スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

本を300円引きで買えるクーポン 

10affivc07020731

 ※このギフト券は【お一人様1回のみ】ご利用いただけます。
  ※このギフト券は 2010/07/31(土) 23:59 までご利用いただけます。
  ※税抜3,000円以上ご注文の場合にご利用いただけます。
  (送料・手数料を除く)
 ※モバイルビーケーワンではご利用いただけません。 
ネット本屋のbk1(ビーケーワン)では、3150円以上買った時に使えるアフィリエイト向けの300円分のクーポンをほぼ毎月発行しています。アフィリエイト向けなのに、ほぼ自分専用として使ってたのですが。。3150円分ぴったりの購入なら9.5%、5000円分の購入でも6%と割引率が高いので、ブログでも紹介する事に。
好評のようなら、来月以降もと思ってます。

6月に読んだ本。
会社の値段~投資に関する本を読みたいなと思った時に一番最初に参考にさせていただいてる私的おすすめ本のまとめ投資十八番]で紹介されていた一冊。バリュー投資系の人にはおすすめの内容。できたら発売当初に読んでたら、もっと楽しめたと思います。

氷点 続 上 
百年の恋
今夜は眠れない
宇宙とつながる働き方

おすすめ関連記事
ネット本屋 徹底比較!

続きを読む
スポンサーサイト
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

ネット本屋 徹底比較! 

私の気のせいかもしれませんが。
株や投資をしている人って本を読む人の割合が多い気がしますし。インターネットで株や投資信託を購入する人は、ネットで本を買うのにも抵抗が少ないので、ネット本屋(ネット書店・オンライン書店)を利用する人も多いんじゃないかと思ってます。

どうせ利用するなら、なるべく便利にお得に利用したい!
というわけで、ネット本屋の比較です。
※2010年5月13日時点の情報です。キャンペーンはもちろん、条件等も今後もこれがずっと続くとは限りません。最新の情報を各サイトでご確認ください。

  アマゾン  楽天ブックス  紀伊国屋  セブンネット bk1  boox 
送料

無料キャンペーン

通常は300円
商品1500円以上購入で無料 

無料キャンペーン 300円
商品1500円以上購入で無料
300円
商品1500円以上購入で無料
セブンイレブン受け取りなら金額にかかわらず無料
 
250円
商品1500円以上購入で無料 
無料キャンペーン 
ポイント なし(Amazonポイントは本には付かなくなった

楽天スーパーポイント 1%
(楽天カードなら2%) 

kinokuniya point  1%  nanacoポイント 1%  bk1ポイント 1%   
ネットマイル     1.5% 1.5%  0.5%(1万円以上なら5%)   
Gポイント   1%  1% 0.5%     
Tモール       1.5%(200円につき3ポイント)    2% (200円につき4ポイント) 
UFJ VIASO      3% 3%  5%   
クレカのポイント  各クレジットカードによる  各クレジットカードによる  各クレジットカードによる  各クレジットカードによる  各クレジットカードによる  各クレジットカードによる 
クーポン          ~9.52%   

送料 
送料300円、商品1500円以上購入で送料無料というのが一般的なようです。
送料無料にする為に、1500円以上になるようにして注文するという人も多いんじゃないかと思います。

しかし、楽天ブックスが1年以上前から購入金額に係わらずの送料無料キャンペーンを行っており、それに対抗して、アマゾンやBooxでも送料無料キャンペーンを行っています。

bk1は送料250円とちょっと安め。セブンネットは、セブンイレブン受け取りならば、金額に係わらず無料です(ただし、宅配よりも日にちが多めにかかる)。まとめ買いせずに、今読みたい1冊だけを買いたい、且つセブンイレブンが近くに有るという人には、良いかと思います。

ポイント
本は定価販売で値引きができない為、ポイントを付与しているところが多いです。税抜き価格の1%というのが標準の様です。アマゾンでも昔は1%のポイントがもらえたのですが、現在は本ではポイントがもらえなくなってしまったようです。
楽天ブックスの楽天スーパーポイント、セブンネットのnanacoポイント等は、本以外にも使い道が多いです。
楽天ブックスは、楽天カードからの購入なら2倍の2%、さらにポイントが貯まるキャンペーンなんかもよくやってます。

ポイントモール
ポイントモール経由で購入すると、上記にプラスしてさらにポイントが加算されます。主なところは、ネットマイルGポイントTモールなどがあります。
ただし、ネットマイルやGポイントはそのままでは使い道が限られる為、再度別のポイントへ換えるのが一般的でしょうけど、1000円分ぐらいのポイントが貯まらないと交換できなかったりするので注意です。
その点Tモールでは、ツタヤをはじめ実店舗で使える所が多いTポイントですので、少量のポイントでも無駄になる事が少ないでしょう。
ポイントモールは上記以外にもいくつかありますし、クレジットカード会社の会員向けポイントモールもあります。
私はUFJのVIASOカードを利用していて、bk1などでのポイントの付与率が高くてなかなか良いので、それも紹介しようと思ってたのですが。 新規募集は終了してたんですね。。今知りました。。

クレジットカードのポイント
ネット本屋のほとんど(上記にあげた所は全て)クレジットカードの利用が可能です。クレジットカードを使用すれば、各クレジットカードのポイントやマイレージが貯まります。0.5%~1%程度が一般的です。

ポイントが貯まる例

例1)ネットマイルを経由してクレジットカードを使い、紀伊国屋で本を購入した場合。クレジットカードのポイントを0.5%とした場合。1%(紀伊国屋)+0.5%(クレジットカード)+ネットマイル1.5%で合計4%分のポイント。クレジットカードのポイントが1%ならば、計4.5%。

例2)Gポイントを経由して楽天カードを使い楽天ブックスで本を購入した場合。2%(楽天ブックス)+1%(楽天カード)+1%(Gポイント)で合計4%分のポイントがつく形となります。

ポイントに対する、注意する点
1)せっかくポイントを貯めても、使わなければ意味がない。特に一定以上貯まらないと使えないポイントなどは注意が必要。

2)10円分のポイントを得る為にもし追加で2分の時間がかかってしまったら、時給換算すると300円。ポイントを得たとしても効率的とは言えない。


Amazon(アマゾン)
言わずと知れた、ネット本屋の最大手。その為レビューなどの情報が他と比べて圧倒的に多い。また、以前に買った本などから自動で本をおすすめしてくるが、結構いいところをついてくる。
AMAZONマーケットプレイスで古本を探すことも可能。
ポイントがつかなくなったのは残念であるが。現在送料無料キャンペーンを行っているので、本1冊からでも気軽に注文できる。

楽天ブックス
一時は停滞していたが、送料無料キャンペーンなどでシェアを伸ばし、現在日本のネット本屋で2番目の規模に。既に楽天市場を利用している人ならば、IDや住所などの情報はそのまま使えるし、ポイントも共通して使える。

紀伊國屋書店BookWeb
ご存知の大手本屋。
自店のポイントも、ポイントモールのポイントも貯まるし。サイトの情報量も多い方。悪くはない。

セブンネット
セブンイレブンでの本の受け取りなら1冊から送料無料。
YAHOO!ブックスも同じところが運営しており、同様のサービスです。ただしポイントはnanacoポイントではなくYahooポイントになります。Yahooショッピングをよく利用する人には、こちらがおすすめ。

bk1(ビーケーワン)
毎月のように、3150円以上の利用で使える300円分のクーポンを発行しています。3150円分ぴったりの購入なら9.5%もの割引になります。5000円分の購入でも6%。さらに1%のBk1ポイントも貯まります。お得度が高いのでよく利用しています。

boox
送料無料キャンペーン中。Tサイトからなら、Tポイントが貯まる。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

歴史って面白いかも。 

株や投資とは関係ない話です。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

【まぐれ】を読む 

まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか】を1ヶ月ぐらい前に読みました。

たまたまではないもの(つまり決まっていること)の様に見え、たまたまではないものと受け取られているが実際はたまたまであるものに関する本です。投資している人の方が読んで面白いと思いますし、投資にも応用できるところが有るますが、いわゆる「投資の本」とは、一味も二味も違います。


ちょっと唐突ですが。
高校3年生になる息子言うことが的確にあたってるのですが~ [Yahoo!知恵袋]

回答者さん側に多く見られるのは、「それは予想できた事だ」とする後知恵バイアス
経済に関心が有る人なら、質問文にあるような例の、理由と結果の関係は知っていると思います。確かに、ネット上にはいろいろな考えが溢れていて、その中に正解も有ったのは間違いないですし、経済知識を得ることができます。でも経済に関心が有る人が、経済知識からその時に(結果が出る前に)簡単に正解を選べたかどうかは、別。   
ネット上に書かれていた考えは4択の選択肢みたいなものなのかなと。

後から見れば物事はいつだって明らかだ。 【まぐれ】P78

後知恵バイアスにはもっと悪い効果がある。過去を予測するのがとてもうまい連中が、自分は将来を予想するのもうまいものだと勘違いして、自分の能力に自信をもってしまうのだ。   【まぐれ】P79 

↑これは、特にアクティブな株式投資をする時に戒めないといけないなと思います。

一方、質問者さん側がおちいっていそうなバイアスは、当たった事だけ思い出すバイアスですかね。正式名称わかんないのでテキトーな名前ですけど。
言われた事なんて、全部覚えていない(少なくとも日常生活では意識しない)。でも、実際に起ればそう言っていたなと思い出す。実際に起らなかったことは、そのまま忘れたまま。
預言者の予言とかも、これと同じ?

ただ、今までの人生で見聞きした事を全て知覚しながら生活する必要はないですしむしろ大抵はじゃまですので、こういうバイアスがかかる様な、必要な時だけ思い出す脳になっているのは合理的だと思いますけどね。
ちょっと話それますが。本をたくさん読んでいると、もちろん全部は覚えきれずに忘れていくのですが。読んでいると、実経験や以前に読んだ本の内容をふと思い出して、内容が自分の中で繋がる時がありますよね!それが個人的に読書の醍醐味だと思ってます。

息子さんの
「調べたら普通にわかるよ。当たってるんじゃなくて、当たるんだよ」は、
【まぐれ】的な模範解答ならば、

「想像できた事も想像できなかった事も含めて起りうるいろいろな可能性があったけど、どういう結果になる可能性が高いかは調べたら普通にわかるよ。今回はその高い確率の方に出たので当たった。」 
になりますかね。数学の様に一つの絶対的な答えが有る問題でなければ、将来の出来事はリスクと不確実性が有りますので。

確実というのは、いろいろな違った歴史の中で、その現象が実現する場合の数が一番多いということだ。一方、不確実性とは、それぞれの事象が実現する場合の数がとても少ないということである。 【まぐれ】P42

たちの脳は非線形性を扱うようにはできていない。たとえば2つの変数の間に因果関係がある場合、人は、原因のほうの変数が安定していれば結果のほうの変数も必ず安定しているものだと思う。 【まぐれ】P221


息子さんが、現状や過去を調べて、ロジック的に将来どうなる可能性が高いかを判断できているのは、素晴らしいと思います。


まとまりのない記事ですみません。
偉そうに書いてきましたが、私も普段バイアスがかかった考えしています。

まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか】の関連おすすめ本

行動経済学
こちらの本を先に読むとわかりやすかな。人間のバイアスについていろいろ書かれています。

影響力の武器
心理学の本。【まぐれ】の第11章偶然と脳にかかれている、人間の動物的行動パターン「ヒューリスティック」についてもっと詳しく書かれています。

エコノミストは常に間違う
実際の経済は不確実性に溢れているので、正確な予想とその対処をするのはいかに頭が良い人でも難しいというのを知るには。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

スティグリッツ教授の経済教室 を読む 

スティグリッツ教授の経済教室―グローバル経済のトピックスを読み解く を今読んでいます。

アジア通貨危機から、アメリカやヨーロッパの財政政策、イラク侵攻、環境問題、そしてサブプライムまで。ノーベル経済学賞を受賞した著者の寄稿記事をまとめたものです。

一部、引用させてもらうと、
「最も重要な点を指摘すると、貧困削減に成功している諸国では、政府が経済政策できわめて重要な役割を果たしてきたという事である。」

「1997年の金融危機の金融危機の前、東アジアの国々は30年にわたり未曾有の急成長を記録した。これらの国々は、世界銀行と国際通貨基金(IMF)が唱えていた経済戦略 ―成長の最善の方法は政府の役割を最小限に抑え、可能な限り民営化を進め、政府の規制を取り払って、社会的セーフティネットを縮小することだとする、いわゆるワシントン・コンセンサス― とは著しく異なる経済戦略に従っていた。それでもこれらの国は、ワイントン・コンセンサスの処方箋に従ったラテンアメリカなどの諸国よりも高い成長を記録した。」

「時期早々な市場の自由化ががアジア通貨危機の根本原因として浮上していたのである。自由化によって資金がどっと流れ込んだのはいいが、あっという間に入ってきたカネはあっという間に出て行って、後に大混乱を残した。資本流入が順循環的であること、つまり資本は経済状況が好調な時に流入し、景気が失速したら流出すことは、ずっと前から明白だったはずだ。要するに、資本の移動は景気変動を拡大するのである。」


私は基本的に市場主義(マーケットにまかせておいた方が良い)な考えですが、こういった見方も有るんだなと興味深く読んでいます。
「『自分の反対のもの』を読む事によって、自分の世界を広げる事ができる。」ですね。
完全に反対ってわけではなく、共感しながら読むところも多いですけど。ブッシュへの批判とか。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。
アクセス解析アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。