2014年大納会 2015年大発会 

大納会年末の最終取引日を指します。例年12月30日で、当日が休日や祝日に当たる場合は、その直前の営業日になります。 2008年までは半日立会いで午前中だけの取引でしたが、2009年末からは、普段通りの全日立会いになりました。

大発会年始の取引開始日を指します。例年1月4日で、当日が日曜日の場合は1月5日、土曜日の場合は1月6日になります。

2014年の大納会は12月30日(火)
2015年の大発会は1月5日(月)です。


 毎年書いてる、大納会・大発会のアノマリーを見てみると、

1995-1996大納会は下落、大発会は上昇
1996-1997大納会は下落、大発会は上昇
1997-1998大納会は上昇、大発会は下落
1998-1999大納会は下落、大発会も下落
1999-2000大納会は上昇、大発会も上昇
2000-2001大納会は下落、大発会も下落
2001-2002大納会は上昇、大発会も上昇
2002-2003大納会は下落、大発会は上昇
2003-2004大納会は上昇、大発会も上昇
2004-2005大納会は上昇、大発会も上昇
2005-2006大納会は下落、大発会は上昇
2006-2007大納会は上昇、大発会は上昇
2007-2008大納会は下落、大発会も下落
2008-2009大納会は上昇、大発会も上昇
2009-2010大納会は下落、大発会は上昇
2010-2011大納会は下落、大発会は上昇
2011-2012大納会は上昇、大発会は上昇
2012-2013大納会は上昇、大発会は上昇
2013-2014大納会は上昇、大発会は下落


過去19年間の年末から年初にかけた値動きを見てみると、
大納会は10勝9敗。特に大納会だから上がるとか、下がるなどとかの関連性はなさそう。
一方大発会は2013年まで14勝4敗、2002~2007年まで6連勝でしたが、2008年は大幅下落となりました。そして2009年からは再び5連勝です。下落した4回は、全て前年の12月に日経平均が下がっている下落トレンドの時です。つまり、12月上がってる時は翌年の大発会は過去18年間負け無しでした。しかし2014年は前年12月は上昇だったのですが、下落となりました。

逆に、大発会の上下と、その年の年間の上下を見てみましょう。1年の計は大発会にあり?

 大発会   年間 
1996年   上昇   下落
1997年  上昇  下落
1998年   下落  下落
1999年  下落  上昇
2000年  上昇  下落
2001年   下落  下落
2002年   上昇  下落
2003年   上昇  上昇
2004年   上昇  上昇
2005年   上昇  上昇
2006年   上昇  上昇
2007年   上昇  下落
2008年  下落   下落
2009年  上昇  上昇
2010年   上昇  下落
2011年  上昇  下落
2012年  上昇  上昇
2013年  上昇  上昇
2014年  下落  上昇

大発会と年間の上下が同じだったのが10回。違う結果となったのが9回。大発会と年間の上下の間には、あまり相関関係はなさそう。
ロシア財政危機LTCM破綻のあった1998年、ITバブル崩壊の2001年、リーマンショック後の2008年は下落・下落パターンでした。偶然でしょうが、下落・下落パターンの時は大きな下落となっていますね。


今回で、2014年最後の記事になります。
それでは、皆さん良いお年を!
2014年12月や年間の値動きは年明けにまとめる予定です。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

2013年大納会 2014年大発会 

大納会年末の最終取引日を指します。例年12月30日で、当日が休日や祝日に当たる場合は、その直前の営業日になります。 2008年までは半日立会いで午前中だけの取引でしたが、2009年末からは、普段通りの全日立会いになりました。

大発会年始の取引開始日を指します。例年1月4日で、当日が日曜日の場合は1月5日、土曜日の場合は1月6日になります。

2014年の大発会は1月6日(月)です。


 毎年書いてる、大納会・大発会のアノマリーを見てみると、

1995-1996大納会は下落、大発会は上昇
1996-1997大納会は下落、大発会は上昇
1997-1998大納会は上昇、大発会は下落
1998-1999大納会は下落、大発会も下落
1999-2000大納会は上昇、大発会も上昇
2000-2001大納会は下落、大発会も下落
2001-2002大納会は上昇、大発会も上昇
2002-2003大納会は下落、大発会は上昇
2003-2004大納会は上昇、大発会も上昇
2004-2005大納会は上昇、大発会も上昇
2005-2006大納会は下落、大発会は上昇
2006-2007大納会は上昇、大発会は上昇
2007-2008大納会は下落、大発会も下落
2008-2009大納会は上昇、大発会も上昇
2009-2010大納会は下落、大発会は上昇
2010-2011大納会は下落、大発会は上昇
2011-2012大納会は上昇、大発会は上昇
2012-2013大納会は上昇、大発会は上昇

過去18年間の年末から年初にかけた値動きを見てみると、
大納会は9勝9敗。特に大納会だから上がるとか、下がるなどとかの関連性はなさそう。
一方大発会は14勝4敗、2002~2007年まで6連勝中でしたが、2008年は大幅下落となりました。そして2009年からは再び5連勝中です。下落した4回は、全て前年の12月に日経平均が下がっている下落トレンドの時です。つまり、12月上がってる時は翌年の大発会は過去18年間負け無し。

逆に、大発会の上下と、その年の年間の上下を見てみましょう。1年の計は大発会にあり?

 大発会   年間 
1996年   上昇   下落
1997年  上昇  下落
1998年   下落  下落
1999年  下落  上昇
2000年  上昇  下落
2001年   下落  下落
2002年   上昇  下落
2003年   上昇  上昇
2004年   上昇  上昇
2005年   上昇  上昇
2006年   上昇  上昇
2007年   上昇  下落
2008年  下落   下落
2009年  上昇  上昇
2010年   上昇  下落
2011年  上昇  下落
2012年  上昇  上昇
2013年  上昇  上昇

大発会と年間の上下が同じだったのが10回。違う結果となったのが8回。大発会と年間の上下の間には、あまり相関関係はなさそう。
ロシア財政危機LTCM破綻のあった1998年、ITバブル崩壊の2001年、リーマンショック後の2008年は下落・下落パターンでした。偶然でしょうが、下落・下落パターンの時は大きな下落となっていますね。


今回で、2013年最後の記事になります。
それでは、皆さん良いお年を!
2013年12月や年間の値動きは年明けにまとめる予定です。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

2011年大納会・2012年大発会 

大納会年末の最終取引日を指します。例年12月30日で、当日が休日や祝日に当たる場合は、その直前の営業日になります。 2008年までは半日立会いで午前中だけの取引でしたが、2009年末からは、普段通りの全日立会いになりました。

大発会年始の取引開始日を指します。例年1月4日で、当日が日曜日の場合は1月5日、土曜日の場合は1月6日になります。

2011年の大発会は1月4日(水)です。


 毎年書いてる、大納会・大発会のアノマリーを見てみると、

1995-1996大納会は下落、大発会は上昇
1996-1997大納会は下落、大発会は上昇
1997-1998大納会は上昇、大発会は下落
1998-1999大納会は下落、大発会も下落
1999-2000大納会は上昇、大発会も上昇
2000-2001大納会は下落、大発会も下落
2001-2002大納会は上昇、大発会も上昇
2002-2003大納会は下落、大発会は上昇
2003-2004大納会は上昇、大発会も上昇
2004-2005大納会は上昇、大発会も上昇
2005-2006大納会は下落、大発会は上昇
2006-2007大納会は上昇、大発会は上昇
2007-2008大納会は下落、大発会も下落
2008-2009大納会は上昇、大発会も上昇
2009-2010大納会は下落、大発会は上昇
2010-2011大納会は下落、大発会は上昇


過去16年間の年末から年初にかけた値動きを見てみると、
大納会は7勝9敗。特に大納会だから上がるとか、下がるなどとかの関連性はなさそう。
一方大発会は12勝4敗、2002~2007年まで6連勝中でしたが、2008年は大幅下落となりました。そして2009年・2010年・2011年は上昇でした。下落した4回は、全て前年の12月に日経平均が下がっている下落トレンドの時です。つまり、12月上がってる時は翌年の大発会は過去16年間負け無し。

2011年の大納会は上昇でした。
2011年の12月の日経平均は下がっていますので、アノマリー的にも2012年の大発会はどっちに転ぶかわかりませんね。

逆に、大発会の上下と、その年の年間の上下を見てみると、

 大発会   年間 
1996年   上昇   下落
1997年  上昇  下落
1998年   下落  下落
1999年  下落  上昇
2000年  上昇  下落
2001年   下落  下落
2002年   上昇  下落
2003年   上昇  上昇
2004年   上昇  上昇
2005年   上昇  上昇
2006年   上昇  上昇
2007年   上昇  下落
2008年  下落   下落
2009年  上昇  上昇
2010年   上昇  下落
2011年  上昇  下落

大発会と年間の上下が同じだったのが8回。違う結果となったのが8回。大発会と年間の上下の間には、あまり相関関係はなさそう。
そしてリーマンショック後の2008年は、ロシア財政危機LTCM破綻のあった1998年、ITバブル崩壊の2001年、に続いての下落・下落パターンでした。偶然でしょうが、下落・下落パターンの時は大きな下落となっていますね。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

逆指値 

1、逆指値注文とは
逆指値注文は通常の指値とは逆に、指定金額以上になったら買い・指定金額以下になったら売却する注文方法です。
逆指値がどんなものかよくわからない方は、
逆指値・ツイン指値[マネックス証券]を先に読むのをおすすめします。
↑にも書いてるように、「ロスカット(損切り)」「利益確保」「上昇トレンドに乗る」といった使い方が主だと思います。

ロスカット 」:自分の損切りポイントに逆指値を入れておき、それ以下に下がったら売却する。
損切りは大事だと分かっていても、実際に下がってみるとなかなか踏ん切りがつかなかったりする人も多いと思います。そんな人には損切りポイントで容赦なく損切りしてくれる、逆指値がおすすめ。またサラリーマンなど昼間株価をチェックできなく、下がったその場で損切りできない人にもおすすめ。

利益確保 」:購入からある程度株価が上昇した後に、逆指値をいれる。まだ上がりそうなので上がってるうちは売りたくない、もし上昇が止まったらせめてこのぐらいは利確したいなとゆうところに逆指値をいれる。
含み益がたくさん出てたのに、気が付いたら含み益がみるみる減ってた。っていうような事が多い人におすすめ。

上昇トレンドに乗る 」:BOX相場の上限より少し上に逆指値の買い注文をいれる。株価がBOX相場をブレイクし上昇トレンドに入ったら購入。
しばらくボックス相場、もしくは三角持合にあった銘柄が、そこから上抜けると大きく上昇する事があるようです。順張りの考え方です。私はどっちかというと逆張りなんで、逆指値を買いで使う事はしないと思う。 <追記 株では使わないですが、FXでは買いの時に逆指値を結構使ってます。>

2、逆指値注文のしくみ
(売りの場合で説明すると)注文方法はまず注文発動価格(トリガー価格)を決めます。そして、「指値の金額」もしくは「成行き」かを選んで注文します。東証などの証券取引所では、成行きと通常の指値しか受け付けていません。じゃあ逆指値はどうしてるかというと、注文発動価格になるまでは証券会社で留まっていて証券取引所へは注文データは行きません。注文発動価格以下に株価がなると、あらかじめ指定していた「指値」もしくは「成行」の注文が証券取引所に流れるというしくみです。

成行きのデメリットは、いくらで約定するか解からないという事です。発動価格420円で成行きにした場合、420円になった時点で成行きを出しても420円で売れるとは限らないです。420円より低い価格で約定する事の方が多いでしょう。特に出来高が少なく買い板が薄い銘柄は要注意。
指値の場合のデメリットは約定しない場合が有るということです。例えば発動価格が420円で指値も420円にしたとします。株価が420円の時に420円指値注文を出す事になります。420円以上での買い手が現れれば約定しますが、そのまま下がり続けた場合は約定しません。
じゃあ発動価格を420円指値を400円にした場合はどうなるか。420円になった時点で400円の指値注文を出す事になります。この場合400円以上の買い手がいれば売買が成立します。指値を低くするとその分安い価格で約定してしまう可能性が大きくなります。

3、逆指値注文ができる証券会社

  逆指値の説明ページ  OCO(W指値)注文 注文有効期間 手数料 
マネックス証券 Link  ○ 30日後までの任意  Link
  カブドットコム証券   Link  ○ 15営業日までの任意    Link
 ジョインベスト証券  Link  ○ 2週間後までの任意   Link
 楽天証券   Link  ○ 当日or週末まで    Link
 岩井証券  Link  ○ 30営業日までの任意   Link
 オリックス証券  Link  ○ 20営業日までの任意   Link
 松井証券  Link  ○ 当日or週末まで   Link
 安藤証券  Link  ○    Link
 SBI証券  Link  × 7営業日までの任意   Link
アイディーオー証券    Link  ×     Link
 大和証券  Link  ×    Link


逆指値注文ができるのは上記11社です。意外と少ないなといった印象です。
OCO注文は、証券会社によって呼び名は変わるのですが、逆指値と普通の指値を同時に出す事のできる注文方法です。
中長期取引なら損切りの逆指値だけだしとけばいいかもしれませんが、短期取引の売買の場合は普通の指値をいれつつ、逆指値で急落に対処したいってケースもあると思います。そんな時OCO注文に対応している証券会社だと便利です。
ロスカットなどの売りの逆指値注文は、出しっぱなしにする事が多いので注文の有効期間が長い方が楽です。岩井証券とマネックス証券がほぼ1ヶ月注文が有効です。※安藤とIDO,大和は私が口座を開いていないという事があり未確認です。

関連記事
各証券会社の注文方法を比較 

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

ディフェンシブ銘柄 

野村AM証券用語集 ディフェンシブ銘柄より引用

ディフェンシブとは防御的という意味です。成長株や景気敏感株のように、好景気局面で投資成果の良い銘柄群ではなく、景気停滞局面で着実に相対パフォーマンスが期待できる銘柄群を指します。景気が悪化して金利が下がる局面で活躍する金利敏感株や、景気動向にあまり左右されない医薬品株などを指します。

不景気になれば物の消費は落ち企業業績は落ち込みますが、毎日食べるものや薬、電気やガスなどは不景気でも消費量があまり減らないとの考え方ですね。

ピーターリンチの株で勝つ 優良株(p128~129)より引用

優良株は不況時にも強いので、くるべき不況に備えていつも私のポートフォリオには組み入れられている。一般にケロッグ、コカコーラ、スリーエム、P&Gなどは市場が悪い時には頼もしい銘柄である。倒産などしないし、すぐに良い評価を取り戻して株価も回復する。どんなに景気の状態が悪くなっても、人々はコーンフレークを食べ続ける。旅行の回数を減らし、新車の購入を延期し、衣服の購入を減らして、レストランでロブスターを注文する事は減らしても、コーンフレークは変わりなく食べるだろう。

生活に欠かすことができないブランド力の有る商品をつくっている優良企業は、ディフェンシブ銘柄ともなります。

それでは、実際に日本のいくつかのディフェンシブ銘柄と呼ばれる企業の業績を見てみましょう。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。
アクセス解析アクセスランキング