今年も確定申告の時期になりましたね。 

今年も確定申告の時期になりました。2010年(平成22年)分の確定申告の申告期間は2011年3月15日(火)までとなっています。

そろそろやらないとな。今年はe-Taxにしようかなと思ってたけど、電子証明書を発行してもらいに、なかなか行けなくて。。

サラリーマンなどの場合、確定申告する機会は少ないでしょうが。投資をするようになって確定申告もするようになったという人も多いんじゃないかと思います。 

超納税法に「サラリーマンは確定申告をしないので税に対して無関心。これは政治一般に対する無関心にもつながる。」と書かれていましたが、私もそう思います。
どうせだったら、せめて自分に関係する税制だけでも関心をもってみましょう。

おすすめサイト
平成22年分 確定申告書等作成コーナー[国税庁]~こちらのページから、インターネット上で確定申告書を作成する事ができ、税額も計算してくれます。パソコンが苦手な人以外は、用紙にペンで自分で書くていくより楽だと思います。

タックスアンサー[国税庁]~税金に関するよくある質問とその回答が掲載されています。

知ってあんしん証券税制[日興コーディアル証券]
証券税制について[野村證券]~証券税制に関する記事は、ほとんどの証券会社のサイトに書かれていますが。そんな中でも日興コーディアル証券と野村證券の記事が、内容も詳しくわかりやすいので、おすすめです。

確定申告特集[All About]~優遇税制など、いろいろな分野から確定申告に関わる記事が書かれています。自分に関係ありそうなところだけでも読んでおくと良いかも。

確定申告に関する本 はたくさん出ています。初めての確定申告の場合は、1冊買ってみるのも良いと思います。毎年税制は少しづつ変わりますが、毎年は買い換える必要はないと思います。

最後に、
税金に関するつっこんだ質問は、国税庁の相談センターへ相談されるのをおすすめします。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

2011年1月の世界の株価指数と為替 

ごぶさたしておりました。
「次回は株価指数と為替の値動き2010年のまとめ」と書いて、1ヶ月放置しちゃいました。
すみませんでした!!
まとめの為の数字のデータを取るのに、1時間かけても終わりそうにない状況で、なんか作業をしてる感が強くなってしまいて。。昔は好きで2時間でも3時間でも平気でデータ取りしてたんですけどね。。そうこうしているうちに、札幌出張とかでばたばたして。
まぁ言い訳はこのぐらいにして。

2011年1月の世界の株価指数と為替です。さて今年はどんな幕開けだったんでしょう!?

2009年末→2010年末→2011年1月(先月末比)(昨年末比)で見ていきたいと思います。

日本の株価指数から見てみましょう。
日経平均 2009年末10546→2010年末10229→2011年1月10238(+0.1%)(今年+0.1%)
TOPIXは、907.6→898.8→910.1(+1.3%)(今年+1.3%)
2部株価指数は、2066.4→2207.8→2301.4+4.2%)(今年+4.2%)
日経JASDAQ平均は、1176.9→1255.0→1301.8(+3.7%)(今年+3.7%)
マザーズ指数は、416.2→433.6→460.8(+6.3%)(今年+6.3%)
REIT指数は、893.2→1130.7→1115.7(-1.3%)(今年-1.3%)

日経平均は前半好調で1月13日には1万600円台まで一時上がりましたが、結局は昨年末とほぼ同じ数字で終了しています。
TOPIXは+1.2%。好調だったのは新興市場などの小型株で2部指数は+4.2%、マザーズ指数は+6.3%などとなっています。
昨年、絶好調だったREIT指数は-1.3%とマイナスでのスタートとなりました。

株 +2.2% (今年+2.2%)
今年も昨年と相変わらず、TOPIXと同じ様な成績でのスタート。

先物ミニ・OP   0% (今年0%)
取り引きなし


為替を見てみましょう。対円 
米ドルは、2009年末92.4→2010年末81.2→2011年1月82.1(+1.2%)(今年+1.2%)
ユーロは、132.5→108.6→112.4(+3.5%)(今年+3.5%) 
英ポンドは、148.5→126.7→131.5(+3.7%)(今年+3.7%)
豪ドルは、82.6→83.1→81.8(-1.6%)(今年-1.6%)
NZドルは、66.7→63.4→63.3(-0.2%)(今年-0.2%) 
カナダドルは、87.6→81.3→82.0(+0.8%)(今年+0.8%)
GSG(米ドル建て商品価格ETF) 31.82→34.10→35.16(+3.1%)(今年+3.1%)

2010年から米ドル建て商品価格(海外ETFのGSGの値)も参考値としてみてますが、1月は3.1%の上昇でした。
資源価格は上昇でしたが、豪ドルは対円でマイナス、カナダドルは対米ドルでマイナス、と資源国通貨には追い風とならなかったようです。

外貨FX 0% (今年0%)
取引無し。


続いて、世界の株価を見てみましょう。 

アメリカ株 はというと、(米ドルベース) 
NYダウが、2009年末10428→2010年末11578→2011年1月11892+2.7%)(今年+2.7%)
SP5001115.1→1257.6→1286.1(+2.3%)(今年+2.3%)
NASDAQは2269.2→2652.9→2700.1(+1.8%)(今年+1.8%)

アメリカ株が米ドルベースで+2%前後の堅調な動きでした。円建てでは3%前後の上昇。

ヨーロッパ株
はいうと、(現地通貨ベース)
ドイツDAXは、5957.4→6914.2→7077.5+2.4%)(今年+2.4%)
イギリスFT100は、5412.9→5899.9→5862.9(-0.6%)(今年-0.6%) 
ドイツは、+2.4%。ユーロは+3.5%でしたので、円建てでは約6%の上昇。
イギリスは-0.6%でしたが、ポンドが+3.7%でしたので、円建てでは約3%の上昇。

Brics
はというと、(現地通貨ベース)
インドSENSEX指数は、17465→20509→18328(-10.6%)(今年-10.6%)
ブラジルは、68588→69305→66575(-3.9%)(今年-3.9%)
ロシアは、1444.6→1772.5→1870.3+5.5%)(今年+5.5%)
上海総合指数は、3277→2808→2791(-0.6%)(今年-0.6%)
香港H株指数は、12794→12587→12561(-0.2%)(今年-0.2%)
Bricsはまちまちのスタートとなりました。
中でもインドは-10.6%と大幅な下落となりました。ちょっと調べてみたら、インフレが強め→利上げ懸念実際に利上げ といった動きが有ったようですね。
ロシアが好調だったのは、エジプト情勢などで原油高の影響も有ったんでしょうかね。

投資信託(含む海外ETF) +2.5% (今年+2.5%)
今月も自動積み立てでの投資です。

トータル +2.3% (今年+2.3%)

とりあえず、2011年は全体的には無難なスタートをきったようですね。

上昇した下落した、に係わらず、投資信託の積立分は続けていきます。
1月は自動積み立て分だけの投資でしたが。
下がる・停滞するようであればちょこちょこ追加で買っていきたいと思います。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。
アクセス解析アクセスランキング