TOPIXを買う 

TOPIX(トピックス)は日経平均と並ぶ、主要な株価指標です。
TOPIXとは東証一部に上場されている全銘柄の株価と上場株式数をかけたもの基準にしている、東証で発表している指標です。TOPIXについて詳しくはこちらをご覧ください。

日経平均が、東証1部上場企業のうち225社のみの株価から算出しているのに対して、TOPIXは東証1部上場企業全銘柄が対象です。
日経平均で選ばれている企業は比較的昔からの大企業(有名企業と言った方が妥当かもしれません)が多いです。すでにもう大きな会社となっているので、新たな成長性は相対的に低いと言えます。それに対して東証1部全体では、新しい伸びている企業、業績等が良くて東証2部などから格上げされた銘柄等も含まれています。
チャートを見ると分かりますが、日経平均が10月の頭に高値をつけた後、調整が続きこの時の高値を約1ヶ月を超えられないままでいます(今日10月31日に一機に上がりこの高値に迫ってきましたが)。それに対してTOPIXも10月の頭に高値をつけた後調整に入っていましたが、日経に比べて落ち込みが少なく、10月27日に終値での高値を更新しました(今日も上がり年初来高値をさらに更新しました)。今年に入ってからの伸びも見てましょう。昨年の12月30日から今日10月31日までの変化は、日経平均が11489→13606で18.4%の成長。TOPIXは1150→1445で25.6%の成長となっています。

TOPIXはあくまで指標です。しかしこれを元に、先物取引や投資信託、上場投信(ETF)などを通じて、TOPIXを擬似的に買う事が可能です。TOPIXを銘柄としてみた場合、安定度が有り倒産リスクがない。また個別のニュースで乱高下しにくい。逆にいうと短期間でぐあっと伸びる事はない。また、株価がこれからも全体的に伸びていけば、個別の銘柄では下がる銘柄も有るでしょうが、TOPIXだったら必ず伸びる。もちろん株価全体が下がれば、TOPIXも下がる。

で、私は株価はまだ上がると考えているので、TOPIXを買ってみる事にしました。
ただその上がるのは1ヶ月先なのか2ヶ月先なのかまでは分からないので先物取引は今回はパス。投資信託と上場投信のなかから銘柄を選んでみました。

投資信託が充実しているイートレード証券のサイトで、探してみました。で普通のTOPIX連動型のファンドは全部で5種類の取扱いがあります。個別にファンド情報を見てみると、信託報酬が0.546~0.785%、買い付け手数料が1.575~2.1%となっています。買い付け手数料の安い富士TOPIXオープンはその分、信託報酬が高めとなっています。また投資信託にはノーロードファンド(ノロファンド)と呼ばれる買い付け手数料無料の商品も有りますが、イートレード証券では、TOPIX連動型の物は見つかりませんでした。

次に上場投信です。上場投信とは、証券市場に上場していて普通の株と同じように買える投資信託です。購入手数料は普通の株を買う場合と全く一緒です。また指値注文もできます。現在有る上場投信は、日経平均やTOPIX等の指標連動型の商品のみです。TOPIX連動型の投資信託は、ダイワ上場投信-トピックス (1305)TOPIX連動型上場投資信託(1306)上場インデックスファンドTOPIX (1308)3銘柄 です。野村のTOPIX連動型上場投資信託(1306)の場合で、信託報酬が0.1155%と普通の投資信託と比べてかなり安いです。また買い付け手数料も、証券会社により異なりますがかなり安くなります。1単位で有れば、15万円程度で買えるので丸三証券なら無料です。3単位ですと45万円程度なので、Eトレード証券で手数料は472円(往復で944円)になります。もし45万円に2.1%の手数料がかかるとすると、9000円以上の手数料になります。

TOPIX連動型に限って見れば、上場投信の方が普通の投信よりも優れていると私は考えるので、上場投信を買う事にしました。
3つの上場投信を去年の12月30日からの1単元の100株を買った場合の値動きと分配金を比べてみました。
ダイワ上場投信-トピックス (1305)
116500円→144300円分配金1439円(7月10日)、
TOPIX連動型上場投資信託(1306)115900円→144300円分配金1514円(7月10日)、
上場インデックスファンドTOPIX (1308)115000円→142900円分配金1154円(7月13日)となっています。若干は異なりますが、せいぜい1500円程度の違いとなります。
3つのうちどれでもいいといえばどれでも良かったのですが、一番分配金が高かったTOPIX連動型上場投資信託(1306)を買う事にしました。

でもそこで私は馬鹿なので、先週末の終値よりも5円低い価格で指値注文だしてしまいました…。
今日の相場を見た人は分かると思いますが、日経平均で200円以上、TOPIXで20ポイント上がる大幅反発だったので、当然のように約定されませんでした。なんで成りで注文しなかったんだろう。馬鹿だなあ。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

株を買いたい感 

ここのところ、新たに株購入してません。
相場がどっちに転ぶか、よく分からなかったからです。

私が株を始めた8月から9月にかけては、明らかに相場に勢いが有りました。でもここのところ上がり過ぎた分の調整もあるのか一進一退がつづいています。しかし
あくまで私の勝手な考えですが、相場を見ていると、個人投資家を中心に株を買いたい感が出てる気がします。今年は全体的に株価が上がったので、利益が出ている人の方が多いでしょう。でも株では充分儲けたから、株を辞めて定期預金にしよう。って思う人は少ないんじゃないでしょうか。また株で儲けたいって思ってしまうのが人情でしょう。これが一進の原動力になっている。
でも今は上がり過ぎた相場の調整も有るだろうし、アメリカの景気の動向が気になる。これが一退の主な要因でしょう。でもこれらの要因が無くなったら、喜んで株買いたいって思っている人は多いのではないかと。
また日本の預金残高の高さは有名ですが、この超低金利のなか、それが直接あるいは投資信託等を通じて間接的にマーケットに少しは流れる可能性が有ります。

でも今の調整がいつまで続くのか、またどこまでこの調整で下がる可能性が有るのか、が私には分からなかったので、ここのところ新たな株購入してません。でもそろそろ株買いたい感が自分からも出てきてます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

ツールバーって使ってます? 

株とは直接は関係ないのですが、ツールバーって使ってますか?

ツールバーとはInternet Explorerのアドレス欄の下に検索窓を付けるものです。これがあるとわざわざヤフーやグーグルといった検索サイトを開かなくても、今見ているページから直接検索できるので大変便利です。
もし使った事が無ければ、一度だまされたと思って試しに使ってみてください。もし邪魔だなとかたいして便利ではないと思えば、アンインストールすれば済む問題ですので。

ツールバーを検索してみると分かると思いますが、今はたくさんのツールバーが有ります。
ちなみに私は最初に試したgoogleツールバーで、特に不満が無かったのでこれをずっと使い続けていました。で今回、このブログを書くにあたって、他のツールバーもいろいろ試してみたので、各ツールバーの特徴を書きます。
ちなみにツールバーは2つ以上を同時に使う事も可能です。もちろんその分画面が小さくなってしまいますけれど。また各ツールバーは必要に応じて表示させたり、表示させなかったりできます。ツールバー上で右クリックで選択できます

googleツールバー
Yahooと並ぶ2大検索エンジンといっても良いでしょう。個人的な感想として、ヤフーの検索結果よりも新しい内容が有り、入力したキーワードと検索結果との関係が自分のイメージ通りの結果になりやすいです。まあこれは私がいっつもgoogleで検索しているから慣れもあるでしょうけれども。ブログ検索とか付いてないので、ブログを探したい時私は、検索したいキーワードの他にブログとキーワードに入れて検索してます。
googleツールバーには検索の他に、ページランクの表示、ポップアップブロッカー、スペルチェック、英語辞書の機能が有ります。
ページランクは、サイトやブログを持っていない人にはあまり意味無いかも知れませんが、もっている人にとっては気になる数字ではないでしょうか。
ポップアップブロッカーはうざいポップアップ広告を表示しないでくれるのでとてもいいです。ただ必要なポップアップ表示までブロックしてしまうのがたまにきずですが。英語で文章書く事が有る人はスペルチェックが、英語のサイトを読む事がある人は英語辞典が便利だと思います。

Yahoo!ツールバー
ヤフーツールバーは普段からヤフーを使いこなしている人には、非常に便利だと思います。
検索は普通の検索の他に、プルダウン式で着メロや画像や株価など、ヤフーのいろいろな検索をする事が出来ます。すごくいろいろあるので便利です。ただ沢山有りすぎて、順番もカスタマイズできないので、ワンクリックでできないのでちょっと不便です。
検索機能の他には、マイオークションやヤフーファイナンス、Yahoo!ブログなど、ヤフーのコンテンツに直接リンクできます。このリンクは自分で選んで順番を変える事も可能です。ブックマークも有るので、ヤフーのブックマークにいろいろ保存している人には便利だと思います。
あとポップアップブロッカーも付いてます。
それとヤフーツールバーは上記した普通のバーの他に、ファイナンスバーとゆう表示に簡単に変更する事ができます。
これは、普通の検索ができなくなる代わりに、ヤフーファイナンスの株価検索、チャート検索などが直接できます。ポートフォーリオへのリンクも有ります。株をやる人にはなかなか便利です。ただ頻繁にはそんな検索しないって人は、普段は普通のツールバーにしておいて、ヤフーファイナンスを開いて、そこから検索してもそれほど面倒ではないかも。もしくは他のツールバーとのツールバー2本表示にするか。

infoseekツールバー
検索は、通常のinfoseek検索、google検索、画像検索、動画検索、ブログ検索が可能です。楽天市場の商品検索もできます。
ブログ検索は検索語がタイトルに含まれるブログの、新しい順の表示です。おそらくinfoseekへping送信しているブログが検索対象です。タイトルだけなので、マイナーな検索語ではひっかからないデメリットが有ります。けどもひっかかれば、そのページはそれをテーマに書いている事がほとんどなので、内容が合うブログを見つける事ができます。私はTBをつけるブログを探す際に使ってみました。
その他の機能では、ページ翻訳が付いているので、英語のサイトを見る時とても便利です。きれいな日本にはならないですけど、だいたい内容が想像つくってレベルです。
あとは、infoseekの各ページへのショートカットが付きます。

livedoorツールバー
検索はgoogle検索、ブログ検索、株価検索ができます。その他プルダウン式で画像等ライブドアのサイトと同じ検索ができます。
ヤフーと違って、プルダウン式ではなく、株価検索のボタンが独立して有るので使いやすいです。ライブドアファイナンスを気に入って使っている人にはお勧めです。
その他ではページ翻訳が付いていて、英語の他に中国語韓国語も可能です。
ポップアップブロックが必要で無く、ライブドアが嫌いで無い人には凄くいいんじゃないでしょうか。

BIGLOBEツールバー
検索はウェブ検索、辞書検索、画像検索、ニュース検索、カテゴリ検索、動画検索、BIGLOBEサービス検索ができます。
その他の機能はは少し個性的です。このツールバーの一番の特徴はRSSリーダーがついている事です。私は正直RSSを使った事が無く、上で文字がスクロールして表示されてもじっと見てらんないですが。RSSリーダーがツールバーについてるなんて便利だなって人には良いと思います。
その他では、天気や占いなんかが見れます。

ここであげた以外にも、タワーレコードツールバーだとか、日本旅行ツールバーだとか個性的なツールバーが有ります。自分好みのツールバーを探してみて下さい。
私は今日、自分好みのツールバーを見つけちゃいました。それについては明日書く予定です。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

2単元投資で気持ちに余裕 

株は、その銘柄によって決まっている数(単元数)の倍数でしか、取引できません。100枚が単元数だったら、10枚とか150枚とかでは売ってくれません。なので、1枚の株価は安くても、1単元では5万~100万円位する株が多いです。もちろんライブドアとかスターバックスとかもっと安い銘柄も有りますけれども。
株を始めたばっかりの限られた予算だと、なかなかたくさんの単元を買う事は難しいと思います。でも興味がある銘柄はたくさん有るので、いろいろな銘柄を1単元づつ買う事が多いのではないでしょうか。私がそうでした。この方法はリスクの分散になりますし、銘柄の数だけそれぞれの値動きをするので、それを毎日見ているだけでも、勉強になると思います。
ただこの方法だと、私みたいな優柔不断な人間だと売り時が少し難しいです。私は長期投資だから何年も持っておくつもりって人や私は短期利益をとにかく追求するとか「かた」がしっかりしている人なら問題無いのでしょうが。
私は基本的に、その会社の株をしばらく保有しても良いなと思うところしか買いません。ただ急に株価が上がったりすると、そこで利益確定したくなる気持ちにもなります。急に上がった後は反動で下がる事が多いからです。でも売った後また上がっていったらくやしいだろうしなあと悩みます。
私の短い投資経験の中でもっとも悩んだのは吉野家のストップ高の時でした。結局このときは、16万6千円で買った株を19万4千円で売りました。その後は18万5000円位まで下がりましたが、その後反発し今日の株価は20万4000円です。結果論でゆうと失敗例ですね。でもあの時はどっちに転ぶか分からないけれども、売って今までの2万8千円の利益を確定するか、もっと上がるのを信じてそのまま保有しつづけるかの2つしか選択肢が有りませんでした。。でももしこの時もし2株(吉野家は単元数が1)保有していれば、1株は売って2万8千円を利益確定し、もう1株は保有しつづけるとゆうもう1つの選択肢が可能でした。いや1株を保有しつづけるので有れば、1株はストップ高の20万1千円にもっと近い所で売れていた可能性も有ると思います。こんなたらればを買いてもしょうがありませんが。

またアークスは2ヶ月近く株価が停滞していましたが、決算の発表を受けて値上がりしました。この時は200株(アークスは単元数が100)持っていたので、あまり迷わずに100株は売り、残りの100株は持ち続けています。アークスの株価はその後も上がり、現在は売ったときよりも50円位値上がりしています。これも結果論からいうと、2単元とも保有し続けるのが正解でしたね。ただ売った時点で私は、ここから上がる確率と下がる確率は50:50だと思っていました。なので私は半分の100株を売りました。もし最初から100株しか持ってなかったとしたら、自分では50:50だと思っていても、そのまま持つ(上がるほうに賭ける)か、売る(下がる方に賭ける)しか選択肢が無かったのです。

自分がいろいろ調べて良いと思った銘柄は、2単元持っておくのをお勧めします。そうすると、気持ちに余裕を持って売り時を考えられます。
1単元は中長期保有し、もう1単元は短期保有、もしくは中長期で持っておいて、売るかどうか迷った時に売る。

ただリスク分散の事を考えても、3銘柄位は保有したうえで資金に余裕が有ればって感じが良いかも知れません。また1度に買わずにまず1単元だけ買ってその値動きを見て、買い増すとゆうのも時間のリスクの分散になります。

もちろんこの方法は、私がこうすれば良かったなと思う方法であって、こうゆう考えも有るんだな位に思っていただけると良いです。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

ミニ株を買いたいvol.2 

前回のつづきです。
前回のブログを書いた後、ミニ株に関するサイトいくつかを覗いてみてみました。大きく儲けるのは難しいだろうけれども、物は試しで一度ミニ株をやってみる事にしました。

でミニ株をする証券会社選びです。
アイザワ証券うつみ屋証券ジェット証券大和証券野村證券マネックス証券丸八証券リテラクレア証券SMBCフレンド証券なんかがミニ株を扱っています。

チェックポイント1、手数料率が1%以下
前回、0.735%が手数料の相場みたいだと書きましたが、証券会社によっては、1%以上の手数料がかかる所も有るようです。手数料1%以上の所はここで脱落です。残るはアイザワ証券、ジェット証券、マネックスビーンズ証券、丸八証券、リテラクレア証券、SMBCフレンド証券です。ジェット証券が銘柄数は少ないですが一律525円と安いです。丸八証券は最低が1050円からとやや高めですが、0.525%です。一度に約14万3000円以上買う場合は、最低735円0.735%よりもお得になります。SMBCが正直いまいち分かりません。按分だったらいくらなんでも手数料安すぎですよね。

チェックポイント2、Money Lookに対応している
正直5つも証券口座を持つとなると、さすがに多いとゆうかパスワードとか混乱しそうです。Money Look対応しているとゆうのを条件にします。
残るのは、ジェット証券、マネックスビーンズ証券、リテラクレア証券と一機に3つに絞られました。

チェックポイント3、個別チェック。
ジェット証券について説明を良く読むと、「ミニ株の新規受付は終了しました」って書いてあるじゃん。よく読めよ!俺。
よってマネックスビーン証券(以下マネと略)とリテラクレア証券(以下リテと略)の一騎打ちです。
ミニ株手数料率は同じ0.735%だが、マネが735円~、リテが945円~。とマネがややリード
ミニ株取扱い銘柄はマネが約300(将来的には2000程度に増加予定)、リテが約2400と、リテの勝ち。
一応、普通の株をみてみるとマネが手数料1件1050円~なのに対し、リテが1日30万円までが399円、50万円までが525円とイートレード証券と同等かそれ以上の安さです。しかし、マネは逆指値やW指値など特徴的な売買方法を持っています。
株以外の取扱い商品を見てみると、どちらも同じような感じ。
とリテがここまでは優勢。 が、
マネは今、口座を作ってクリスマスまでに3万円以上入金すると3000円キャッシュバックのキャンペーン中
結局、この3000円の誘惑に負けて、マネックスビーンズ証券に口座を作る事にしました。取扱い銘柄の少なさに関しては、とりあえず買おうかなと候補にあげている銘柄は扱ってるから良しとする。普通株の手数料に関しては、丸三イートレードが有るから良しとします。

ずいぶん長々と書いてしまいましたが、結局伝えたかったのは、マネがいいよって話しではなくて、こうゆうふうに考えて証券会社を選んでみたよとゆう事。もちろん人によって優先順位は違うので、出てくる答えは違うと思います。多少手数料が高くても、今すでに持っている口座でミニ株を扱っているのなら、そこで取引するのもいいと思います。
これから株をはじめたいけど予算が少なめなので、ミニ株を中心に買おう。でも安い単位株も買いたいって人にとっては、リテラクレア証券の料金体系はすごくいいと思います。一番かもしれません。


で昨日マネックスビーンズ証券に申し込みをしたのですが、申し込んだ後に、そのキャンペーンのページからの申し込みじゃないと3000円もらえないとゆう事が判明…。
結局今日また申し込みし直しました。申込書が2通送られてくる事になります。マネックスさんごめんなさい。
別のキャンペーンで「真鍋かをりのココだけの話」(1365円)とゆう本のプレゼントもやってます。真鍋かをりファンは必見ですね♪   ん?
んん??例え真鍋ファンであっても、現金3000円もらってそこから本を買いますよね。こっちのキャンペーンの応募者って何人位いるんでしょうね。

<ブログ内リンク>初めてのミニ株注文
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

ミニ株を買いたい 

今日アークスを100株売ってしまったので、持ち株はとうとうアークスの100株とドッドウエルの100株だけになってしまいました。
新しく購入する株を物色中なのですが、なかなかピンとくるのがないです。次の購入候補として目をつけていたエイジスは、目をつけている間に2週間で1割位すでに上がってしまって、今さら買ってもなあって感じですし。予算的にあまり高額な銘柄は買えないし。

そこでミニ株です。みにかぶ。
ミニ株とは、まー知ってる人が多いでしょうが、通常の売買単位の10分の1の単位で売買できる株です。例えば株価6700円・単元株数100のホンダの場合、67万円+手数料がないと買えませんが、ミニ株だと10株の6万7千円+手数料からで買うことができます。ミニ株によって予算内での投資可能銘柄が格段に増えるのがメリットです。ヤフー吉野家の様に単元枚数が1の銘柄はミニ株が有りません。

普通の株と比べて劣る点をあげると、
1、手数料が高い。証券会社によって若干違いますが0.735%で最低735円からってのが相場のようです。10万円以下の売買なら735円、20万円の売買なら1470円です。普通の株で20万円ならイートレード
だと手数料472円です。売る際も同じ手数料がかかります。
ちなみにミニ株を買い増していって、単元枚数になったら普通の株として売る事ができます。
上のホンダの例で見てみると、イートレードで普通に100株買った場合は、6720円以上に上がればトータルでプラスになります。一方ミニ株で20株買った場合、株価6800円になってようやく、トータルでのプラスになります。

2、株主総会に出席できない。株主優待が受けられない。
ミニ株は名義は各証券会社になるので、株主総会での議決権は無く、株主優待ももらえません。配当金は、もらえます。

3、指値注文ができない。
ミニ株は基本的に翌日の始値での成り行き注文になります。なので値動きの激しい銘柄だと少し冒険になるかも。1の手数料の事も合わせて考えると、短期での投資には向きません。

まとめると、単位株を普通に買える場合はそっちを買う方がお得だが、予算的にきびしい時は、ミニ株を買うのもひとつの手。
でミニ株をやりたいのですが、4つも証券会社に口座を持ってるのに、どこもミニ株を扱ってないです…。イートレードにはミニ株に良く似たS株とゆうのがあって、ミニ株が単元の10分の1からなのに対し、S株は1株から買う事ができます。ただし手数料が1.5%最低525円と、ミニ株の約倍です。
ミニ株を扱っている主な証券会社は、アイザワ証券、うつみ屋証券、ジェット証券、大和証券、野村證券、マネックスビーンズ証券、丸八証券、リテラクレア証券、SMBCフレンド証券などです。扱い銘柄数や手数料等が証券会社によって若干違うので、詳しくはオンライン証券一覧をご覧ください。

ブログ内リンク ミニ株を買いたいvol.2
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

アメリカ景気とドル高と投資信託 

アメリカが、ここ1・2週間で株価の各指標が5%以上下げている。詳しい数値はこちらをご覧ください。
カトリーナの影響、8月の雇用統計の悪化などを受けて下がっているようです。

私は、アメリカの株式やその投資信託は保有していませんが、アメリカのREITが投資対象のGS米国REITファンドを為替ヘッジ有りと無しを10万口づつ保有してます。これは株価とかは直接関係ないのですが、景気が悪いのか下げています。ヘッジ無しのBの方は10日前には、8月中旬に買った時よりも3%ぐらい上がっていて手数料分を差し引いてもプラスだったのに、一気に評価額もマイナスになってしましました。円高為替ヘッジ有りのAの方は1ドル114円まで円安が進んだため、評価額がマイナス1万円を超えてしまいました。今まで不勉強でヘッジ有りはヘッジ無しよりも分配金とか収益は少ないけど安心とのイメージを持っていました。円安になると逆にリスクにもなるんですね。

ただ投資信託は比較的長期的に保有する物なので短期的な変動に一喜一憂しなくてもいいとの見方も有るでしょうが。

他に下がった要因を考えると、アメリカの投資信託は10月が決算で払い戻しも多いため株価とかが低くなる傾向が有るとなんかで読んだ事が有ります。そこに書いていたのは株価の事ですが、払い戻しが多いので投資信託も値下がりするのかも。でさっそくGS米国REITファンドの過去の基準価格の推移を見てみた。おととしの10月に出来たばっかりな事があり、10月に下がるとの統計は得られませんでした。
そこでアメリカンオープンとゆう投資信託の基準価格の推移を見てみましたが、日付の目盛りが大雑把過ぎて、10月に下がってるのかどうかは良くわかりません…。読んで結局参考にならない事しか書けなくてすみません。


一応今回実体験で学んだ事をまとめると
1、投資信託は元本保証じゃないし、1週間で5%以上下がる事も普通に有る。
2、外国が対象の投資信託で為替ヘッジ有りとヘッジ無しがある場合、円安に進むとヘッジ有りは不利。単純にヘッジ有りヘッジ無しを半分づつとか買うよりも、自分の保有期間を考えてその期間で円高に進むか円安に進むかどっちの可能性が大きいか考え、それに合わせて購入比率を変えた方が良さそう。どっちに転ぶか全く分からない人は、為替に変動がなかったらヘッジ無しの方が若干運用益が多いので、ヘッジ無しを少し多めにすると良さそう。

<ブログ内リンク>投資信託好調な1週間
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

アークス決算発表 

今日アークスの中期決算発表でした。吉野家もアサヒビールも売ってしまった為、今アークスが持ち株の8割を占めているので個人的に注目の発表でした。内容はこちら
個人的な感想は、微妙だなと。良くも悪くも予想通り。増収増益だけど店舗数増えたので当然と言えば当然だし、1株当りの利益は若干マイナス。でもそれほど暗い発表でもない、大きく株価が下がる事もなさそう。まあまだまだこうゆう数値を読みこなす能力が足りないので、自分が大事なところを見落としている可能性はありますが。
北海道の企業ってイメージしかなかったのですが、こないだ東北に行った時ビッグハウスが結構有って、そこそこお客さん入ってた。半分は株価次第で近いうちに売るかもしれませんが、もう半分は長期保有になるのかなあ。


アサヒビール、別れ難くて昨日の夜、昨日の終値から35円マイナスの1441円で指値注文出しました。正解は1452円(安値)でした。その後反発して前日比+4円の1880円で終わりました。
うーん。注文は明日まで有効ですが、もうアサヒビールとの縁は切れたのかな。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

ゴールデンクロスを見つける 

ゴールデンクロス~テクニカル分析で、短期移動平均線が長期(75日)移動平均線を下から突き抜ける事。

例えばアサヒビールのチャートを見てみてください。9月の10日前後に赤い短期(25日)移動平均線が緑の長期(75日)移動平均線を下から突き抜けているのがわかると思います。これがゴールデンクロスです。要するにここ最近今までよりも株価に勢いが有るよって事です。移動平均が突き抜け、かつ現在の株価が移動平均線の上に有るとよりいいそうです。株価が上がっている時に買う順張りの方には、買いのサインになります。ちなみに短期移動平均線が長期移動平均線を上から下に突き抜ける事をデッドクロスといい、株価に勢いがなくなった事を表わし売りのサインとされてます。アサヒビールでゆうと5月の中旬にデッドクロスしており、その後8月初旬まで株価が低迷しました。

ただ実際にゴールデンクロスしたのが分かるのはすでにある程度上がった後です。日刊ゴールデンクロスとゆうサイトで、ゴールデンクロスした銘柄と3日以内にクロスしそうな銘柄がのっています。他にもゴールデンクロスをあつかっているサイトはいくつか有るので、興味がある方はゴールデンクロスで検索してみてください。
アサヒビールのチャート
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

アサヒビール目標価格に到達 

アサヒビールが最近調子いいです。先週の木・金曜の日経平均調整下げの時もほとんど下がらず、昨日は日経平均の今年最高の流れにのって50円も上がりました。上り調子なので迷いましたが、自分の目標価格に達したので売ってしまいました。
売った後、ついに1500円の大台を突破し、かなり後悔しました。
でもその後利益確定売りで、終値は売った金額より下になりました。
もし調整が続いて、もう少し下がるようだったら買いなおそうと思います。

今日は仕事休みだったので、株サイトのリンク集を作ってみました。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

株価収益率PER 

<2007年5月追記>PERについて新しく書き直したので、良かったらこっちをみてみてください→PER株価収益率



時間が有る方は紙とペン、もしくは計算機をご用意して計算しながら読んでみてください。

もし「好きな株を無料で差し上げます。その代わりこの株は絶対に売ってはいけません」(配当金はもらえる)」と言われたら、どんな会社の株を買いますか?

黒字の会社と赤字の会社が有ったら、黒字の会社を選ぶと思います。
3億円利益が出ている企業Aと1億円の利益が出ている企業Bだったら、企業Aの方が良さそうです。でも企業Aが100万株、企業Bが20万株発行しているとしたら、企業Aの株1万株と企業Bの株1万株、どっちがいいですか?
一株当りにすると企業Aは300円、企業Bは500円の利益が出ています。この1株当り年間利益をEPSといいます。この仮定だと当然EPSが高い程良くなります。企業Bの方をもらう方が得です。
ここで一つ仮定を変えて1万株ではなく、150万円分の株をあげます、だったら企業Aと企業Bどっちを選びますか?

そんなの株価を見ないと分かる訳ないですよね。
企業Aの株価が4500円で企業Bが10000円だったら?
私でしたら企業Aを選びます。企業Aだと4500円分の株で300円の利益がでます。企業Bは10000円分の株で500円の利益がでます。つまり企業Aだと15円分の株で年間1円の利益、企業Bだと20円分の株で1円の利益が出るからです。この考えが株価収益率PERです。株価収益率は株価を1株当り年間利益で割ったもので、倍とゆうのが単位になります。つまり企業AのPERは15倍。企業BのPERは20倍となります。基本的にPERは低い方がいいです
ちなみに東証1部全銘柄の平均PERは28倍、日経平均225銘柄の平均PERは19倍程度。なお前月の東証の平均PERやPBRは東証のサイトで見る事ができます。

ここからは、現実に戻ります。
ここまで読んで、頭がいい方でしたら、こんな仮定どおりになる訳ないじゃんと思われたのでないでしょうか?例えば、企業Aと企業Bの年間利益は毎年変動するだろ。企業Bの方が成長力が有ったら?例えば企業Aは利益はでてても借金が多かったら?
他にもいろいろ有るでしょう。だから株価は変動します。

それでも、PERは株価の目安の一つにはなるでしょう。
ちなみに株価収益率PERはわざわざ自分で計算しなくても、証券会社のサイトやYahooファイナンスで見ることができます。

他のサイトや本とかで読むと、PERはその企業の同業他社と比較するといいそうです
実際に、ビール会社各社のPERを見てみましょう。
10月11日時点でアサヒビール23.66倍、キリンビール24.87倍、サッポロビール44.53倍となっています。ちなみにサントリービールは上場していません。ちなみにアサヒビールは私が最初に買った8月時点では、株価が1270円だったのでPERは20.31倍でした。

PERについてもっと知りたい。私の解説では意味分かんなかったって人は、株価収益率、あるいはPERなどでググってみてください。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

えとせとら 

吉野家、アメリカからの牛肉の輸入が再開されたら来年2月にでも牛丼を復活させるとの発表をしましたね。赤字予想の中間決算だけだと、マイナスイメージが強いだろうから、このタイミングで発表したんでしょう多分。単純に牛丼復活って話ではなくって、前から言われていた事だけれども、アメリカからの輸入が再開されても以前の様な量が入ってこないって事を改めて再確認する内容となっています。詳しくはこちら
これは明日株価どっちに動くんでしょう。明日は朝から仕事なので流れ見ないで注文するのは怖いので、今回は売買しませんが、面白そうですね。自分の勝手な予想では、明日は上がって、週末には下がる。
でも正直言えば、吉野家を再び買うタイミングを逃したかも。もっと下がってからって思ってたのにな。

ブログを、マイナーチェンジ。
グーグルとかから来てくれる人が最近結構増えてるようですが、ブログなので検索で引っかかった記事がすぐ見つけれないことが有りそう。なのでブログ内検索を上の目立つところに移動しました。
また検索にひっかかりやすいように、一部記事のタイトルとか変更してみました。
リンクに[無職30男が「株」でNEETから億万長者!]を追加しました。
正直初めこのタイトルを見たときは、多分自分好みのサイトではないだろうけど、どんな事書いてあるか見てみたいって気持ちでした。そしたら、すごく内容濃く書かれていて(長くて読むのが大変な位)、とても勉強になりました。おすすめです。投資スタイルは割安株の中長期で、しっかりとした自分の投資スタイルを持ってらっしゃいます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

デイトレードに挑戦 

最近個人投資家が増えているみたいですが、なかでもデイトレードが人気のようです。
株価は上下の波を繰り返しながら大きな波を形成していきます。波の低い所で買い高い所で売れれば儲けられます。その大きな波をいくつか持ち続けるのが長期投資。大きな波の低い所で買って次の高い所で売るのが中期投資。数日の短い波あるいは大きな波の途中数日で売買するのが短期投資。一日の中の小さな波の低い所で買い高い所で売るのがデイトレード。
ただ過去のチャートを見るとここが波の一番低い所で、ここが高い所だとゆうのが分かりますが、現在進行形の株価は現在波のどの辺なのか分からないから、株は難しいのですが…。
で、もし株価の予想が完璧にできる神様がいるとして、売買手数料を考慮しなかった場合、デイトレードが最も儲かります。
例えば株価が200円→230円→220円→250円→210円→260円と変化したします。最初から最初まで持ち続けると260-200で60円のプラスです。だけれども神様ならば、(230-200)+(250-220)+(260-210)で110円のプラスになります。つまり小さな波を拾えるとより儲かるとゆう理屈です。

デイトレードの方はPCの画面で、いくつかのあるいは多数の銘柄を同時に監視して、少しでも上りの波だと思う所を買っていきます。とても集中力と経験がいる事だと思います。

そんなデイトレードに初挑戦です。
今日は昼からの仕事だったので、吉野家の株価がどう動くか気になったので午前中パソコンの前に張り付いてみました。吉野家、最初の1分はどっちに動くかわからない感じでしたが、その後じりじりと下げて行きます。195000円になった時点で、もう今日は昨日つけた201000円以上になる事はまず無いな。と思い売る事にし194000円で約定しました。で下がった所で買い直そうと。株価は下がったと思えばまた上がりの繰り返し。株価の画面を更新する度に下がればほっとし、上がれば失敗したかも思うことの繰り返し。競馬で1万円位賭けた時と同じ位のドキドキでした。一方でアークスを少しでも安く買おうとチェックし、前場の最安値で約定する事ができました。終値はそこから3円マイナスだったけどもね。でも3円差位なら上出来か。
吉野家はその後190000から193000円位で上下を繰替えし、思った様に下がってくれなかったのと、売った194000円以上に上がってしまうのではないかとゆう心配が薄くなったので、結局今日は買い直ししませんでした。
やってみての感想は、神経を使うしドキドキする、まさに競馬の時みたいな感じでした。

今日の一言
ん?でもこれってデイトレードとは言わないじゃん。

本当のデイトレードをされてる人のブログ・サイト
今日からはじめるデイトレード
やまだのデイトレ日記
戦国デイトレード
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

祝 吉野家ストップ高!! 

いつも、仕事から帰ってきたらメールチェックした後、ヤフーファイナンスをまず見てます。でマーケット概況を読んだら、今日は昨日上がった分の調整で全体的に下がったとの事。で期待しないでポートフォーリオみたら案の定ほとんどの銘柄がマイナスの赤字に。でも吉野家が3000円上がってた。これで昨日比でプラマイゼロ位だなと思ってトータル見たら+27000円。?

吉野家が30000円高でした。株を始めて初めてのストップ高ってやつです。いやー正直嬉しく浮かれてて、ヤフーの掲示板見て、ライブドアの掲示板見て、これから2chも見ようかって勢いです。

昨日ニュースで「12月にも米国牛肉再開か?」ってニュースを見た時、牛肉が輸入再開されて吉野家の牛丼が復活の発表が有ればストップ高も夢でもないな。と思ったけど、マーケットってのはこんなにも早く反応するもんなんですね。逆に、売り時が難しくなった。牛丼復活のニュースで上がったら売ろうと思ってたのに、こんなに早く上がってしまった。一旦は下がる気がするのでここらで売った方がいい気もするし。
すでに売ったダイエーが売った後1.5倍に値上がりした実績?があるので、売った後上がったらまたくやしー思いをするんだろうなとも思うし。
こんな事ならば2株持っとけば良かった。そしたら1株をここで売って、余裕の気分でもう1株をホールドできたのに。

吉野家はここ2ヶ月位165000~173000円位で行ったり来たりしていたので、ちょびっと儲けようと、もう1株を166000円で買って169000円で売った。牛丼復活までこの範囲で上下するだろうから、また165000円位になったら買おうと思ってたのに、突然の201000円。正直これがどー動くか分からない。


これから株を始めようとしている人への為の解説
ストップ高:取引所では、1日の値動きの幅を前日の終値または最終気配値段などを基準として、価格の水準に応じて一定に制限していますが、この制限値段を「ストップ値段」といい、そこまで価格が上がることを「ストップ高」、下がることを「ストップ安」といいます。制限値段(ストップ高・ストップ安)で当日の終値を決定する場合、注文状況によっては通常の板寄せとは異なる方法にて売買を成立させますが、それを「ストップ配分」といいます。
ストップ配分では成立した株数を各証券会社からの発注数量に比例して配分することから、「比例配分」とも呼ばれます。
以上東証のサイトより引用

仕手株とか、必要以上に上がったり下がったりしないように1日では1~2割程度しか株価が動かないようにしている。その日の制限まで上がりきったのがストップ高。ストップ高になると、その場では約定されない。15時にまとめて注文数に応じて配分される。ストップ高だと当然売りよりも買いが多くなる。その少ない売りの分を買い注文だしていた人達で分ける。当然以上私のてきとうな解説。
比例配分についてはジャスダックのサイト楽天証券のサイトでくわしく解説してあります。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

投資信託のすすめ そのに 

投資信託のすすめ そのいちの続きです。

下の表は10月1日現在の私の持ち投資信託です。

投資信託  購入
価格
手数料  取得
総額
現在価格   分配金  現在
総額 
グローバル
ソブリン
196425  3093
(1.575%)
199518

 199550
(+3125)

 1800

 201350
(+1832)
米国REIT
ヘッジ有りA
125680  2638
(2.1%)
128318  12174
(-3940)
 1400  123140
(-5178)
米国REIT
ヘッジ無しB
129870  2726
(2.1%)
132567  130750
(+880)
 1520  132270
(-326)
日本小型株
ファンド
252062  7938
(3.15%)
260000  272699
(+20637)
   272699
(+12699)
JFアジア株
アクティブ
149300  4700
(3.15%)
154000  153077
(+3777)
   153077
(-923)
 合計 853377  21095 874432  877816
(+24478)
 4720  882536
(+8104)

購入価格~買った時の価格=購入時の基準価格×口数
手数料~購入時にかかった手数料。カッコ内は手数料率
取得総額~買った時に払った金額=購入価格+手数料
現在価格~現在の価格=現在の基準価格×口数。カッコ内は購入金額からの増減
分配金~8月、9月の2ヶ月分です。
現在総額~現在価格+分配金。カッコ内は取得総額からの増減

グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)
日本で1,2を争う人気だそうです。銀行でもこれを一番推していました。
価格は現在のところ安定していると思います。キャピタルゲインを狙うとゆうよりは分配金分がこつこつ増える様な感じです。手数料は1.5%、分配金は月約0.4%です。もし基準価格が変わらないと仮定したら、4ヶ月以上預ければ手数料分ペイする計算です。ドル建ての資産が多く、ドル高が進んだことが有り、まだ2ヶ月しか経ってませんが、プラス1832円になりました。今のところいい感じです。基準価格は安定していますが、当然元本保証ではありません。
日本の株価とは全く関係のない動きをするので、日本の株投資をしている方にはリスク分散になると思います。

ゴールドマン・サックス米国REITファンド(コロンブスの卵)
日本でも注目を集めているREITですが、REITの本場!?アメリカのREITを投資対象とした投資信託です。投資対象がアメリカのみなので当然、ドルの為替相場の影響を受けます。特に為替のリスクヘッジはしていないBタイプと、円高に進んだときに下落を最小限に抑える為替リスクヘッジ有りのAタイプがあります。
現在のところ月の分配金が月約0.5%以上でグローバルソブリンよりも多いです。
ただし値動きの上下が大きいです。
これまでの値動き分配金をみても、ドル相場が安定している時にはヘッジ無しのBタイプの方が良いようです。ヘッジ有りのAタイプはドル高に進むと下がってしまうようです。先週の前半までは手数料を考慮しない現在価格ではプラスだったのですが、ドル高の進行と共に一気に下がってしまいました。
私は円高に進む可能性も有ると思いAとB同じ口数づつ購入しました。結果論では、すこしBの割合を多くすれば良かったと思います。このままドル高が進むと考えられる方はBを多めに、円高になるでしょと考えられる方はAを多めに買うと良いかもしれません。

フィデリティ・日本小型株・ファンド
日本の株式を対象としたファンドです。小型株といっても東証一部銘柄中心です。
東証株価の上昇の波に乗って、1ヶ月半で7.8%上昇しました。現在のところの投資信託のプラスはこのファンドのおかげです。
手数料は3.15%と少し高めです。今回の様な上げ相場でない時だと、手数料分をペイするまでに時間かかるかもしれないですね。
予算の都合で数種類の株にしか投資できないと、相場が上がっても自分の持ち株は下がるって事が有りますが、ファンドだとその可能性が低くなります。

JFアジア株・アクティブ・オープン
香港、台湾、韓国などの株式が主な投資対象です。
このファンド買ってからずっと下がり一時はマイナス1万円近くまでいってました。でも最近持ち直してきて、先々週現在価格がプラスになり、手数料分ペイするまであと少しとなりました。

まとめ
投資信託は株と比べて手数料が高めですので手数料分をペイするまである程度の時間がかかります。なので短期で考えるよりも1年以上のスパンで考えた方が良いと思います。また1つの投資信託や同じような値動きをするものに集中させるよりも、安定性を考えるなら全然タイプが違う物に分散投資したほうがよいのではないかと思います。また円ベースの資産とドルベースの資産のバランスを考えて投資すると良いと思います。

投資信託に興味を持たれた方におすすめのブログ
30代からの資産形成と資産運用
投資信託で豊かになりたい
ファンドの海
藤沢久美「投資信託」を語る
ホンネの投資信託入門
梅屋敷商店街のランダムウォーカー

<ブログ内リンク> ・アメリカ景気とドル高と投資信託 ・投資信託好調な1週間
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。
アクセス解析アクセスランキング