2009年10月の世界の株価指数と為替 

2009年10月の世界の株価指数と為替です。
昨年末→9月末→10月末(先月末比)(昨年末比)で見ていきたいと思います。

日本の株価指数を見てみましょう。
日経平均 昨年末8860→9月末10133→10月末10035(-1.0%)(今年+13.3%)
TOPIXは、859.2→909.8→894.7(-1.7%)(今年+4.1%)
2部株価指数は、1939.1→2226.8→2171.8-2.5%)(今年+12.0%)
ジャスダックインデックスは、48.2→49.72→48.59(-2.3%)(今年+0.8%)
マザーズ指数は、323.5→451.6→438.1(-3.0%)(今年+35.4%)
ヘラクレス指数は、495.0→588.9→577.3(-2.0%)(今年+16.6%)
REIT指数は、900.4→987.3→933.7(-5.4%)(今年+3.7%)   

10月の日本の主要な株価指数は揃ってマイナスでした。日経平均は1万円割れをしましたが、最後はギリギリ1万円より上で終わりました。
REIT指数の-5.4%は若干目立つものの、株価指数は大崩れはしませんでした。

株 +1.1% (今年+19.4%)
私の保有銘柄も先月と比べて下った銘柄が多かったですが、
決算が良かった ファーストリテイリング 9月末11360→10月末15120(+33.1%)
が効いて、なんとかプラスでした。

先物ミニ・OP   0% (今年0%)
取引なし

為替を見てみましょう。対円 
米ドルは、昨年末90.3→9月末89.7→10月末90.1(+0.4%)(今年-0.2%)
ユーロは、127.0→131.4→132.5(+0.9%)(今年+4.3%) 
英ポンドは、130.1→143.4→148.0(+3.2%)(今年+13.8%)
豪ドルは、62.4→79.2→80.9(+2.2%)(今年+29.6%)
NZドルは、52.1→64.8→64.5(-0.5%)(今年+23.7%) 
カナダドルは、74.1→83.9→83.0(-1.0%)(今年+12.1%)

米ドルは90円を挟んでの攻防といった感じ。

外貨FX 0% (今年+9.7%)
取引なし


続いて、世界の株価を見てみましょう。 

アメリカ株 はというと、(米ドルベース) 
NYダウが、昨年末8776→9月末9712→10月末9713+0.0%)(今年+10.7%)
SP500は903.3→1057.1→1036.2(-2.0%)(今年+14.7%)
NASDAQは1577.0→2122.4→2045.1(-3.6%)(今年+29.7%)

NYダウは9月末とほぼ同じ数字。今年好調だったNASDAQは-3.6%とやや大きめの下げ幅でした。

ヨーロッパ株
はいうと、(現地通貨ベース)
ドイツDAXは、4810.2→5675.2→5415.0-4.6%)(今年+12.6%)
イギリスFT100は、4434.2→5133.9→5044.6(-1.7%)(今年+13.8%) 

ドイツは-4.6%とやや大きめの下げ幅です。
イギリスは-1.7%でしたが、ポンドが円に対して+3.2%でしたので、円建てで見るとプラスです。

Brics
はというと、(現地通貨ベース)
インドSENSEX指数は、9647→17127→15896(-7.2%)(今年+64.8%)
ブラジルは、37550→61518→61546(+0.0%)(今年+63.9%)
ロシアは、631.9→1254.5→1348.5+7.5%)(今年+113.4%)
上海総合指数は、1833→2779→2996(+7.8%)(今年+63.4%)
香港H株指数は、7892→11858→12769(+7.7%)(今年+61.8%)
今月のBricsはまちまちでした。
インドが-7.2%と比較的大きめのマイナス。ブラジルがほぼプラマイ0。ロシアと中国は7%台のプラスでした。

投資信託(含む海外ETF) +0.2% (今年+34.0%)
保有している投資信託も下ったものが多かったですが、香港H株ETFのプラスなどが効いて、なんとかプラスでした。

トータル+0.6%(今年+25.0%)

今月はポートフォリオの分散具合がうまいこと機能してくれました。

↓4月に書いた投資方針を継続していきます。

投信などの毎月の積立は継続して買いましたが、4月からは少し資金を余しました。

景気が良くなっているとの実感は全く無いのですが、株は上がり始めています。かといって景気は悪いのは確かですが、「世界恐慌」や「100年に一度の不況」といった実感も日常生活ではあまり有りませんでしたけど。

これからまた下ったとして全然おかしくないと思います。
実際をそれを予想する人も多いのでしょう。信用売りの残高が増え、信用倍率が1倍を切っている(信用買いよりも信用売りが多い)銘柄も目立ちます。じゃあ信用売りをすれば簡単に儲かるのか?さあそれはどうか分かりません。人間の恐怖心が一番強いのは、その恐怖の対象がやって来るその瞬間よりも、やって来る直前のどうなるのか想像できない時じゃないかと思いますし。

結局上がるの?下るの?どっちなのって感じの文章になってしまいましたが。
個人的には「まぁどっちでもいいかな。直ぐには上がらなくても何年か後には上がるんじゃない。下ったら下ったらで、安く買えればいいんじゃない。」ってスタンスです。

前にも書きましたように、来月以降も投信などの毎月の積立は継続して買っていきますし、日本株や投信の追記投資も毎月の予算の半分程度は買っていくつもりです。
ただ、下らなければ資金は少し余し気味で翌月以降に持ち越し。今後また下ればその時に多めに買い。下らなければ下らないで、保有している分は上がるからいいかなと。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

オリックス証券がマネックス証券の子会社に。 

オリックス証券が、マネックス証券の完全子会社化されることになったようです。

オリックス証券は新規口座開設を停止。
一方マネックス証券は、完全子会社化を記念して、もれなく5000円がもらえる口座開設キャンペーンを始めました。

関連リンク
マネックス証券株式会社との合併に向けてのQ&A [オリックス証券]

今回はオリックス証券が完全子会社化されますが、オリックス証券はジェット証券、かざか証券、丸八証券を子会社化しています(予定も含む)。ネット証券会社も成長分野をいう事で一時乱立しましたが、ある程度のシェアがないと厳しい状況になってきたんでしょうね。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

2009年度中間決算 発表日時を調べる事ができるサイト 

2009年度の中間決算発表が本格化してきましたね。

決算発表の時期にいつも書いてるのですが、特定の企業の決算発表日時を知りたい場合は、
決算発表予定日時一覧 [OPTICASTマーケットクリップ] で見る事ができます。
決算の予定日時を知りたい企業の銘柄名orコードを入力して検索すると、決算発表の日時と時間帯が見られます。コードで検索した方が確実。

その日どんな企業が何時に決算発表する予定か知りたい場合は、FISCOの決算発表予定一覧が便利だったのですが、今夏でサービス終了してしまいました。
トレイダーズウェブの決算発表スケジュールで、見ることができます。
時間までは書いてない企業も結構あるので、気になる企業の時間が書いてない場合は、マーケットクリップの決算発表予定日時一覧で調べてみるといいと思います。ただし、マーケットクリップの方でも全ての企業の時間が出ているわけではありませんが。

発表された決算情報をいち早く見るには、適時開示情報閲覧サービスで見る事ができます。

決算短信は、日経ネットでも見る事ができます。こちらの方が検索とか使いやすいので見つけやすいと思います。 
また、それぞれの企業のIRページにもUPされる事が多いです。

中間決算の内容を、「会社四季報の予想」や「Quickコンセンサス」などと見比べてみるのもいいんじゃないかと思います。
また、ヤフーファイナンスの決算発表速報も、いろいろな企業の情報をざっと見るには便利です。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

遊んでばかりで。。 

先週・先々週と千葉で仕事だったのですが、東京とかで遊んでばかりで。。
ブログ全然更新できなくて、すみません。

<以下 ただの遊び日記>
続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

クリック証券のメリット 

クリック証券についてです。

メリット その1 手数料がとにかく安い!
クリック証券は手数料の安さを売りに、証券業界に参入してきました。
その安さは他の証券会社と比べてみると分かりやすいんじゃないかと思います。
参考ブログ内リンク  
ワンショット手数料の比較  ・1日定額手数料の比較   ・信用取引手数料の比較  ・先物・OP手数料の比較
とりあえず一度、今お使いの証券会社と手数料を比べてみてください。もちろん条件によっては他社の方が安いケースも有ります。特に高額の取引が多い人や信用取引ではクリック証券が一番安いケースが多いです。
クリック証券は安さが売りの証券会社なので、もし他の大手さらに手数料を下げてくればあわせて下げてくると思われます。なので、ここで取引しとけば手数料の事をそれほど気にする必要がなくなるかなと思います。株だけでなく、先物やOPの手数料も安いです。

メリット その2 発注君
クリック証券の安さの秘密は、株式情報などを必要最低限におさえる事で経費を削減しているからです。
クリック証券には発注君とゆう発注ツールがあります。これは画面上に7・8㎝の大きさで表示される、発注する事だけに特化したツールです。
ようするに、楽天証券のマケスピ等他社のツールを見ながら、これで発注してねって事です。
※現在は発注君以外のツールもできてます。

メリット その3 夜間取引
クリック証券も夜間取引ができます。
SBI証券が中心となっているジャパンネクストPTSです。手数料は、一律315円です。

メリット その5 FX
FXの手数料は一般的に、証券会社よりもFX専業の会社の方が安い傾向が有ります。しかし、クリック証券のFXは、米ドルで手数料無料スプレッド3銭と、業界最安値レベルです。
また、株口座のログイン状態から、そのままFXの取引画面に移行できます。株とFXを同時に取引している人には便利かもしれません。

イーバンクジャパンネット銀行・みずほ銀行・三井住友銀行・東京三菱UFJ銀行・郵便貯金から、無料で即時入金できます。
また、銘柄情報は基本的にQUICKと会社四季報です。

まとめ
手数料の安さで証券会社を決めるならクリック証券が最有候補になると思います。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

信用取引 手数料・金利徹底比較! 

信用取引 ワンショット手数料

~20万  ~30万 ~50万 ~100万 ~200万

200万~

現物 
SBI証券 150 200 200 400 400 400  別
岡三オンライン証券 135 180  180  360  360 360   別
クリック
証券
150 150 150 150 150 150  別
ジョインベスト証券~11/20まで 100

200

200 350 630 300万まで900
500万まで1200
 別
楽天証券 262  262 472 472 472 472  別
オリックス証券 315 315 315 315 315

315

 別
カブドットコム証券 483 483  483  798  987 

1155
500万越え1260 

 別
リテラクレア証券 525  525 525  945  945 945   別
マネックス
証券
(指値)
1050
(1575)
 
1050
(1575)
1050
(1575)
1050
(1575)
0.105%
(0.1575%)
0.105%
(0.1575%)
 同
丸三証券 210 0.105%
~315
0.105%
~525
0.105%
~1050
0.105%
~2100
0.105%
最大5250円
 同
そしあす証券 231 231 231 462 462  300万まで462円
300万ごと+462円 
 同
・証券会社により、現物取引と手数料が同じのところと、別のところがあります。表の一番右の現物の欄が「別」になっているところは、現物取引よりも低い手数料となっています。
・ワンショット手数料では、一律150円のクリック証券が安いです、ただしJASDAQ銘柄は料金加算があります。
・岡三オンライン証券もSBI証券の1割引と安いです。
・リテラクレア証券は、現物と信用それぞれでワンショットか一日定額か選べます。
・ジョインベスト証券は、2009年11月23日より野村ジョイ証券となり、手数料は大幅に上がります。

信用取引 1日定額手数料

~10万 ~20万  ~30万 ~50万 ~100万 ~200万 200万~  現物 
SBI証券

100

250

250

250 500 920 以後100万ごとに
+400
 別
岡三オンライン証券 100  250 250  250  500  900  400万まで900円
以後1000万まで100万ごとに+200 
 別
クリック
証券
100 210  210 210 420  735 以後100万ごとに+315   別
ジョインベスト証券11/20まで 100 250  250 250 500 920 以後100万ごとに
+420
 
 別
松井証券  無料  315  315  525  1050  2100  以後100万ごとに+1050   同
楽天証券 450 450  450 450 900 2100 以後100万ごとに+1050   同
オリックス
証券
315 315  315 315 840 1680 以後100万ごとに
+840
 同
リテラクレア証券 3150 3150  3150  3150  3150  3150  5000万まで3150円
以後5000万ごとに+2625 
 別
マネックス
証券
2625 2625  2625 2625 2625 2625 300万まで2625円
以後300万ごとに+2625
 
 同
丸三証券 252 252 252

0.084%
~420円

0.084%
~840円
0.084%
~1680円
5000万まで0.084%
最大42000円
 同
岩井証券 84 168 252 336
420
504~
840
1680 以後100万ごとに
+840
 同
そしあす
証券
1260 1260 1260 1260 1260 1260 300万まで1260円
以後300万ごとに+1260
 同

現物取引と手数料が「別」の4社は手数料が安いです。ただし併用の場合、現物と信用別々に1日定額手数料がかかります。岡三オンライン証券とクリック証券が特に安いです。 


  制度買  一般買  制度売  一般
売 
最低保証金 委託保証金率  最低保証金維持率  代用掛け目  管理 
SBI
証券
2.80%  3.09%  1.15%   × 30万円  33%  30%  80% 1 
岡三オンライン 2.80%   × 1.15%   ×  30万円  33%   30%  80%  
クリック 2.70%  3.50%  1.15%   ×  30万円  30%  25% 80%  
ジョインベスト 2.70%  2.50%  1.15%   × 30万円  33%  30%  80% 1 
楽天
証券
2.85%  3.09%  1.1%   ×  30万円  30%  20% 80%(名証単独上場銘柄は0%) 1 
オリックス 2.55%  4.4%  1.15%    30万円  33%  30% 80%(整理ポスト、Q-Board、アンビシャスは0%) 1 
カブドットコム 3.07%  3.60%  1.15%  1.5%  30万円   33%  25%   80%
投資信託 前営業日の基準価額の80%(一般型のみ代用可。累投型、MMF、中期国債ファンドは不可)
 
リテラクレア 2.60% 3.90%  1.15%   × 30万円   30%   30%  80%  
マネックス 2.97%  3.47%  1.15%   ×  30万円  30%  25%   80%(マザーズ・ヘラクレス・セントレックスは70%。Q-Board・アンビシャスは50%。管理ポスト・整理ポスト・株価50円未満の銘柄は0%)  
丸三
証券
2.65%   ×  1.15%   ×  30万円  40%  30%  80%(JASDAQ・ヘラクレススタンダードは70%、マザーズ・ヘラクレスグロース・NEO・セントレックスは60%(2階建て規制・50円割れ銘柄規制有り)
国債95% 公社債投信85%
 
松井
証券
3.1%  4.1%  1.15%  2.0%  30万円  31%  30%  80%(管理ポスト・整理ポスト等は規制有り)  
岩井
証券

2.69% 

3.69%  1.15%  1.9%  50万円  33%  30%  80%(複数銘柄必要・2階建て規制有り)  
そしあす 1.72%  2.72%  1.15%   ×  30万円 30%  25%  80%(整理・管理ポスト規制・2階建て規制有り)   
野村
證券 
    1.15%     30万円 40%
(10%は現金)
 30%  80%以下
国債等の債券や、公社債投信等も代用可
 

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

2009年9月の世界の株価指数と為替 

2009年9月の世界の株価指数と為替です。
昨年末→8月末→9月末(先月末比)(昨年末比)で見ていきたいと思います。
海外株高、円高、日本株安 となりました。

今月は為替から見てみましょう。対円 
米ドルは、昨年末90.3→→8月末93.1→9月末89.7(-3.6%)(今年-0.6%)
ユーロは、127.0→133.5→131.4(-1.6%)(今年+3.4%) 
英ポンドは、130.1→151.6→143.4(-5.4%)(今年+10.2%)
豪ドルは、62.4→78.6→79.2(+0.7%)(今年+26.9%)
NZドルは、52.1→63.7→64.8(+1.6%)(今年+24.2%) 
カナダドルは、74.1→85.0→83.9(-1.3%)(今年+13.3%)

米ドルは89.7円と90円割れ、そして昨年末比でもマイナスになってしまいました。また英ポンドの-5.4%の下落も目立ちます。ポンドは先月も4%超えのマイナスでしたので、2ヶ月で1割の下落です。
9月は円が強かったですが、オセアニア通貨はそれ以上に強かったようです。

外貨FX +0.6% (今年+9.7%)
ユーロのショートは132円で利益確定。

日本の株価指数を見てみましょう。
日経平均 昨年末8860→8月末10493→9月末10133(-3.4%)(今年+14.4%)
TOPIXは、859.2→965.7→909.8(-5.8%)(今年+5.9%)
2部株価指数は、1939.1→2325.5→2226.8-4.2%)(今年+14.8%)
ジャスダックインデックスは、48.2→50.49→49.72(-1.5%)(今年+3.2%)
マザーズ指数は、323.5→448.5→451.6(+0.7%)(今年+39.6%)
ヘラクレス指数は、495.0→635.8→588.9(-7.4%)(今年+19.0%)
REIT指数は、900.4→1007.0→987.3(-2.0%)(今年+9.7%)   

円高のだったこともあり、マザーズ指数以外の日本株指数はマイナスでした。特にTOPIXが-5.8%と大きめなマイナスでした。時価総額の大きいメガバンクの下落が響いたようです。
また、9月は中間決算の配当落ち分もあります。日経平均で約58円、TOPIXで6.5pと0.6%程度が配当落ち分[参考 株と先物の勉強会

株 -0.7% (今年+18.1%)
金融株の割合が低いという事もあってか、思ってたほどは下落してませんでした。

先物ミニ・OP   0% (今年0%)
取引なし

続いて、世界の株価を見てみましょう。 

アメリカ株 はというと、(米ドルベース) 
NYダウが、昨年末8776→8月末9496→9月末9712+2.3%)(今年+10.7%)
SP500は903.3→1020.6→1057.1(+3.6%)(今年+17.0%)
NASDAQは1577.0→2009.1→2122.4(+5.6%)(今年+34.6%)

アメリカ株は揃って上昇となりました。ただし米ドルが-3.6%でしたので、
円建てで見ると、NYダウが-1.4%、SP500が-0.1%、NASDAQが+1.1%となります。

ヨーロッパ株
はいうと、(現地通貨ベース)
ドイツDAXは、4810.2→5464.6→5675.2+3.9%)(今年+18.0%)
イギリスFT100は、4434.2→4908.9→5133.9(+4.6%)(今年+15.8%) 
円建てで見ると、ドイツが+2.2%、イギリスが-1.0%となっています。イギリス株の上昇幅が大きいですが、それ以上にポンド安になっています。ポンドが安いからこそイギリス株が上昇したともいえますが。

Brics
はというと、(現地通貨ベース)
インドSENSEX指数は、9647→15667→17127(+9.3%)(今年+77.5%)
ブラジルは、37550→56489→61518(+8.9%)(今年+63.8%)
ロシアは、631.9→1066.5→1254.5+17.6%)(今年+98.5%)
上海総合指数は、1833→2668→2779(+4.2%)(今年+51.6%)
香港H株指数は、7892→11278→11858(+5.1%)(今年+50.3%)
今月はBricsが大変好調でした。特にロシア株の+17.6%が目立ちます。
ただし、円建てで見るともう少し上昇幅は小さくなると思います。

投資信託(含む海外ETF) +1.5% (今年+33.7%)

トータル+0.5%(今年+24.2%)

日本株のマイナス・円高を、海外株(特に新興国株)の上昇でなんとかカバーしたといった感じ。

↓4月に書いた投資方針を継続していきます。

投信などの毎月の積立は継続して買いましたが、4月からは少し資金を余しました。

景気が良くなっているとの実感は全く無いのですが、株は上がり始めています。かといって景気は悪いのは確かですが、「世界恐慌」や「100年に一度の不況」といった実感も日常生活ではあまり有りませんでしたけど。

これからまた下ったとして全然おかしくないと思います。
実際をそれを予想する人も多いのでしょう。信用売りの残高が増え、信用倍率が1倍を切っている(信用買いよりも信用売りが多い)銘柄も目立ちます。じゃあ信用売りをすれば簡単に儲かるのか?さあそれはどうか分かりません。人間の恐怖心が一番強いのは、その恐怖の対象がやって来るその瞬間よりも、やって来る直前のどうなるのか想像できない時じゃないかと思いますし。

結局上がるの?下るの?どっちなのって感じの文章になってしまいましたが。
個人的には「まぁどっちでもいいかな。直ぐには上がらなくても何年か後には上がるんじゃない。下ったら下ったらで、安く買えればいいんじゃない。」ってスタンスです。

前にも書きましたように、来月以降も投信などの毎月の積立は継続して買っていきますし、日本株や投信の追記投資も毎月の予算の半分程度は買っていくつもりです。
ただ、下らなければ資金は少し余し気味で翌月以降に持ち越し。今後また下ればその時に多めに買い。下らなければ下らないで、保有している分は上がるからいいかなと。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。
アクセス解析アクセスランキング