日本債券型ファンドのリターンの考察 

金利が上昇すれば、債券価格は下がります
金利が下落すれば、債券価格は上がります

※話を単純にする為に複利ではなく単利で考えます。
残り3年で金利年1%の債券Aが有ったとして。もし新しく3年で年2%の債券B(他は同条件とする)が登場したとしたら。新しい債券Bは100万円購入で、2万円×3年=6万円の金利を受け取れます。
一方、残り3年で年1%の債券Aは、100万円分で、1万円×3年=3万円の受取金利となるので、だれもこっちは選びませんね。じゃあいくらならAを買うかと言ったら、97万で買えるなら3万円+3万円で6万円の利益となります。
100万→97万 3%の価格下落という事です。

債券価格の下落率=残存年数×金利の上昇率
債券価格の上昇率=残存年数×金利の下落率

残存年数が2年であれば、受け取れる金利の差は2万円ですので、債券価格は2%下って98万円になればつりあいます。

コストが低めな日本債券型ファンド一覧でも書きましたが
国内債券型投資信託のリターンは
債券価格の上下による損益+受取金利-信託報酬等のコスト です。

日本債券型投信には様々な残存期間の債券が含まれています。金利の影響度が、残存期間どの位の債券と同じかを計算したものが、(修正デュレーションです。
債券型投信の
債券価格の上下による
上昇率=デュレーション年数×金利の下落率

A、将来的な受取金利は、金利が上昇したほうが増えますが、
B、
債券価格の上下による損益は、金利が上昇すれば基準価格は下落します。
デュレーションが長いほど、保有期間が短いほど、Bの影響が大きくなります。

反対に短期債券型のファンドですと、修正デュレーションも小さくなりますので、その分金利変動による基準価格の変動は小さくなります。
デュレーションが極々短く、金利が変動しても債券価格がほとんど変化しないファンドが、MMFやMRF。これらは金利の変動は、Aの受取金利の方のみ影響を受ける。

また、何年もの長期保有の場合ですが、受取金利が着実に積み重なっていくのに対して、金利の変動は5年10年とず~っと上がり続けたり・下がり続けたりする可能性は低くく、有る程度一定の範囲内で動くと思いますので。保有期間が長くなるほど相対的に、Bの金利変動による基準価格の変動よりもAの受取金利の影響が大きくなっていきます。

では実際に、STAM国内債券インデックスのファンドレポートを見てみましょう。
デュレーション6.67年 
複利利回り0.63%
信託報酬が0.42%となっています。

債券価格の上下による損益+受取金利-信託報酬等のコスト 
でしたので、受取金利-信託報酬等のコスト≒0.2%となります。1ヶ月あたりでは、0.02%程度です。
これが債券価格の変動を除いた分の、ファンドの利回りとなります。少な。。
デュレーションが6.67年という事は、0.1%の金利の上下で、6.67×0.1=0.667%債券価格は変動します。今後さらに0.1%金利が下がり利回りが0.53%となったとしたら、6.67×0.1≒0.7%弱債券価格が上昇します。反対に利回りが0.2%上昇したとしたら1.3~1.4%位債券価格が下ります。

上を見ても分かる通り、今みたいな低金利下においては、数日・数週間・数ヶ月・1年の短期~中期投資では、日本債券型ファンドは、受取金利による基準価格の変動よりも、金利変動による基準価格の変動の方がずっと大きい事が分かります。

STAM国内債券リターン 1-3月期 4-6月期 7-9月期 10-12月期 1-12月期
2010年 -0.20% 2.20% -- -- --
2009年 -0.80% 0.50% 0.80% 0.40% 0.90%
2008年 -- -1.40% 0.80% 2.40%  

3ヵ月で0.5%以上の変動はザラ。今年の4-6月期では、3ヵ月で2.20%も上昇しています。これはこの間に金利が下がったからですね。10年国債の利回りを見ても2010年3月位から下がり続けています。また、これを見ると2008年3月位から7月位にかけて金利が1.25%位から1.75%位へと一気に金利が上昇しています。STAM国内債券の2008年4-6月期のリターンを見ると、-1.40%の大きめの下落となっていますね。
余談ですが、定期預金の金利も昨冬のボーナスシーズンと比べて今夏は下ってますよね。
4月の修正デュレーションも現在とそんなには変わらないでしょうから、6.5年~7年の間位でしょう。2.20%の上昇のうち0.1%弱は受取金利-信託報酬等のコスト ですので、2%ちょっとが金利変動による基準価格の変動部分となります。2%を7年で割るとおよそ0.3%。おそらく、4月時点の利回りは0.9%位有ったんでしょう。金利が4-6月の3ヵ月で0.3%位下がったので、2%越えの上昇となったのでしょう。

日本債券型ファンドを保有している間に、これからも、金利が下がり続ければ、定期預金などとは違い、短期間で利益を上げる事ができます。ただし金利は基本的には0%よりも下る事はないので(経済学などでの理論上はマイナス金利というのも有るでしょうけど)、日本債券の金利の下げ余地は最大でも0.6%程度しかありません。

まとめ
金利が上昇すれば、債券価格は下がります
金利が下落すれば、債券価格は上がります

債券型投信の債券価格の上下による上昇率=デュレーション年数×金利の下落

国内債券型投資信託のリターン債券価格の上下による損益+受取金利-信託報酬等のコスト

短期債券型など、修正デュレーションの短いものほど、金利変動による基準価格の変動は小さくなる。

数日・数週間・数ヶ月・1年の短期~中期投資では、日本債券型ファンド(短期型を除く)は、受取金利による基準価格の変動よりも、金利変動による基準価格の変動の方がずっと大きい。

現在の日本の経済状態を見て、まだ金利は下がるだろうとの読みで、日本債券型ファンド(短期以外)を買うのは良いと思いますけど。
金利を見ずに、最近のリターンが高いからと、定期預金のつもりで投資するのは。。金利が上昇に転じれば元本割れしてしまうかもしれません。


おまけ
STAM国内債券インデックスオープン 
デュレーション6.67年 複利利回り0.63% 信託報酬が0.42%

STAM国内債券IO 1-3月期 4-6月期 7-9月期 10-12月期 1-12月期
2010年 -0.20% 2.20% -- -- --
2009年 -0.80% 0.50% 0.80% 0.40% 0.90%
2008年 -- -1.40% 0.80% 2.40%  

DLIBJ 公社債オープン(中期コース)
デュレーション6.22年 複利利回り1.02% 信託報酬が0.4725%~ 
DLIBJ公社債O(中期) 1-3月期 4-6月期 7-9月期 10-12月期 1-12月期
2010年 1.20% 1.50% -- -- --
2009年 -1.00% 1.10% 1.50% 0.90% 2.50%
2008年 0.60% -0.40% 0.50% 1.10% 1.80%
2007年 1.10% -0.60% 0.70% 1.30% 2.50%
2006年 -0.70% -0.70% 1.30% 0.70% 0.60%

DLIBJ 公社債オープン(短期コース)
デュレーション2.08年 複利利回り0.77% 信託報酬が0.315%~
DLIBJ公社債O(短期) 1-3月期 4-6月期 7-9月期 10-12月期 1-12月期
2010年 0.30% 0.40% -- -- --
2009年 0.30% 0.90% 0.70% 0.70% 2.60%
2008年 0.70% -0.90% 1.30% 1.30% 2.40%
2007年 0.50% 0.10% 0.30% 0.50% 1.30%
2006年 -0.80% -0.10% 0.30% 0.10% -0.60%

STAM国内債券と、BLIBJ公社債オープン(中期コース)を比べると、デュレーションは6年台で近いですが。複利利回りは、公社債オープンの方が高いです。これは、STAMが国債の割合が多めなのに対して、DLIBJは社債など国債よりもリスクが高めの債券が多めに入っているからだと思います。BLIBJ公社債オープン(中期コース)の方がリターンが高いのは、受取金利が年0.4%程度高いというのも有りますし、もともとの金利が高めの為同じ期間での金利の下げ幅も大きかったから。というのが考えられます。

DLIBJ 公社債オープン(中期コース)DLIBJ 公社債オープン(短期コース)を比べると、デュレーションは当然(短期コース)の方が短いです。複利利回りは、残存期間の長い(中期コース)の方が高くなっています※イールドカーブ

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

ETFの乖離率について考える その2 外国株型 

ETFの乖離率について考える その1 日本株型
の続きです。今回は、海外株型の日本上場ETFについて見てみようと思います。

乖離率は、モーニングスターの上場ETF価格情報で見る事ができます。

海外の株や債券の指数に連動するETFの場合は、
時差が有る為、韓国や中国の東アジアやオセアニア等を除いて、日本の株式市場と外国の株式市場の取引時間が違います。これが一番のネックになるんじゃないかと思います
海外株の投信を購入した場合、その投信にもよりますが、平日の昼間に注文を入れた場合、その日の夜の外国での値動きを反映した価格で約定する事になります。例えば、アメリカやヨーロッパの株が大きなマイナスだというニュースを見て買い注文をいれても、その日の夜に反発して上がれば、安い価格では買えません。逆に思ってたよりも安く買える場合もあります。この様に変動のリスクは、投資家側にあります。
それに対して、ETFの場合、アメリカやヨーロッパの株が大きく下がった時は、基本的に安く買えます。約定してしまえば、その日の夜反発しようがどうしようが関係ありません。逆に運用会社からすると、その日売る為の量は、予め用意しておく必要があります。売り切ってしまうと、まずいですし、余分も必要です。(取引が非常に活発で、投資家同士の取引だけで流動性が保たれるのなら問題ないでしょうけど。)
その売れ残りに対する価格変動リスクは、運用会社側にあります
関連記事 売り切ってしまった為にひどい事になった例

しかし仮に、相場が右肩上がりであれば、売れ残りは結果として安く仕入れられた形となるので、運用会社にとって価格変動リスクは良い方に働きます。
逆に相場が右肩下がりであれば、高い時に仕入れた形になるので、運用会社にとっては、価格変動リスクは悪い方に働きます。
実際ここのところ、下がり気味ですので、運用会社としても低い価格では売り難いというふうになります。

1680MSCIコクサイ株の乖離率は9月8日で+3.32%。このETFは、ここのところ乖離率が低めになってきましたが、一時は7%程度になるなど大きめのプラス推移をしています。

出来高に関しては、取引がほとんどないグデグデなETFも多いなかで、すごい低いというわけではないですが。
1日の変動が大きいわけではないし、取引時間がずれているので裁定取引もできないので、短期のトレーダーはあまり取引しなそうな銘柄である。信託報酬の低さもあり、長期保有の投資家の割合が多そう。長期投資家は頻繁に売らないので。その結果運用会社が売りを出し、それを長期投資家が買っていくという構図になります。上場されているETFの価格が下るには、低い価格の売り注文が無ければ下りません。長期投資化は好き好んで低い価格で売ろうとはしませんので、運用会社の売り値がそのまま、価格となりやすいのかなと。

一方、NYダウに連動する1546NYダウがあります。こちらは9月8日で-0.13%と、乖離が低めとなっています。また新しく登場した1545NASDAQ100も乖離が低いです(これは登場したばかりですので、もう少し様子を見る必要が有るでしょうが。
これら二つのETFが、コクサイと大きく違うのは何かと考えた場合、
一番に思いつくのは、NYダウ、NASDAQ100共に、アメリカで24時間先物取引があるという事です。
そして先物でヘッジをかけられる為、例えば売る分と同じだけ先物を売り建てておいて、売れた分に応じて先物を返済するという事ができます。(運用会社が具体的に左の様な取引をしているかはともかくとして、日本の市場が動いている時間にも先物取引が有る事で、ヘッジをかけてリスクを減らす事は可能になるかと思います。)


ETFの乖離率について考える まとめ

長くなってしまいましたが、ETFとしてして基準価格と取引価格の乖離が小さいのは、
日本の主要指数で先物もある、日経225型やTOPIX型。
日本・海外を問わず、取引の少ないマイナーなETFは、どうしても、基準価格と取引価格の乖離は大きくなりがち。
外国株型は、日本の市場の取引時間と異なる為、基準価格と取引価格との乖離の問題がどうしても出てします。NYダウやNASDAQ100など24時間先物取引があるもので有れば、そのデメリットは比較的小さい。

もちろん乖離率はETFの要素の一つに過ぎませんので、それだけを見て選ぶ指標じゃないですけどね。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

2010年8月の世界の株価指数と為替 

2009年末→7月末→8月末(先月末比)(昨年末比)で見ていきたいと思います。

為替
を見てみましょう。対円 
米ドルは、昨年末92.4→7月末86.4→8月末84.0(-2.8%)(今年-9.1%)
ユーロは、132.5→112.7→106.5(-5.5%)(今年-19.6%) 
英ポンドは、148.5→135.6→1(-4.9%)(今年-13.2%)
豪ドルは、82.6→78.2→74.8(-4.3%)(今年-9.4%)
NZドルは、66.7→62.7→58.6(-6.5%)(今年-12.1%) 
カナダドルは、87.6→84.0→78.8(-6.2%)(今年-10.0%)
GSG(米ドル建て商品価格ETF) 31.82→29.39→27.78(-5.5%)(今年-12.7%)

ニュースや新聞などでさんざん情報が入っているでしょうが、8月は円高米ドル安でした。
ニュースでとりあげられる事が多い米ドルが-2.8%の下落だったのに対して、ユーロが-5.5%、NZドルが-6.5%、カナダドルが-6.2%など、米ドル以上に下がった通貨が多かったです。これらの通貨から見れば、米ドル高でした。ややこしいですが。
今年から米ドル建て商品価格(海外ETFのGSGの値)も参考値としてみてますが、資源価格も下がっています。

外貨FX -3.0% (今年-4.5%)
ユーロ/米ドルを2000通貨保有中。


続いて、世界の株価を見てみましょう。 

アメリカ株 はというと、(米ドルベース) 
NYダウが、昨年末10428→7月末10466→8月末10015-4.3%)(今年-4.0%)
SP5001115.1→1101.6→1049.3(-4.7%)(今年-5.9%)
NASDAQは2269.2→2254.7→2114.0(-6.2%)(今年-6.8%)

アメリカ株は、5%前後のマイナスでした。米ドルが-2.8%でしたので、円建てで見ると8%前後のマイナスでした。

ヨーロッパ株
はいうと、(現地通貨ベース)
ドイツDAXは、5957.4→6148.0→5925.2-3.6%)(今年-0.5%)
イギリスFT100は、5412.9→5258.0→5225.2(-0.6%)(今年-3.5%) 
ドイツ株は-3.6%。円建てでは-9%程度の下落。
イギリス株は-0.6%でとどまったものの、円建てでは-5%を超える下落となりました。

Brics
はというと、(現地通貨ベース)
インドSENSEX指数は、17465→17868→17971(+0.6%)(今年+2.9%)
ブラジルは、68588→67515→65145(-3.5%)(今年-5.0%)
ロシアは、1444.6→1479.7→1417.4-4.2%)(今年-1.9%)
上海総合指数は、3277→2638→2639(+0.0%)(今年-19.5%)
香港H株指数は、12794→11905→11403(-4.2%)(今年-10.9%)

円建てで見ると、これよりもリターンが低いと思います。世界で下がった国が多かったなかで、インドと上海はギリギリプラスでした。まぁ円建てならマイナスでしょうけど。

投資信託(含む海外ETF) -4.2% (今年-10.5%)

日本の株価指数から見てみましょう。
日経平均 昨年末10546→7月末9537→8月末8824(-7.5%)(今年-15.6%)
TOPIXは、907.6→849.5→804.7(-5.3%)(今年-11.3%)
2部株価指数は、2066.4→2135.6→2058.3-3.6%)(今年-0.4%)
日経JASDAQ平均は、1176.9→1221.9→1172.2(-4.1%)(今年-0.4%)
マザーズ指数は、416.2→398.5→363.8(-8.7%)(今年-12.6%)
ヘラクレス指数は、558.7→603.0→559.5(-7.2%)(今年+0.1%)
REIT指数は、893.2→919.3→906.3(-1.4%)(今年+1.5%)   

円高の影響もあってか、日本株は軒並み下落。特に日経平均の-7.5%、マザーズ指数の-8.7%などが目立ちます。
昨年はTOPIXよりも強かった日経平均ですが、今年はTOPIXよりも弱い月が多い

株 -5.4% (今年-12.6%)
TOPIXとほぼ同じ下落となりました。
先物ミニ・OP   0% (今年0%)
取引なし

トータル -4.6% (今年-11.1%)

上昇した下落した、に係わらず、投資信託の積立分は続けていきます。
1月~4月は積み立て分以外はほとんど購入しませんでしたが、5月・6月は予算内でちょこちょこ購入をしました。7月は買おうかなと思ってたのですが、なんとなくタイミング合わずでした
8月は予算内でちょこちょこ購入しました。
もちろんまだ下がる可能性もありますので全力買いはしませんが、来月以降も下がる・停滞するようであればちょこちょこ買っていきたいと思います。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。
アクセス解析アクセスランキング