出来高が多い銘柄ほど日経平均の影響を受けやすい? 

流動性の大きい銘柄ほど、日経平均の影響を受けやすい? の続きです。
↑上記の記事では、流動性とベータとの関係を検証しました。

流動性:(売買高の25日移動平均値÷売買単位で算出した値)

ベータ:日経平均の値動きと個別銘柄の値動きとの感応度合を表した指標。 日経平均が「1」動くときに、当該銘柄がどれだけ動くかを示し、1に近いほど日経平均と同じ様な動き方をする

データとして「出来高」ではなく「流動性」を使ったのは、
(1)「流動性」の方が、データを拾ってきやすかったから。
(2)個人的に、売買単位が1株の銘柄でも1000の銘柄でも同じ様に一株は一株として数える「出来高」よりも、「流動性」を見た方が良いかなと思ったから。
の2つの理由からでした。

データを加工して、「出来高」のデータを得ることができましたので、
今回は、出来高とベータとの関係を検証してみたいと思います。

出来高:1日の売買株数 25日移動平均値を使用

優先市場が東証1部の銘柄1632を「出来高」順で並べ、おおよそ銘柄数が200程度になるように区分けしました。分け方の兼ね合いで少なくなってしまったところもあります。
ベータ平均は、ベータの値の単純平均です。0.7と1.1なら0.9、0.5と1.3でも0.9。
ベータ乖離平均は、ベータの値が1からどれだけ離れているかの平均です。0.7と1.1なら0.2、0.5と1.3なら0.4というように。
ベータが1に近い すなわちベータ乖離平均が低い方が日経平均やTOPIXと同じ様な動きをする傾向が強いということです。

出来高 ベータ平均  ベータ乖離平均  銘柄数  主な銘柄 
0~1万 0.37  0.64  211 吉野家・はるやま商事 
1万~2万 0.42  0.58  127  永谷園・KDDI
2万~5万  0.44 0.56 209  トマト銀行・ライトオン
5万~10万  0.55  0.45  192 ファンケル・丸三証券 
10万~20万  0.59 

0.43 

211  ヤフー・良品計画
20万~50万  0.64  0.39 

243

ニトリ・JFE・ライオン
50万~100万 0.79  0.32 

146 

ファミリーマート・マキタ
100万~1000万  0.99  0.29  255  ソニー・カシオ・日本航空
1000万~  1.08 0.27 

38

丸紅・日産自動車・東芝
 全体 0.62 0.45 1632  

出来高が増えるほど、ベータ平均は上昇、ベータ乖離平均は小さくなっています。予想以上にきれいな結果になりました。
株価(投資金額)とベータの関係」よりも強い相関、「流動性とベータの関係」とは同程度かなと思います。

まとめ
「出来高」が増えるほど、日々の値動きが日経平均(おそらくTOPIXとも)と同じ様に動く可能性が高くなるという傾向が確かにあるようです。

<つづく>
次回の記事は世界の株価指数と為替。次々回にでも、「株価」と「出来高」と「流動性」と「ベータ」の相関係数を計算して記事にしたいと思います。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

株価が大きい銘柄ほど日経平均の影響を受けやすい? 

前回の記事、流動性の大きい銘柄ほど、日経平均の影響を受けやすい? の続きです。
前回の記事で、「20万株以上の銘柄を除外するのは「東証一部であっても日経平均株価やTOPIXの影響を受けず独自の動きをする可能性がある」から≪そのリスクを避ける≫ため】ではないでしょうか?出来高が多いということは株価が安い銘柄が多い。株価が安いということは個人投資家なども手軽に手を出しやすく、何か材料が出ると一方的になるマネーゲームの材料になりやすい。 こんな説明ができそうなのですが・・・ 」とのコメントをいただきました。

言われてみたらたしかに、株価が安い銘柄の方がマネーゲームの材料などになって、「株価(投資金額)が安い銘柄」の方が、「株価(投資金額)が高い銘柄」よりも日経平均やTOPIXと異なった動きをする可能性が有るように思えてきます。

というわけで、今回は株を買うのに必要な投資金額(株価×単元数)とベータとの関係を調べてみました。

前回使ったのマネックス証券のスクリーニング結果を再び使用しました。優先市場が東証1部の銘柄1632を「投資金額」順で並べ、おおよそ銘柄数が200程度になるように区分けしました。分け方の兼ね合いで少なくなってしまったところもあります。
ベータ平均は、ベータの値の単純平均です。0.7と1.1なら0.9、0.5と1.3でも0.9。
ベータ乖離平均は、ベータの値が1からどれだけ離れているかの平均です。0.7と1.1なら0.2、0.5と1.3なら0.4というように。
ベータが1に近い すなわちベータ乖離平均が低い方が日経平均やTOPIXと同じ様な動きをする傾向が強いということです。

投資金額 ベータ平均  ベータ乖離平均  銘柄数 主な銘柄 
0~5万円 0.58 0.48 171 みずほFG・武富士・ゼクス
5万~10万円 0.57 0.46 291 カシオ・日産自動車・ゲオ
10万~15万円 0.57 0.46 238 三井物産・ヤマハ・ジェイコム
15万~20万円 0.62 0.43 191 アサヒビール・カゴメ・コナミ
20万~30万円 0.63 0.44 248 ソニー・花王・ソフトバンク
30万~40万円 0.63 0.44 161 キヤノン・武田薬品・川崎汽船
40万~50万円 0.75 0.38 99 トヨタ自動車・東芝・ライオン
50万~100万円 0.69 0.40 180 新日本石油・TDK・アシックス
100万円~ 0.82 0.35 53 シャープ・ニコン・東洋水産
 全体 0.62 0.44  1632

結果を見ると、ベータ平均の方はあまり法則性が見られませんが。投資価格が高い方が投資価格が低い場合よりも、ベータ乖離平均が小さくなるという傾向が見られます。
前回調べたデータと比べると、「流動性とベータの関係」ほどは相関が強くない感じです。

まとめ
「株価(投資金額)」が大きいほど、日々の値動きが日経平均(おそらくTOPIXとも)と同じ様に動く可能性が高くなるという傾向があるようです。
この傾向は知っておいても損はないんじゃないかと思います。ただしすごい大きな影響といった感じではないので、気にし過ぎない程度に。

<つづく>

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

流動性の大きい銘柄ほど日経平均の影響を受けやすい? 

株・投信質問掲示板でいただいたコメントに、ちょっと興味深い事が書いてありました。

一部抜粋して引用

最近、読んだ本に「東証一部の銘柄を出来高5万~20万株に限定すると120~200銘柄まで絞り込める」とあったので。

5万株以下の銘柄を除外するのは「流動性リスク」のためで20万株以上の銘柄を除外するのは「東証一部であっても日経平均株価やTOPIXの影響を受けず独自の動きをする可能性がある」からだそうです。

ということは、「出来高が大きい銘柄は日経平均やTOPIXの影響を受けやすく、出来高が小さい銘柄なら影響を受けにくいの?」
実際のところはどうなのか、検証してみました。

全銘柄の値動きを日経平均やTOPIXと一つ一つ比べて調べてみるのが一番なんでしょうが。それはさすがに面倒すぎるので、証券会社のスクリーニング機能を活用しました。

出来高で検索できるスクリーニングはありませんでしたが、マネックス証券・松井証券・野村證券(いずれもQuick社のスクリーニング)などでは、「流動性」という項目があります。

流動性:売買高の25日移動平均値÷売買単位で算出した値です。
数値が大きいほど流動性が高く、数値が小さいほど流動性が低くなります。 

※上記はあくまでスクリーニング項目としての「流動性」の説明です。

売買単位が1で10万円のA株が5単位(50万円分)売買されると、出来高は5。売買単位が1000で100円のB株が5単位(50万円分)売買されると、出来高は5000となります。「流動性」の指標ならば、A株もB株も5となります。
もちろん上の例の様に「1売買単位の値段」が一緒という事はまずなく、銘柄によって結構違いますが。「一株の値段」の差ほどの違いにはなりません。なので個人的にはむしろ、「出来高」よりも「流動性」の方を見た方が良いんじゃないかと考えます。

またスクリーニングには、「ベータ」という項目があります。

対日経平均ベータ値(180日) :過去180日間の取引日において、日経平均の値動きと個別銘柄の値動きとの感応度合を表した指標です。 日経平均が「1」動くときに、当該銘柄がどれだけ動くかを示します。 

ベータに関する説明は、株価・ベータ値一覧というサイトがおすすめです。
特に このページのグラフのイメージが分かりやすいと思います。
日々の値動きが日経平均と近い動きをするもの(極端な例なら日経平均ETF)のベータ値は1に近くなります。
日経平均と真逆の値動きをするものなら、ベータ値は-1。

調べた結果が下の表です。今回はマネックス証券のスクリーニングを使用し、優先市場が東証1部の銘柄1632を「流動性」順で並べ、おおよそ銘柄数が150程度になるように区分けしました。分け方の兼ね合いで少なくなってしまったところもあります。
仮に1000株単位の銘柄の場合、「流動性」が10で1万株、100で10万株、1000で100万株となります。
流動性100株単位の銘柄の場合、「流動性」が10で1000株、100で1万株、1000で10万株となります。

流動性 ベータ平均  ベータ乖離平均  銘柄数 主な銘柄 
0~50 0.36 0.63 161  冨士急行・東リ・東北銀行
50~100 0.42  0.57 180 江崎グリコ・ジーンズメイト 
100~150 0.49 0.51  113  エスエス製薬・ホリプロ・菱食
150~200 0.54  0.47  79 古河電池・近畿日本ツーリスト 
200~300 0.52  0.46  144 不二家・ベスト電器・テレビ東京 
300~500 0.54 0.46  143  ハイデイ日高・サンクス・ツルハ
500~750 0.65 0.38  112 マクロミル・東京ドーム・HIS
750~1000 0.66 0.35  93  リンナイ・出光・スルガ銀行
1000~2000 0.71  0.35  178  サッポロH・日本ハム・ゼビオ
2000~4000 0.74  0.35  151  ゲオ・日本電気硝子・中国電力 
4000~10000 0.90  0.34  138  ハウス食品・JR東海・シャープ 
10000~ 0.98 0.34  140  みずほFG・トヨタ・セブン&アイ
 全体 0.62   1632

<追記 ベータを単純に平均すると、0.9と1.1で1、0.2と1.8でも1になってしまうので、1からどれだけ離れているかの平均(ベータ乖離平均)も算出しました。0.9と1.1なら0.1、0.2と1.8なら0.8というように。ベータ乖離平均の方がより良い指標かなと思います。>

上の結果をみると、「流動性」が上がるほど、ベータ平均は1に近づくという傾向が見てとれます。ベータ乖離平均は小さくなる。ただし、あくまで統計的な「傾向」です。取引が活発な銘柄ほど、日々の値動きが日経平均と同じように動きやすい。逆に取引量が少ない銘柄の方が、日経平均が下った日でもそれほど下らなかったり逆に上がったりする可能性が高い。日経平均が上がった日でもそれほど上がらなかったり、逆に下ったりする可能性もまた高いですが。
ベータ平均で見ると、150~200と200~300の区切りが逆転している他は、全て流動性が高い方が、ベータは1に近づいています。
ベータ乖離平均で見ても、流動性が高い方がベータが1に近づくという傾向が見てとれます。ただし、流動性が500を越えると頭打ち気味です。

まとめ
「流動性」が上がるほど、日々の値動きが日経平均(おそらくTOPIXとも)と同じ様に動く可能性が高くなるという傾向が確かにあるようです。
「東証一部であっても日経平均株価やTOPIXの影響を受けず独自の動きをする可能性がある」という銘柄を探したいのであれば、低過ぎない程度に流動性が低い銘柄を探すというのも一つの方法だと思う。また、「スクリーニング」の項目でベータを使って、1に近いものは除外するという方法でもいいでしょう。
ただし、「東証一部であっても日経平均株価やTOPIXの影響を受けず独自の動きをする可能性がある」=「上がる可能性が高い」とは限りません。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

マネックス証券での海外ETFの買い方 

・8月7日よりマネックスでもようやくVTなどの取扱い開始です。
・前回更新時よりも、マネックス証券とSBI証券での取り扱い銘柄数が増加。楽天証券の手数料が値下げとなったので、表の方更新しました。
・そもそも海外ETFがどんなものかよく分からないという人は→ゼロからわかる!海外ETF入門



マネックス証券で海外ETFの取扱いがスタートしています。

ラインナップは、楽天証券からIGOV(アメリカを除く先進国債券)を除いた形になります。
かえるさんのご協力で作った、海外ETF一覧表を更新しました。「マ」のマークがマネックスで取扱いのある商品です。表の個別のETFに関して詳しくは、楽天証券での海外ETFの買い方をご参照ください。

米国上場のETF

  楽天証券 SBI証券 マネックス証券
  2000年12月以降に口座開設をしていれば、米国株もそのまま取引可能 口座開設後、別に外国株取引開始手続きが必要。  口座開設後、ログイン画面で簡単な手続き。
売買 米ドル建て  米ドル建て 米ドル建て
手数料  1000枚まで26.25$  1000枚まで26.25$ 

25.2$
売却時は+0.1$~ 

為替手数料  片道1$あたり25銭  片道1$あたり25銭 片道1$あたり25銭 
取扱ETF数 69本 60本  68本 
取扱い個別銘柄数 約530本
(うちADR約105本)
約220本
(うちADR約30本)
約45本
購入単位 10株単位  10株以上1株単位  1株単位
売却単位  1株単位  1株単位  1株単位 
注文方法 成行き・指値  指値 成行き・指値・逆指値 
分配金  米ドルでの受け取り 米ドルでの受け取り 米ドルでの受け取り 
MMFからの購入  ○    

マネックス証券は、商品ラインナップが楽天証券とほぼ同じで、手数料がSBI証券よりも少し安いと、良いとこどりです。1株単位で購入できます。海外ETFは手数料が高めなので使わない人が多いかもしれませんが、逆指値を導入してくるあたり、さすがマネックスといったところです。

SBI証券が優れている点は、FXを通して1万ドル単位で有れば為替手数料を安くすませられるところ。

楽天証券が優れている点は、外貨MMFから直接ETFを購入できるところ。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

韓国旅行記 

夏休みに韓国に行ってきました。その旅行記です。

韓国の写真スライドショー(←PDFちょっと重いです)。Adobe Reader 8なら音楽付きになります。よくわからないのですが、Adobe Reader 9やその他のPDFソフトなら音は出ません。写真を早く飛ばしたい時は左クリック、終了は「Esc」キーです。
続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

2009年7月の世界の株価指数と為替 

今日、韓国から戻ってきました。韓国旅行については、また近いうちに書きたいと思います。
いつもより1日遅いですが、2009年7月の世界の株価指数と為替です。
昨年末→6月末→7月末(先月末比)(昨年末比)で見ていきたいと思います。

日本の株価指数を見てみましょう。
日経平均 昨年末8860→6月末9958→7月末10357(+4.0%)(今年+16.9%)
TOPIXは、859.2→929.8→950.3(+2.2%)(今年+10.6%)
2部株価指数は、1939.1→2210.4→2244.9+1.6%)(今年+15.8%)
ジャスダックインデックスは、48.2→48.54→49.44(+1.9%)(今年+2.6%)
マザーズ指数は、323.5→442.1→463.4(+4.8%)(今年+43.3%)
ヘラクレス指数は、495.0→651.1→626.6(-3.8%)(今年+26.6%)
REIT指数は、900.4→973.1→990.7(+1.8%)(今年+10.0%) 

昨年の夏休みは、ベトナムに行っている最中に日経平均は1万円の大台を割ってたのですが。
今年の夏休みは、韓国に言っている最中に日経平均は1万円の大台を回復してたんですね。
7月は全体的には日本の株価指数のほとんどがプラスでしたが、ヘラクレスのみ下落でした。
 

株+3.4% (今年+16.7%)

先物ミニ・OP   0% (今年0%)
取引なし

つづいて為替を見てみましょう。対円 
米ドルは、昨年末90.3→6月末96.3→7月末94.7(-1.7%)(今年+4.4%)
ユーロは、127.0→135.1→135.0(-0.1%)(今年+6.2%) 
英ポンドは、130.1→158.4→158.1(-0.2%)(今年+21.5%)
豪ドルは、62.4→77.7→79.0(+1.7%)(今年+26.6%)
NZドルは、52.1→62.2→62.5(+0.5%)(今年+19.9%) 
カナダドルは、74.1→82.9→87.8(+5.9%)(今年+18.6%)

6月に5%以上下げたカナダドルは下った分以上の回復となりました。他は全体的に小動き。

外貨FX+0.6% (今年+6.6%)
米ドル1000通貨ショートを利確して、現在ノーポジです。

続いて、世界の株価を見てみましょう。 

アメリカ株 はというと、(米ドルベース) 
NYダウが、昨年末8776→6月末8447→7月末9172+8.6%)(今年+4.5%)
SP500は903.3→919.3→987.5(+7.4%)(今年+9.3%)
NASDAQは1577.0→1835.0→1978.5(+7.8%)(今年+25.5%)
7月のアメリカ株の指数は+7.4%~+8.4%と結構な上昇幅となりました。昨年比でずっとマイナスだったNYダウも、ようやくプラスとなりました。

ヨーロッパ株
はいうと、(現地通貨ベース)
ドイツDAXは、4810.2→4808.6→5332.1+10.9%)(今年+10.9%)
イギリスFT100は、4434.2→4249.2→4608.4(+8.5%)(今年+3.9%) 
ヨーロッパ株は、ドイツが+10.9%、イギリスが+8.5%とアメリカ株以上の上昇でした。

Brics
はというと、(現地通貨ベース)
インドSENSEX指数は、9647→14494→15670(+8.1%)(今年+62.4%)
ブラジルは、37550→51465→54766(+6.4%)(今年+45.8%)
ロシアは、631.9→987.0→1017.5+3.1%)(今年+61.0%)
上海総合指数は、1833→2959→3412(+15.3%)(今年+86.2%)
香港H株指数は、7892→10963→12124(+10.6%)(今年+53.6%)
上海が+15.3%だったのをはじめ、BRICsも好調でした。

投資信託(含む海外ETF)+5.4% (今年+29.3%)


7月は世界的に株が上昇しましたが、海外と比べると日本株の上昇幅は小さめでした。

トータル+4.1%(今年+21.4%)

↓4月に書いた投資方針を継続していきます。

投信などの毎月の積立は継続して買いましたが、4月からは少し資金を余しました。

景気が良くなっているとの実感は全く無いのですが、株は上がり始めています。かといって景気は悪いのは確かですが、「世界恐慌」や「100年に一度の不況」といった実感も日常生活ではあまり有りませんでしたけど。

これからまた下ったとして全然おかしくないと思います。
実際をそれを予想する人も多いのでしょう。信用売りの残高が増え、信用倍率が1倍を切っている(信用買いよりも信用売りが多い)銘柄も目立ちます。じゃあ信用売りをすれば簡単に儲かるのか?さあそれはどうか分かりません。人間の恐怖心が一番強いのは、その恐怖の対象がやって来るその瞬間よりも、やって来る直前のどうなるのか想像できない時じゃないかと思いますし。

結局上がるの?下るの?どっちなのって感じの文章になってしまいましたが。
個人的には「まぁどっちでもいいかな。直ぐには上がらなくても何年か後には上がるんじゃない。下ったら下ったらで、安く買えればいいんじゃない。」ってスタンスです。

前にも書きましたように、来月以降も投信などの毎月の積立は継続して買っていきますし、日本株や投信の追記投資も毎月の予算の半分程度は買っていくつもりです。
ただ、下らなければ資金は少し余し気味で翌月以降に持ち越し。今後また下ればその時に多めに買い。下らなければ下らないで、保有している分は上がるからいいかなと。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。
アクセス解析アクセスランキング