SBI証券(旧イートレード証券)のメリット 

現在オンライン証券での口座数、預け入れ数はSBI証券(旧イートレード証券)が断トツの1位です。
トップな理由はおそらく、豊富な商品、格安な手数料の2点が大きいと思います。

SBI証券のメリット1、豊富な商品
日本株~当然現物株の全銘柄扱ってますし、信用取引もできます。

外国株~米国株・中国株・韓国株・ロシア株・ベトナム株・インドネシア株・シンガポール株・タイ株・マレーシア株が取引可能です。米国株や中国株は取り扱いのあるネット証券が多いですが、韓国や東南アジアの株の取り扱いは、ネット証券の中では多いです。
信託報酬の低さが魅力の海外ETFの取扱いもしています。

単元未満株(S株)~ミニ株が単位株の10分の1からなのに対して、S株は1株から買うことが可能です。手数料は片道0.54%(最低手数料54円)。

投資信託~取扱いの投資信託は1500本以上も有ります。これはすごく多いです。また手数料無料のノーロードファンドだけも497本と充実してます。(数字は2014.5.14現在)投資信託もしたい人にもSBI証券おすすめです。
外貨MMFも6通貨の取り扱いがあります。

外国為替証拠金取引(FX)~全20通貨ペアと扱い通貨が多いです。

先物・オプション~日経225先物・先物ミニ・オプション取引を扱っていて、こちらも大幅値下げで業界最低水準になりました。

その他にも債券・個人向け国債なども扱っています。

SBI証券のメリット2、格安な手数料
ここは、手数料プランがスタンダードプランアクティブプランの2種類から月ごとに選択が可能です。スタンダードプランは1日に1回しか取引されない人、高額取引される人に有利なプランです。
アクティブプランは1日に何度も取引される人に有利なプランです。

スタンダードプラン

1注文の約定金額  ~10万  ~20万 ~50万  ~100万 ~150万 ~3000万 3000万越え  3000万越え 

現物手数料

150円 199円 293円 525円 628円 994円 1050円  1050円

信用手数料

154円  154円  206円  388円  388円 388円 388円 無料 

アクティブプラン

1日の約定金額の合計 ~10万  ~20万  ~30万 

~50万

~100万 ~200万  以降100万ごとに 

現物手数料

103円 206円  308円  463円 822円 1254円 +432円

信用手数料

103円  258円  258円  250円 515円  947円  +432円
※5000万円以上は無料

※現物手数料が普通の手数料です。
ちなみに、私は最初よく分からずそのままスタンダードプランにしてましたが、高額取引する人でなければアクティブの方が有利なケースが多いのでアクティブに変更しました。
もちろんスタンダードプランの方が有利な人もいます。

先物ミニの手数料は、1枚54円と最低水準です。

SBI証券のメリット3、その他にも良い点いろいろ

普通の成行・指値の他に寄指・引指・不成・寄成・引成、そして逆指値の注文方法が選べます。どの注文方法で注文しても手数料変わらないのはいいですね。

SBI証券のホームページは構成が分かりやすくて、使いやすいです。特にポートフォーリオ機能がお気に入りです。

口座を持つと会社四季報のデータが見られます。これは四季報欲しいけど高いよね、大きくて邪魔だよねーって人にはおすすめです。私はそんな一人です。

ネットから手数料無料で即時入金ができる金融機関が9行と多いです。


同じSBIグループのネット銀行住信SBIネット銀行との連携が良いです。セブン銀行を24時間手数料無料で利用できます。

まとめ
とりあえずどこの証券会社に口座開こうか迷って決められないなら、とりあえずSBI証券 に口座作っといて損はなし。一番無難です。だからこそオンライン証券口座数1位なのでしょう。もちろん部分、部分ではSBI証券より優れている証券会社もいろいろあります。


2008/7/1より、イートレード証券SBI証券に名称が変更になりました。
この記事は2014年5月25日現在の数字・データです。変更になる場合もありますので、必ずSBI証券のサイトでご確認ください。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

2014年4月の世界の株価指数と為替 

2014年4月の世界の主要株価指数と為替の動きです。

2013年末→3月末→4月末(先月末比)(昨年末比)です。

日本の株価指数を見てみましょう。
日経平均 2013年末16291→3月末14828→4月末14304(-3.5%)(今年-12.2%)
TOPIXは、1302.3→1202.9→1162.4(-3.4%)(今年-10.7%)
2部株価指数は、3569.8→3551.1→3480.5(-2.0%)(今年-2.5%)
日経JASDAQ平均は、2053.→2004.6→1954.1(-2.5%)(今年-4.8%)
マザーズ指数は、959.3→767.4→697.3(-9.1%)(今年-27.3%)
REIT指数は、1515.0→1465.5→1496.0(+2.1%)(今年-1.3%)

日経平均とTOPIX揃って-3.5%前後のマイナス。REIT以外の日本の主要な株式指数はマイナスでした。特にマザーズ指数は2月の-12.5%、3月の-8.3%に続いて4月も-9.1%でした。

 -2.2% (今年-11.9%)
取り引きなし

先物ミニ・OP   0% (今年0%)
取り引きなし。

為替を見てみましょう。対円 
米ドルは、2013年末104.9→3月末103.1→4月末102.3(-0.8%)(今年-2.5%)
ユーロは、144.5→142.2→141.8(-0.3%)(今年-1.9%) 
英ポンドは、173.5→171.8→172.5(+0.4%)(今年-0.6%)
豪ドルは、93.8→95.6→94.7(-0.9%)(今年+1.0%)
NZドルは、86.3→89.4→87.7(-1.9%)(今年+1.6%) 
カナダドルは、98.7→93.6→93.2(-0.4%)(今年-5.6%)

全体的に小動きでした。NZドルの-1.9%がやや目立ちます。

COMEX金先物は、1202.0→1283.8→1289.4(+0.4%)(今年+7.3%)
WTI原油先物は、98.23→101.58→99.68(-1.9%)(今年+1.5%)
CRB商品先物は、280.17→304.66→309.53(+1.6%)(今年+10.5%)
今年から、金先物・原油先物・商品先物も見てく事にします。
4月は原油価格っが-1.9%だった一方、商品先物が+1.6%と上昇、今年の上げ幅が10%を超えました。

外貨FX 0% (今年0%)
取引なし。


続いて、世界の株価を見てみましょう。 

アメリカ株 はというと、(米ドルベース) 
NYダウが、2013年末16577→3月末16458→4月末16581+0.7%)(今年+0.0%)
SP5001848.4→1872.3→1883.9(+0.6%)(今年+1.9%)
NASDAQは4176.6→4199.0→4114.6(-2.0%)(今年-1.5%)
3月はNYダウ、SP500はちょいプラスでしたが、-0.8%のドル安なので円建てならほぼプラマイ0。
NASDAQは円建てで-3%弱のマイナスでした。

ヨーロッパ株
はいうと、(現地通貨ベース)
ドイツDAXは、9552.2→9568.6→9603.6+0.4%)(今年+0.5%)
イギリスFT100は、6749.1→6598.4→6780.0(+2.8% )(今年+0.5%) 
円建てでは、ドイツはほぼプラマイ0。イギリスは+3%程度の上昇でした。

Bricsはというと、(現地通貨ベース。ロシアは米$建て)
インドSENSEX指数は、21171→22386→22418(+0.1%)(今年+5.9%)
ブラジルは、51507→50415→51627(+2.4%)(今年+0.2%)
ロシアは、1442.2→1186.3→1155.7-2.6%)(今年-19.9%)
上海総合指数は、2116.0→2033.3→2026.4(-0.3%)(今年-4.2%)
香港H株指数は、10816→10075→9780(-2.9%)(今年-9.6%)
ブラジルがプラス。インドと上海はほぼプラマイ0。ロシアと香港H株がマイナス。

投資信託(含む海外ETF) -0.1% (今年-0.9%)

トータル -0.8% (今年-4.7%)

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。
アクセス解析アクセスランキング