スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

証券税率10%→20%へ。今年一旦、売るべきか!?売らざるべきか!? 

来年2014年から、株や投資信託の税金が10%から20%になります。例えば10万円の利益が有った場合、今年売れば税金は1万円ですが、来年売れば税金は2万円に増えてしまいます。
※復興特別所得税があるので正確には、10.147%から20.315%。

今回は、来年以降も保有するつもりの株や投資信託も、今年中に一回売ってすぐに買いなおした方が良いのか、それとも売らずにそのまま保有していた方が良いのかをシミュレートしてみます。

買いなおしのメリット。
税率が低い今年のうちに売ってしまった方が、ここまでの利益分に対しての税金が低くなる。

買いなおしのデメリット。
税金が引かれる。株は取引手数料がかかる。投資信託は購入に手数料がかかるものがあるし、ノーロードでも一旦売る際に信託財産留保額が引かれる。 その為、一旦売って買いなおしをすると、しない場合と比べて投資金額が少なくなり、複利効果が薄れてしまう。

手っ取り早く結論だけ知りたい人は、まとめへ。



というわけで、作ってしまいました。税金計算シミュレーション(Excel)。
基本的に、ピンクの欄が変数ですので、そこの数字をいろいろ入れ替えてみてください。結果がイメージしやすいように元本欄もピンクにしてありますが、基本的に元本の大小は、どっちが得になるかの分岐点の結果には影響を与えません。黄色の欄が結果です。
もちろん式の意味を理解したうえで、他のところを変化させるのはご自由にどうぞ。
おかしな所等ありましたら、教えてください。

まずは、取引手数料や信託財産留保額などが一切かからないと仮定した場合の計算をしてみましょう。
今年までの利益50%、売却手数料・信託財産留保額0%、購入手数料0% を入力

買いなおし以降の利益が+125%(2.25倍)と+126%(2.26倍)の間が分岐点になります。
今後の利益が125%以下なら、今年中に一回売って買いなおした方がよく。126%以上なら今年売らずにそのまま保有の方がトータルでのリターンが大きくなります。
このケースの場合は、買いなおし時点の利益がどの位かは影響しません。


次に、株や国内上場のETFを考えてみましょう。
株式の取引手数料は、証券会社や取引金額によって全然違いますけど。SBI証券の場合、アクティブプランで1日10万円まで100円(0.1%~)、1日50万円までで450円(0.09%~0.1125%)等となっています。
今年までの利益が50%、売買手数料を売却、購入共にで0.12%として計算してみると。
買いなおし以降、+112%以上上昇した時に、今年売らずにそのまま保有の方がリターンが高くなります。
買いなおし時点の利益を+200%(3倍)になっているケースで、計算しても分岐点は+119%以上です。
このケースの場合は、今年一旦売るまでの利益はほぼ無視して構わないと思います。

投資信託は、手数料がかからないノーロードファンドなどが増えていますが、その場合信託財産留保額0.04%程度。
買いなおし時点の利益が50%。購入手数料が0%、信託財産留保額が0.04%として計算してみると。+124%以上がボーダーとなります。
このケースの場合も、今年一旦売るまでの利益はほぼ無視して構わないと思います。

新興国株式などでは、購入時手数料に3.15%とかかかるものが有ります。
ここまで手数料が大きくなってくると、買いなおし時点の利益は影響してきます。
買いなおし時点の利益が+30%以下の場合は、売却時の税金と再購入時の手数料が大きく響いてしまう為、買いなおし以降の利益が例え0%でも、買い直しをしない方が有利です。
買いなおし時点の利益が+100%の場合は、買いなおし以降の利益が50%越えが分岐点で、それ以上になるなら、そのまま保有がお得。

続きを読む
スポンサーサイト
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

2013年7月の世界の株価指数と為替 

2013年7月の世界の主要株価指数と為替の動きです。

2012年末→6月末→7月末(先月末比)(昨年末比)です。

為替を見てみましょう。対円 
米ドルは、2012年末86.8→6月末99.3→97.9(-1.4%)(今年+12.8%)
ユーロは、114.5→129.2→130.2(+0.8%)(今年+13.7%) 
英ポンドは、141.0→150.9→148.9(-1.3%)(今年+5.6%)
豪ドルは、90.2→90.7→88.0(-3.0%)(今年-2.4%)
NZドルは、71.8→76.9→78.2(+1.6%)(今年+8.8%) 
カナダドルは、87.4→94.3→95.3(+1.0%)(今年+9.0%)
GSG(米ドル建て商品価格ETF)32.79→30.80→32.54(+5.6%)(今年-0.8%)

2010年から米ドル建て商品価格(海外ETFのGSGの値)も参考値としてみてます。7月は+5.6%と大きく上昇しました。
米ドルは-1.4%、ユーロは+0.8%などまちまち。今月は為替は大きくは動きませんでした。

外貨FX 0% (今年0%)
ノーポジ。取引なし

続いて、世界の株価を見てみましょう。 

アメリカ株 はというと、(米ドルベース) 
NYダウが、2012年末13104→6月末14910→7月末15500+4.0%)(今年+18.3%)
SP5001426.2→1606.3→1685.7(+4.9%)(今年+18.2%)
NASDAQは3019.5→3403.3→3626.4(+6.6%)(今年+20.1%)

アメリカ株は上昇。NYダウは最高値を更新しました。
円建てでは、米ドルが-1.4%なので、2.5%~5%程度の上昇。

ヨーロッパ株
はいうと、(現地通貨ベース)
ドイツDAXは、7612.4→7959.2→8276.0+4.0%)(今年+8.7%)
イギリスFT100は、5897.8→6215.5→6621.1(+6.5%)(今年+12.3%) 
ヨーロッパ株も上昇。
円建てでは、ユーロが+0.8%なので、ドイツは5%弱の上昇。
ポンドが-1.3%なので、イギリスが5%強の上昇となりました。

Bricsはというと、(現地通貨ベース。ロシアは米$建て)
インドSENSEX指数は、19590→19396→19346(-0.3%)(今年-1.2%)
ブラジルは、60952→47457→48234(+1.6%)(今年-20.9%)
ロシアは、1530.4→1278.6→1320.9+3.3%)(今年-13.7%)
上海総合指数は、2269→1979.2→1993.8(+0.7%)(今年-12.1%)
香港H株指数は、11436→9311→9659(+3.7%)(今年-15.5%)
新興国は小動きとなりました。

投資信託(含む海外ETF) +2.6% (今年+15.2%)



日本の株価指数を見てみましょう。
日経平均 2012年末10395→6月末13677→13668(-0.1%)(今年+31.5%)
TOPIXは、859.8→1133.8→1131.7(-0.2%)(今年+31.6%)
2部株価指数は、2475.9→2990.4→3157.8+5.6%)(今年+27.5%)
日経JASDAQ平均は、1413.3→1765.0→1823.2(+3.3%)(今年+29.0%)
マザーズ指数は、404.4→660.2→742.1(+12.4%)(今年+83.5%)
REIT指数は、1114.7→1396.7→1312.7(-6.0%)(今年+17.8%)

日経平均やTOPIXは、6月は下っているなと思っていたら後半上げてプラマイ0って感じでしたが、7月は逆に上がっているなと思っていたら後半下げてプラマイ0って感じ。

マザーズ指数が+12.4%など、比較的新興市場、小型株の方が調子が良かったようです。
一方REITは-6.0%と大きめな下落でした。

 -0.1% (今年+26.5%)
取り引きなし。
先物ミニ・OP   0% (今年0%)
取り引きなし。

トータル +1.6% (今年+19.6%)
毎月の自動積立のみ。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。
アクセス解析アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。