広告の品「卵1パック88円」お一人様1点限り500パック限定 

広告の品「卵1パック88円」お一人様1点限り500パック限定

卵の正確な仕入れ原価は知りませんが、おそらく儲けはほとんど無いか赤字でしょう。
では、なぜ赤字にしてでも値段を下げるのか?

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コストが低めな日本債券型ファンド一覧 

  購入手数料  信託報酬  信託財産留保額  1年リターン  5年リターン(/年)  販売 
STAM 国内債券インデックス・オープン   0%  0.44 %  0%  1.9%    SBIフィデリティジョインベスト楽天カブドットコムマネックスリテラクレア他 
中央三井 日本債券インデックスファンド  0% 0.50%  0.1%  1.8%  0.9%  フィデリティ証券・中央三井信託他
PRU 国内債券マーケット・パフォーマー   0%  0.53%  0.1%  2.0%  1.0%  楽天フィデリティジョインベスト・イーバンク他 
しんきん 国内債券ファンド 0%  0.42%  0.05%  2.1%  1.1% 信金 
DLIBJ 公社債オープン(中期コース) 0%  0.47%  0.05%  0.7% 1.2%  SBI楽天カブドットコムオリックスジョインベスト他 
DLIBJ 公社債オープン(短期コース)   0% 0.31% 0.05%  2.2%  0.8%  SBI楽天ジョインベスト

ノーロードで信託報酬が低い、1万円から購入可能、ネット証券で買えるものを中心に、選びました。
上3つはインデックスファンド、下3つはアクティブファンドです。

日本債券型はアクティブファンドとインデックスファンドの信託報酬が同程度です。リターンもトータルでは同程度な感じです。国内債券型ならアクティブとは言っても、インデックスを少し調整する程度な感じだと思いますけど。
たまたまかもしれませんが、信金でのみ取扱いのしんきん国内債券ファンドのリターンが高めです。そういえば海外債券型のファンドでもしんきんのファンドはリターンがやや高めでした。わざわざ信金に口座開設してまでとは私は思いませんが、信金を利用している方なら意外といいかもしれませんね。

海外債券型投信(為替ヘッジ有り)についての考察 で書きましたが、
個人向け国債定期預金のリターンは、
金利(あらかじめコストを引いたうえで設定された金利)

国内債券型投資信託のリターンは
金利+債券価格の上下による損益-信託報酬等のコスト
となります。
日本の金利はここのところ、国債の10年債利回りで0.5%~2.0%の範囲ぐらいです。社債や地方債はもう少し金利が高めでしょうし、もっと短い期間の国債ならもう少し金利は低めだと思います。
ここから0.5%程度の信託報酬が引かれることを考えると、金利-信託報酬分の期待リターンは0.5~1.0%程度かなと。ネット銀行の定期預金金利ぐらいですかね。ここ1年は金利が下落(債券価格が上昇)しましたので、表に書いたような国内債券ファンドは2%ぐらいのリターン。
中央三井の場合で、2004年+0.7%、2005年+0.2%、2006年-0.3%、2007年+2.1%、2008年+2.9% でした。

個人向け国債や定期預金の方が優さっているのは、債券価格の上下による価格変動がなく、より安定している。数年後にいくらになっているかの予定が立てられる。
ネット銀行のキャンペーン金利が、国内債券型ファンドの「金利-信託報酬」よりも良さそうな場合が有る。

国内債券型投資信託の方が優っているのは、良くも悪くも債券価格の変動部分がリターンに関係する。債券価格変動の予想が当たれば短期で+αの利益がある。はずれれば短期で-αの損失になりますけど。
国内債券型ファンドは2005年~2006年はリターンがあまりよくありませんでしたが、この間日本株は大幅に上昇しました。債券価格の変動は株と逆方向の事が多いので、株や株式投資信託を保有している人には相性が良い。※値動きの大きさは全然違いますけどね。

1%-0.5%=0.5%  3%-0.5%=2.5% 5%-0.5%=4.5% 一定の信託報酬を引かれる事を考えると、今の日本の様に低金利だと魅力が薄め。もう少し金利が高くなれば魅力も増してくると思うんですけどね。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

海外債券型投信(為替ヘッジ有り)についての考察 

個人向け国債定期預金のリターンは、
金利(あらかじめコストを引いたうえで設定された金利)

国内債券型投資信託のリターンは、
金利+債券価格の上下による損益-信託報酬等のコスト 

債券 基本のきでも書きましたが、金利上昇局面では債券価格は下落し、金利下落局面では債券価格は上昇します。

海外債券型投資信託のリターンは
金利+債券価格の上下による損益+為替による損益-信託報酬等のコスト となります。

低金利の日本と比べて金利が高い国が多かったので、国内債券と比べて海外債券は多くの金利を見込めました。今でも日本より金利が高い国が多いですけど、金利を下げた国が多いので差は縮まりました。

債券価格の上下による損益は株の値動きとは反対方向に動く場合が多いので、株式(投信)を保有している場合、相性が良いです。
しかし、為替による損益はここ数年は株の値動きと同じ方向に動く場合が多く、株が下がった時に債券価格の上昇幅以上に為替が大きく下落する事が多いです。結果、株式と海外債券はここのところ同じ方向に動く(正の相関)になる事が多いです。

それでは、為替の影響を受けないで外国債券(投信)に投資する事はできないのか?
為替の影響を受けないように為替ヘッジをしたタイプの投資信託も出ています。
為替ヘッジ[野村證券証券用語解説集]を読んでいただけると分かりますが、為替ヘッジをする場合およそ二国間の通貨の金利差分のコストがかかりますFXでいうならスワップ金利ですね。
日本はここ数年ずっと低金利でしたので、スワップ金利≒外貨の金利
すなわち為替ヘッジにはほぼ外貨の金利分のコストがかかるので、

海外債券型投資信託(為替ヘッジ有り)のリターンは
債券価格の上下による損益-信託報酬等のコスト  となります。※日本が低金利の場合

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

グロソブがモーニングスターファンドオブイヤー2008に選ばれる。 

あまり話題になってませんが、モーニングスター ファンドオブザイヤー2008が発表になっています。

最優秀賞
国内株式型部門 ダイワ 好配当日本株投信 (季節点描)
国際株式型部門 DIAM 世界好配当株オープン(毎月決算コース)  『愛称:世界配当倶楽部』
国内債券型・国際債券型部門 グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)
国内ハイブリッド型・国際ハイブリッド型部門 野村 世界6資産分散投信(分配コース)

債券型では、インデックス投資家さんを中心にアンチも多い?グロソブが選ばれていますね。ちなみに私は少しだけ保有していて、好きでも嫌いでもありません。

グロソブの選定ポイントはこちら
◇類似ファンド平均を上回るパフォーマンス
2008年のトータルリターンは▲14.62%となり、ベンチマークに対しては、4.35%下回ったものの、類似ファンド平均を4.50%上回った。過去1年間の円高により、為替要因はマイナスに寄与したものの、デュレーションの長期化、日本債券の買い増しを行ったことで類似ファンド平均を上回った。過去3年、5年のトータルリターン(年率)も類似ファンド平均をそれぞれ1.10%、0.27%上回っており、中長期的にも日本国債を投資対象としている点が円高による下落の抑制に寄与した。

◇高い情報力と実績ある運用会社の助言を生かした運用
◇投資家ニーズに沿った安定分配と充実した運用情報の開示

というわけで、トータルリターンを見てみましょう。
モーニングスターファンド検索で、「国際債券(F)ヘッジなし型」「DC・ラップ口座専用を除く」で検索。271件が該当。コモディティ型もここに分類されるようです。
表示項目を「長期リターン」にして、1年リターンで並び替えして、見てみました。(結果ページにリンク貼ろうと思ったのですが、直リンクできませんでした。)
一部を抜粋

順位 ファンド名 信託報酬 運用会社 1年リターン 2年リターン 3年リターン 5年リターン
1位
MHAM ボンド・インカム・オープン 
0.26% みずほ -0.36% 0.15% 0.26% 0.09%
5位 シュローダー 月果美人 『愛称 : 月果美人』  2.02% シュローダー -4.62% -0.87% 0.65% 2.23%
10位
三菱UFJ USボンド(毎月分配型) 『愛称 : 夢満債(米ドルコース)』 
1.10% 三菱UFJ -9.26% -6.56% -2.67% 1.04%
29位
しんきん 海外ソブリン債(欧米) 
1.00% しんきん -16.04% -8.32% -3.33% 1.01%
34位
グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型) 
1.31% 国際 -17.85% -9.47% -4.27% 0.60%
52位
PRU 海外債券マーケット・パフォーマー 
0.68% プルデンシャル -20.15% -10.27% -4.43% 0.85%
60位
STAM グローバル債券インデックス 
0.67% 住信 -20.45% - - -
61位
中央三井 外国債券インデックスファンド 
0.73% 中央三井 -20.46% -10.44% -4.47% 0.74%
147位
ドイチェ・ヨーロッパインカムオープン 
1.26% ドイチェ -26.41% -13.62% -6.53% -0.60%
208位
みずほ豪ドル債券ファンド 『愛称 : コアラの森』 
1.31% みずほ -30.83% -15.71% -8.28% -1.47%
241位
海外投資適格社債ファンド 『愛称 : IGファンド』 
1.31% 新光 -35.13% -22.38% -13.20% -5.21%
271位
ニュージェネレーション世界環境ファンド 『愛称 : 水と太陽』 
1.10% ユナイテッド -59.71% - - -


グロソブ(毎月決算型)は271本中34位でした。32位・33位がグロソブの(1年決算型)と(3ヵ月決算型)です。1位から4位は分類間違いと思われるヘッジ有り型のファンドが占め。その後は、ヨーロッパやオセアニア通貨に比較して下落率が低かった米ドルを主な投資対象にしているファンドが上位を占めています。

当たり前ですが、一番リターンに影響を与えていると見えるのが、投資対象ですね。特に通貨の変動の影響が大きかったと思われます。ここ1年のリターンはグロソブが信託報酬が低いPRU海外債券マーケットやSTAMグローバル債券を上回っています。これは、PRUやSTAMが外国債券のみを投資対象としているのに対して、グロソブは日本債券も組み込んでいるというのが大きいでしょう。日本債券が組み込まれていてその割合を裁量で有る程度変化させるというのは、好みでしょうね。日本債券はいらない・日本債券との投資割合は自分で決めたいという人もいるでしょうし、状況に応じて有る程度リスクを減らしてくれるのは(リターンも減ってしまう可能性はありますが)有り難いと考える人もいるでしょうし。

海外の社債に投資するIGファンドはここ1年のリターンは-35.13%と大幅な下落、3年リターンでも-13.2%と大きな下落ですが、5年リターンだと+5.21%と、他よりも高いリターンとなっています。国債などと比べて景気回復期の上昇率が大きく、景気後退期の下落率が大きいという特徴が出ています。

リターンだけでいうなら、29位のしんきん海外ソブリン債が各期間全てでグロソブを上回っています。
こちらのファンドではなくグロソブが最優秀賞に選ばれたのは、
◇高い情報力と実績ある運用会社の助言を生かした運用
◇投資家ニーズに沿った安定分配と充実した運用情報の開示
に加えて、しんきん海外ソブリン債がしんきんでのみ取扱いなのに対して、グロソブは多くの金融機関で取り扱っているという点もあると思います。

◇高い情報力という事に関しては、私はグロソブの運用レポートはわりかし好きでよく読んでますが、他の投信のレポートと比べて良くまとまっていて分かりやすいです。
◇投資家ニーズに沿った安定分配と充実した運用情報の開示については、みきぱぱさん教えていただいた日経ヴェリタスの広告?記事 残高5兆円超 特集・巨艦グロソブ 解体新書に詳しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

日経平均のPERが36倍越え 

第3四半期決算発表のシーズン真っ只中ですが、発表が進むにつれて日経平均やTOPIXのPERは急上昇してますね。
日経平均のPERは2/6で、36.05倍。東証1部連結PERは2/6で、32.28倍。まで上昇しています。

PER=株価/一株利益
ですので、(1)株価が上がるか、(2)一株利益が下がれば、PERは上昇します
(※厳密に言うと、株価の増減率>一株利益の増減率 の時PERは上昇します)

1980年代後半のバブルや、2000年頃のITバブルの時は、利益の上昇を圧倒的に上回るペースで株価が上がったので、PERも高騰しました。
過去の日経平均のPERの推移を知りたいなとネットでいろいろ調べてみましたが、
S&P500と日経225の超長期PERの推移から見えてくること [株式十八番!]が私が見たなかでは一番長期的なグラフでした。
これを見ると、1980年代後半や2000年頃のバブルの時にPERが高騰していますが。
1998年や2002年など不景気だった時もPERが高騰しています。記事でも書かれていますが不景気だと急激に業績が悪化するからですね。
トヨタや東芝など赤字となる業績の見通しを出してきましたが。もし仮に株価が業績に完全に連動して一株利益とPERだけで決まるのだったら、株価は(マイナスはありえないので)ゼロになります。しかし実際は、トヨタや東芝の価値はゼロではないので、株価はゼロとはなっていません。赤字の企業でも上場廃止にならなれければ株価がついているので、日経平均など指数のPERは上昇します。
<追記>東証1部上場企業の23.2%、292社が今期赤字見通しとのこと。

バブルによりPERが高騰した時は、その後バブル崩壊しPERと共に株価が一気に下落します。
しかし、不景気で業績悪化によりPERが高騰した後は、景気回復・業績回復によりPERは下落し、株価は下がるとは限りません。1998年や2002年の後は株価は上昇しました。
※おそらく今回の金融危機による景気後退は、「終わってみれば絶好の株の買い場だった」となるでしょうが、どこが絶好の買い場だったのかは終わってみないと正確には分かりません。今かもしれませんし、1年後・2年後あるいはもっと先かもしれません。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

水瀬ケンイチさんとスノーボード 

[梅屋敷商店街のランダムウォーカー]の水瀬ケンイチさんと、お会いしてきました。

相互リンクしているブロガーの方などが、ブロガー同士個人投資家同士会ったりしている記事を読むと楽しそうなので、北海道のいなかに住んでる私はちょっと羨ましく思ってました。

水瀬さんがルスツに来ているって事だったので、強引に?ルスツまで押し掛けて一緒にスノーボードしてきました

天気も雪質も良かったですし、水瀬さんと水瀬さんの奥さんとで、楽しいひとときを過ごせました。

水瀬さんは、私にも奥さんにも気を利かせる、気さくなジェントルマンでしたよ。

楽しかったですし、いろいろお話して刺激をもらいました!思い切って声をかけて、正解でした。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

第3四半期決算 発表時間まで調べる事ができるサイト 

第3四半期決算の発表が本格化してきました。今回は、予想以上に?予想通り?厳しい決算となっています。

決算発表の時期にいつも書いてるのですが、特定の企業の決算発表日時を知りたい場合は、
決算発表予定日時一覧 [OPTICASTマーケットクリップ] で見る事ができます。
決算の予定日時を知りたい企業の銘柄名orコードを入力して検索すると、決算発表の日時と時間帯が見られます。コードで検索した方が確実。
以前は日付ごとの検索もできたのですが、無料版では現在できなくなりました。

その日どんな企業が何時に決算発表する予定か知りたい場合は、FISCOの決算発表予定一覧が便利だと思います。こちらのページは[クローズアップ株式]の記事を見て、知りました。

発表された決算情報は、適時開示情報閲覧サービスで見る事ができます。

決算短信はその企業のIRページにもUPされる事が多いですが、適時開示情報閲覧サービスへの方がUPが早いです。
NIKKEI NETでも開示情報を見る事ができます。急がない時はこちらの方が探しやすいと思います。

前々回の決算(2008/7/7以降に発表分)から、XBRL対応になっています(まだ全ての企業が対応しているわけではないようです)。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。
アクセス解析アクセスランキング