権利取最終日・権利落ち日・権利確定日 2016年版 

権利取り最終日と権利落ち日の一覧は、2016年版に更新しました。
3月末の権利取最終日は、3月28日(月)です。
以前は権利確定日の4営業日前(5日目)でしたが、2009年11月下旬からは普段と同じく3営業日前(4日目)に変更になりました

3月の株主優待銘柄はこちら。日本は3月決算企業が多いので、配当金や株主優待銘柄が一番多いのも3月です。


Ⅰ、株主優待・配当金の権利取り最終日
株主優待や配当金を権利を得る事ができるのは、月末だとは分かっていても、具体的にいつかって分かりにくいですよね。私も最初の頃よく分からなかったです。(権利確定日が20日の所も有りますが、特記が無ければ月末。)

権利確定日に株式名簿に載っていると、株主優待や配当金を得る事ができます。株式名簿に載る為には権利確定日の3営業日前(数えて4日目)までに株を買ってないと間に合いません。この日を権利取最終日もしくは権利付最終日と呼びます。例えば2016年2月ですと、土日祝日を除いて29・26・25・24と数えて24日が権利取最終日です。
ですので実際に株式を売買する場合、権利確定日よりも権利取最終日の方が重要です。権利取り最終日までに株を購入(約定)して保有していると権利を得る事ができます。
権利取最終日の翌営業日が権利落ち日です。権利落ち日に株を売却しても権利は残ります。ですので権利落ち日はたいてい株価は下がります。

でも、毎月日付を数えるのめんどくさいなーと思った人もいるんじゃないでしょうか?そんなあなたの為に!
今年(2016年)の権利取最終日を表にまとめてみました。(権利確定日が月末の場合)

  権利取り最終日  権利落ち日 
1月 26(火) 27(水) 
2月 24(水) 25(木) 
3月  28(月)  29(火) 
4月  25(月)  26(火)

5月 

26(木)  27(金) 
6月 27(月)  28(火) 
7月  26(火)  27(水)
8月 26(金)  29(月) 
9月 27(火)  28(水)
10月 26(水)  27(木) 
11月 25(金)  28(月) 
12月  27(火)  28(水) 

※12月31日は休日扱いになるようです。

まとめ
1、権利取り最終日までに株を購入して保有していると、配当金や株主優待をもらえる権利や、株主総会の議決権などを得る事ができます。
2、権利落ち日に売却しても、権利は無くなりません。権利落ち日は株価は通常下がります。

ブログ内関連記事
現物買いと信用売りで株主優待をGet!
恐怖!?の逆日歩
株の配当金の受け取り方法が便利に!
株主優待について考える

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

前場・後場・寄り付き・ザラ場・大引け 

東証と大証が統合され、旧大証銘柄・JASDAQ銘柄も東証のシステムになり、取引時間が一部変更になったので過去記事を更新しました。


今日は、これから株を始める人向けの内容です。

株取引は平日の午前と午後に取引が行われます。午前の取引時間を前場(ぜんば)、午後の取引時間を後場(ごば)と呼びます。

   前場  後場
東証・マザーズ・ジャスダック 9:00~11:30 12:30~15:00
名証・札証・福証 9:00~11:30  12:30~15:30

前場後場のそれぞれの開始時の売買を寄り、終了時を引けと呼びます。特に、一日の取引の開始時{9:00}を寄り付き(よりつき)、前場の終了時{11:30}を前引け(ぜんびけ)、後場の開始時{12:30}を後場寄り(ごばより)、一日の取引の終了時{東証なら15:00}を大引け (おおびけ)と呼びます。

寄りと引けでは、板寄せ方式とゆう方法で株価が決まります。板寄せ方式の約定の仕組みはこちらのサイト のSTEP2で詳しく説明されているのでので、見てみてください。
例えば、前日の夜に出していた成行き注文は寄り付きで決まる価格(始値)で約定します。
SBI証券マネックス証券カブドットコム証券などでは、寄りと引けにだけ有効な注文方法もあります。詳しくは寄指・引指・不成・寄成・引成 をご覧ください。

前場と後場の取引時間中の事をザラ場 (ざらば)と呼びます。ザラ場中の約定の仕組みもこちらのサイト のSTEP3で詳しく解説されてます。


おすすめ関連リンク
売買の時間と株価の名前[大学生の株日記]
図表を使って、とても分かりやすく解説されてます。私もこんな風に分かりやすい図表を使って説明したいなと思いますが、テクニックがないのでできないです。 ※前場の終わりは11:00から11:30へ変更になっています。

証券用語[東証]
証券用語解説集[野村證券]
株に関する用語で分からない言葉が有れば、この2つのサイトで調べてみるとだいたい載ってるんじゃないかと思います。東証の方がシンプルで、野村の方が詳しく解説しています。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

「はじめての株1年生」 

[やさしい株のはじめ方]のひっきーさんから、その初めての著書「はじめての株1年生」をいただいちゃいました

文章がわかりやすいだけでなく、イラストなども多く、読みやすかったですよ。

私の投資に対するスタンスとひっきーさんの投資スタンスは似ているようで。読んでて「そうそう。知り合いで株をはじめたいという人にアドバイスするとしたら、自分もこれは言っておきたいな」と思うところが、多々ありました。
特に後半の章[なぜ失敗したのでしょう]や[安定した投資を目指すには]がおすすめです。目次

タイトル通り、はじめて株をやる人をターゲットにしている本なので、既にある程度株の勉強をされた方には物足りなく感じてしまうかもしれません。
「株を始めてみようかな」という人、「PERって何?」、「とりあえず株を始めてみたけど全然わかんないや」って人には、最初の1冊としておすすめです。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

家計簿のすすめ 

今回は、少しFPっぽい内容。

昨年の収入と消費支出、投資や預金などに回したお金はいくらでしたか?

もちろん収入や何にお金を使うかは人それぞれで、自由ですし、絶対的な正解はないと思います。
今回の主題は、最低限、上記の事は把握しておいた方が良いという話です。
(このブログを読まれるような方は、把握されている方の方が多いと思いますが)

把握する為に使うのが、家計簿
家計簿と言っても、レシートを全部とっておいて「豆腐68円」などまで細かく記入する必要ないと思います。
私の場合は、口座の入出金だけはきっちり入力して、現金として使う為にATMから降ろした分とクレジットカードの使用分から、月の消費支出を把握するといったざっくりしたものです。1万円以上の買い物とかは、何買ったか書いてますけど。

家計簿に関しては、
2008年 家計決算 [投信で手堅くlay-up]と
[公開家計簿WAKABA]が参考になると思います。

家計簿ソフトに関しては、家計簿[VECTOR]でいろいろなソフトが公開されているので、自分にあった家計簿ソフトを見つけてください。
ちなみに私は3年半前からファイナンシャルプランナーが作った家計簿を使用しています。それまでは、年にいくら使ったか(消費支出)はちゃんと考えた事ありませんでした。「給料内で生活できて、預金が増えてるからまぁいっか」みたいな感じで。
個別株投資されている方なら、家庭決算書2009が面白いかも。

銀行や証券口座などにいくら残っているのかのストックは把握している人がほとんどだと思いますが、月や年の可処分所得(手取り収入)と消費支出のフローも知っておく。そのうえで、投資と預金にいくら振り分けるか考える。
家計簿は、細かく書くほど分析に活かせますし、細かく書くほど時間がかかって面倒くさいです。ご自分にあった記入方法や家計簿ソフトを試しながら見つけてみてください。

<追記>
他の家計簿ソフトも少し試してみたのですが、「マスターマネー家計版」が自由度が高く良い感じです。フリーソフトじゃなくてもいい人なら、これがおすすめです。
作ってるメーカーのサイト(無料体験版が有るので、興味が有る方は試してみてください。ただし、自由度が高いので家計簿ソフトは初めてって人は慣れがいるかも。
ちなみにアマゾン 等で買った方が安いです。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

株式売買、儲けの方程式 

株式売買においての儲けを、方程式にするならば以下の様になります。

儲け=(売る時の株価-買った時の株価)×株数+保有期間中の配当-手数料-税金

・当たり前ですが、買った時よりも高く売れれば儲けになります
株数が多ければ多いほど、儲けも損失も大きくなります。
配当や株主優待分が儲けに加算されます。配当利回りが2%の株を5年保有したら、10%の儲けとなります。逆に言うと株価が10%以上下がったなら全体ではマイナスになります。買う時に配当や株主優待ばかり気にして株価を気にしないというのはマズいですね。
手数料が高いとその分儲けが減ります。なので同じサービスなら手数料が低い方が当然良いです。ただし、今はネット証券なら100万円の取引でも手数料が片道1000円以下というレベルなので、往復で0.2%程度となります。頻繁に短期取引をする人でなければ、0.1%以下の違いはそれほど気にしないで使い勝手を重視するという考えもあると思います。
税金は低い方が良い。でも税率などを自分でどうにかする事はできません。

極端な話をしてしまえば、株の儲けに関わるのは上記の5要素のみとなります。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。
アクセス解析アクセスランキング