1月の成績 今月から%表示にしてみました 

早いもので、もう1月も終わりです。

 +0.9%

今月は日経平均が昨年末と比べて、17226→17383で+0.9%
TOPIXが、1681→1722で+2.4%
JASDAQインデックスが86.19→91.94で+6.7%でした。
今月は、イートレード証券ソフトバンク楽天など、昨年大きく下げた、個人投資家が好みそうな銘柄が大きく上がりましたね。
日経平均、TOPIX、JASDAQの3ヶ月チャートを見ると、大きく下げてたJASDAQとTOPIXや日経平均との差が縮まってます。
逆に昨年後半調子の良かった日経平均は一休みといったところでした。

私は、株は1銘柄を今月新たに買いました。買って3日位で1万円位の含み益でしたが、今は3000円位のマイナス。。
あとは、ほとんど売買せずでした。
結果は+0.9%と、日経平均とほぼ同じような結果でした。

先物ミニ +0%
今月も取引なしでした。日経平均もっと下がったら買いで入りたいと思ってるけど。
証拠金寝かしておくのも勿体無いので、2月に松井証券で逆指値が始まったら、先物ミニも松井で取引する事にしてオプションと証拠金を共用しようと思います。

オプション +1.4%
証拠金50万。追証用に予備で松井の株口座にもう50万いれてます。それでIPOに応募したりもしてます。
元本100万円で計算しての利回りです。
今月は指し負けが多く、ポジション少なめでした。

投資信託(含む海外ETF) +1.4%
今月は、日銀の利上げ見送りもあり、さらに円安が進みました。
今月のプラスはほとんど為替差益分でしょう。円高方向に戻ればなくなってしまうような。

外為FX +5.6%
私は日短FXダイレクト外為どっとコムに口座を持ってますが、それぞれ10万円の証拠金で取引してます。
日短FXではカナダドルを1万ドル分保有してますがイマイチでした(原油価格が下がるとカナダドルも下がる傾向がある)。通貨選び失敗だったかも。。
1000通貨単位でちびちび取引している外為ドットコムの口座の方は、米ドルやユーロ高でまずますでした。

トータル +1.4%
今年から、月ごとの成績は金額ではなく、%で表示する事にしました。
株や投資信託などに投資したら、一ヶ月でどのくらい変動するものなのか、これから始める人に参考になるかなと思い金額を書いてました。
でも投資金額は人によって様々なので、%で書くことにしました。
それと、年10%の利回りが今年の目標なので、目標に対してどのくらい進んでるかを把握しやすくする為ってのもあります。

今月はドルが121円台ユーロが157円台と円安方向に進んだ事ををふまえると、今月の結果はイマイチだったかな。
でも、あまり欲をかいて、バタバタした取引はしたくないので、来月も自分の投資スタイルでマイペースに行こうと思います。
株の取引き頻度、1年前と比べて明らかに減ってます。保有している株は増えてるけど。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

第3四半期決算。決算発表日時を見る事ができるサイト 

以前にも何度か紹介してるのですが、第3四半期決算シーズンなので再び紹介します。

決算発表予定一覧 [OPTICASTマーケットクリップ]
決算の予定日時を知りたい企業の銘柄名orコードを入力して検索すると、決算発表の日時と時間帯が見られます。また日付けを指定して検索すると、その日決算発表予定の企業の一覧を見る事ができます。

第3四半期決算の発表が本格化してきましたね。

ここのところ株価上がってますが、第3四半期決算が良い事を見込んで上がっている分も多いと思います。
私の持ち株のホンダなんかは、円安もありだいぶ株価が上がってます。おそらく上方修正有るんじゃないかと思ってますが、上方修正は既に折り込み済じゃないかな。万が一上方修正なければ結構下げそう。

決算発表、決算期待で事前に上がっていた企業だと、決算良くても利益確定売りに押されて株価が逆に下がるのもよくある傾向。
決算が良かったのに下がっている企業が有ったら、狙い目かもしれません。第3四半期までくれば通期の業績予想は大きくぶれる事は少ないと思うので、その通期の業績予想のPER等を自分で出してみて割安なところを探すというのもいいんじゃないかと。

決算発表は、上方修正や下方修正を合わせて発表する事が結構多いので、株価が大きく動く事がよく有ります。
短期で値幅を取りたい短期投資家にとっては大きなチャンスですし、
逆にリスクを取りたくない短中期投資家は、決算発表前に売ってしまうというのも一案。

中長期投資家にとっては、決算発表は3ヶ月に一度、自分が投資している会社が順調に経営されているかをチェックするいい機会だと思います。
決算の数字だけでなく、一緒に書かれている概況を読めば、その会社の目指している方向が少し見えるんじゃないかと思います。
ほとんどの上場企業は、発表日の夜には自社のサイトのIRページに、決算と概況を載せていると思います。

ブログ内関連リンク
第1四半期決算のシーズンです。
第3四半期決算と株価の関係
決算発表予定日時一覧

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

去年の株取引で感じた事。 

あまり参考にはならないかもしれませんが、私の去年の取引を中期取引の例として書いてみようと思います。
結論を先に言うと、
・株式投資は、銘柄選びが楽しい。
・私は割安優良株が好き
・小型株・大型優良株、それぞれに良い点がある。
・売り時は難しい→中長期投資もいいもんだ。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

読むと、ザラ場の動きが良くわかるブログ 

ブログの更新が、なかなかできなくってすみません。

今日は、このブログとは違い平日はほぼ毎日更新されている、素晴らしい2つのブログのご紹介です。

株の勉強会

株式祇園精舎

どちらも、読むとザラ場中に相場全体にどんな動きがあったかが、先物の値動きもからめて良く分かります。
仕事から帰ってきて株価を見たら、日経平均が300円とか動いていたら「何が有ったの?」って思ってしまいます。
そんな時、これらのブログを読むとどんな流れだったのかが分かるんで重宝します。

また、ただ単に相場の動きだけでなく、SQ・経済指標など株価に影響を与える事との関わりにも触れられているので、勉強になります。
読んで分からなかった事・興味を持った事を、さらに自分で勉強すれば、投資力がついていくんじゃないかと思います。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

手数料比較ページを更新しました 

このブログの左サイドバーの、おすすめ記事の中に

今一番手数料が安い
証券会社は↓
ワンショット手数料
1日定額手数料
月額手数料
信用取引金利・手数料
日経先物ミニ・OP口座

という所があるのですが、と書いていながら数ヶ月前に更新したきりだったページもあったので、全部2007年1月現在の数字に改定して、再UPしました。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

月額手数料のある証券会社一覧 

<2007年1月7日現在の数字に更新しました。
GMO証券の月額定額手数料は終了しました。>

3ヶ月56700円で取引回数の制限がなかったライブドア証券のプレミアムトレードパスが昨年6月で終了しました。変わりに月額取引のアクティブトレーディングチケットが登場しました。
今回は月額取引の手数料についてまとめてみました。

ライブドア証券 アクティブトレーディングチケット

プラン

価格

約定回数上限 

約定金額上限 

50回コース

10500円 

50回 

3億円 

100回コース 

21000円

100回 

6億円 

200回コース 

42000円 

200回 

12億円

400回コース 

84000円

400回

24億円

※月3回まで買い増しが可能

コスモ証券 マンスリーコース

プラン 

価格 

約定回数上限 

50回コース 

10500円 

50回

100回コース 

21000円 

100回 


東洋証券 会員コース

プラン 

価格 

約定回数上限 

約定金額上限 

会員コース 

10500円

60回 

1億5000万円


SMBCフレンド証券 定額会費プラン

プラン

価格 

制限売買回数 

A 

3150円 

10回 

B 

6300円

30回 

C

10500円 

60回 

リテラクレア証券 ハイパーレート

・「ハイパーレート」は定額会費制。会費はオークション方式で決定します。募集会員数は30名とさせていただきます。
※前回の落札価格は446654円(3ヶ月)
・対象取引は現物株式、信用取引、日経平均株価先物取引、日経平均株価オプション取引(売建/買建ともに可)。お取引対象期間中の委託手数料が、約定回数・代金に関わらずオークションで落札された定額会費でご利用いただけます。
・「ハイパートレードPro」、「スモーキーウルフの部屋」、「キング&クイーン」の各種有料サービスを期間中無料でご提供いたします。また、ディーリングルーム並みの環境を備えたトレーディングスペース「ハイパーブース」も併せて無料でご利用いただくことができます(要予約)。・落札されたお客様には、3ヶ月間のハイパーレート利用権が与えられます

 リテラクレア証券のみ、完全使い放題です。株だけでなく、日経平均先物・オプションも制限なしです。ただしその会費はオークション方式で決められ、前回だと3ヶ月で446654円と非常に高額です。お金持ち専用のプランの様です。

その他の証券会社は月に決められた金額・回数までは定額。とゆうプランとなっています。おおよそ月50回で10500円とゆうのが一つの基準の様です。50回フルに使うと一件あたり210円。仮に半分の25回しか利用できなかった場合で420円になります。毎月の取引回数が比較的多く、かつ取引回数が安定している人に向いていると思います。

ライブドア証券のアクティブトレードチケットは、50回、100回、200回、400回の4コースがあります。上限金額も有り、100回で6億円なので1件の平均が600万円までとゆう計算になります。
アクティブトレードチケットが他より優れているのは、月3回まで買い増しできる事です。他はそのプランの上限回数を超えた場合は通常のワンショット手数料が適用されますが、ライブドアの場合はそのままワンショットにするか月末まで必要な回数のアクティブトレードチケットを買うか選べます。特に月によって取引件数にばらつきが有る人におすすめです。

コスモ証券のマンスリーコースは50回と100回の2コースです。上限金額が特にないのが特徴です。1件あたりの取引金額が600万円以上になる人におすすめです。

 東洋証券の会員コースは60回の1コースのみです。上限金額は1億5000万円なので1件平均250万円までとなります。
10500円で60回と、ライブドアやコスモよりも10件多く取引可能です。60回取引した場合1件あたり175円となります。

 SMBCフレンド証券の定額会費プランは、10回、30回、60回の3コースです。10回や30回とゆう他にはない少ない回数のプランがあるのが特徴です。フルに使った場合の1件あたり手数料は、10回プランで315円、30回プランで210円、60回プランで175円となります。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

北海道人は株を買わない!? 

数日前の新聞で、ちょっと興味深かった記事。
株保有、道民の7% 購入希望者は全国で最低 日証協調査 (北海道新聞)

この調査によると、株式を保有している人の割合は全国で13・2%。十三の地域別では景気回復が進む東海が17・9%、首都圏が17・7%と高く、北海道(7%)、沖縄(2・9%)、東北(7・2%)との差が際立った。

さらに、株式を保有していない人に今後保有する予定があるかとの調査では、「近いうちに購入したい」が全国で4・0%に対し、道内は0・6%で地域別で最低。「購入するつもりはない」は全国の81・7%に対し、道内は93・5%と最高だった。

この調査はサンプル数が七千二十八人(うち道内は三百十人)とやや少ないと思うので、実際はここまで極端な数字ではないかもしれませんが、全国平均と比べて北海道は半分・沖縄は1/4の人しか株式を保有してないというのが、驚きでした。

株の保有している人の割合が、東海・首都圏が高く、北海道や沖縄が低いというのは、今の景気の良さに対する実感に比例しているのかなといった感じがしますね。
景気が良いと感じている人は株をやってみようと思うだろうし、景気が悪いなあと感じてるなら株を買おうと思わないだろうし。

ただ逆に考えると、自分の住んでる所が景気悪くても、日本全国の業績が良い企業に投資すれば、その恩恵を受けられるというのも株式投資の一つの魅力だと思います。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

2007年 大発会 

3が日が終わり、明日1月4日は大発会。今年の株式相場もいよいよスタートしますね。

一年前に書いた記事より転載↓

そこで過去10年間の年末年始の値動きのデータを調べてみました。
2004-2005大納会は上昇、大発会も上昇
2003-2004大納会は上昇、大発会も上昇
2002-2003大納会は下落、大発会は上昇
2001-2002大納会は上昇、大発会も上昇
2000-2001大納会は下落、大発会も下落
1999-2000大納会は上昇、大発会も上昇
1998-1999大納会は下落、大発会も下落
1997-1998大納会は上昇、大発会は下落
1996-1997大納会は下落、大発会は上昇
1995-1996大納会は下落、大発会は上昇

大納会は5勝5敗。特に大納会だから上がるとか、下がるなどとかの関連性はなさそう。
一方大発会は7勝3敗と強いです。下落した3回は、全て前年の12月に日経平均下がっている下落トレンドの時です。つまり、12月上がってる時は大発会は過去10年間負け無し。

来年(2006年)の大発会は1月4日です。過去のデータ通り上昇で始まるのでしょうか。
そして、2005-2006は、大納会が下落、大発会は上昇。でした。
去年の大発会は、データ通りの上昇となりました。

そして、去年(2006年)の12月は日経平均が大きく上がりました。
と言う事は、明日の大発会も上昇?

逆に、大発会の上下と、その年の年間の上下を見てみると、

 大発会   年間 
1996年   上昇   下落
1997年  上昇  下落
1998年   下落  下落
1999年  下落  上昇
2000年  上昇  下落
2001年   下落  下落
2002年   上昇  下落
2003年   上昇  上昇
2004年   上昇  上昇
2005年   上昇  上昇
2006年   上昇  上昇
大発会と年間の上下が同じだったのが6回。違う結果となったのが5回。あまり相関関係はなさそうです。

私がよく見ているブログの[昔ディーラー 今デイトレーダー ひろの旅日記]でも、大納会・大発会のアノマリーという記事が書かれていました。興味がある方は、見てみてください。

さて明日の大発会は?

<1月4日追記>
昨日、アメリカの株式市場が1月2日から始まっていると書いてました。しかし今年はフォード元大統領の国葬の為お休みでした。気がついて削除しましたが、削除する前に見た人、すみませんでした。

今日の大発会は、日経平均で+127円の17353。とアノマリー通りのプラスでしたね。
さて、大納会には、日経平均はいくらになってるんでしょう。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。
アクセス解析アクセスランキング