株価上昇そして東北へ 

日経平均、また上げましたね。
前に読んだ経済学の本に、株価は経済の先行指標の一つだと書いて有りました。今の株価の様に、実際の経済もみんなが実感できる景気回復してくれるといいですけどね。

明日からちょっと東北へ旅してきます。
次回更新は来週になると思います。
ではまた来週~。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

日経平均と持ち株の関係 

日経平均が今週13000円を突破しました。

日経平均は簡単にゆうと、東証一部上場銘柄約1500の中から日経新聞が選んだ225銘柄の株価の平均です。
A社の株が100円(額面50円)から90円に1割下がり、B社が200000円(額面100000円)から220000円に1割上がったとします。
単純な平均だと平均は大きく上がります
(100+200000)/2=100055→(90+220000)/2=110045。
ただこれだと不公平すぎるので、みなし額面50円あたりの株価の平均になっています。(100+200000/2000)/2=100→(90+220000/2000)/2=100。でイコールになります。
しかしみなし金額よりも株価が大きく増えている会社(値がさ株)ほど、日経平均に与える影響が大きくなります。
例えばA社の株が100円(額面50円)でC社の株が200円(額面50円)で、それがA社が90円C社が220円になった場合(100+200)/2=150→( 90+220)/2=155額面より実際の株価が大きくなっているC社の影響が強くなります。
日経平均について詳しくは日経新聞のサイトをご覧ください。

東証一部全銘柄の平均ではない、値がさ株の影響が大きいとゆうデメリットも有りますが、全体的に株価が上がっている時は日経平均が上がり、株価が全体的に下がれば日経平均も下がります。日経平均がTOPIXと逆に動く日はあまり有りません。
この事を逆にいえば、日経平均が上がれば全体的に株価が上がっている→自分の持ち株も上がっている可能性が高いといえます。
でも仕事から家帰ってきて、今日は日経平均が上がったってニュース見て、期待してポートフォーリオを見たら、自分の持ち株は下がっててがっかりって事が有ります。平均が上がっても全ての銘柄が上がっている訳ではないですからね。

で自分の持ち株を見てみると、
アサヒビールは、日経平均が上がっている日は上がり、日経平均が下がってる日は下がってる日が多いです。ちなみにアサヒビールは225銘柄のうちの1つです。
吉野家は日経平均にほとんど左右されません。いいニュースが有れば上昇し、翌日か翌々日に下がってもとに戻るの繰り返し。
アークスは日経平均が上がっても、下がってる日が多い…。
上記の感想はあくまで株を始めて1ヶ月だけの私の個人的な感想です。が日経平均が上がっている流れの中では、大企業の株の方が一緒に上がる可能性が高い。都市銀行とか自動車メーカーとか。統計学的に言えば持ち株の種類が多いほど、全体の流れと近い動きになる。もっと極端な事を言えば日経平均の225銘柄を全て持っていれば、日経平均が上がれば、持ち株は上がりますね。でもそれは個人では難しい…。

そこで日経平均225連動型の投資信託が有ります。
私は、日経平均連動型の投資信託は持っていませんが、日本株を主な投資対象にしている投資信託を持ってます。この投資信託は、必ずでは有りませんが、日経平均が上げた翌日には上がり、下げた翌日には下がる傾向が強いです。
実際この1ヶ月で、日経平均が上がったのと比例するように、6.3%上がってます。

この日経平均が上がっている今の流れの中で、株を始めたいけど何を買えばいいか解からないとゆう人は、投資信託や、ミニ株で大手企業をいろいろ買うってのも、一つの手かもしれません。
念の為追記しますが、現在上がっている日経平均ですが、反動で下がった場合は日経平均連動型の投資信託も下がります。当然ですが。

それと日経平均が上がるか下がるかを予想する、先物オプション取引とゆうものも有ります。


ちなみに投資信託も、ミニ株も、先物オプションも全部扱ってるオンライン証券会社は、私が知る限りはマネックスビーンズ証券リレラクレア証券ぐらいです。S株もミニ株にいれるとイートレード証券 も全て扱ってます。くわしくは、オンライン証券一覧をご覧ください。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

休み 

当たり前と言えば当たり前なのかもしれませんが、祝日は証券市場も休みですね。なんか仕事から帰ってきたら、まず持ち株の値動きをチェックするのが日課になっていたので、休みだとなんか物足りなさを感じます。

先週は日経平均上がり下がりが有りつつもちょい上り加減なのかなと思いました。
今週はどー動くんでしょうかね。13000円の壁は超える事ができるんでしょうか。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

パスワードを暗記しなくていい 

今日は、オンライントレードする人の強い味方になるフリーソフトを紹介します。

オンライン証券やオンライン銀行、ネットショッピング、どこも本人確認の為にパスワードの入力が必要です。覚えやすいように、自分の中でお決まりのパスワードをつけたりはしてるけれども。そのサイトによって指定桁数が違うのでパスワードを変えなくてはならなかったり、ましてや向こうで勝手にランダムに決められたパスワードなんて覚えてられません。
で自分の場合は、メモ帳(パソコンのね)に一覧作って、それをコピペしたりしてた。一人暮らしなんで用心してませんでしたが、もし誰かに見られたら危険ですね。
でも、そんな苦労しなくっていいフリーソフトが有るのを1ヶ月程前に知りました。まさに目からウロコってやつです。
ようするに、そのソフトにパスワードを登録しておいて、次回からはそのソフトから行きたい銀行や証券会社のサイトに自動的にログインして行けちゃうんです。

それがYahoo!Money LookGポイントMONEY MAPです。
どっちも基本的には同じしくみのソフトです。
2005年9月現在の対応金融機関は、Money Lookが銀行38・証券会社16・クレジットカードが24。MONEY MAPが銀行18・証券会社8・クレジットカード18。とMoney Lookが一歩リードです。
またMoney Look独自の特徴として、Yahoo!と提携しているので、ヤフオクのデータが反映される事です。ヤフオクやられる方には絶対おすすめです。MONEY LOOKを立ち上げるのに3行のパスワード入力が必要なので、1つの証券会社のログインの為だけにいちいち立ち上げるのはちょっと面倒。

一方のMONEY MAPの特徴は、Gポイントやネットマイルといったポイントサイトや、楽天市場やセシールといった通販サイトにもログインできる点です。

ちなみに私は、どちらにも一長一短があるので、どっちも使ってます。
両方にパスワードを入れておけば、万が一の際のバックアップにもなります。本当にバックアップにするなら、それぞれを別別のハードディスクドライブに入れておけばより良いのでしょうが、そこまではしてません。
またそれぞれのソフトへのパスワードはばれると、登録の全サイトのパスワードがばれるのと同じ事なので、パスワードの管理は厳重にしましょう。

どっちも便利だし無料なんで、おすすめです。

対応の証券会社はどちらのソフトでもログインできるのが、イートレード証券、カブドットコム証券、大和証券、日興コーディアル証券、野村證券、松井証券、マネックスビーンズ証券、楽天証券の8社。Money Lookでは他に、Meネット証券、エイチエス証券、オリックス証券、コスモ証券、ジェット証券、東海東京証券、トヨタFS証券、リテラクレア証券にもログイン可能です。

このソフトでログインできるとゆうのも証券会社選びの際の、ポイントの一つになるかも。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

Yahooファイナンスを活用しよう 

知ってる人活用している人も多いと思いますが、Yahoo!Yahooファイナンス便利です。
特にこれから株をはじめようと考えてらっしゃる方には、ぜひ見てもらいたいサイトです。

初心者の株式投資入門オンライン証券会社情報などは、内容も濃く勉強にはもってこいだと思います。

またマーケット概況を毎日見ていると、こんな理由で株価は上がり下がりするんだなーってのが分かります。

企業情報は、まずまずの内容です。ただ各証券会社の口座保有者向け銘柄情報の方が優れている場合が多いでしょう。無料だからしょうがないけど。
まだ口座開設の手続中の方は、口座開設までの間ここで銘柄チェックすると良いでしょう。

で一番おすすめなのが、ポートフォーリオです。1番の理由はYahooIDを入れっぱなしにしておけば、毎回毎回ログインしなくてもすぐ見れる事。これが証券会社のサイトのポートフォーリオとの大きな違いです。2番目の理由は投資信託をほぼ網羅している事です。証券会社のポートフォーリオでも投資信託を表示できるところは多いです。しかしたいてい自社の取扱い商品しか載せられません。株も投資信託も1つの証券会社だけでしか購入しない場合は、その会社のサイトのポートフォーリオで十分だと思います。が、何社かで分けて持っている場合、全体をまとめて表示させるのにYahooファイナンスのポートフォーリオはもってこいだと思います。
また各証券会社のポートフォーリオと比べて劣るのは、株価が20分ごとの更新とゆう事とそこから直接株の売買ができない事です。ですので株の売買をする時に使うとゆうよりは、仕事終わって家帰ってきて、持ち株の値段どう動いたかな~って見るのに向いてると思います。
それと表示項目を自分が見たいものだけに編集できるのもいいとこです。

口座管理サービスのMoney Look。まじで便利です。これについては、後日詳しく書きたいと思います。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

投資信託のすすめ そのいち 

まず私が投資信託をはじめるまでのいきさつを書きます。
投資信託との馴れ初めは、働いてる会社の退職年金が去年の春から確定拠出年金にかわった事でした。先輩なんかは3分の2以上あるいは全額を元本保証型の商品にしている人が多かったです。私はそれだと減る事は無くてもたいして増える事もなさそうだし、これから年金もらえるまでの30数年の間にインフレになる可能性だって有るしで、3分の2を投資信託にしました。ただしリスク分散の為、国内株式、海外株式、国内債券、海外債権と細かく分けました。

そして1年後、1年間のレポートが送られてきました。そしたら1年間で約1万円プラスになっていました。全額元本保証型の先輩は低金利なので当然1000円も増えてません。もちろん先輩の方が会社からの元金が多いので総額では全然多いですが。この時、投資信託っていいかもって思いました。

そして数ヶ月後。たまたま銀行に行った所、「投資信託を購入すると、その購入金額の2倍までの3ヶ月定期預金が年利2%」のボーナス向けキャンペーンをやっていました。
ちょうどその頃を株をはじめようと考えていた時なので、家で一日資金の割り振りをじっくり考えました。
で結局、定期預金を全額解約し、投資信託に90万、定期預金に180万、残りを株に60万振り分ける事にしました。

投資信託はさらに、海外国債型のグローバルソブリンオープンに約20万、アメリカのREITをが主な投資対象のコロンブスの卵の、ヘッジ有り無しに各約13万、日本株式型の日本小型株ファンドに約26万、NIESなどのアジアの株式が主な投資対象のアジア株アクティブオープンに約15万を、振り分けリスク分散しました。ただ米ドルベースの割合が多いので円高が極端に進むとキツイかも。逆も言えるけど。

ちなみにこのキャンペーンは8月いっぱいで終了しました。また年利2%といっても、100万円を1年間預けても102万円になるわけは有りません。3ヶ月で100万5千円になるだけです。その後は普通の定期預金の金利になります。

購入した投資信託はその後どうなったか、それはまた今度。

<ブログ内リンク>投資信託のすすめ そのに
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

選挙後 

選挙は自民党の単独過半数、自公で3分の2議席以上獲得と予想を超える結果でした。で、それを受けての今日の株価の上昇。
自分の持ち株も吉野家+3000円×2株、アサヒビール+22円×100株、アークス+13円×100株とそろって上がってくれて、約1万円の含み益プラスでした。良かった良かった。あえて難をゆうなら、手放したダイエーがさらに上がった…。まるで自分が手放すのを待ってたかのような上がりぶりだ。

蛇足だし、あくまで自分の勝手な考えですが、広島6区で亀井さんが当選したのは、堀江さんにとっても自民党にとっても思惑通りの結果になったと思う。堀江さんも、1ヶ月だけの選挙戦ならともかく毎回毎回国会に時間さくヒマないだろうし、野球の時と同じで負けるが勝ち的な所があったと思う。自民党の公認受けなかったのも比例で復活当選したら困るからだと思う。自民党としても亀井さんが国会議員を続ける事で、今まで通りマスコミに、改革派の小泉と反対勢力の亀井とゆう形で取り上げてもらえる。亀井さんが小泉さんを批判すればするほど、逆に小泉さんの方を支持する人が増える気がする。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

ジャパンネット銀行のメリット 

今日は、ジャパンネット銀行についてです。

証券会社の中には、通常の銀行振り込みの他に、指定のネットバンク(ネット専業とは限らず)からの入金に限り即時に証券口座への残高に反映させるサービスを行っているとこらが有ります。また即時入金指定先からの入金は手数料無料にしているところが多いです。即時入金可能な金融機関としては、みずほや三井住友といった大手、ジャパンネット銀行、郵便局等が指定されている事が多いです。詳しくは証券会社一覧の入金方法の欄や即時入金可能銀行一覧を見てください。

ジャパンネット銀行を手数料無料の即時入金先として指定しているのは、E*トレード証券 楽天証券松井証券マネックス証券オリックス証券リテラクレア証券カブドットコム証券などです。

また通常の銀行振り込みしか入金方法がない証券会社の場合でも、振り込み手数料が3万円以下の入金で168円、3万円以上の入金で262円、と一般の銀行と比べると安いです。
ちなみにジャパンネット銀行の他口座宛だと手数料52円です。株取引には関係有りませんが、ヤフオクやネットショッピングで相手がジャパンネットに口座を持っている時はお得です。ジャパンネット銀行は本店営業部のみで、支店は今の所無いです。

ジャパンネット銀行が普通の銀行と比べて劣る点の一つは、口座維持手数料が月105円かかることです。たった105円ですが年だと1260円。ケチな私はあまり払いたくないです。
ただし、ジャパンネット銀行では口座手数料が無料になる条件を3つ用意しています。
1、前月に口座から振替等の出金(ATMでの引き出しを除く)を2回以上した。あるいは入金が3万円以上もしくは2回以上有った場合です。この条件は頻繁にヤフオクなどの決済に使われる方や、競馬・競輪・競艇などのネット投票をジャパンネット銀行から行う方は、条件を満たす事が多いのではないでしょうか。私の場合はたまーにヤフオクしたりしますが、毎月はこの条件みたせなそうです。
2、前月中の預金平均残高(定期預金含む)10万円以上で無料にできます。平均とゆうと計算めんどくさそうですが、ようは通常の決済用の普通預金の他に定期預金を10万円以上しとけば良いです。定期預金の利率も1ヶ月もので年利0.06パーセント、3年もので年利0.3%と他の銀行と比べて高めなので、資金に余裕が有る方は、この預金による方法をもっともお勧めしします。
3、 ローンのご契約で無料にできます。お金を借りる事が嫌いな私は、あまりこの方法を好みませんが、ローンを組む予定がある人にはいいと思います。また口座振替の残高不足時に、不足額を自動的に借り入れる極度ローンのネットキャッシングも有ります。これだと実際にはお金を借りなくても、ネットキャッシングの契約をするだけで、口座手数料無料になります。
なお口座開設の翌々月までは口座管理料無料です。私は今考えてる最中ですが、おそらく10万円の定期預金をする方法を選ぶと思います。

劣る点2ATM手数料
自前のATMがないので、ATMを使うときは提携先のATMを利用する形になります。セブン銀行とも提携しているので家の近くにセブンイレブンがある場合は便利だと思います。
また提携先のATMを使用している為、手数料がかかる場合もあります。この仕組みは非常に複雑で説明するのが大変なので、ジャパンネット銀行のホームページをみてください。口座手数料と同じように、定期預金の金額、入出金回数、ローン契約の有無などによって、手数料無料になる回数が決まっています。あまりもうからない普通の顧客には必要経費を負担していただき、優良顧客にはよりサービスをするといった感じです。ジャパンネットを徹底的に使いこなすには優良顧客になりましょう。もしくは、無料になる条件を考え、うまく無駄な手数料を払わなくていいようにかしこく利用しましょう。

その他ジャパンネットバンクでは、競馬の馬券が買えます。昔は競馬のPATっていったら抽選で当たらないとならなかったもんですが、今は手続きすれば、すぐ利用できます。便利な世の中になったものです。

ジャパンネット銀行の口座開設には10日から2週間はかかるので、証券会社の口座開設と平行して、開設手続きしておくといいと思います。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

郵便局のメリット 

みなさんはどんな銀行、金融機関に口座を持っていますか?
私は、北海道銀行ジャパンネット銀行eBANK 郵便局に口座を持ってます。

で今日は、選挙の争点にもなっている郵便局(郵貯)に焦点を当てようと思います。
郵便局の最大のメリットは、ATMを含めて全国いたるところにあるとゆうことです。
例えば、みずほや東京三菱なんかは、大きな都市の駅前とかにしか有りません。田舎には有りません。また北海道銀行や北洋銀行とかの地方銀行はその地盤の地域にはたくさん有るのですが、それ以外の地域にはありません。また多くのネット金融の指定ATMになっているIYバンク。セブンイレブンはドミナント展開の為、進出している地域では結構田舎にも有りますが、進出していない地域も多いです。
で結局、でこでも手数料無料(平日昼間)でATMでお金を出し入れしたい場合には、郵便局が一番便利だと思います。
この大手銀行やセブンイレブンもない田舎にもある郵便局とゆう利点は、郵政民営化を反対する議員さんもこの点を強調してました。小泉さんも田舎の郵便局をぶっ潰すとは言ってませんけどね。
個人的には郵政民営化には賛成ですが、今有るネットワークが縮小するとしたらもったいないと思います。

前置きが長くなりましたが、株取引と郵便局について。
証券口座への入金方法は、証券会社によりいろいろです。詳しくは証券会社一覧の入金方法の欄を見てください。どこの証券会社でも行っている一番メジャーな入金方法は銀行振り込みです。ただし振込み手数料は、お客負担です。手数料はネット銀行で160円~普通の銀行で420円~します。ケチな私にはこの手数料がもったいなく感じます。
証券会社によっては、指定のネットバンク(ネット専業とは限らず)からの入金に限り無料にしているところが有ります。みずほや三井住友といった大手、ジャパンネット銀行、郵便局等が指定されている事が多いです。
郵便局が無料入金先に指定されているのは、E*トレード証券 岩井証券エイチエス証券オリックス証券コスモ証券内藤証券松井証券 マネックス証券丸八証券リテラクレア証券といったところです。
なお郵便局の口座を持っていているだけでなく、別に申し込みが必要なところも有るので、各証券会社のホームページをよく読んでみてください。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

総選挙 

日曜日は仕事で、今日が休みだったので、選挙の期日前投票してきました。
選挙前だから今日は様子見で株あまり値動きないのかなと思いましたが、年初来高値を更新しましたね。
アサヒビールが51円も上がってくれました。うん嬉しい誤算。他の銘柄は若干下げでした。

選挙、いったいどうゆう結果になるのでしょう?でその結果を受けてマーケットはどう動くのでしょう?株を始めたからか、なんか今までで一番選挙結果に関心が有ります。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

自分の投資スタイル 

このブログを作るのにあたって、他の株に関するブログをいろいろ読んでみました。それを見ているとデイトレードなどで、少しギャンブル的?な取引が多い事に驚きました。でもその人の収支とか見たら、半年で50万とか儲けてる。うらやますぃー。
でもそんなに、本当にみんな儲かってんのか?って疑問がわいてきます。確かに今年は株価が右肩上がりなので、損した人より、利益を得た人の方が多いでしょう。

ただ、1万円以上の借金は今までした事がなく、就職してからこつこつ貯めてきた定期貯金の約半分を1ヶ月前に切り崩し、投資信託と株での運用を始めた堅実な?自分としては、自分の大事なお金をギャンブル的には扱えません。たま~に競馬とか行って5千円とか使う事は有りますが、働いて貯めたお金を、何万円ってお金をギャンブル的には扱えません。それに株取引に一日何時間もさく時間も無いですし。

前置きが長くなりましたが、自分の投資スタイルを紹介します。
自分のスタイルは中期投資です。
まず現時点での予算が60万円です。
それを一つの株だけに投資するとリスクがあるので、3つか4つに分散投資します。そうするとおのずと、一つに銘柄に掛けられる予算は~20万円位になります。
その予算でどんな株を買えるか探します。ちなみに私はEトレード証券 のサイトの銘柄スクリーニングを使いました。
その中から自分が興味がある銘柄の、情報を見ていきます。そうするとおのずと有名企業や、自分の会社の取引先やライバル企業等で景気がよさそうな所など、自分が良く知っている所になります。私は、自分の大切なお金を見ず知らずの企業には投資できません。もちろんだからと言って、有名企業だったらどこでもいいとゆうわけではなく、四季報などでよく分析しましょう。
ちなみに、自分が銘柄を選んだ際に重視したのは、
1、その会社の成長性、安定性。
2、株主優待の内容
です。
もっと、その株の現時点の値段が、過去の動きから見て割安なのか割高なのかとゆう見方もすればよかったと思います。
実際、元気がある会社だと思っている地元のスーパーチェーンアークスの株を買ったのですが、買ったときは、年初来高値の時でした。でちょっとずつ下がり、現時点では約1万円の評価損です…。でもまあ中期的にみると将来性はある企業だとは思うので、しばらく保有するつもりです。

あと職場の隣がダイエーなので、株主優待目的でダイエーの株を買いました。8月末で権利確定し、手数料をいれてもマイナスにならない金額でさっとと売りぬきました。実質無料で、ダイエーの5パーセント割引カードを手に入れ(届くのは11月ですが)ご満悦だったのですが、昨日・今日でダイエーの株が200円以上上がりました。すぐに売らずに持ってたら1万円以上の利益でした…。あー株って難しいですね。

ちなみに現時点での株全体でのトータル収益は、アサヒビールの値上がりがアークスのマイナスをカバーして、ほぼプラマイ0です。

他には、牛丼復活の日を信じて吉野家も買ってます。吉野屋には月一位で行くので、株主優待のお食事券も魅力だったので。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

はじめ 

株を始めるにあたって、まず最初にする事は、証券会社の口座を開く事です。もちろん株について一から勉強する必要が有りますが、口座開設には1週間~2週間はかかるので、まずは口座の開設の申し込みを済ませてから、勉強をはじめる方が効率的です。

証券会社といってぱっと思い浮かべるのは、野村證券山一證券といったところでしょうか。しかし、金持ちではない個人が株をこつこつやろうとする時に、お勧めなのが、オンライン証券もしくはネット証券と呼ばれる主にインターネットで取引をする証券会社です。
オンライン証券のメリットは①手数料が安い②証券マンの押し付けが無く、じっくり自分で選べる。③家に居ながらにして株取引ができる。

ちなみに私の場合は、メインがイートレード証券、サブがライブドア証券、そして松井証券と全部で3つも口座を持っています。なんで3つも口座を持っているのか?

口座を持った人だけが見れる情報が有ります。証券会社により同じ銘柄の株でも、分析内容が違う事もあります。そんな時、一つの証券会社にしか口座を持っていなかった場合、その証券会社からの見方しか見ることができません。もし、いくつかの証券会社に口座を持っていると、より多くの情報を得る事ができ、そこを取捨選択する事ができます。

また証券会社によって、取引手数料に特徴が有ります。取引のスタイル、金額に合わせて証券会社を使い分けることも可能です。 もちろん口座をいくつか作っても、その全てにお金を入れて、株を買ったりする必要はまったくありません。まずは自分が何を重視するかを考えて、メインの証券会社を決めます。ちなみに自分の一番の重視するポイントは手数料の安さです。

もしその証券会社が他の証券会社と比べて全てにおいて優れている場合、他では取引する必要が無いでしょう。しかし一長一短がある場合は、その短の部分を補うとゆうかそこの部分で強い証券会社をサブ口座にすればよいでしょう。

またオンライン証券はネット銀行との相性が良いです。証券会社が決まったら、証券口座への入金方法をどうするか考え、必要に応じて金融機関の申し込みを早めに済ませておくと、のちのちスムーズに株取引がはじめられると思います。
特に普段使ってる金融機関が地方銀行の人は、振込手数料の事などを考えると、ネット銀行に口座を作っておいた方がいいと思います。

<07年3月30日追記>(以下の各リンクはこのブログ内へのリンクです)
現在私の持っている証券口座は10に増えました。ちょっと多すぎです。
現在は岩井証券をはメイン口座として使っています。手数料が安く逆指値が使えるのが魅力的です。
優待目的などで、20万円以下の銘柄を買う時は手数料無料の丸三証券で取引しています。
楽天証券は、使いやすいと評判のマーケットスピードが使える事と、海外ETFが充実しているのが魅力です。
マネックス証券ではミニ株の取引と投資信託の積立をしています。
カブドットコム証券は、ノーロードファンドの多さと多彩な注文方法が魅力です。小額で投資をはじめようとする人にはプチ株もあります。
野村證券は、IPOと豊富な商品が強みです。
他にもいろいろな証券会社が有ります。詳しくはオンライン証券一覧をご覧ください。

そしてネットで資料請求して、口座申込書が送られてきたら、一般口座か特定口座で源泉徴収有りか無しかの3つの中から選ばなくてはなりません。手前味噌ですが源泉徴収有りと無しどっちが得かが参考になると思うので決める前に一度読んでおくと良いと思います。

以上の手続きが終わったら、実際に株が取引できるようになるまでに、勉強をしましょう。
を読むのももちろん良いですし、今では星のようにたくさんの株に関するサイトがあるので、インターネットで勉強するのも良いと思います。
株について全く分からない、ゼロから勉強したいって方は株を始める前に見るサイト~株リンク集 をご覧ください。私が実際に見て良いと思った株サイトだけをまとめた物です。
本にしても、インターネットにしても、いろいろな投資スタイル(デイトレ・スイング・中期・長期・割安株・テクニカル・インデックス投資などなど)の人のを読むのをおすすめします。いろいろ読むことで、自分にあった投資スタイルが見つかっていくかと思います。


このブログは[株をはじめる前に読むブログ]とのタイトルですが、私が興味がある事を記事にしているので、初心者の方にはややとっつきにくい記事も多いかもしれません。初心者向けの記事は、株をはじめる前に(初心者向け)カテゴリーにまとめてます。
またバーチャル取引ゲームで取引を実際に体験してみるのもいいと思います。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。
アクセス解析アクセスランキング