私好みのツールバーDinopsearchbar 

私好みのツールバーそれは、DinopSearchBarです。
このツールバーは、googleやYahoo!をはじめ、なんと100以上の検索エンジンから検索が可能なのです。検索デスクとゆうサイトを初めて見た時になんて便利なサイトなんだって思いましたが、それをツールバーにした感じです。しかも自分で検索エンジンを増やす事も可能です。もちろん自分に必要ないものを消す事も可能です。

基本的には、前回使った検索エンジンが表示されるので、前回と同じエンジンでよければワンクリックで検索可能です。
またプルダウン式で好きな検索エンジンを選んで検索する事ができます。プルダウンの並び順は自分で変える事ができます。
またアイコンを追加して、よく使う検索エンジンのボタンを作る事ができるので、アイコンを作ったエンジンはワンクリックで検索可能になります。

検索エンジンの追加方法は、サポートBBSの過去ログの6月22日の所に載ってます。私はここに載っているのが分からなくて、1時間近く自分で試行錯誤しました。でやり方をつかんで、さらに1時間かけて15個の検索エンジンを追加しました。また検索エンジン以外のサイトも登録しようと思えば登録できます。もちろん検索はできませんが、ブックマーク集のように使う事が可能です。頻繁にみるサイトは、アイコンに設定すればどのサイトを見ていてもワンクリックでいけるのでとても便利です。

使ってみての難点をゆうと、フリーソフトだからしょうがないのかもしれませんが、動作がやや不安定です。たまにアイコンボタンがきかなくなる事があります。一旦IEを閉じて、また開けば直りますけど。それとアイコンは、自分が好きなアイコンをアップロードできればもっと良いのにと思います。 カスタマイズの自由度が高い分、パソコン苦手な人にはあまりおすすめしません。
機能が検索のみに絞られているツールバーですが、逆に言えば検索ツールバーとしては最強です。私が知る限りで。自由にカスタマイズできるのも良いですね。

ブログ内リンク ツールバーって使ってます?

<以上2005年10月27日の記事です。>
<以下2006年4月29日追記>

今も私はDinopSearchBarを使ってますが、現在のバージョン1.82は上記の様なバグが修正されとても使いやすくなっています。
なので、私の検索エンジンファイルを再びUPしました。よければ活用してみてください。
私の検索エンジンファイルですが、もともと初期設定で入ってる物に加えて、株関係とブログの検索を増やしてます。カテゴリー「いろいろ」には個人的によく使う検索エンジンを入れてます。2ch検索もここにいれました。

ダウンロードはこちらを右クリックしてファイルの保存してください。

使い方
1、まずDinopSearchBarをダウンロードし、インストールしてください。
2、私の検索エンジンファイルをダウンロードしといてください。
2、サーチバーのDのマークの右にある▼をクリック→環境設定→検索エンジン設定 をクリック
3、ファイル→検索エンジンの取り込み→ファイルから をクリック
4、2でダウンロードしたファイルを選択し、開く。
5、ファイル→上書き保存をクリック
6、お好みで、Dの横の▼をクリック→環境設定→環境設定をクリック。ツールバーからアイコンの設定をすると使いやすくなると思います。ちなみに私は、google,yahoo,yahooファイナンス、infoseekブログ検索、株をはじめる前に読むブログをアイコンで設定してます。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

日経マネーの投資力検定 

いつも参考にさせていただいているサイトの[大学生の株日記]のあつさんや、[株式投資・日記と雑学]のspiral_blueさんもやっていて、ひそかに気になっていたのが日経マネーの投資力検定
4択で50問。制限時間はないけど20~30分位かな。6月20日までやってます。
昔からこうゆう4択問題だけは得意だったんで、100点目指してやってみました。

日経マネー投資力検定の成績:
http://toushikentei.jp/
●受験日 2006年4月26日
●点数 95点/100点(平均65.4点) ●偏差値 69.1
●マネー検定特級
●知識レベルは大変優秀です。実戦のノウハウもより習得して、さらなる高みを目指してください。
●得意な分野は 全ての分野
●不得意な分野は ありません
●分野別得点
 ニュース力:20 基礎力:18 銘柄力:18 チャート力:19 感応力:20

1年前にこのテストをやってたらおそらく、10点位だったんじゃないかと思います。とりあえず知識だけはついてきたようです。あとは実践ですね。知識だけで儲けられるんなら苦労しないけど…。

fu@lapis.plala.or.jp
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

配当金生活への道は険し? 

まだ、配当金を受け取った事がない人向けの記事です。
まず先におすすめ関連リンク 配当金の受け取り[株式投資入門YOMIURIONLINE]を見てみると分かりやすいと思います。
配当金は権利確定日までに株を買って保有していると、受け取る事ができます。通常、権利確定日から2~3ヵ月後に郵便で通知書や配当金振込指定書が送られてきます。慣れるまでこの2~3ヶ月ってのが結構長く感じ、待ち遠しいってゆうより忘れた頃にやってくる感じがします。
さて配当金の受け取り方法ですが、振込にしてもらうか、通知書を金融機関に持っていき換金してもらうかの2種類を選べます。通知書の方はその企業により、「郵便局で受け取り」「銀行(どの銀行でもOK)で受け取り」「銀行(指定の銀行)で受け取り」のいずれかが指定されてます。

振込のメリット
・一度振込の登録をすると、その企業からの配当金は今後もその口座に振り込んでくれる。
振込のデメリット
・一企業ごとに振込の登録が必要で、そのつど口座番号とか書くのがめんどくさい。
・振込指定書を郵送する事になるので、切手代がかかる。

通知書を持って金融機関で受け取りのメリット
・その場ですぐ現金がもらえる。
・振込指定書よりは記入しなければならない欄が少ないので、書くのが楽。
通知書を持って金融機関で受け取りのデメリット
・平日の昼間に金融機関に行かなくてはならない。
・近所に郵便局や銀行がないと行くのが面倒。銀行の指定までされている場合は、特に面倒。
・たいてい、1ヶ月以内に換金に行かないとならない。

総合すると、長期投資でその銘柄をしばらく保有する予定の人や、平日昼間は仕事で金融機関に行けない人は、振込の依頼をするのがおすすめ。
現金でもらって配当金を実感したい人、一月に1回は郵便局や銀行に行っている人、いろいろ記入するのが面倒な人には、通知書をもって金融機関で受け取りがおすすめ。

↓通知書での受け取りで厄介なのは、特定の銀行を指定しているところです。001001_edited.jpg

三井住友、三菱東京UFJ、りそな、中央三井信託が指定されてますが、住んでる所いなかなんで4行とも無いです。
「同一手形交換区域内の郵便局」と書いてあるし、他に郵便局で換金する配当金通知書も有ったので、とりあえず先週の金曜日郵便局に行ってみました。郵便局でもよく分からないらしくいろいろ調べてくれたのですが、同一手形交換区域(私の住んでるとこだと函館地区になるらしい)には上記の4行がないので郵便局では受け取れないとの事。
郵便局で銀行に問い合わせてくれたところ、預金口座がある銀行に行けば、時間はかかるが入金の手続きができるとの事。郵便局の局員さん親切な対応ありがとうございました。でも時すでに2時50分…。結局振込依頼を郵送する事にしました。
とりあえずもう一つの方の企業の配当金を換金してもらおうとしたら、
「申し訳ございません。これ昨日(4月20日)までですね。」
「…」

結局、わざわざ郵便局まで行った意味なし。
上記の2銘柄はどっちもすでに売却済だったのですが、それでも振込依頼にしといた方が記入項目が増えて切手代がかかったとしても、わざわざ時間かけて金融機関に行く手間よりは、良かったと思う。ポストなら家から50m位の所にあるので、次回からは配当金の受け取りは振込依頼にしようと思った。

ちなみに、ミニ株の場合は配当金は証券口座に入金されるんで楽チンです。普通の単位株も、株を購入した証券会社の口座に自動で入金してくれたら便利なのになと思うのですが。それかその証券会社で買った分は、事前に登録してある銀行口座に振り込んでもらうようにするとか。そうゆうシステムにするのは無理なんですかね。
配当金は嬉しいけど、配当金(特に小額の場合)の受け取りは面倒だなって思ってる人は結構多いんじゃないかと思われます。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

野村證券のメリット 

日本で一番有名な証券会社と言ったら、やはり野村證券でしょう。現在インターネットでの株取引が急速に増えていますが、この新たな客層を野村證券はうまく取り込めてこれませんでした。おそらくネット証券各社と比べて割高で複雑な料金体系が一番の原因でしょう。そんな野村證券でしたが4月17日からネットでの手数料を値下げ&割引プランを導入しました。その結果
使ってもいいかなと思う料金になりました。が、ますます複雑で分かりにくい料金設定となりました…。ちなみに野村は1日いくらではなく、注文1件ごとの手数料になります。
また、野村證券はネットでの取引をホームトレードと呼んでますが、同じホームトレードでも「支店に口座を持つプラン」と「ほっとダイレクトに口座持つプラン」の2種類が有り、全く同じ取引をしても手数料が異なりますので注意が必要です。支店に口座を持つと、支店に行って窓口で行員と資産運用の相談なんかができます。ただし支店を利用すると手数料は当然高いです。一方ほっとダイレクトの方はネット上の口座になりますので、他のネット証券と同じ様な取引となります。また口座開設の申し込みページも異なります。私はこの違いを理解していなく、「支店に口座」で口座開設の申し込みをし、その後「ほっとダイレクト」にも口座を開くことにしました。どちらも現在口座開設の手続き中です。
野村証券に電話で確認したところ「支店とホットダイレクト両方に口座を開設するのは可能です。ただし1つの証券会社に対して特定口座は1つしか開くことが出来ない為、どちらかは一般口座にする必要が有ります。支店に開いた口座をほっとダイレクトに移す事も可能です。」との事。

Ⅰ、支店に口座を持つ場合の料金
支店に口座を持つ場合の最大のメリットは、いざとゆう時支店で相談できるとゆう事でしょう。支店数も多く地方都市にも有ります。これはネット専業証券会社ではできない事なので、野村に口座を開くメリットとなるでしょう。
ネット証券各社では口座管理料が無料なのが普通になってますが、野村の支店に口座を開設した場合は通常年間3150円の口座管理料がかかります。ただし、株券を全て証券保管振替機構へ預託することに同意した場合は、年間1,575円と半額になります。
4月17日から割得プランが導入され、インターネットでの取引は窓口の3割引となりました。割り得の条件は書面の電子サービスを受けるのと前受け管理契約が必要です。こだわりが無ければ、この2つのサービスに申し込んでよりお得な価格で取引するとよいと思います。手数料は3割引で1件20万円までの取引で1911円、30万円で2866円、100万円で8143円とネット証券と比べると割高なのは否めません。

Ⅱ、ほっとダイレクトに口座を持つ場合の料金
ほっとダイレクトの料金は5割引と支店に口座を開くよりも格安な手数料で取引ができます。。さらに4月17日からほっと割プランの導入によりさらに利用しやすくなりました。ほっと割りを利用するには、ホームトレードを契約し、電子交付の承諾をし、ログイン後ほっと割プランの申し込みをする必要が有ります。
ほっと割20~1日1回だけ、約定金額から20万円を差し引いて、売買手数料を計算します。約定金額が20万円以下なら手数料はゼロとなります。20万円の取引だと手数料が1365円ですので、つまり1日1回だけ手数料が1365円引きになると考えてもいいかも(50万円以下の場合)。
1日1回だけとはいえ、20万円以下手数料無料なのは魅力的だと思います。21万円の場合で68円、30万円の場合で682円です。これは非常に魅力的だと思います。
ちなみに20万円以下無料の証券会社は他に丸三証券が有ります(こちらは1日の合計が20万円まで無料、1日20万円を超えてしまうと割引にはならず、1件1050円の手数料が掛かります)。どちらの料金体系が使いやすいかは人それぞれでしょう。丸三なら10万円以下の銘柄を2銘柄購入したりデイトレする事が可能です。それに対して野村は20万円を超えてしまっても割引になるのが良いです。
ちなみにこの割引を使わない(2件取引し使えない)場合の手数料は、20万円で1365円、30万円で2047円、100万円で5817円です。ネット証券と比べるとやはり高いです。
野村は1件20万円前後までの取引に1日1回だけ利用し、他の取引(特に短期で売却しようとする銘柄)はネット証券を使うって利用方法がいいんじゃないかと思います。
ほっと割ミニ~野村ホームトレードによる株式ミニ投資の買付注文について、買付手数料が全額無料
売却手数料はこれまで通りかかるので、実質的にはミニ株の手数料が半額になったようなものですね。野村のミニ株の手数料は約定代金の0.9450%です。5万円で472円、10万円で945円、20万円で1890円です。ちなみにミニ株の手数料が安い証券会社と言えばマネックス証券が有名です(手数料が一律500円ですので、往復で1000円です。) 10万円以下のミニ株なら野村證券の方がお得ですね。取扱い銘柄数は1027となかなか充実しています。
ほっと割ゼロ口座管理手数料が無料
野村は口座管理料がかかるのがネックだったのですが、この割引の利用により、ついに無料になりました。

Ⅲ、野村證券のメリット1(IPO)
私が野村證券に口座開設の申し込みをした最大の理由は、IPOです。
野村の新規公開株の申し込み方法は、あらかじめ口座に資金を用意しなくても抽選に参加でき、抽選に当ってからの入金でもOKです。抽選購入可能なのは1口のみです。
4月17日からほっとダイレクトでも新規公開株の申し込みができるようになりました。ほっとダイレクトでのIPO抽選ルールについてホームページに詳しく書いてないので、電話で聞いてみました。「あらかじめ口座に資金を用意しなくても抽選に参加でき、抽選に当ってからの入金でも良い」との事で、これまでの支店に口座を開きホームトレードで申し込む場合のルールと同じ様です。

Ⅳ、野村證券のメリット2(充実した商品・投資信託・外貨MMF・債券)
野村證券ほっとダイレクトの取扱い商品は、株式の他にも投資信託や債券の取扱いが有ります。ノーロードファンドこそ少ないですが、取扱いファンドは230と非常に充実しています。面白そうな所では業種別インデックスファンドが16本有り、例えば非鉄・石油銘柄のみを集めたファンドなんかがあります。また九州インデックスファンド京都滋賀インデックスファンド等のご当地ファンドもいろいろあります。
外貨MMFは、米ドル・ユーロ・ポンド・豪ドル・ニュージーランドドル・カンダドルと6通貨も有ります。
債券についても非常に充実していて、ネット証券と比べて強みとなっています。
また支店口座の取扱い商品は上記にプラスして年金保険も扱っています。

Ⅴ、野村證券のメリット3(充実した投資情報)
野村は投資情報も充実しています。日経4紙の記事検索をできる日経テレコン21や、QUICKの投資情報、登録した銘柄を分析するQUICKポートフォーリオ、そして会社四季報も見れます。
また日本最大の証券会社だけあって、野村独自の情報も充実してます。

まとめ
1、野村で取引するには「支店に口座を開く」か「ホットダイレクトに口座を開く」かの2通りの方法があります。
2、手数料を考えると、ほっとダイレクトに口座を開き、ほっと割の申し込みをするのをお勧めします。特に20万円以下の取引が多く、かつ頻繁には取引しない人にお勧めです。またミニ株の手数料も安いです。
3、支店に口座を開くと、支店での相談しながらの対面取引もできます。また、年金保険等ホットダイレクトでは扱ってない商品も有ります。
4、あらかじめ口座に資金を用意しなくても新規公開株IPOの抽選に参加でき、抽選に当ってからの入金でも良い。
5、債券投資や投資信託を、たくさんの選択肢のなかから選びたいって人にも野村は良いと思います。
6、投資情報も非常に充実してます。ほっとダイレクトでほっと割を利用すると口座管理手数料が無料なので、投資情報を見る為だけに野村に口座開くってのも有りかも。

私はIPOのルールに惹かれて野村(支店口座)に口座開設の手続きをしました。その後、ほっとダイレクトに口座を作った方がお得な事が分かり、ほっとダイレクトにも口座開設する事にしました。今回の手数料値下げで、野村に新規に口座を開く人は多いんじゃないかと思います。手数料値下げは利用者としては嬉しいですが、利用者が増える分IPOの当選確率は下がってしまうと思うのでちょっと複雑。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

決算発表予定日時一覧 

以前に第3四半期決算と株価の関係とゆう記事でも紹介したのですが、本決算シーズンなのでもう一度紹介します。

決算発表予定一覧[OPTICASTマーケットクリップ]

決算の予定日時を知りたい企業の銘柄名orコードを入力して検索すると、決算発表の日時と時間帯が見られます。
また日付けを指定して検索すると、その日決算発表予定の企業の一覧を見る事ができます。
全ての企業を網羅しているわけではないですし、日時のみで時間が未定とゆうのもけっこう有りますが、便利なサイトだと思います。

2月決算企業の発表は一通り終わったようですが、比較的決算が良かった企業も、発表前は期待感から上げてても発表後は材料出尽くしって感じで下がってるとこ多い感じがします。決算が良いとゆうことは既に織り込み済みって事なんでしょうか。また、今期(19年の決算)の業績見通しの発表も株価に影響を与えているようです。

また新興市場では決算内容が思わしくない所が多々有り、関連銘柄も含めてかなり値崩れしてるようです。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

証券会社のはなし 

仕事が忙しくてなかなかインターネットする時間が取れなく、最近更新頻度があきらかに落ちてます…。せっかく見に下さってくださる方には申し訳ないです。

最近、リテラクレア証券カブドットコム証券に口座開設しました。でもどっちもまだ1回づつ位しかログインしてないですし、まだお金もいれてません。
リテラクレアに口座を開いた一番の理由はロイターのレポート、カブドットコムに開いた一番の理由はノーロードファンドの多さです。
今、リテラクレア証券のページのリンクを入れる為にgoogleで検索したら
1番目は当然、リテラクレア証券のサイト。
そして2番目になんと!このブログが出てきてちょっと驚いた。なんかちょっと嬉しい。

野村證券手数料の割引を4月17日から始めました。実は野村證券にも口座開設の手続き中です。リテラクレアやカブドットコムと一緒に申し込んだのですが、書類の不備が有り一旦戻ってきて送り直したのでまだ開設にはなってません。17日に[野村證券のメリット]って記事書こうと思ったんですが、手数料体系が複雑過ぎてうまくまとめる事ができなくまだ書いてないです…。時間取れれば明日書こうと思います。

松井証券が値下げをしたので、イートレード証券もだまってないだろうと思ってましたが、やっぱり値下げを発表してきましたね。6月1日約定分からアクティブプランが、10万円以下が無料、30万円以下が315円。松井証券と全く一緒ですね。個人的には値下げよりも逆指値の導入とかの方が嬉しかったのですが、でもまあ高いよりは安い方がいいので良しとしましょう。
またイートレード証券では今、口座開設で1000円、さらに3万円以上の入金で3000円の合わせて4000円もれなくもらえるキャンペーンをやっています。ちょっと前までマネックス証券でやっていたキャンペーンに近いですね。イートレードも口座数を増やそうと本腰を入れてきたようです。
なお、値下げの件は[梅屋敷商店街のランダムウォーカー]、口座開設キャンペーンについては[クローズアップ株式]を読んで知りました。良い記事をありがとうございます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

ETF上場投資信託のすすめ 

以前、TOPIXを買うとゆう記事でも書いたのですが、もう一度上場投資信託(ETF)について書きます。

日経平均やTOPIXは指数であり、直接それを買う事はできません。しかし先物や投資信託の形で買う事が可能です。投資信託の場合、指数構成銘柄を指数の構成と同じ割合で保有する事により、基準価格は日経平均やTOPIXにほぼ連動します。これらのファンドは指数(インデックス)に連動するのでインデックスファンドと呼ばれます。インデックスファンドは構成ポートフォーリオについて管理会社が悩む必要がないので、一般的にプロのファンドマネージャー達が運用するアクティブファンドよりも手数料が低めです。
ウォール街のランダムウォーカー」によると、アメリカのデータですが、全アクティブファンドの運用成績(税支払前)の平均はアメリカ株のインデックスの伸びよりも低いとの統計データが出ています。えっ?と思われる人も多いんじゃないかと思いますが、これが現実です。
イマイチ納得されない方の為に、ここで仮に全アクティブファンドの運用成績の平均はインデックスと等しいとしましょう。(これなら渋々でも納得される人が多います)
その条件なら、あなたはインデックスファンドとアクティブファンドどっちを買いますか?
私でしたら、運用の期待値が一緒ならより手数料(信託報酬を含む)の安い方を選びます。

インデックスファンドの中でもさらに手数料が安いのがETFと呼ばれる上場投資信託です(くわしくはTOPIXを買うをご覧ください)。上場投資信託は、その名の通り日経平均やTOPIX連動型の投資信託が上場した物で、株と全く同じ様に取引ができます。
投資信託は通常注文の翌営業日の基準価格で売買されますが、ETFはザラ場中で有ればその場で売買可能です。また指値注文も可能です。マネックス証券カブドットコム証券なら、逆指値やリバース注文といったより複雑な注文方法も可能です。
日経平均が4月14日現在17233円なのに対し、ETFの基準価格は17390~17500円となっており、単元数は10なので1口は175000円前後になります。TOPIXが1744ポイントなのに対し、ETFの基準価格は1767~1784円で、単元数が100なので、178000円前後となります。
1口1万円から購入できる投資信託よりは敷居が若干高く、毎月ドルコスト平均法で買うのは庶民には難しいのが難点と言えば難点です。
ただ、その安い信託報酬(ファンドにより違いますが0.1~0.3%程度)、安い手数料1単位買う場合、片道あたり丸三証券なら無料、リテラクレアで210円、松井で315円。2単位買う場合、リテラクレア松井イートレードなどで525円(往復で1050円)です。2%の手数料で35万円分の投資信託を買った場合の手数料は7000円です。なお日経225連動の投資信託はイートレード証券マネックス証券等ではノーロード(手数料無料)で買える物も有ります。

まとめ
1、上場投資信託は信託報酬が安い
2、上場投資信託は株と同じ様に売買ができ、手数料も一緒。なのでより手数料が安い証券会社で購入すると有利。
3、上場投資信託はその基準のなる指数と近似した値動きをするので、今日は日経平均が大きく上がったのに、自分の持ち株は全然反応しなかった…って事が有りません。昨年から相場が良いので株で利益を出されている方が多いと思いますが、日経平均やTOPIX以上の成績をあげている人はとゆうと、その半分以下ではないかと思います。私の昨年の成績も日経平均の上昇よりも低かったです。そんな人は、もし昨年ETFを買っていれば、もっとたくさんの利益を上げる事ができたことになります。
今年は日経平均やTOPIXに勝てそうですか?もし自信が無いなら、ETFを買ってみるってのも一つの手だと思います。

おすすめ関連リンク
ETF(上場投資信託情報)[モーニングスター]
投資信託の情報っていったら、やっぱりここははずせないですね。全EFTの信託報酬などを比較する事が可能です。またEFTがどの様な商品かといった説明も有ります。
ETFの投資に向いている投資家とは?[マネログManex’s Blog]
マネックス証券のサイトはコラムが充実してます。投資信託も含めた資産運用ネタが多く、結構為になる記事も多いです。
インデックスファンドの親戚[投信ガイドYOMIURIONLINE]
ETFについて、普通のインデックスファンドとの比較で書かれていて分かりやすいです。投信ガイドは以前にも紹介した事が有りますが、これから投資信託を始めよう、あるいはとりあえず始めてみたけど実はよく分からないって人にはおすすめのサイトです。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

RSI 

日経平均が17500円超え、TOPIXがITバブルの時の高値を突破と、最近やたらと騰がってますね。株の投資家として嬉しい反面、ちょっと加熱気味なんじゃないと心配になってしまいます。相場の加熱感(買われ過ぎ)を表す指標の一つにRSIがあります。今回RSIについて勉強しようといろいろ調べてみました。

参考にさせていただいたサイト
RSIとは [株寺]
RSI [テクニカル分析ABC NIKKEINET]
RSIって何?上手な活用法について [初心者のための割安株ドットコム]

日経平均が最近やたら上がってるなあとは誰もが思っていると思います。じゃあどの位上がってるの?100%でいったらどの位?
そんな疑問に答えてくれるのが、RSIです。
RSI は、買われ過ぎ売られ過ぎを表すテクニカル指標です。公式で表すと。
RSI=一定期間の値上げ幅の合計÷(一定期間の値上げ幅の合計+一定期間の値下げ幅の合計)×100
一定期間とゆうのは14日間と9日間とゆうのが一般的なようです。つまり14日間連続で上昇の場合が100、14日間続落の場合が0になります。
目安として、70もしくは80を超えると買われ過ぎ、30もしくは20を割ると売られ過ぎと判断します。
計算方法については[テクニカル分析ABC]に詳しく載ってます。紙とペンを用紙して計算機片手にRSIを計算してみてください。

とゆうのは冗談で、わざわざ自分で計算しなくてもいろいろなサイトでRSIを見る事ができます。代表的な所では、YAHOOファイナンスinfoseekマネーで見る事ができます。
ヤフーの方はまず見たい銘柄のチャート画面を開きます。追加指標の欄のRSIをクリックすると、チャートの出来高欄の下にRSIの推移が出ます。RSIは14日日間のもので、20%と80%の所に補助線が引いてあります。
インフォシークの方は、チャート画面を開くと初期設定でRSIが表示されています。20%30%70%80%に補助線が有ります。RSIは14日間と9日間の2つが表示され、カーソルを合わせるとRSIの具体的な数字も表示されます。ただちょっと細か過ぎるのとRSIの2本の線が重なって若干見にくいです。
RSIをとりあえず大雑把に知りたいならヤフー、じっくり詳しく見たいならインフォシークがおすすめです。

実際にインフォシークマネーで4月7日の日経平均のRSIを見てみると、
14日間で86.6%、9日間だと91.8%です。買われ杉!
RSIのグラフを見ると、昨年の10月中旬に一旦下がったもののその後上昇。1月中旬のライブドアショック時に大きく下げるもその後急反発、2月は再び下げ、3月後半から再び上昇と、日経平均のチャートと連動した動きをしています。上げ下げにより計算した指標なんであたり前ってゆったら当たり前ですが。
これを見ると、9日RSIが30%を下回った10月中旬、ライブドアショック、2月の下落時が押し目買いの絶好のチャンスだったといえそうです。

では、実際にRSIが売買のサインとして有効か実際に検証してみましょう。RSIが20を割った翌日の始値で買い、RSIが80を超えた翌日の始値で売るとします。
まずはアークスについて見てみます
9月の上旬と2月に20%を割り、10月、11月、そしてこの4月に80%を超えています。
RSIを14日間の物を使用すると
9月8日1429円買い→10月28日1616円売り(+187円)
2月16日1700円買い→4月7日1780円売り(+80円)でトータル267円のプラス。
RSIを9日間の物を使用すると
9月1日1442円買い→10月21日1555円売り(+113円)
12月30日1893円買い→3月31日1670円売り(-223円)でトータルで110円マイナスです。
RSIが9日よりも14日の方が動きが遅いので、下がった時はより下がった価格で買え、上がった時はより上がった価格で売れた事になります。
ちなみに9月8日からずっと持ち続けていると、1429円→1778円で349円のプラスです。

みずほフィナンシャルについて見てみると、RSI14日を使用した場合は2月の下落時に20%に届かず絶好の押し目買いチャンスを逃しています。それに対してRSI9日を使用すると、
7月29日488000円買い→7月29日509000円売り(+21000円)
1月11日900000円買い→2月1日953000円売り(+53000円)
2月14日880000円買い→3月6日933000円売り(+53000円)
この数字だけ見ると、短期に的確に利益をだせていると言えそうです。
今年ずっと持ち続けたとすると、1月4日(945000円)→4月7日(1000000円)でプラス55000円です。それに対してRSIを参考にした場合はプラス106000円です。
だがもし昨年7月29日(488000円)からずっと昨日4月7日(1000000)まで持ち続けた場合ははプラス51万2000円なのに対し、RSIにより売買するとプラス12万7000円です。

[初心者のための割安株ドットコム]や[株寺]でも指摘されていますが、RSIを売りのサインに使うと、早売りをしてしまい大きな上昇のチャンスを逃してしまう可能性が有ります。RSIを買いのシグナルとして使うのは良いかも。
ここで日経平均の5年チャートを見てみましょう
ITバブル時崩壊後の下落相場の中何度かRSIが20を割り、買いのシグナルが出ていますが、ここで買ってもさらなる下落が待っていました。下落途中の2002年上旬にRSIが80%を超え売りシグナルが出ていますが、このあたりは一時的に株価を戻した時期であり売りのチャンスであったように見えます。
以上をまとめると、長期的な上昇トレンドの中では買いのシグナルとして使用でき、長期的な下落トレンドの時には売りのシグナルとしてRSI は使えそうです

まとめ
1、RSIは、買われ過ぎ度・売られ過ぎ度を測る指標。
2、RSIは70もしくは80を超えると買われ過ぎ、30もしくは20を割ると売られ過ぎと判断します。
3、テクニカル重視の逆張り派の人にとっては、買われ過ぎは売りのサイン、売られ過ぎは買いのサインと見る事ができます。特に、上昇トレンドの時は買いのサイン、下降トレンドの時は売りのサインとして有効。
4、9日のRSIを使うよりは14日のRSIを使う方が、30・70%で判断するよりも20・80%まで待った方が、買いの際はより下がった価格で買え・売りの際はより上がった価格で売れます。しかし、基準に達しないうちに値動きが反転する場合も有り、その際は買い逃し・売り逃しの可能性が有ります。
5、RSIで売買するよりも、そのまま保有しつづけた方が利益が大きいケースも多いです。
6、RSIだけを見て売買するのは個人的には懐疑的ですが、その株が現在買われ過ぎているか・売られ過ぎであるかを見る為の指標としては使えると思います。

RSIを見ると、日経平均が今買われ過ぎているのは確かです。ですがRSIが80を超えてもすぐに下落するとは限らず、まだまだ上がり続けるかもしれません。
去年株式投資を始めたばかりの素人の個人的な考えを言うと、現在保有している株を急いで売る事はしないにしても、新たに今の水準で買い増ししようとは思えないかな。

<ブログ内関連リンク> この記事を書いた後にRSIのセミナーを受けました。追加で勉強になった事を2点書いています。→ RSIのセミナーを受けました

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

株式分割の値動きの検証 

3月13日の引け後に5社が株式分割を発表していました。翌日の始値で買ったらどうなるかを検証してみました。ストックウェービーシュミレーションで期間中の増減をチェックしていました。高値のデータ、3/28始値データは、時系列データで今調べました

  分割数 3/13
終値
3/14
始値 
3/14
終値 
分割前
高値 
3/27
終値 
3/28
始値 
3/28
終値 
分割後
高値 
4/5
終値 
日本エスコン
8892 
3分割  756000
2.3%→
774000 789000
+1.9%
826000
+6.7%
806000
+4.1% 
273000
+5.8%
270000
+4.7%
295000
+14.3%
265000
+2.7%
ウイルコーポ
7831
2分割 680
2.2%→
695 685
-1.4%
720
+3.6%
715
+2.9%
343
-1.3%
355
+2.2%
372
+7.1%
363
+4.5%
新日本建設
1879
2分割 1205
6.2%→
1285 1304
+1.5%
1330
+3.5%
1297
+0.9%
626
-2.6%
676
+5.2%
705
+9.7% 
654
+1.8%
コロワイド
7616
1.4分割  1238
2.5%→
1270 1273
+0.2%
1296
+2.0%
1210
-4.7%
841
-7.3%
867
-4.4%
1045
+15.1%
1016
+12.0%

東祥
8920

1.2分割 1619
4.8%→
1700 1740
+2.4%
1750
+2.9%
1730
+1.8%
1448
+2.2%
1458
+2.9%
1555
+9.8%
1520
+7.3%
5社の平均   3.6%→

+0.9%

+3.7% +1.0% -0.6% +2.1% +11.2%  +5.7% 
TOPIX    1675
0.2%→
1678 1665
-0.7% 
1699
+1.3%
1694
+1.0%
1683
+0.3%
1693
+0.9%
1769
+5.4%
1746
+4.1%
3月14日始値を基準とした増減を%で表示しています。

まず、分割発表をうけ5社とも翌日の始値では大きく上げています(平均+3.6%)。
ではその大きく上がった始値で買ったら、その後どうなったのでしょうか?
分割直前の3/27終値では、4社がプラスで1社がマイナスで平均では+1.0%です。この間のTOPIXの増減も+1.0%ですので、分割発表直後に買って、分割直前に売るメリットは少ないようです。ただし、分割前の高値は結構上がっていた(平均+3.7%)ので上手に売り抜ける事ができれば利益を上げることができたでしょう。
次に分割直後の3/28の始値は前日終値比で、TOPIXも-0.7%と下がったのですがそれ以上に大きく下げた銘柄が有り平均で-1.6%となっています。
3/28の終値は始値と比べて、TOPIXが+0.6%なのに対して、5社平均は+1.5%と大きく上げています。
分割後は、相場が良かった事もありどの銘柄も大きく値を上げました(分割後高値は+11.2%)。
そして昨日4/5の終値は5社平均で+5.7%でした。この間のTOPIXは+4.1%です。TOPIXより上がった銘柄は3社、TOPIXほど上がってない銘柄が2社。4/5の終値で売った場合、分割銘柄が有利とゆうデータは得られませんでした。

この5社だけの値動きを見たまとめ
①、分割発表後は、分割発表前と比べて大きく上げる。
②、分割発表前に保有していた場合は、どの銘柄も上がっています。分割保有直後に買った場合は上下はまちまちで、平均ではTOPIXとあまり変わりありません。(分割直前の売却および昨日4月5日の売却した場合)
③、しかし一時的な高値では、分割発表直後の価格を大きく上回っているので、上手に売り抜ける事ができれば利益を得る事ができた事になります。
④、分割直後の始値は、分割比以上に値下がりした銘柄があった。しかし下がって始まった銘柄は反発してすぐに上昇。分割当日に分割比以上に下がった銘柄があったら狙ってみるのもいいかもしれません。ただし、今回はTOPIXが3/28始値が低く始まりその後上昇したとゆう動きがあったので、こうゆう値動きになったのかもしれません。(あっ今気付いたけど、配当落ちも絡んでるんでそんな単純じゃないですね)

以上の結果は、たった5社だけのデータです。またこの期間は相場が強かったです。その事をふまえた上で、データをご覧ください。

<ブログ内リンク>
株式分割って?
バーチャル株取引ゲーム

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

騰がってますね~ 

今週は日経平均が年初来高値更新&17000円突破と騰がりましたね~。
こんなに早く17000円超えるとは思ってなかったです。上がりだしたと思ったらあっとゆう間でしたね。

3月の私の成績は、アークスが下がり続けてたので20日頃まではマイナスだったんですが、今週一気に持ち直しました。
私のポートフォーリオは年初来高値まであと少しといったところです。とゆうことは、下手な株の売買をしないで日経平均のETFを買っとけば良かったってことか?

でもまあ、株の取引は楽しいんでまあいいです。

私はいくつかの口座で取引してるので、トータルの成績を見る為に10日ごとに投資の記録をExcelに保存するようにしてます。そうすると過去からの推移がはっきりわかるのでなかなか良いですよ。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。
アクセス解析アクセスランキング