月別アーカイブ

 2014年12月 

2014年大納会 2015年大発会 

大納会年末の最終取引日を指します。例年12月30日で、当日が休日や祝日に当たる場合は、その直前の営業日になります。 2008年までは半日立会いで午前中だけの取引でしたが、2009年末からは、普段通りの全日立会いになりました。

大発会年始の取引開始日を指します。例年1月4日で、当日が日曜日の場合は1月5日、土曜日の場合は1月6日になります。

2014年の大納会は12月30日(火)
2015年の大発会は1月5日(月)です。


 毎年書いてる、大納会・大発会のアノマリーを見てみると、

1995-1996大納会は下落、大発会は上昇
1996-1997大納会は下落、大発会は上昇
1997-1998大納会は上昇、大発会は下落
1998-1999大納会は下落、大発会も下落
1999-2000大納会は上昇、大発会も上昇
2000-2001大納会は下落、大発会も下落
2001-2002大納会は上昇、大発会も上昇
2002-2003大納会は下落、大発会は上昇
2003-2004大納会は上昇、大発会も上昇
2004-2005大納会は上昇、大発会も上昇
2005-2006大納会は下落、大発会は上昇
2006-2007大納会は上昇、大発会は上昇
2007-2008大納会は下落、大発会も下落
2008-2009大納会は上昇、大発会も上昇
2009-2010大納会は下落、大発会は上昇
2010-2011大納会は下落、大発会は上昇
2011-2012大納会は上昇、大発会は上昇
2012-2013大納会は上昇、大発会は上昇
2013-2014大納会は上昇、大発会は下落


過去19年間の年末から年初にかけた値動きを見てみると、
大納会は10勝9敗。特に大納会だから上がるとか、下がるなどとかの関連性はなさそう。
一方大発会は2013年まで14勝4敗、2002~2007年まで6連勝でしたが、2008年は大幅下落となりました。そして2009年からは再び5連勝です。下落した4回は、全て前年の12月に日経平均が下がっている下落トレンドの時です。つまり、12月上がってる時は翌年の大発会は過去18年間負け無しでした。しかし2014年は前年12月は上昇だったのですが、下落となりました。

逆に、大発会の上下と、その年の年間の上下を見てみましょう。1年の計は大発会にあり?

 大発会   年間 
1996年   上昇   下落
1997年  上昇  下落
1998年   下落  下落
1999年  下落  上昇
2000年  上昇  下落
2001年   下落  下落
2002年   上昇  下落
2003年   上昇  上昇
2004年   上昇  上昇
2005年   上昇  上昇
2006年   上昇  上昇
2007年   上昇  下落
2008年  下落   下落
2009年  上昇  上昇
2010年   上昇  下落
2011年  上昇  下落
2012年  上昇  上昇
2013年  上昇  上昇
2014年  下落  上昇

大発会と年間の上下が同じだったのが10回。違う結果となったのが9回。大発会と年間の上下の間には、あまり相関関係はなさそう。
ロシア財政危機LTCM破綻のあった1998年、ITバブル崩壊の2001年、リーマンショック後の2008年は下落・下落パターンでした。偶然でしょうが、下落・下落パターンの時は大きな下落となっていますね。


今回で、2014年最後の記事になります。
それでは、皆さん良いお年を!
2014年12月や年間の値動きは年明けにまとめる予定です。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。
アクセス解析アクセスランキング