スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

2013年大納会 2014年大発会 

大納会年末の最終取引日を指します。例年12月30日で、当日が休日や祝日に当たる場合は、その直前の営業日になります。 2008年までは半日立会いで午前中だけの取引でしたが、2009年末からは、普段通りの全日立会いになりました。

大発会年始の取引開始日を指します。例年1月4日で、当日が日曜日の場合は1月5日、土曜日の場合は1月6日になります。

2014年の大発会は1月6日(月)です。


 毎年書いてる、大納会・大発会のアノマリーを見てみると、

1995-1996大納会は下落、大発会は上昇
1996-1997大納会は下落、大発会は上昇
1997-1998大納会は上昇、大発会は下落
1998-1999大納会は下落、大発会も下落
1999-2000大納会は上昇、大発会も上昇
2000-2001大納会は下落、大発会も下落
2001-2002大納会は上昇、大発会も上昇
2002-2003大納会は下落、大発会は上昇
2003-2004大納会は上昇、大発会も上昇
2004-2005大納会は上昇、大発会も上昇
2005-2006大納会は下落、大発会は上昇
2006-2007大納会は上昇、大発会は上昇
2007-2008大納会は下落、大発会も下落
2008-2009大納会は上昇、大発会も上昇
2009-2010大納会は下落、大発会は上昇
2010-2011大納会は下落、大発会は上昇
2011-2012大納会は上昇、大発会は上昇
2012-2013大納会は上昇、大発会は上昇

過去18年間の年末から年初にかけた値動きを見てみると、
大納会は9勝9敗。特に大納会だから上がるとか、下がるなどとかの関連性はなさそう。
一方大発会は14勝4敗、2002~2007年まで6連勝中でしたが、2008年は大幅下落となりました。そして2009年からは再び5連勝中です。下落した4回は、全て前年の12月に日経平均が下がっている下落トレンドの時です。つまり、12月上がってる時は翌年の大発会は過去18年間負け無し。

逆に、大発会の上下と、その年の年間の上下を見てみましょう。1年の計は大発会にあり?

 大発会   年間 
1996年   上昇   下落
1997年  上昇  下落
1998年   下落  下落
1999年  下落  上昇
2000年  上昇  下落
2001年   下落  下落
2002年   上昇  下落
2003年   上昇  上昇
2004年   上昇  上昇
2005年   上昇  上昇
2006年   上昇  上昇
2007年   上昇  下落
2008年  下落   下落
2009年  上昇  上昇
2010年   上昇  下落
2011年  上昇  下落
2012年  上昇  上昇
2013年  上昇  上昇

大発会と年間の上下が同じだったのが10回。違う結果となったのが8回。大発会と年間の上下の間には、あまり相関関係はなさそう。
ロシア財政危機LTCM破綻のあった1998年、ITバブル崩壊の2001年、リーマンショック後の2008年は下落・下落パターンでした。偶然でしょうが、下落・下落パターンの時は大きな下落となっていますね。


今回で、2013年最後の記事になります。
それでは、皆さん良いお年を!
2013年12月や年間の値動きは年明けにまとめる予定です。
スポンサーサイト
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

個人向け国債 

個人向け国債についてです。<金利等は2013年12月現在の数字です>

個人向け国債は、大きく個人向け国債と新窓販国債の2つに別れます。

個人向け国債 新窓販国債
発行後1年以上で換金可能。国による買取。 国による買取はなし。
いつでも市場で換金可能 
国で買取。直前2回分の税引き後金利を差し引いた金額。その時の債券価格の影響を受けない。  市場価格で売買。その時の債券価格の影響を受ける。

個人向け国債は固定金利型3年と5年と、変動金利型10年があります。発売は3.6.9.12月の年4回だったのですが、2013年12月から毎月発売になるようです。1万円以上1万円単位

新窓販国債は固定金利型2年5年10年の3タイプで毎月の発売です。5万円以上5万円単位

どちらも半年ごとに利子がつき、預金と同じく利子に対して20.315%の税金が引かれます。

以前の記事では違いを表にまとめていましたが、個人向け国債のサイトの表の方がわかりやすいので、そっちを見てください。
 2013年12月の金利 税引き前利回り 
個人向け国債 変動10年 0.43% 
個人向け国債 固定5年  0.15% 
個人向け国債 固定3年  0.08% 
新窓販国債 固定10年 0.60% 
新窓販国債 固定5年  12/13公表予定 
新窓販国債 固定2年  0.10% 

個人的な考えも含めてざっくり書いてしまうと。
固定金利2年~5年ものは、金利は0.10%~0.15%(税引き前)。銀行の定期預金と比べると、メガバンクや地方銀行等よりは金利が高いが、ネット銀行のと比べると同等以下。ネット銀行の定期預金と比べるとメリットはあまり感じない。

固定金利5年ものの場合、100万円を預けた場合、1年あたりの税引き後金利は約1200円なので、5年で約6000円
変動金利10年は、金利は当然変動しますが。仮に今位の金利が5年間続くと仮定した場合。100万円を預けた場合、1年あたりの税引き後金利は約3400円なので、5年で約17000円。5年で解約した場合、1年分の金利は戻さないとならない為、19000-3400で約15600円
よって、今後今よりもよっぽど金利が下がらない(長期金利が0.3%以下とか)限りは、今5年固定ものを買うよりは10年変動ものを買った方が得。

それでは、変動10年と固定10年を買った場合、どちらが得か。
10年解約しない場合
これから10年もずっとこんな低金利が続くと考えるなら新窓販の10年固定。
長期金利 が今よりも上がって10年間の平均が1%超えるでしょと思うなら10年変動

途中解約する場合
解約する時に、今よりも長期金利が低くなっているだろうと考えるなら新窓販10年固定。
解約する時に、今よりも長期金利が高くなっているだろうと考えるなら10年変動。

10年国債の利回りチャート←週足か月足にするとわかりやすいと思います。
ちょっと話しがそれますが、[山崎元のホンネの投資教室]の日米の長期金利を見ておこうという記事は興味深かったです(2007年12月の記事です)
以下引用 長期金利の理論価格は、(1)大まかには予想される名目GDPの成長率くらいの水準で決まる、(2)将来の短期金利の予想から決まる、といった決まり方をすると考えておけばいいだろう。もう一つつけ加えると、時には(3)海外の長短の金利に影響されることがある、というのが一応の基本知識だ。
アメリカ10年国債の利回りチャート←週足か月足にするとわかりやすいと思います。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

2013年11月の世界の株価指数と為替 

2013年11月の世界の主要株価指数と為替の動きです。

2012年末→10月末→11月末(先月末比)(昨年末比)です。

今月はまず為替を見てみましょう。対円 
米ドルは、2012年末86.8→10月末98.3→102.4(+4.2%)(今年+18.0%)
ユーロは、114.5→133.5→139.1(+4.2%)(今年+21.5%) 
英ポンドは、141.0→157.7→168.1(+6.6%)(今年+19.2%)
豪ドルは、90.2→92.9→93.3(+0.4%)(今年+3.4%)
NZドルは、71.8→81.2→83.3(+2.6%)(今年+10.3%) 
カナダドルは、87.4→94.3→96.4(+2.2%)(今年+7.9%)
GSG(米ドル建て商品価格ETF)32.79→31.91→31.76(-0.5%)(今年-3.1%)

ユーロが+4.2%で一気に140円台へと近づきました。米ドルも同じく+4.2%で102円台に。英ポンドは+6.6%もの上昇でした。
2010年から米ドル建て商品価格(海外ETF のGSGの値)も参考値としてみてます。11月は-0.5%と比較的落ち着いた動きでした。

外貨FX 0% (今年0%)
ノーポジ。取引なし



日本の株価指数を見てみましょう。
日経平均 2012年末10395→10月末14328→11月末15662(+9.3%)(今年+50.7%)
TOPIXは、859.8→1194.3→1258.6(+5.4%)(今年+46.4%)
2部株価指数は、2475.9→3406.4→3464.8+1.7%)(今年+39.9%)
日経JASDAQ平均は、1413.3→1931.7→1975.2(+2.3%)(今年+39.8%)
マザーズ指数は、404.4→820.6→896.6(+9.3%)(今年+121.7%)
REIT指数は、1114.7→1474.9→1467.8(-0.5%)(今年+31.7%)

今月は指数によって、結構動きが違いました。
マザーズ指数が+9.3%と大きな上昇。最近は新規上場株も好調なようですね。
TOPIXが+5.4%だったのに対して、日経平均は+9.3%と大きな上昇でした。ここら辺は比較的日経平均の方が円安のプラス影響受けやすいのと、先物手動だったのかなあと思います。

 +6.1% (今年+37.8%)
取り引きなし。現在15%位がキャッシュポジションです。

先物ミニ・OP   0% (今年0%)
取り引きなし。

続いて、世界の株価を見てみましょう。 

アメリカ株 はというと、(米ドルベース) 
NYダウが、2012年末13104→10月末15546→11月末16086+3.5%)(今年+22.8%)
SP5001426.2→1756.5→1805.8(+2.8%)(今年+26.6%)
NASDAQは3019.5→3919.7→4059.9(+3.6%)(今年+34.5%)
アメリカ株は揃って上昇。NYダウはまたまた市場最高値を更新しました。
円建てでは、米ドルが+4.2%でしたので、7〜8%程度の大きな上昇となりました。

ヨーロッパ株
はいうと、(現地通貨ベース)
ドイツDAXは、7612.4→9020.0→9405.3+4.3%)(今年+23.6%)
イギリスFT100は、5897.8→6733.3→6650.6(-1.2%)(今年+12.8%) 
イギリスはマイナスでした。ポンドが大きくプラスでしたので、その影響もあったかもですね。
円建てでは、ユーロが+4.2%なので、ドイツは8.5%以の上昇。
ポンドが+6.6%なので、イギリスが5%強の上昇となりました。

Bricsはというと、(現地通貨ベース。ロシアは米$建て)
インドSENSEX指数は、19590→21197→20792(-1.9%)(今年+6.1%)
ブラジルは、60952→54256→52482(-3.3%)(今年-13.9%)
ロシアは、1530.4→1480.4→1405.9-5.0%)(今年-8.1%)
上海総合指数は、2269→2141.6→2220.5(+3.7%)(今年-2.1%)
香港H株指数は、11436→10627→11441(+7.7%)(今年+0.0%)
新興国は中国がプラスだった一方、インド・ブラジル・ロシアはマイナスでした。

投資信託(含む海外ETF) +2.7% (今年+24.8%)
来年からの税率上昇も考えて、合計2割程を一旦売って買い直しをしました。税金引かれた分利益が少なくなっています。※自分の場合口座残高をベースに計算しているので。

トータル +3.7% (今年+29.4%)
新規購入は毎月の自動積立のみ。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。
アクセス解析アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。