オルフェーヴル(ステイゴールドの子)が日本ダービー制覇!! 

投資に関係のない話ですが。嬉しかったので書かせてください
とうとうステイゴールドの子が日本ダービーを勝っちゃいました!!

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

岡三オンライン証券のメリット 

岡三オンライン証券 の情報が、ちょっと古いとのご指摘をいただきましたので、記事更新します。
ワンショットの手数料が安くなっていますね!それと以前有った中国株の扱いは無くなってしまうようです。
岡三証券をご存知の人が多いと思いますが、同じ岡三証券グループ内の別会社です。

岡三オンライン証券のメリット1 手数料
ノーマルプラン (ワンショット手数料)

ワンショット手数料 ~10万  ~20万 ~50万  ~100万 ~150万 ~300万 300万越え 
現物手数料 99円  150円  300円  500円  700円  1000円  1200円 
参考 SBI証券 145円  194円  358円  639円  764円  1209円  1277円 
信用手数料 ~99円  ~99円 ~130円  ~300円  ~300円 ~300円 ~300円
参考 SBI証券 150円  150円  200円  400円  400円  400円  400円 

定額プラン (1日定額手数料)

1日定額手数料 ~10万  ~20万  ~30万 

~50万

~100万 ~200万  以降100万ごとに 
現物手数料 100円  200円  300円  400円  800円  1200円  +400円
参考 SBI証券  100円 200円  300円  450円  800円  1220円 +420円 
信用手数料 100円  200円  200円  200円  400円  650円  300万まで900円
以降+~300円
 
参考 SBI証券  100円 250円  250円  250円  500円  920円  +420円

ネット証券最大手で、手数料も安めなSBI証券と比べてみると。
現物手数料は、1日定額手数料が若干安め。ワンショット手数料は全ての価格で低くなっています。特に20万円まで150円なのが良いですね。
信用手数料は、ワンショット手数料がSBIと同じが若干割安。1日定額手数料は岡三オンライン証券が安いです。さらに月に1億円以上取引するような方ですと手数料はさらに安くなります。
また、SBI証券がワンショットと1日定額手数料の切り替えが月ごとでしかできないのに対して、岡三オンライン証券は日々変更可能です。

岡三オンライン証券のメリット2 無料で利用できる情報サービス
岡三ネットトレーダーWEB等の、取引ツールを無料で利用可能。これだけでも、普通の取引には充分だとは思いますが。デイトレーダーなど向けに有料でさらに本格的なツールも有ります。

岡三証券グループの投資情報が見る事ができます。岡三のレーディングやレポートなど。岡三証券と岡三オンライン証券でしか見る事ができないオリジナルの情報です。レポートの本数も多いです。その点は岡三証券がバックにあるメリットが出ていると思います。

岡三オンライン証券のメリット3 FX(くりっく365)
岡三オンライン証券のFXは、税制的に有利な点が多いくりっく365と、手数料コストが割安なFX(店頭)の両方を取り扱っています。
これらの取引が興味が有る人は、ひとつの証券会社にまとめると資金の移動もスムーズにできますし、いいんじゃないでしょうか。

岡三オンライン証券のメリット4 即時入金
手数料無料の即時入金サービスも当然あります。みずほ・三井住友・三菱東京UFJ・りそな・埼玉りそな・ジャパンネット銀行・セブン銀行・楽天銀行・住信SBIネット銀行・するが銀行・ゆうちょ銀行が対応しています。住信SBIネット銀行に対応しているのはめずらしいですね。

岡三オンライン証券のウィークポイント
・投資信託の取扱い少なめ。
・会社四季報など、企業のファンダメンタルズを調べる為の情報が少なめ。

まとめ
低めの手数料で取引可能ですし、FX(くりっく365)にも興味が有るって人は、岡三オンライン証券をメインで使うってのも有り。その場合、投資信託の充実している証券会社四季報などを見られる証券会社と組み合わせて使うとよりいいんじゃないかと思います。

岡三のレポートや岡三ネットトレーダーWEBなど、岡三オンライン証券ならではの投資情報も充実しているので、現在お使いの証券会社にプラスして、岡三オンライン証券をサブとして利用するっていうのも、当然有りだと思います。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

2011年4月の世界の株価指数と為替 

2011年4月の世界の株価指数と為替の動きです。

2010年末→3月末→(先月末比)(昨年末比)で見ていきたいと思います。

日本の株価指数から見てみましょう。
日経平均 2010年末10229→3月9755→4月9850(+1.0%)(今年-3.7%)
TOPIXは、898.8→869.4→851.9(-2.0%)(今年-5.2%)
2部株価指数は、2207.8→2309.1→2286.7-1.0%)(今年+3.6%)
日経JASDAQ平均は、1255.0→1229.9→1247.8(+1.5%)(今年-0.6%)
マザーズ指数は、433.6→460.2→473.4(+2.9%)(今年+9.2%)
REIT指数は、1130.7→1055.2→1073.3(+1.7%)(今年-5.1%)

東日本大震災によって乱高下した日本株ですが、4月は全般的に様子見というか小動きとなりました。
「おそらく今期の業績が悪いのは間違いなさそう」という下げ要因VS「来期以降を見越した中長期での買い&空売りの買戻し」という上げ要因
といったところでしょうか。

株 -1.6% (今年-3.5%)
相変わらず、TOPIXと同じ様な動き。

先物ミニ・OP   0% (今年0%)
取り引きなし。

為替を見てみましょう。対円 
米ドルは、2010年末81.2→→3月83.2→4月81.1(-2.5%)(今年-0.1%)
ユーロは、108.6→117.8→120.1(+1.9%)(今年+10.6%) 
英ポンドは、126.7→133.4→135.5(+1.6%)(今年+6.9%)
豪ドルは、83.1→86.0→88.9(+3.4%)(今年+7.0%)
NZドルは、63.4→63.4→65.7(+3.7%)(今年+3.6%) 
カナダドルは、81.3→85.7→85.8(+0.1%)(今年+5.5%)
GSG(米ドル建て商品価格ETF) 34.10→37.35→38.94(+4.3%)(今年+14.2%)

4月は、円が弱め、米ドルはもっと弱めといったところ。

2010年から米ドル建て商品価格(海外ETFのGSGの値)も参考値としてみてますが、4月も+4.3%と着実に上がり続けてます。米ドル建てなので、米ドルが弱かったからという要因もあるでしょうが。
利上げがそう遠くないのではないかと見られている、ユーロや英ポンド豪ドル等が上げました。カナダドルの米ドルに対する強さや豪ドルの強さなんかは、資源高の後押しも有るからでしょうかね。

外貨FX 0% (今年+11.2%)
取引なし


続いて、世界の株価を見てみましょう。 

アメリカ株 はというと、(米ドルベース) 
NYダウが、2010年末11578→3月12320→4月12811+4.0%)(今年+10.6%)
SP5001257.6→1325.8→1363.6(+2.9%)(今年+8.4%)
NASDAQは2652.9→2781.1→2873.5(+3.3%)(今年+8.3%)

アメリカ株は3~4%程度の上昇。ただし米ドルが対円で-2.5%でしたので、円建て見ると、0.5%~1.5%程度の上昇に留まります。

ヨーロッパ株
はいうと、(現地通貨ベース)
ドイツDAXは、6914.2→7041.3→7514.5+6.7%)(今年+8.7%)
イギリスFT100は、5899.9→5938.7→6069.9(+2.2%)(今年+2.9%) 
ヨーロッパ株も上昇。円建てで見るとユーロが+1.9%でしたので、ドイツが8.5%程度の上昇。ポンドが+1.6%でしたのでイギリスは4%程度の上昇。

Brics
はというと、(現地通貨ベース)
インドSENSEX指数は、20509→19445→19136(-1.6%)(今年-6.7%)
ブラジルは、69305→68587→66133(-3.6%)(今年-4.6%)
ロシアは、1772.5→2041.8→2033.3-0.4%)(今年+14.7%)
上海総合指数は、2808→2930→2912(-0.6%)(今年+3.7%)
香港H株指数は、12587→13316→13209(-0.8%)(今年+4.9%)
ブラジルが-3.6%。その他のBRICsも小幅ながらマイナス。

投資信託(含む海外ETF) +1.9% (今年+7.4%)
今月も自動積み立てでの投資です。

トータル +0.9% (今年+3.7%)

4月は自動積立分だけの投資でした。
4月はほとんど、東北への出張となりました。途中、インターネットのつながらないホテルだったりで、いつにもまして更新がおろそかになってしまいました。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。
アクセス解析アクセスランキング