2010年7月の世界の株価指数と為替 

2009年末→6月末→7月末(先月末比)(昨年末比)で見ていきたいと思います。

今月は日本の株価指数から見てみましょう。
日経平均 昨年末10546→6月末9383→7月末9537(+1.6%)(今年-8.8%)
TOPIXは、907.6→841.4→849.5(+1.0%)(今年-6.4%)
2部株価指数は、2066.4→2141.1→2135.6-0.3%)(今年+3.3%)
日経JASDAQ平均は、1176.9→1234.2→1221.9(-1.0%)(今年+3.8%)
マザーズ指数は、416.2→387.7→398.5(+2.5%)(今年-4.3%)
ヘラクレス指数は、558.7→580.2→603.0(+3.9%)(今年+7.9%)
REIT指数は、893.2→875.3→919.3(+5.0%)(今年+2.9%)   

7月の日本株は小動きでした。REIT指数の+5.0%が目立つ程度。日経平均とTOPIXは1%台の上昇でした。

株 -0.2% (今年-7.6%)
若干ですが、マイナスでした。
先物ミニ・OP   0% (今年0%)
取引なし

為替
を見てみましょう。対円 
米ドルは、昨年末92.4→6月末88.4→7月末86.4(-2.3%)(今年-6.5%)
ユーロは、132.5→108.2→112.7(+4.2%)(今年-15.0%) 
英ポンドは、148.5→132.1→135.6(+2.7%)(今年-8.7%)
豪ドルは、82.6→74.4→78.2(+5.2%)(今年-5.3%)
NZドルは、66.7→60.7→62.7(+3.3%)(今年-6.0%) 
カナダドルは、87.6→83.1→84.0(+1.1%)(今年-4.1%)
GSG(米ドル建て商品価格ETF) 31.82→27.09→29.39(+8.5%)(今年-7.6%)

今年だいぶ下っていたユーロですが、6月の安値からは一旦反発しました。逆に米ドルはジリジリと下って86円台になっています。
今年から米ドル建て商品価格(海外ETFのGSGの値)も参考値としてみてますが、7月は+8.5%と大きめの反発となりました。その為か資源国通貨の豪ドルが+5.2%と上昇が目立ちました。同じく資源国通貨のカナダドルはアメリカ(米ドル)の影響も受けやすいので、+1.1%の上昇にとどまりました。

外貨FX +4.1% (今年-1.5%)
ユーロ/米ドルを2000通貨保有中。


続いて、世界の株価を見てみましょう。 

アメリカ株 はというと、(米ドルベース) 
NYダウが、昨年末10428→6月末9774→7月末10466+7.1%)(今年+0.4%)
SP5001115.1→1030.7→1101.6(+6.9%)(今年-1.2%)
NASDAQは2269.2→2109.2→2254.7(+6.9%)(今年-1.2%)

NYダウが10000ポイント回復&昨年末比プラスになりました。
アメリカの主要株価指数は、揃って7%前後の上昇となりました。円建てで見ると、円に対してドルが-2.3%でしたので、4~5%程度の上昇です。

ヨーロッパ株
はいうと、(現地通貨ベース)
ドイツDAXは、5957.4→5965.5→6148.0+3.1%)(今年+3.2%)
イギリスFT100は、5412.9→4916.9→5258.0(+6.9%)(今年-2.9%) 
ドイツ株は+3.1%。円建てでは7%以上の上昇。
イギリス株は+6.9%。円建てでは9%以上の上昇。とヨーロッパ株は強かったです。

Brics
はというと、(現地通貨ベース)
インドSENSEX指数は、17465→17701→17868(+0.9%)(今年+2.3%)
ブラジルは、68588→60936→67515(+10.8%)(今年-1.6%)
ロシアは、1444.6→1334.1→1479.7+10.9%)(今年+2.4%)
上海総合指数は、3277→2398→2638(+10.0%)(今年-19.5%)
香港H株指数は、12794→11466→11905(+3.8%)(今年-6.9%)

Bricsも揃って上昇でしたが。中でもブラジル・ロシア・上海が10%以上の上昇と目立ちました。ブラジル・ロシアは資源価格の上昇、上海は今年だいぶ下っていたのでその反動でしょうかね。

投資信託(含む海外ETF) +2.5% (今年-6.6%)

トータル +1.4% (今年-6.8%)

上昇した下落した、に係わらず、投資信託の積立分は続けていきます。
1月~4月は積み立て分以外はほとんど購入しませんでしたが、5月・6月は予算内でちょこちょこ購入をしました。7月も買おうかなと思ってたのですが、なんとなくタイミング合わずでした。
もちろんまだ下がる可能性もありますので全力買いはしませんが、来月以降も下がる・停滞するようであればちょこちょこ買っていきたいと思います。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

本を300円引きで買えるクーポン 

10affivc07020731

 ※このギフト券は【お一人様1回のみ】ご利用いただけます。
  ※このギフト券は 2010/07/31(土) 23:59 までご利用いただけます。
  ※税抜3,000円以上ご注文の場合にご利用いただけます。
  (送料・手数料を除く)
 ※モバイルビーケーワンではご利用いただけません。 
ネット本屋のbk1(ビーケーワン)では、3150円以上買った時に使えるアフィリエイト向けの300円分のクーポンをほぼ毎月発行しています。アフィリエイト向けなのに、ほぼ自分専用として使ってたのですが。。3150円分ぴったりの購入なら9.5%、5000円分の購入でも6%と割引率が高いので、ブログでも紹介する事に。
好評のようなら、来月以降もと思ってます。

6月に読んだ本。
会社の値段~投資に関する本を読みたいなと思った時に一番最初に参考にさせていただいてる私的おすすめ本のまとめ投資十八番]で紹介されていた一冊。バリュー投資系の人にはおすすめの内容。できたら発売当初に読んでたら、もっと楽しめたと思います。

氷点 続 上 
百年の恋
今夜は眠れない
宇宙とつながる働き方

おすすめ関連記事
ネット本屋 徹底比較!

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

2010年6月の世界の株価指数と為替 

2009年末→5月末→6月末(先月末比)(昨年末比)で見ていきたいと思います。

今月は日本の株価指数から見てみましょう。
日経平均 昨年末10546→5月末9769→6月末9383(-4.0%)(今年-10.3%)
TOPIXは、907.6→880.5→841.4(-4.4%)(今年-7.3%)
2部株価指数は、2066.4→2179.2→2141.1-1.7%)(今年+3.6%)
日経JASDAQ平均は、1176.9→1263.0→1234.2(-2.3%)(今年+4.9%)
マザーズ指数は、416.2→413.3→387.7(-6.2%)(今年-6.8%)
ヘラクレス指数は、558.7→628.6→580.2(-7.7%)(今年+3.9%)
REIT指数は、893.2→915.1→875.3(-4.3%)(今年-2.0%)   

今月はワールドカップも有ったので、あまり相場の事を気にしてなかったのですが、(1週間以上ブログ更新さぼってしまいました。。)
一旦は上昇し「日経平均が1万円回復したんだ~」と思ってたら、最後は結局下がって6月末よりさらに4%下がった9383円で終わりました。昨年末比で10%のマイナスとなりました。
2部株価指数は-1.7%、ヘラクレス指数は-7.7%というように指数によってバラつきは大きかったですが、日本の主要株価指数は揃ってマイナスの1ヶ月となりました。

株 -3.9% (今年-7.4%)
日経平均やTOPIXとほぼ同じような動き。
先月に引き続きS株を使って少しだけ買い増しをしました。
先物ミニ・OP   0% (今年0%)
取引なし

為替
を見てみましょう。対円 
米ドルは、昨年末92.4→5月末91.2→6月末88.4(-3.0%)(今年-4.3%)
ユーロは、132.5→112.2→108.2(-3.6%)(今年-18.4%) 
英ポンドは、148.5→132.6→132.1(-0.3%)(今年-11.0%)
豪ドルは、82.6→77.1→74.4(-3.6%)(今年-10.0%)
NZドルは、66.7→62.0→60.7(-2.2%)(今年-9.1%) 
カナダドルは、87.6→87.4→83.1(-4.9%)(今年-5.1%)
GSG(米ドル建て商品価格ETF) 31.82→27.77→27.09(-2.4%)(今年-14.9%)

ユーロが一時107円台、対円で8年半ぶりの安値をつけるなど、話題の中心でしたが。対円で他の主要通貨の動きを見ると-0.3%~-4.9%の間で揃ってマイナス。ユーロ安というより、円高の1ヶ月だったようです。
今年から米ドル建て商品価格(海外ETFのGSGの値)も参考値としてみてますが、6月も続落でした。その為か豪ドルが-3.6%、カナダドルが-4.9%と、いわゆる資源国通貨のマイナスが比較的大きめでした。

外貨FX -0.8% (今年-5.5%)
ユーロ/米ドルを2000通貨保有中。


続いて、世界の株価を見てみましょう。 

アメリカ株 はというと、(米ドルベース) 
NYダウが、昨年末10428→5月末10137→6月末9774-3.6%)(今年-6.3%)
SP5001115.1→1089.4→1030.7(-5.4%)(今年-7.6%)
NASDAQは2269.2→2257.0→2109.2(-6.5%)(今年-7.0%)

アメリカの主要株式指数は-3.6%~-6.5%のマイナスとなりました。
6月は米ドルが対円で-3.0%ですので、円建てではNYダウが-6.5%、SP500が-8.2%、NASDAQが-9.3%と、けっこうな下落となりました。

ヨーロッパ株
はいうと、(現地通貨ベース)
ドイツDAXは、5957.4→5964.3→5965.5+0.0%)(今年+0.1%)
イギリスFT100は、5412.9→5188.4→4916.9(-5.2%)(今年-9.2%) 
ドイツ株はほぼ前月比変わらずでしたが、円建てでは-3.6%。
英ポンドは、対円であまり変動がありませんでしたので、現地通貨建てでも円建てでも5%台のマイナスとなりました。

Brics
はというと、(現地通貨ベース)
インドSENSEX指数は、17465→16945→17701(+4.5%)(今年+1.4%)
ブラジルは、68588→63047→60936(-3.3%)(今年-11.2%)
ロシアは、1444.6→1306.8→1334.1+2.1%)(今年-7.7%)
上海総合指数は、3277→2592→2398(-7.5%)(今年-26.8%)
香港H株指数は、12794→11494→11466(-0.2%)(今年-10.4%)

Bricsの6月はまちまちでした。インドとロシアが上昇で、ブラジルと中国(上海)が下落。香港H株はほぼ変わらずでした。

投資信託(含む海外ETF) -2.6% (今年-8.9%)
下落率が比較的低いのは、月の最後で株・外貨共に大きく下落したので、投資信託の基準値にまだその下落分が反映されていない、というのも有ると思います。

トータル -3.0% (今年-8.1%)

上昇した下落した、に係わらず、投資信託の積立分は続けていきます。
1月~4月は積み立て分以外はほとんど購入しませんでしたが、5月に続き6月も予算内でちょこちょこ購入をしました。
もちろんまだ下がる可能性もありますので全力買いはしませんが、来月以降も下がる・停滞するようであればちょこちょこ買っていきたいと思います。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。
アクセス解析アクセスランキング