S株・ワン株・プチ株・まめ株とミニ株 

株は通常、100株や1000株など決められた単位(単元)でしか買う事ができません。1株5800円単元数100のトヨタなら、60万円近くの予算がないと買う事ができません。

それをもっと少ない金額で買えるのが、ミニ株単元未満株です。
単元未満株には各証券会社が愛称をつけており、SBI証券S株マネックス証券ワン株カブドットコム証券プチ株等があります。違いを表にまとめてみました。
ミニ株は証券会社によって手数料・取扱い銘柄等が違いますが、SMBC証券を代表として掲載しました。

売買単位
まず売買単位ですが、ミニ株は単元数の10分の1単位での注文になります。単元数が100ならば10株単位、単元数が1000なら100株単位。
それに対して単元未満株は1株単位で売買できます。例えば1株5800円単元数100のトヨタを10万円位買いたいなと思ったとき、ミニ株だと10株の58000円か、20株の116000円での売買になります。それに対して単元未満株はキリのいい10株や20株でも注文できますし、17株98600円といった注文ができます。なお株価はこの記事を書いた時のものですし、手数料等は含めてませんし、翌日の始値等での成行き注文になるので、多少上下します。

手数料(税別)

  S株
SBI証券

ワン株
(マネックス証券

プチ株
カブドットコム証券
まめ株
(野村ネット
&コール
ミニ株
(SMBC日興
ダイレクト
 手数料
(税抜)
0.5%
下限50円 
0.5%
下限48円 
2万円まで100円。
以降1万円ごとに+67円 
0.8%
下限100円
0.735%
下限945円
上限10500円 
5千円の約定 50円 48円  100円  100円  700円 
1万円の約定  50円 48円  100円 100円 700円 
3万円の約定  160円 160円  167円 240円  700円

5万円の約定

250円 250円  301円 400円  700円
10万円の約定 500円 500円  636円 800円  700円
20万円の約定 1000円 1000円 

1306円

1600円  700円
60万円の約定 3000円 3000円  3986円 4800円  700円
S株やワン株が手数料率(税抜)が0.5%と安め。プチ株やまめ株が続きます。SMBC日興証券のオンライントレードミニ株は700円均一(約定代金が2000円以上の場合)です。
以前はSBI証券の単元未満株(S株)には下限手数料が無かった為、数百円の株を一株といった買い方も「あり」でしたが。今は最低手数料が52円となり、往復で最低でも104円の手数料がかかる様になった為、数百円分だけ買うといった買い方はあまり現実的ではありません。
あくまで個人的な感覚ですが、単元未満株の片道手数料率として1%ぐらいまでなら許容範囲かなと考えます。S株ならすくなくとも5000円以上、できれば1万円以上の金額分を購入した方が良いかなと考えています。

取扱い銘柄  ◎売買可能 ○売却のみ可能 ×取扱いなし

  S株
SBI証券 
ワン株
マネックス証券
プチ株
カブドットコム証券 
まめ株
東証(1部・2部・マザーズ・JASDAQ)   ◎   ◎  ◎  ◎
名証(1部・2部・セントレックス)  ○  ◎  ◎  ◎
札証・福証  ○  ○  ○  ○
札証アンビシャス・福証Q-Board  ○  ×  ○  ○
ミニ株の取扱い銘柄は、各証券会社によってまちまちです。日興コーディアル証券の場合で約2300です。
それに対して単元未満株は東証(マザーズやJASDAQ含む)に上場銘柄のほとんどが売買可能です。以前は単元が1株の銘柄も結構有ったのですが、今は100株または1000株に集約されてきているので、ほとんどの銘柄が対象になりました。なお単元が1株の銘柄、整理ポスト・監理ポスト銘柄、保管振替非同意銘柄、外国銘柄、ETFREIT対象外です。
また名証・札証・福証に単元未満株に関しては、各証券会社によって取扱いが違います。S株は名証は購入できない、ワン株はアンビシャスとQ-Boardを売却できないです。
札証や福証などは売却のみなので、ミニ株のような使い方ではなく、株式分割などで生じた端株を処分する為という使い方になるでしょう。

注文受付時間と約定時間
ミニ株や単元未満株ともに、寄りでの成行き注文になります。

東証・大証・名証・札証・福証 売買受付時間
スクリーンショットS株

S株・ワン株は注文ができない時間帯が有るのに対して、プチ株は1日中受付可能です。また、当日の後場始値で売買できる最終時間は、プチ株が10時まで、S株・まめ株が10時半、ワン株が11時までとなっています。また夕方時間での注文は、S株やプチ株・まめ株は翌営業日の前場寄りでの売買となりますが、ワン株は翌営業日の後場寄りでの売買となります。

ミニ株と単元未満株の違い
ミニ株は証券会社名義であり、他の証券会社へ移管したりできません。その証券会社で買ったミニ株に限りまとめる事ができ、単元数に達したら普通の単元株として売買できます。
それに対して、S株やワン株・プチ株・まめ株といった単元未満株は、自分名義(正確には証券保管振替機構名義)で他の証券会社への移管が可能で、合算もできます
また株式分割で生じた端株とも一緒にまとめる事ができ、単元数に達すれば普通の単元株として売買できます。

ミニ株・S株・プチ株.・まめ株全てに共通する特徴としては、株主総会での議決権はありません。配当金や株式分割に関しては、持ち株数に応じて受け取ることができます

ミニ株は株の保有はあくまで証券会社なので企業からは一切郵便物が届きませんが、S株・ワン株・プチ株・まめ株などの単元未満株の場合は事業報告書などが企業から送られてきます。配当金の受け取りもミニ株が配当金相当額が証券口座に入金されるのに対して、単元未満株は単元株と同じ受け取り方法です。

まとめ
1、ミニ株は普通の単元株よりも少ない金額で購入が可能です。S株ワン株プチ株まめ株等の単元未満株は、ミニ株よりもさらに低額での取引が可能。ただし購入金額が大きくなると、単元株との手数料の違いが目立ちます。

2、S株・プチ株・まめ株は、株式分割で生じた端株を売る事ができる。また端株と併せることにより、単位株にする事ができる。

3、S株・ワン株・プチ株・まめ株はほぼ同じサービスであるが、手数料がS株とワン株が安めでお得。
  プチ株は毎月積立が可能。

まずは予算10万円位で株を始めてみたいって人には良いと思います。20万円の予算なら、10~15万円位の普通の単元株を買って、余ったお金で単元未満株を買ってみるってのもいいかも。
手数料率もだいぶ下がってきたので、銘柄分散・時間分散で買いたい人にもいいと思いますし、金額が高くて単元では買えない銘柄を買いたい場合にも。私はよく使ってます。

LINK
1万円で投資できるプチ株・S株ってナニ?[ALL About]

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

2014年5月の世界の株価指数と為替 

数日、インターネット使えない環境だった為、更新が遅くなりました。

2014年5月の世界の主要株価指数と為替の動きです。

2013年末→4月末→5月末(先月末比)(昨年末比)です。

日本の株価指数を見てみましょう。
日経平均 2013年末16291→4月末14304→5月末14632(+2.3%)(今年-10..2%)
TOPIXは、1302.3→1162.4→1201.4(+3.4%)(今年-7.7%)
2部株価指数は、3569.8→3480.5→3508.1(+0.8%)(今年-1.7%)
日経JASDAQ平均は、2053.→1954.1→2008.3(+2.8%)(今年-2.2%)
マザーズ指数は、959.3→697.3→777.2(+11.4%)(今年-19.0%)
REIT指数は、1515.0→1496.0→1565.0(+4.6%)(今年+3.3%)
日本の主要な株式指数は揃ってプラスでした。特にマザーズ指数は2月が-12.5%、3月が-8.3%、4月が-9.1%と下落続きでしたが、5月は一転+11.4%の大幅増でした。

 +3.5% (今年-8.9%)
取り引きなし

先物ミニ・OP   0% (今年0%)
取り引きなし。

為替を見てみましょう。対円 
米ドルは、2013年末104.9→4月末102.3→5月末101.7(-0.6%)(今年-3.1%)
ユーロは、144.5→141.8→138.7(-2.2%)(今年-4.0%) 
英ポンドは、173.5→172.5→170.5(-1.2%)(今年-1.7%)
豪ドルは、93.8→94.7→94.7(+0.0%)(今年+1.0%)
NZドルは、86.3→87.7→86.4(-1.5%)(今年+0.1%) 
カナダドルは、98.7→93.2→93.8(-0.7%)(今年-5.0%)

全体的に小動きでした。ユーロの-2.2%がやや目立ちます。

COMEX金先物は、1202.0→1289.4→1246.0(-3.4%)(今年+3.7%)
WTI原油先物は、98.23→99.68→102.70(+3.0%)(今年+4.6%)
CRB商品先物は、280.17→309.53→305.48(-1.3%)(今年+9.0%)
今年から、金先物・原油先物・商品先物も見てく事にします。
5月は金先物が-3%台のやや大きめは下落だった一方、原油先物は+3%台のやや大きめな上昇でした。

外貨FX 0% (今年0%)
取引なし。


続いて、世界の株価を見てみましょう。 

アメリカ株 はというと、(米ドルベース) 
NYダウが、2013年末16577→4月末16581→5月末16717+0.8%)(今年+0.8%)
SP5001848.4→1883.9→1923.6(+2.1%)(今年+4.1%)
NASDAQは4176.6→4114.6→4242.6(+3.1%)(今年+1.6%)
NYダウはまた高値更新したりしましたけど、ドルが-0.6%なので、円建てではほぼ0。SP500、NASDAQはやや上昇幅が大きかったです。

ヨーロッパ株
はいうと、(現地通貨ベース)
ドイツDAXは、9552.2→9603.6→9943.3+3.5%)(今年+4.1%)
イギリスFT100は、6749.1→6780.0→6844.5(+1.0% )(今年+1.4%) 
円建てでは、ドイツは+1%、イギリスはちょいマイナスといったところ。

Bricsはというと、(現地通貨ベース。ロシアは米$建て)
インドSENSEX指数は、21171→22418→24217(+8.0%)(今年+14.4%)
ブラジルは、51507→51627→51239(-0.8%)(今年-0.5%)
ロシアは、1442.2→1155.7→1295.7+12.1%)(今年-10.2%)
上海総合指数は、2116.0→2026.4→2039.2(+0.6%)(今年-3.6%)
香港H株指数は、10816→9780→10250(+4.8%)(今年-5.2%)
Bricsはまちまちでしたが、新興国市場全体では大きなプラスとなりました。
インドが+8.0%、ロシアが+12.1%と大幅上昇でした。

投資信託(含む海外ETF) +1.0% (今年+0.1%)

トータル +1.8% (今年-3.0%)

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。
アクセス解析アクセスランキング