スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

2010年1月の世界の株価指数と為替 

ごぶさたしてました。昨日の夜、旅行からぶじ帰ってきました。旅行記は後日書きたいと思います。

それでは、2010年1月の世界の株価指数と為替です。

2009年末→1月末(先月末比)(昨年末比)で見ていきたいと思います。今年から米ドル建て商品価格も参考値としてみていきたいと思います。海外ETFのGSGの値を参考にしています。

まずは為替を見てみましょう。対円 
米ドルは、昨年末92.4→1月末90.3(-2.3%)(今年-2.3%)
ユーロは、132.5→125.2(-5.5%)(今年-5.5%) 
英ポンドは、148.5→144.3(-2.8%)(今年-2.8%)
豪ドルは、82.6→79.9(-3.3%)(今年-3.3%)
NZドルは、66.7→63.3(-5.1%)(今年-5.1%) 
カナダドルは、87.6→84.4(-3.7%)(今年-3.7%)
GSG(米ドル建て商品価格ETF) 31.82→29.24(-8.1%)(今年-8.1%)

商品価格の下げが目立ちます。
1月は円が強かったです。他の主要国通貨は、円に対して揃ってマイナスでした。
特にユーロの-5.5%が目立ちます。どうせ下がるなら、あと2週間ぐらい早く下がってくれたら、個人的に嬉しかったんですけど。
米ドルは円に対してこそはマイナスでしたが、他の主要国通貨と比べると弱くはありませんでした。

外貨FX 0% (今年0%)
1月は取引なしでした。



つづいて日本の株価指数を見てみましょう。
日経平均 昨年末10546→1月末10198(-2.5%)(今年-2.5%)
TOPIXは、907.6→901.1(-0.7%)(今年-0.7%)
2部株価指数は、2066.4→2093.9+1.3%)(今年+1.3%)
日経JASDAQ平均は、1176.9→1210.8(+2.9%)(今年+2.9%)
マザーズ指数は、416.2→412.7(-0.9%)(今年-0.9%)
ヘラクレス指数は、558.7→569.9(+2.0%)(今年+2.0%)
REIT指数は、893.2→905.4(+1.4%)(今年+1.4%)   

上げ下げマチマチですが、-2.5%~+2.9%の間に収まっており、「先月と大きくは変わらず」といったところでしょうか。
日経平均が-2.5%とややマイナスが目立ちます。円高の影響でしょうか。1万の大台はキープしました。

株 -3.8% (今年-3.8%)
株価指数と比べて、ちょっと低い成績となりました。新規購入なし
先物ミニ・OP   0% (今年0%)
取引なし

続いて、世界の株価を見てみましょう。 

アメリカ株 はというと、(米ドルベース) 
NYダウが、昨年末10428→1月末10067-3.5%)(今年-3.5%)
SP5001115.1→1073.9(-3.7%)(今年-3.7%)
NASDAQは2269.2→2147.4(-5.4%)(今年-5.4%)

NYダウはギリギリ1万台キープです。
円建てで見ると、米ドルは-2.3%でしたので、
NYダウが-5.7%、SP500が-5.9%、NASDAQが-7.5%でした。

ヨーロッパ株
はいうと、(現地通貨ベース)
ドイツDAXは、5957.4→5608.8-5.9%)(今年-5.9%)
イギリスFT100は、5412.9→5188.5(-4.1%)(今年-4.1%) 

円建てで見ると、
ユーロは-5.5%でしたので、ドイツが-11.0%。
ポンドは-2.8%でしたので、イギリスは-6.8%です。
ユーロ安という事もあってヨーロッパ株の下げも目立ちます。

Brics
はというと、(現地通貨ベース)
インドSENSEX指数は、17465→16358(-6.3%)(今年-6.3%)
ブラジルは、68588→65402(-4.6%)(今年-4.6%)
ロシアは、1444.6→1473.8+2.0%)(今年+2.0%)
上海総合指数は、3277→2989(-8.8%)(今年-8.8%)
香港H株指数は、12794→11498(-10.1%)(今年-10.1%)

昨年絶好調だったBRICsですが、その反動も有ってかロシア以外は大きめなマイナスでした。円建てで見ると、さらにもう少し下っていると思われます。

投資信託(含む海外ETF) -6.1% (今年-6.1%)
今月は、円高&海外株安でしたので、マイナスとなりました。

トータル-4.8% (今年-4.8%)
1月前半は、なんか上がり過ぎな感じがしたので、新規購入はなし。
1月後半は、旅行中だったので新規購入なし。
今月は、投資信託の積立分だけの投資でした。

スポンサーサイト
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

おすすめ株サイト 

明日より冬休みです。一昨年はベトナム昨年は韓国に行きましたが、今年はスペインとイタリアに行ってこようと思います。
旅行中は気が向いたら旅行の話とか更新するかもしれないですし、しないかもしれないです。良いサイト揃いの相互リンク先でお楽しみを!


前回の更新の時より新たに相互リンクに、[吊られた男の投資ブログ]、[やさしい株のはじめ方]、[財務分析に基づく長期株式投資運用]、[となれけファンド]、[Incomelog]が加わりました。(※更新が1ヶ月以上止まっていなく、TOPページからリンクをいただいているサイト。)

前回の更新から5ヶ月しか経ってない事、現在基本的に相互リンクは相互リンク集のみの募集とさせていただいている事、ブログの方をさぼりがちな事、も有り今までと比べて少なめです。そんな中、新たに相互リンクしていただいたサイトの皆様どうもありがとうございます。

ここのところ時間の都合で、なかなか相互リンク先のブログをチェックしきれなかったり、コメントとかできてないのが、ちょっと残念なのですが。高レベルな記事をコンスタンに書き続けていらっしゃるブログなどを読むと、自分ができてないだけに、改めてすごいな~と感じます。

昨年(2009年)は、相互リンク先の方々とお会いしてのリアルでの交流も持てた点は良かったです。いなかに住んでるという事も有って、今までは他の投資家の方々と会ったりした事なかったので。

2月には、[梅屋敷商店街のランダムウォーカー]の水瀬さんが北海道にお越しの際に、ルスツまで押しかけて行って?水瀬さんと(奥さんとも)一緒にスノーボードしました

6月には、仙台に行った際には[自給自足を目指して投資っ子。]の田舎のKenさんにお会いしました。投資の話から旅行の話とかまで盛り上がり、あやうく最終バスに乗り遅れそうに。

9月には、関東出張の際にインデックス投資家交流会に参加してきました。  [小金持ち父さんの資産設計塾(?)]のモンチさん、[吊られた男の投資ブログ]の吊られた男さん、[ファンドの海]のイーノ・ジュンイチさん、をはじめインデックス投資家の皆さんとお会いする事ができました。吊られた男さんとか、よくしゃべられて面白い方でしたよ。

また機会が有れば、個人投資家の皆さまとお会いしたいなと思います。


ずっとお世話になっているサイト

株式十八番(相互リンク)
株に関する事を丁寧に詳しく書いているブログです。特に決算分析の記事など、ファンダメンタル重視で投資をしている人は必見のブログだと思います。私と同世代なのですが、読んでいて関心する記事が多いです。

かえるの気長な生活日記(相互リンク)
株式投資の話題中心に、日々の事も。
特に、指標などの説明が、ダラダラ長くなく、コンパクトにまとまっていて、読みやすいと思います。

投資を楽しむ♪(相互リンク)
会計事務所にお勤めのまろさんのブログです。<追記 大学院受験されるそうです。>
有名投資家の考えや昔からの格言なんかと、ご自分の考えを上手にまとめられていて、とても参考になるブログです。
結構ユニークな独自な視点からの見方が書かれているので、読んでいてなるほどな、そういう考え方も有るよなと気づかされます。
「バシェットからの手紙」の翻訳記事も有ります。

梅屋敷商店街のランダムウォーカー(相互リンク)
投資による資産形成で早期リタイアを目論む水瀬ケンイチさんのブログです。
投資・資産形成がテーマで、投資信託に関する記事が多いです。冬はスノーボードの記事も有ります。ボード私も大好きです。
コメントも投資に対する建設的な議論が多くとても勉強になります。
難しめのテーマでも、読みやすくて面白い記事が多いです。
最近は雑誌の取材を受けたりと、インデックスブロガーとして大活躍されています。
ウォール街のランダムウォーカー」は名著だと思いますが、「梅屋敷商店街のランダムウォーカー」も名ブログですよ。

我が子の為に株式投資・投資信託(相互リンク)
投資暦5年のゆうちゃんパパさんが、過去の投資の事とか今お思いの事とかを書かれているブログです。
過去の投資については、上手くいった事も、上手くいなかった事も書いてあり、どちらも参考になりました。
コメントのやりとりなんかも含めて、ゆうちゃんパパさんの人柄の良さがでているブログです。
もともと良いブログですが、最近さらに人気上昇中です。
また私のブログのでも掲示板でフォローレスいただいたり、コメントで為になる事たくさん教えていただき、いつもお世話になっています。最近はお仕事が忙しいようで、更新が少なめです。

NightWalker's Investment Blog(相互リンク)
投資信託などの金融商品の話しや、資産運用の話など。
数字を使った比較記事が分かりやすい!私が好きなブログの1つ。

株の勉強会(相互リンク)new
毎日、精力的に更新されてます。よく毎日こんなに内容の濃い記事を書けるなと関心してます。
私は仕事でザラ場を見れないことが多いですが、このブログを読むと1日がどんな流れだったのかが良くわかります。
知識も豊富ですので、勉強になる事も多いです。おすすめです!

自給自足を目指して投資っ子。(相互リンク)
仙台在住のインデックス投資家(現在は、日本株は個別株で運用中) 田舎のKenさんのブログです。仙台が田舎なら、私が住んでるところは… 
連作のシリーズ記事など読み応えのある記事が多いです。経済に関係するニュースも取り上げられていますが、チョイスが良いです。

小金持ち父さんの資産設計塾(?)(相互リンク)
投資信託を中心に投資全般、経済、金融商品の話など、良記事を高頻度で書かれている、高アベレージなブログです。

rennyの備忘録(相互リンク)
投信など、資産形成の話しとコラムなど。
考え方がとてもしっかりしてらっしゃる&独立系ファンドなどに対する情報が詳しく、とても参考になります。

クローズアップ株式(相互リンク)
兜達也 (旧名ジョニー)さんによるニュース系ブログです。
株の値動きに関係するニュースや、証券会社のニュースが毎日更新されます。用語解説もあります。
株をやられている人にとっては興味の有るニュースが多いと思います。
また、たまに記事等でご紹介されるサイトは、ほんと良サイトばかりで参考になります。

ビヨビヨの挑戦!愛と欲望の 株日記(相互リンク)
かわいくて、味のあるイラストがいっぱいのブログです。絵の事を言葉で説明するのはむずかしいので、とにかく一度見てみて!とりこになること間違いなし。プロフィール画像も作ってもらいました。

おやじダンサーのひとりごと(相互リンク)
セミナーのレポートなども良くUPされています。地方在住でそういったセミナーにはなかなか出席できない身としては、こういった記事はありがたいです。

楽(趣味)あれば苦(投資)あり(相互リンク)
このブログへもよくコメントいただく、みきぱぱさんのブログです。投資の話題だけでなく、趣味や出身地の沼津の話も。早く(投資)が苦じゃなくるといいですね。

The Intelligent Investor(相互リンク)
サブタイトルは「アンチ・バフェットなバリュー投資家を目指しています。」とちょっと刺激的ですが、共感を持つ記事も多いです。株を始められたのも2005年からとの事で、私とほぼ同時期です。

レバレッジ投資実践日記(相互リンク)
投資の話を中心に話題が豊富です。

Vmaxの投資のブログ (相互リンク)
投資暦が長いこともあり、達観されている感じです。1歩引いたような目線からの冷静な記事は参考になります。

大学生の株日記(相互リンク)
大学生のあつさんが、おもしろおかしくまじめに、株の事について書いてます。
特に掲示板で、株に関する質問に対して非常に丁寧にひとつひとつ答えているのが好感がもてます。株を始めよう(株の初心者の方に)や株式コンテンツといったコンテンツも、ただ単にどっかからコピペしたのを貼り付けただけではなく、実経験も交えて自分の言葉で書かれているので、面白いし役立ちます。自分も株を始める前に読んで参考にさせていただきました。

大学生の株日記-blog-
上記の[大学生の株日記]のあつさんのブログです。
株を中心にその日その日の事を書いてます。まさに株日記です。大学生の株日記の本サイトを読んでからこのブログを読むとより親近感を持てるというか楽しめると思います。

カウンターゲーム(相互リンク)
証券会社へ手紙を出されたり、アンケートを取りまとめられたり、日経のメディアに出られたり、と実行力のある人気ブログですので、ご存知の方がも多いでしょう。
相互リンクしてくださっている事に、この記事書いてて気付きました。こちらからお願いしたいなと思ってました。

株ではじめる資産運用(相互リンク)
読みやすい文章で、これから株・投資を始めようという人にも分かりやすいと思います。
文章担当のヒデさんは、ブログ[ヒデの株で資産運用日記]も書かれています。更新頻度少なめですが、内容が良いです。
イラスト担当のみはるんさんの[株初心者みはるん コバンザメ資産運用]は、イラストに味があり楽しいブログです。こちらもおすすめ。
さらにはお二人で、マンガ[株マン]を連載。がんばりすぎです!

株式投資で失敗しないためのブログ(相互リンク)
いろいろな株用語について簡潔にまとめられています。特に初心者の方など「株っていろいろな知らない言葉が出てくるけど、よー分からん」って人にはうってつけです。

矢向町のインデックス投資家(相互リンク)
インデックス投資の事だけでなく、経済の話や仕事の事など内容充実。

新興市場の株式投資(相互リンク)
あらためて読んでみて、あまり知らなかった新興企業のそれぞれの状況などがよくまとまっていて、良いサイトだなと思いました。

考える株式投資
こちらは相互リンクではないのですが、見えるXBRLがすごいのでご紹介。進化の途中ですが、XBRLの可能性を感じさせるサイト。

ウォーレン・バフェット ウォッチ(相互リンク)
昨秋は更新お休み中だった[戦略的ハイテク株投資]ですが、[ウォーレン・バフェットウォッチ]として復活されました。アメリカにお住まいのAlphaさんが、バフェットからの手紙の日本語訳やバフェット氏がらみの記事がとりあげられています。
また[Alpha's Market Eye]では、アメリカの日々の相場について書かれています。アメリカのマスコミがどういう反応をしているかを知る事ができとても参考になります。好きなブログの一つです。

素人投資家の挑戦(相互リンク)
05年9月1日にサイトを開いたそうですが、とてもそんな風には見えない非常に内容が充実したサイトです。管理人のmasaさんは投資暦10年で、株で生活費を稼いでいらっしゃるようです、すごいです。しかもはやりのデイトレではなく、東証1部中心の中期投資です。
ご自分の10年の経験を含めた投資方法の内容は非常に充実しているので、非常に勉強になります。
また平日は毎日、[株日記]を更新しています。その日の相場の動きについてコメントを書かれていらっしゃってとても参考になります。私は毎日チェックしてます。

☆プッチの株日記☆(相互リンク)
プッチさんの株日記ブログです。
ただその日あった事を書くだけでなく、株価の動きや自分の売買、ニュースで見た経済ネタに対して、自分なりの考察を書いているのが良いです
ニュースはテレ東のWBSネタが多いですが、ただニュースをボ~っと見るのと、こうやって考えながら見るのとでは大違いだと思います。

カブシキ!(相互リンク)
株の事、仕事の事、お笑いの事、見た映画や読んだ本の事、などか書かれているブログです。お医者さんなんですが、医師の立場から書かれた医療問題に関する記事は、大変興味深いです。
相互リンクでなくても紹介しようと思って記事を書いていたのですが、リンクしていただいてました。今気付きました。すんません。

医師による医師・小金持ちのための資産運用・活用法(相互リンク)
上の[カブシキ!]につづく、お医者さんブログとの相互リンクです。3人で共同執筆ってのがユニークですし、その分更新頻度も高いです。
株だけでなく、投資全般・飛行機のマイルの話・シティバンクの話・医療の話など、盛りだくさんの内容です。

20歳からの投信による資産形成(相互リンク)
まだ20歳とはとても思えないほど、投資に関する知識が豊富で良く考えてらっしゃる。
投資ブロガーでは私は若い方と思ってたけど、どんどん下がでてくる。そうやって歳をとっていくのか。

30代からの資産形成と資産運用(相互リンク)
投資信託を中心に、管理人のねこすけさんの投資について事細かく書いてらっしゃるブログです。
最初1万円から初めて、どんどん投資の魅力に魅せられていく感じが読んでいて共感する事が多いです。このブログは最初から日付順に読んでいくのをお勧めします。物語みたいでよりいっそう楽しめます。

さいりあのおきらく株式日記(相互リンク)
社会人投資家さいりあさんのブログです。
たまたまネットサーフィン中に見つけたのですが、さいりあさんの投資方法とかで共感する事が多く、自分のブックマーク用としてリンクしています。もちろん今ここのブログを見てくださっている皆さまにも、おすすめのブログです。

日経平均の見通し
元証券マンの方が書かれています。
最初は内容が難しいなと思う事も有りましたが、読むにつけだんだん理解できるようになり、その良さが分かってきました。
株暦1年未満のの私なんかとは、全然違う所から物事を見られているので、考え方が勉強になります。

株主優待life(相互リンク)
ここも株主優待情報が充実したサイトです。管理人はサラリーマンのあらじんさんです。
株主優待の優待利回りを載せているサイトは多いですが、株主配当とを合計したランキングが特徴です。
また、株主優待を上手く利用した投資方法も一度見る価値有りです。

儲かるサイトはここだ。アンケートと株で稼ぐ(相互リンク)
以前から税金に関する記事など、よく調べられていて記事の内容が濃いサイトだと思ってました。
今回相互リンクしていただきました。

中原圭介の資産運用塾(相互リンク)
本とか出されている方なんですが、納得の内容の濃さと文章の読みやすさです。そのまま本になるんじゃないかとゆうブログです。本と違ってリアルタイムでその時の相場を見ながらの記事を読めるのがブログの利点です。しかもこんな濃い内容を無料で読めるんですから、見なきゃ損!

資産運用-消費者に良い投資信託を買おう(相互リンク)
投資信託について数字を使って論理的に書かれている記事が多く、投資信託について勉強したい人にとてもおすすめのブログです。
私も読んでいて関心する、為になる記事が多いです。

サラリーマンの副業 スイング+デイトレ(相互リンク)
投資家にとって気になる記事を、毎日数記事チョイスして掲載されてます。ただコピペするだけでなく、ご自分の考えなども書いてらっしゃいます。
為替の記事も含めて、気になる記事が多いです

地球上で一番分かりやすい株講座(相互リンク)
キャッチフレーズが「年利20%で資産運用する普通のにーちゃんが、株の知識ゼロの超初心者をターゲットに誰でもわかるように株式投資を解説します!株上級者はかったるいと思うので、絶対に来ないでください!!」
そのキャッチフレーズ通り、株初心者にとって為になる記事が多いです。地球上で1番かどうかは、読んでみてください。
株日記は頻繁に更新されてます。

投資信託初心者入門ガイド(相互リンク)
そのブログ名通り、これから投資信託を始めようとする人が読むのにぴったりなブログです。投資信託を始めるにあたり、最低限必要な知識はこのブログを読めばバッチリです。
※自動リンク集の方に登録いただいていたのですが、私の不手際で気付いていませんでした。大変申し訳ないです。

小額投資。com(相互リンク)
会社四季報の見方、四季報やスクリーニングを使った銘柄選びの方法が書かれています。管理人のたかさんは、投資暦20年以上のベテランです。ブログの方では、株の成績、株の事、四季報の事、外貨の事、日常の事なんかが書かれてます。

海外移住を目的とした資産運用(相互リンク)
海外投資(ETFや投資信託)の話題、コラム。
特にMSCI指数に関してはメチャ詳しい。

[チョイワル添乗員資産運用日記 株・FX・投資信託 ]、[投資信託を徹底解説!]、[初心者投資家?の目指せ→脱地方公務員日記 ]、[VISTA 投資 成功のために]、[tanpopoとしの海外投資道]、[優良銘柄のススメ]、[ローソクの気持ち]、[株価の窓]、[株でお小遣いを稼ぐBlog]、[海外移住を目的とした資産運用][イ・ヨンエ様のファンのための株式投資注目銘柄]、[株で儲けるオレノ日記]、[プチ金持ちへの道:株メモ]、[一勝九敗のインデックス投資]、 [海外投資生活]、[投資詐欺会社キングスレーキャピタルを潰せ]、[リッチ&ダンディを目指すパパの子育て、教育、資産運用]、、[お金持ちを目指す!サラリーマンの投資日記]、[株のお小遣い・株をはじめる前に]、[WORLD WIDE ETF ]、[荒谷の超安全・ローリスク株式投資]、[毎日のこと。]、[デイトレード株初心者入門ブログ]、[お金の知恵袋]、[続・投資家心理を読め]、、[for the open society]、[「金持ち父さん」のための読書術!][株闘道場 ~スイング投資の実践~ ]、[株式投資情報レーティングマガジン ]、[小金持ち父さんの資産設計塾(?) ]、[自給自足を目指して投資っ子。]、[カウンターゲーム]、[株ではじめる資産運用]、[株式投資で失敗しないためのブログ][バリュー志向の資産運用]、[矢向町のインデックス投資家]、[ノーリスク ノーリターン]、[はじめるETF]、[大恐慌の今がチャンス!「株式投資の学校」]、[株式投資情報レーティングマガジン]、[新興市場の株式投資]、[くりの初めての株式大作戦(改)♪♪♪]、[トルファンの葡萄]、[5000円から始めるデイトレ日記]、[映画と、CGと、金持ち父さんと]、 

相互リンクではないが、よく見たりするブログ
虎年の獅子座 
いちカイにヤリ 投資立国
ぐっちーさんの金持ちまっしぐら 
地球の裏からまじめな話
ディーラーあがり ひろのデイトレ
カン・チュンドの投資のゴマはこう開け!
ジョン太郎とヴィヴィ子のお金の話
雄牛と熊と欲豚と

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

「はじめての株1年生」 

[やさしい株のはじめ方]のひっきーさんから、その初めての著書「はじめての株1年生」をいただいちゃいました

文章がわかりやすいだけでなく、イラストなども多く、読みやすかったですよ。

私の投資に対するスタンスとひっきーさんの投資スタンスは似ているようで。読んでて「そうそう。知り合いで株をはじめたいという人にアドバイスするとしたら、自分もこれは言っておきたいな」と思うところが、多々ありました。
特に後半の章[なぜ失敗したのでしょう]や[安定した投資を目指すには]がおすすめです。目次

タイトル通り、はじめて株をやる人をターゲットにしている本なので、既にある程度株の勉強をされた方には物足りなく感じてしまうかもしれません。
「株を始めてみようかな」という人、「PERって何?」、「とりあえず株を始めてみたけど全然わかんないや」って人には、最初の1冊としておすすめです。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

積立投信でドルコスト平均法! 

どうしても、忙しい時などは投資を忘れる・もしくはメンドクサくなってしまったりするので。自動積立は自分にとっては無くてはならないものになってます。
ドルコスト平均法~定期的に一定金額を買い続ける投資方法。価格が高い時は少しだけ、価格が安い時に多めに買う形になるので、より多くのリターンを期待できるとされる投資方法。

3万円を使って、1万口当り基準価格が1万円の時に購入すると、30000口の投資信託を買えます。
ここでもし、基準価格が9000円、10000円、11000円と推移したとして、それぞれの時に1万円づつ購入したとすると、

  1月 2月 3月
1万口当り基準価格  9000円 10000円 11000円
買付け口数 11111口 10000口 9091口
11111+10000+9091=30202口

30202口買える計算に計算になるので、1万円の時に3万円一気に使うよりもお得になります。これがよく言われるドルコスト平均法のメリットです。
ただし、当たり前ですが、基準価格9000円の時に3万円一気に使うと33333口も買えるので、これが一番儲かります。ですので、投資信託の値動きの見通しを立てられる方であれば、基準価格が安いと思われる時に買うのが良いと思います。ドルコスト平均法はもともとは予想が難しい為替取引で少しでもリスクを少なくする為に考え出された投資法です。値動きの予想は難しいと考える人にとっては、良い投資法だと思います。またどちらかとゆうと長期投資向きだと思います。

詳しくは、
ドルコスト平均法の考察1 ~一定口数積立との比較 
ドルコスト平均法の考察2~一括全力買いとの比較


投資信託を毎月一定額積み立てていけば、積立預金と同じ感覚でコツコツ貯まっていく。しかもドルコスト平均法でお得になるはず。
各証券会社・銀行の自動積立サービスについて調べてみました。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

外国株ETFと投資信託のリターン比較(ロシア・ブラジル) 

日本以外の先進国22カ国の株式に連動する上場インデックスファンド海外先進国株式(MSCI-KOKUSAI)と、新興諸国22カ国の株式に連動する上場インデックスファンド海外新興国株式(MSCIエマージング)が、東証に上場するようです。KOKUSAIが1月29日。エマージングが2月24日との事。信託報酬はどちらも0.26%。

これは良いニュースですね。

おすすめ関連リンク
複数国の株式市場にまとめて投資できる外国株ETFが初上場(日興アセットマネジメント)



投資信託ブログなどでは、この話題でもちきりです。

ちなみに、2010年1月6日現在、日本に上場の外国株ETFは、以下のものがあります。

コード  ファンド名 連動対象指数 信託報酬 上場先 
1313 サムスンKODEX200上場指数投資信託  韓国 KOSPI200指数  0.35%以内  東証 
1322  上場インデックスファンド中国A株CSI300  中国 CSI300指数  1.05%程度  東証 
1325 (NEXT FUNDS)ブラジル株式指数上場投信  ブラジル ボベスパ指数  0.95%以内  東証 
1678 (NEXT FUNDS)インド株式指数上場投信  インド S&P CNX Nifty指数 0.95%以内  東証 
1679  Simple-X NYダウ・ジョーンズ上場投信  アメリカ NYダウ30 0.57857%程度  東証 
1323  (NEXT FUNDS)南アフリカ株式指数上場投信  南ア FTSE/JSE Africa   0.95%以内  大証 
1324 (NEXT FUNDS)ロシア株式指数上場投信  ロシア RTS指数 0.95%以内  大証

NYダウ以外は新興国のものが多いですね。上場インデックスファンド海外新興国株式が上場されれば、新興国はそれ1本で。という人もおられるでしょうが。自分で国の割合を考えて投資したいという人もいるかもしれません。
そこで、これらのETFは「使える」のか過去の値動きを投資信託と比べてみました。

南アフリカやインド、NYダウなどはできてから日が浅いので、ロシア、ブラジルを見てみました。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

4本値で振り返る 世界の株価指数と為替 

2009年の世界の株価指数と為替を4本値で振り返ってみたいと思います。(4本値だと普通は始値だと思いますけど、前年の終値を使っています。) 2009年だけを見ると、すごく良く見えてしまうのかもしれませんので、2007年の終値も乗せています。

まずは為替。対円

  2007終値  2008終値  2009高値  2009安値  2009終値 
米ドル  111.1 90.3
-18.7%) 
101.4
(+12.3%)4月 
84.8
(-6.1%)11月 
92.4
+2.4%) 
ユーロ  165.4  127.0
-23.2%) 
139.2
(+9.6%)6月 
112.1
(-11.7%)1月 
132.5
+4.3%) 
英ポンド  224.2 130.1
-42.0%) 
163.4
(+25.6%)8月 
118.8
(-8.7%)1月 
148.5
+14.2%) 
豪ドル  98.4 62.4
-36.6%) 
85.3
(+36.7%)10月 
55.5
(-11.1%)2月 
82.6
+32.4%) 
NZドル  87.0 52.1
-40.1%) 
69.7
(+33.8%)10月 
44.2
(-15.2%)2月
66.7
+27.9%) 
カナダドル  114.5 74.1
-35.3%) 
90.3
(+21.9%)8月 
68.4
(-7.7%)1月 
87.6
+18.2%) 
参考
米ドル建て商品ETF(GSG
52.74  28.61
-45.8%

33.72
(+17.9%)10月

21.85
(-23.6%)2月 
31.82
(+11.2%) 

2009年前半は、円高が進みました。しかし米ドル以外の主要国通貨は対円で1月もしくは2月に安値をつけたあと、上昇に転じました。昨年の下落が大きかった豪ドル・NZドルのオセアニア通貨は30%程度の上昇となりました。
米ドルは、11月に84円台と14年ぶりの安値をつけました。その後は有る程度戻し、2008年末よりもプラスで終了しました。

今回から、商品価格と為替や株との値動きの関係も見てみたいと思います。とりあえず米国上場の海外ETFのGSGの米ドル建てでの数字を使いました。
2008年は-45.8%の大幅下落でしたが、2009年も2月までは下落が続きました。その後上昇に転じ、10月に高値をつけ、2009年はプラス11.2%で終了しています。安値が2月、高値が10月というのが、資源国通貨と言われる豪ドルと一緒です。


続いては、外国株です。

  2007終値  2008終値  2009高値  2009安値  2009終値 
NYダウ  13265  8776
-33.8%) 
10547
(+20.2%)12月 
6547
(-25.4%)3月 

10428
+18.8%) 

NASDAQ 2652.3 1577.0
-40.5%) 
2295.8
(+45.6%)12月
1265.5
(-19.8%)3月 
2269.2
+43.7%) 
ドイツDAX  8067.3 4810.2
-40.4%) 
6011.5
(+25.0%)12月 
3666.4
(-23.8%)3月 
5957.4
+23.8%) 
イギリスFT100  6456.9 4434.2
-31.3%) 
5437.6
(+22.6%)12月 
3512.1
(-20.8%)3月 
5412.9
+22.1%) 
インドSENSEX指数  20287 9647
-52.4%) 
17401
(+80.4%)12月 
8160
(-15.4%)3月 
17465
+81.0%) 
ブラジル  63886  37550
-41.2%) 
69349
(+84.7%)12月
36234
(-3.5%)3月 
68588
+82.7%) 
ロシア  2290.0 631.9
-72.4%) 
1488.7
(+165.6%)11月 
498.2
(-21.2%)1月 
1444.6
+128.6%) 
上海A株  5262 1833
-65.2%) 
3644.1
(+98.8%)8月 

1844.1
(+0.6%)1月

3277
+78.8%) 
香港H株指数  16125 7892
-51.1%) 
13863
(+75.7%)11月 
6404
(-18.9%)3月 
12794
+62.1%) 

表の数字は現地通貨建てです。これを見ると、米NYダウ、独DAX、英FT100、(そして日経平均も)共に、3月まで下落が続いたあと上昇し、2008年末と比べて20%前後のプラスです。米NASDAQは+43.7%と大きめな上昇でした。
円建てで見てみると、
米ドルは円に対して+2.4%となっていますので、NYダウは+22%、NASDAQは+47%。
ユーロは円に対して+4.3%となっていますので、ドイツ株は+29%。
ポンドは円に対して+14.2%となっていますので、イギリス株は+39%。

2008年に-72.4%と4分の1近くまで下ったロシアと、-65.2%と3分の1近くまで下った上海A株は、1月に安値をつけたあと上昇に転じ、2009年ロシアは+128.6%、上海A株は+78.8%の大幅上昇です。まぁそれでも2007年末と比べるとだいぶ低い状況ですが。
インド、ブラジル、香港H株指数は先進国と同じく3月まで下げましたが。その後上昇に転じインドが+81.0%、ブラジルが+82.7%、香港H株が+62.1%とこれまた大幅上昇でした。特にブラジルは2007年末よりも上になりました。
2008年の大幅下落の反動が大きいとは思いますが、2009年は絶好調なBRICsでした。

外国の株価指数をチャートで見てみると、3月あたりを底として結構きれいなV字型のチャートとなっています。


最後に、日本の株価を見てみると 

  2007終値  2008終値  2009高値  2009安値  2009終値 
日経平均  15308  8860
-42.1%) 
10638
(+20.1%)12月 
7055
(-20.4%)3月 
10546
+19.0%) 
TOPIX  1475.7 859.2
-41.8%) 
975.6
(+13.5%)8月 
700.9
(-18.4%)3月 
907.6
+5.6%) 
2部株価指数  3276.8 1939.1
-40.8%
2344.0
(+20.9%)8月 
1753.6
(-9.6%)3月 
2066.4
+6.6%) 
ジャスダックインデックス  72.17 48.2
-33.2%) 
50.92
(+5.6%)9月 
37.59
(-22.0%)3月 
48.36
+0.3%) 
マザーズ指数  783.2 323.5
-58.7%) 
473.09
(+46.2%)8月 
277.14
(-12.3%)3月 
416.2
+28.7%) 
ヘラクレス指数  1180 495.0
-58.1%) 
656.8
(+32.7%)6月 
421.2
(-14.9%)3月 
558.7
+12.9%) 
REIT指数  1869 900.4
-51.8%) 
1025.6
(+13.9%)8月 
720.1
(-20.0%)2月 
893.2
-0.8%) 
( )内は前年終値比 月は高値・安値を記録した月です。

ネット関連銘柄などが多い新興市場のマザーズ指数が+28.7%と一番の上昇でした。
日経平均も3月には7055円とバブル後の最安値をつけましたが、その後上昇に転じ、終わってみると10546と+19.0%、1万円越えで終了しました。
日経平均と比べて元気がなかったのがTOPIXで、+5.6%でした。7月末~8月にかけては、13連騰と21年半ぶり(バブル期以来)の記録もあり8月に高値をつけましたが。その後他の国の主要国株価指数や日経平均が12月に高値を更新したのに対してTOPIXは高値を更新できずにいます。

その他、REIT指数以外の日本主要株式指数は2009年はプラスでした。REITも配当分を考えればリターンはぎりぎりプラスです。
プラスだったものの、外国と比べるとちょっと寂しい上昇率です。

いろいろな企業の四本値

  2007終値  2008終値  2009年高値  2009安値  2009終値 
トヨタ自動車 6040  2905
(-51.9%) 
4190
(+44.2%)8月 
2750
(-5.3%)1月 
3880
(+33.6%) 
NTTドコモ 186000  176400
-5.2%) 
180300
(+2.2%)1月 
127500
(-27.7%)11月
129600
(-26.5%) 
三菱UFJ  1047  549
(-47.6%) 
699
(+27.3%)5月 
377
(-31.3%)3月 
452
(-17.7%) 
みずほFG  534000  257700
-51.7%) 
299<1000分割>
(+16.6%)1月 
146
(-43.3%)
11月 
166
(-35.6%) 
任天堂  66900  33750
-49.6%) 
36800
(+9.0%)1月 
20140
(-40.3%)12月 
22040
(-34.7%) 
新日鉄 692  290
(-58.1%)
407
(+40.3%)6月 
233
(-19.7%)3月 
375
(+29.3%) 
商船三井 1426  542
(-62.0%) 
736
(+35.8%)6月
455
(-16.1%)3月 
489
(-9.8%) 
三菱商事 3060  1238
(-59.5%) 
2355
(+90.2%)12月 
1080
(-12.8%)3月 
2305
(+86.2%)
東京電力 2890 3000
+3.8%) 
3070
(+2.3%)1月 
2085
(-30.5%)11月 
2335
(-22.2%) 
武田薬品  6570  4640
-29.4%) 
4750
(+2.4%)1月
3130
(-32.5%)3月 
3830
(-17.5%) 
アサヒビール 1892  1539
(-18.7%)
1747
(+13.7%)12月 
1101
(-21.3%)3月 
1712
(+11.5%) 
JR東日本 92万2千 68万9千
(-25.3%) 
7300<100分割>
(+6.3%)1月
4710
(-31.6%)3月 
5870
(-14.1%) 
ファーストリテイリング  7980  12980
(+62.7%) 
18030
(+38.9%)11月 

8870
(-31.7%)3月 

17470
(+34.6%)
エルピーダメモリ 3880  538
-86.1%) 
1554
(+188.8%)8月
400
(-25.7%)3月 
1506
(+179.9%) 
日産自動車 1230  320
-74.0%) 
826
(+158.1%)12月 
261
(-18.4%)2月 
810
(+153.1%) 
日本航空 255  212
-16.9%) 
215
(+1.4%)1月 
60
(‐71.7%)12月 
67
(-68.7%) 


2008年末の時価総額1位のトヨタは、+33.6%の上昇でした。ホンダが+63.2%、日産が+153.1%など、2008年に悲観の空気が強く大きく下落した自動車株は、その反動もあり上昇した銘柄が目立ちました。

時価総額2位はNTTドコモでした。2008年に他が大幅下落の中-5.2%の下落と踏ん張ったのですが。2009年は一転、-26.5%のマイナスとなってしまいました。

時価総額3位だった三菱UFJフィナンシャルグループは、-17.7%のマイナスでした。大規模増資などの影響があったのかもしれません。
時価総額4位だった任天堂も、-34.7%のマイナス。
時価総額5位だった東京電力も-22.2%のマイナス。
時価総額6位だった武田薬品も-17.5%のマイナス。
時価総額ベスト6のうち上昇はトヨタ1社のみ、と時価総額上位銘柄の影響を受けやすいTOPIXにとってはきつい展開となりました。

東京電力・武田薬品工業・JR東日本・NTTドコモなど、ディフェンシブ銘柄と言われる銘柄たちですが、2008年に株価が落ちきっていなかったから というのも有るのか、2009年にマイナスになった企業が多かったです。アサヒビールなどはプラスでしたが。もちろん、東京電力なら燃料価格、JR東日本なら高速1000円など個別要因も有るでしょうけれども。

一方、2008年に-86.1%、実に7分の1にまで下ったエルピーダメモリーですが、2009年は+179.9%の大幅プラスでした。
同じく2008年に-74.0%、4分の1にまで下った日産自動車も、2009年は+153.1%の大幅プラス。
結果論ではありますが、2008年にあまりに下げ過ぎた銘柄のリバウンドも目立ちました。「山高ければ谷深し谷深ければ山高し。
もちろん、下っていればなんでもいいというわけではないので、クソ株をつかまない様に。。

おすすめ関連動画 
クソ株ランキング2009 [ニコニコ動画]
20分近くとちょっと長いですが。クソ株だけでなく2009年の動きが良くわかると思います。


2008年は「大幅下落」でしたが。
2009年は「極端な悲観は消えたが、悲観のある中でのまだら模様の上昇」となりました。
2010年はどんな一年になるんでしょうね。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

2009年12月の世界の株価指数と為替 

あけまして おめでとうございます。

2009年12月の世界の株価指数と為替です。
ついでに、2009年の私の投資成績のまとめ。株価指数と為替の2009年のまとめは、また別記事にしようと考えています。
2008年末→11月末→12月末(先月末比)(昨年末比)で見ていきたいと思います。

まずは為替を見てみましょう。対円 
米ドルは、昨年末90.3→11月末86.3→12月末92.4(+7.1%)(今年+2.4%)
ユーロは、127.0→129.5→132.5(+2.3%)(今年+4.3%) 
英ポンドは、130.1→141.9→148.5(+4.7%)(今年+14.2%)
豪ドルは、62.4→79.0→82.6(+4.6%)(今年+32.4%)
NZドルは、52.1→61.7→66.7(+8.1%)(今年+27.9%) 
カナダドルは、74.1→81.7→(+7.2%)(今年+18.2%)

先月、一時84円台まで下げた米ドルですが、今月は92円台まで戻し、+7.1%。2008年末よりもプラスで引けました。
その他、先月の反動もあってか、先進国の主要通貨は円に対して揃ってプラスでした。

外貨FX 0% (今年+9.7%)
12月は取引なしでした。

2009年は数回取引しましたが、ヘッジ的な意味合いもあり、全て外貨売り・円買のショートで取引しました。勝率は結構高めでしたが、取引は数回しかしなかったのと、レバレッジをほとんどかけていなかった為、利益率は株や投資信託よりも低かったです。



つづいて日本の株価指数を見てみましょう。
日経平均 昨年末8860→11月末9346→12月末10546(+12.8%)(今年+19.0%)
TOPIXは、859.2→839.9→907.6(+8.1%)(今年+5.6%)
2部株価指数は、1939.1→1987.0→2066.4+4.0%)(今年+6.6%)
ジャスダックインデックスは、48.2→45.73→48.36(+5.8%)(今年+0.3%)
マザーズ指数は、323.5→387.2→416.2(+7.5%)(今年+28.7%)
ヘラクレス指数は、495.0→512.7→558.7(+9.0%)(今年+12.9%)
REIT指数は、900.4→835.9→893.2(+6.9%)(今年-0.8%)   

先月、元気がなかった日本株ですが、円高が一服したという事、先月の反動もあり大幅上昇でした。
日経平均が1万円を再び回復、10546円で+12.8%と大幅な上昇。
TOPIXやジャスダックインデックスも上昇し、2008年末比でプラスで終了しました。

株 +10.6% (今年+25.6%)
株価指数は、配当は含んでない数値ですが、私の投資成績は配当分も入れていますのでその分、1~2%程度かさ上げされてます。
1年を通してみると、日経平均と一緒ぐらいの結果となりました。今年調子が悪かったTOPIXよりはだいぶ良かったでしたが。TOPIXの足を引っ張ったメガバンクなどの金融株をほとんど保有してなかったのが、たまたま良かったのかもしれません。
それと2009年に追加購入分は、まあまあ安く買えたので。

先物ミニ・OP   0% (今年0%)
取引なし


続いて、世界の株価を見てみましょう。 

アメリカ株 はというと、(米ドルベース) 
NYダウが、昨年末8776→11月末10345→12月末10428+0.8%)(今年+18.8%)
SP500は903.3→1095.6→1115.1(+1.8%)(今年+23.5%)
NASDAQは1577.0→2144.6→2269.2(+5.8%)(今年+43.9%)

5%以上の上昇だったNASDAQ以外、ちょい高でしたが。ドルが円に対して+7.1%でしたので円建てで見ると、
NYダウが+8.0%、SP500が+9.0%、NASDAQが+13.3%と、日本株と同程度のプラスです。

ヨーロッパ株
はいうと、(現地通貨ベース)
ドイツDAXは、4810.2→5626.0→5957.4+5.9%)(今年+23.8%)
イギリスFT100は、4434.2→5190.7→5412.9(+4.3%)(今年+22.1%) 

円建てで見ると、
ユーロは+2.3%でしたので、ドイツが+8.3%。
ポンドは+4.7%でしたので、イギリスは+9.2%です。
こちらもTOPIXやNYダウなどと同程度。

Brics
はというと、(現地通貨ベース)
インドSENSEX指数は、9647→16926→17465(+3.2%)(今年+81.0%)
ブラジルは、37550→67044→68588(+2.3%)(今年+82.7%)
ロシアは、631.9→1398.1→1444.6+3.3%)(今年+128.6%)
上海総合指数は、1833→3195→3277(+2.6%)(今年+78.8%)
香港H株指数は、7892→12980→12794(-1.4%)(今年+62.1%)

BRICsの値動きはそれほど大きくなかったです。円建てで見ると、もう少し大きいかもしれません。

投資信託(含む海外ETF) +8.7% (今年+43.4%)
2009年の投資信託の取引は、ほとんど自動積立での投資でした。
BRICsなどの新興国株がだいぶ戻った事もあり、+43.4%でした。

トータル+8.8%(今年+32.1%)
2009年の投資は、1~3月は株価が下っていた事もあり、ほぼ月々の予算いっぱに投資。
4月からは、投信などの毎月の積立は継続して買いましたが、4月からは少し資金を余していきました。
12月は11月が結構下っていたという事もあって、久々に月の予算いっぱいの投資をしました。

今年の成績だけ見ると、結構なプラスに見えますが。
2008年が-47.6%の大幅損でしたので。。やっと半分ぐらい戻った程度です。


個人的に2009年は、部署が変わって、出張・出張の日々に。
休みの日にはいろ いろな所に行けましたし、仙台にお住まいの[自給自足を目指して投資っ子]の田舎のKenさんとあったり、東京でのインデックス投資家交流会に参加して関東のインデックス投資家の皆さんと会ってお話しもできましたし。楽しかったし良い一年でした。

反面、ブログの更新をする時間が取れなかったり。しばらく記事を書いていないと、記事を書くのが大変に感じてしまって。。の悪循環でブログの更新の方が。。

また良くも悪くも、投資にかける時間は減りましたね。他のブログもなかなか見られませんでした。それでも、新しい情報などを短時間で知るには相互リンク先など中心に、とても役立ちました。

2010年は、もう少し頑張りたいとは思いますが、投資もブログもマイペースに続けていきたいと思います。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。
アクセス解析アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。