スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

カンボジア 

1月末にカンボジアに行ってきました。
とりあえず、写真のスライドショー作ってみた。

カンボジアの写真スライドショー [ http://www16.atpages.jp/staygold2/cambo3.pdf ] (←PDFです右クリックで保存。)
Adobe Reader 8 [ http://www.adobe.com/jp/support/downloads/reader_80.html ] なら音楽付きになります。よくわからないのですが、
Adobe Reader 9 [ http://www.adobe.com/jp/products/reader/ ] やその他のPDFソフトなら音は出ません。再生を押せばスライドショースタート。カーソルを動かせば操作部分が出て、終了は「Esc」キーです。スライド ショーではなく自分のペースで見たい際は、×をクリックしてください。

シェムリアップでは、
アンコールワット               ベンメリア
アンコールワット     ベンメリア

タプローム                  プノンバケンから夕焼け見たり
タプローム    夕焼け  

その他、アンコールトムなど、いろいろな遺跡を見たり。

プノンペンでは、フリースクールで4日間ボランティア(日本語の授業をやったり、授業の手伝い丸付けとか、子供と遊んだり、遊ばれたり) してきました。
子供とかすごいかわいかった~。すごく良い経験ができました。
resize0234.jpg resize0236.jpg
resize0232.jpg resize0230.jpg

スポンサーサイト
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

2013年1月の世界の株価指数と為替 

2013年1月の世界の主要株価指数と為替の動きです。
今年最初の月は、昨年末の流れを継続し、大幅な円安・日本株高でした。

2012年末→1月末(先月末比)(昨年末比)です。

為替を見てみましょう。対円 
米ドルは、2012年末86.8→91.6(+5.5%)(今年+5.5%)
ユーロは、114.5→124.4(+8.6%)(今年+8.6%) 
英ポンドは、141.0→145.2(+3.0%)(今年+3.0%)
豪ドルは、90.2→95.5(+5.8%)(今年+5.8%)
NZドルは、71.8→76.8(+6.9%)(今年+6.9%) 
カナダドルは、87.4→91.8(+5.0%)(今年+5.0%)
GSG(米ドル建て商品価格ETF)32.79→34.29(+4.6%)(今年+4.6%)

2013年1月の主要国通貨は11月・12月に続いて対円で揃って大きく上昇しました。ユーロが+8.6%で124.4円まで回復。米ドルも+5.5%で91.6円と90円台に乗せました。完全な円安ですね。
さて今後もこの円安基調が続くのか、あるいはまた元の円高に戻るのか。

2010年から米ドル建て商品価格(海外ETFのGSGの値)も参考値としてみてます。2013年最初の月は+4.6%と商品価格としては大きめな上昇となりました。円建てで見ると、米ドルが+5.5%ですので約10%もの上昇になりますね。

外貨FX 0% (今年0%)
ノーポジ。取引なし

続いて、世界の株価を見てみましょう。 

アメリカ株 はというと、(米ドルベース) 
NYダウが、2012年末13104→13861+5.8%)(今年+5.8%)
SP5001426.2→1498.1(+5.0%)(今年+5.0%)
NASDAQは3019.5→3142.1(+4.1%)(今年+4.1%)

アメリカ株は揃って5%前後のプラス。
円建てでは、ドルが+5.5%でしたので10%前後もの上昇

ヨーロッパ株
はいうと、(現地通貨ベース)
ドイツDAXは、7612.4→7776.1+2.1%)(今年+2.1%)
イギリスFT100は、5897.8→6276.9(+6.4%)(今年+6.4%) 
ヨーロッパ株も上昇。
円建てでは、ユーロが+8.6%でしたので、ドイツ株は10%以上の上昇。
英ポンドが+3.0%でしたので、イギリス株も10%ちかくの上昇。

Bricsはというと、(現地通貨ベース。ロシアは米$建て)
インドSENSEX指数は、19590→19895(+1.6%)(今年+1.6%)
ブラジルは、60952→59761(-2.0%)(今年-2.0%)
ロシアは、1530.4→1628.3+6.4%)(今年+6.4%)
上海総合指数は、2269→2385.4(+5.1%)(今年+5.1%)
香港H株指数は、11436→12131(+6.1%)(今年+6.1%)
Bricsはブラジルのみ下落、他は上昇。円建てではもっと大きな上昇になっていると思います。

投資信託(含む海外ETF) +8.9% (今年+8.9%)
円安効果が大きく、それに全体的な株高ですね。
夏時期に追加資金を加えた分は、投資信託用のキャッシュポジションや日本債券など増やしたので、海外株の投資信託などの数字と比べて上下が緩やかめになってます。


日本の株価指数を見てみましょう。
日経平均 2012年末10395→11139(+7.2%)(今年+7.2%)
TOPIXは、859.8→940.3(+9.4%)(今年+9.4%)
2部株価指数は、2475.9→2727.4+10.2%)(今年+10.2%)
日経JASDAQ平均は、1413.3→1577.0(+11.6%)(今年+11.6%)
マザーズ指数は、404.4→531.7(+31.5%)(今年+31.5%)
REIT指数は、1114.7→1238.9(+11.1%)(今年+11.1%)

日経平均が+7.2%、TOPIXが9.4%と大幅上昇でした。円安効果でしょうね。輸出企業にとってプラスなのはもちろん、海外投資家にとっては円安は日本株を安く買えますしね。その他の主要株価指数は10%越えの上昇。マザーズ指数は驚きの+31.5%です!マザーズは、ここ数年で大幅に下っていたというのも大きいとは思いますが。
私が株や投資信託を始めたのは、2005年でちょうど郵政民営化をかかげた小泉自民党が選挙で圧勝。郵政相場とも言われた年で株価が大幅上昇。特に新興市場が大幅に上昇。デイトレや信用取引で初心者でも大きく儲かったりした時でした。なんか今の上昇を見ているとその時を思い出しますね。

 +7.1% (今年+7.1%)
日本株全体の勢いにはやや乗れてない感じ。なぜかここ数年、TOPIXや新興株価指数よりも日経平均に近い動きする事が多いんですよね。

先物ミニ・OP   0% (今年0%)
取り引きなし。

トータル +7.9% (今年+7.9%)
1月は、昨年7~12月に続き自動積立のみ。
自分の資産が増える(マイナスが減る)のは嬉しいですけど。新たな購入分は安くかえなくなってきましたね。


一ヶ月前に2012年の主要株価指数と為替の値動きのまとめると書いたのに、やれなくってどうもすみません。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。
アクセス解析アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。