され、手数料も無料なケースが多いのが利点です。
表の証券会社名のところは、各社の即時入金サービス説明ページへのリンクになっています。
各証券会社で、手数料無料の即時入金に対応している金融機関に○をつけました。
●は、有料の即時入金です。しかし手数料はそれぞれ、52円と105円。普通の振込手数料よりは安くなってます。
△は、手数料無料なのですが、即時入金ではなく基本的には翌営業日扱いです。
メガバンク3行とジャパンネット銀行イーバンクは多くの証券会社が対応していますね。イーバンクは1年半前は松井とかしか対応してなかったのですが、一気に増えましたね。

証券会社によっては、独自のATMカードで入出金できるところも有ります。
○のイートレは入出金可能で入手金専用かクレジットカード付きか選べます。
△の丸三証券は、出金専用で入金は不可。
□のマネックスは、入出金できますがクレジットカード付きのみ。
なお表には無いですが、野村や大和といった大手はATMカードが有ります。

出金について、振込手数料が証券会社負担で、無料の所○が多いです。
カブドットコムは三菱東京UFJの口座へは無料ですが、それ以外は有料。丸三は、郵便局のみ無料。

点は、上記をもとに私の独断でつけたものです。

1位 イートレード証券 9点
なんといっても、ATMカードがすごく使いやすいです。銀行のネット口座を持っていなくても、セブンイレブンなどで手軽に入金できるのが良いです。
また、即時入金の可能な銀行も多いです。
ただ郵便局が即時入金ではないので、1点マイナスとさせていただきました。

1位 松井証券 9点
松井は即時入金サービスが充実しています。セブン銀行にまで対応しているのは松井ぐらいです。イーバンクにいち早く対応したのは松井でしたし。全て手数料無料です。
あとはATMカードさえ有れば、完璧です。

3位 マネックス証券 8点
ATMカードが有り便利なのですが、クレジットカード付きしか無いってのが難点。まあ年会費等はかからないので作っても金銭的負担は有りませんけども。
即時入金可能な金融機関も7行と多いです。ただし郵便局に関しては即時入金ではないFTネットなら無料なのですが、即時入金の場合は105円と有料です。

4位 岩井証券 7点
     楽天証券 7点
   GMO証券 7点 
この3つの証券会社は、即時入金の対応金融機関が同じででいずれも無料。ATMカードは無く、出金手数料無料。と条件が一緒です。
この条件なら不都合なく、入出金できる人が多いんじゃないかと思います。

7位 リテラクレア証券 6点
上記の3社と比べると、イーバンクからの即時入金に対応していません。

7位 丸三証券 6点
丸三カードというATMカードが有るのですが、これは出金のみで、入金には対応していません。
即時入金対応の金融期間に○をしていますが、2月15日からのサービス開始予定です。
ここは出金する場合、郵便局以外だと振込手数料がかかります。私はケチなので、当然出金指定先は郵便局にしてます。ちなみに他の証券会社は出金指定先はジャパンネット銀行にしてます。

9位 カブドットコム証券 4点
ジャパンネット銀行からの即時入金に52円の手数料がかかります。
また、出金は三菱東京UFJ以外は手数料有料です。即時入金にみずほが入ってないですし、悪い意味で三菱UFJグループの証券会社色がでてるきがします。まあ、どちらもそれほどの金額では有りませんけど。

10位 ライブドア証券改め かざか証券 1点
かざかは、即時入金サービスを行っていません。新生銀行などを上手く利用して入金に対する手数料をおさえたいところですね。

なお、表にないオンライン証券会社や、普通の銀行振込での入金方法については、オンライン証券一覧の「入金方法」や「出金方法」の項目を見てください。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

証券会社への住所変更手続き 

私は1ヶ月前に引越しをしたのですが、引越しをするといろいろと手続きが必要になります。
証券会社に口座を開いて取引をしているならば、住所変更の手続きもしないとなりません。私みたいに11社(下の表にある10社+野村證券)にも口座開いてると大変です!
まあ情報収集などの為などの口座開設で、実際に取引をおこなっていない所は住所変更しなくても困んないじゃないかなとも思いましたが、せっかくなんで全部いっぺんに住所変更の手続きをしてサービスを比較してみました。
(以下の内容は、引越しする人、する可能性の有る人向きの記事なので、関係ない人は読み飛ばしてください。)

比較の前に、住所変更について
まず常識的な事ですが、引越しをする際は郵便局に郵便物の転居届けを出しましょう。そうする事で1年間は、旧住所宛てに送られた郵便物は転送されて新住所に送られてきます。
証券会社からの郵便物、株を保有している企業からの決算報告書や配当金の郵便為替などの郵便物も、新しい住所に転送してくれます。なので引越しで忙しければ郵便局の転居届けだけは出しとけば、証券会社への手続きは後回しでもなんとかなります。

また、株を保有している企業への住所変更についてですが。基本的に権利落ちの時に証券会社に届けている住所のデータが、企業にいくようです。(←ほふりの場合。ネット証券を利用の場合は通常ほふりだと思います)

ですので、権利落ち前に証券会社への住所変更手続きを済ませておけばOKです。
もうすでに権利落ちしている分、権利落ちまでに住所変更の手続きが間に合わない場合は、旧住所へ決算報告書や配当金の郵便為替などの郵便物が送られるかたちになります。郵便局へ転居届けをだしていれば、新住所へ転送されてきます。

株主優待は、図書カードなどは郵便、自社商品などの場合も郵パックで送られてくる事が多いと思いますので、転居届けを出していればOK。
もし株主優待を郵パック以外の宅急便などで送ってくるケースだと商品は転送されないので、そういう場合は、その企業に問い合わせる必要が有ります。

参考ページ、キューピーのIRページ、ここが知りたい!FAQ(←補足、キューピーの権利落ちは11月です)

念の為、いつも取引している岩井証券に確認しましたが、上記の内容で正しいとの事です。
前回の記事で書いた株主優待は全て、旧住所に送られた物が転送されて届きました。


さて証券会社への住所変更の手続きですが、変更申込書に必要事項を記入・捺印し、新しい住所の本人確認書類と一緒に証券会社に送ると、不備が無ければ数日後には住所変更の手続きが完了します。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。
アクセス解析アクセスランキング