スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

権利取最終日・権利落ち日・権利確定日 2016年版 

権利取り最終日と権利落ち日の一覧は、2016年版に更新しました。
3月末の権利取最終日は、3月28日(月)です。
以前は権利確定日の4営業日前(5日目)でしたが、2009年11月下旬からは普段と同じく3営業日前(4日目)に変更になりました

3月の株主優待銘柄はこちら。日本は3月決算企業が多いので、配当金や株主優待銘柄が一番多いのも3月です。


Ⅰ、株主優待・配当金の権利取り最終日
株主優待や配当金を権利を得る事ができるのは、月末だとは分かっていても、具体的にいつかって分かりにくいですよね。私も最初の頃よく分からなかったです。(権利確定日が20日の所も有りますが、特記が無ければ月末。)

権利確定日に株式名簿に載っていると、株主優待や配当金を得る事ができます。株式名簿に載る為には権利確定日の3営業日前(数えて4日目)までに株を買ってないと間に合いません。この日を権利取最終日もしくは権利付最終日と呼びます。例えば2016年2月ですと、土日祝日を除いて29・26・25・24と数えて24日が権利取最終日です。
ですので実際に株式を売買する場合、権利確定日よりも権利取最終日の方が重要です。権利取り最終日までに株を購入(約定)して保有していると権利を得る事ができます。
権利取最終日の翌営業日が権利落ち日です。権利落ち日に株を売却しても権利は残ります。ですので権利落ち日はたいてい株価は下がります。

でも、毎月日付を数えるのめんどくさいなーと思った人もいるんじゃないでしょうか?そんなあなたの為に!
今年(2016年)の権利取最終日を表にまとめてみました。(権利確定日が月末の場合)

  権利取り最終日  権利落ち日 
1月 26(火) 27(水) 
2月 24(水) 25(木) 
3月  28(月)  29(火) 
4月  25(月)  26(火)

5月 

26(木)  27(金) 
6月 27(月)  28(火) 
7月  26(火)  27(水)
8月 26(金)  29(月) 
9月 27(火)  28(水)
10月 26(水)  27(木) 
11月 25(金)  28(月) 
12月  27(火)  28(水) 

※12月31日は休日扱いになるようです。

まとめ
1、権利取り最終日までに株を購入して保有していると、配当金や株主優待をもらえる権利や、株主総会の議決権などを得る事ができます。
2、権利落ち日に売却しても、権利は無くなりません。権利落ち日は株価は通常下がります。

ブログ内関連記事
現物買いと信用売りで株主優待をGet!
恐怖!?の逆日歩
株の配当金の受け取り方法が便利に!
株主優待について考える

スポンサーサイト
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

2016年1月の世界の株価指数と為替 

2016年1月の世界の主要株価指数と為替の動きです。

2015年末→1月末(先月末比)(昨年末比)です。

中国が大きく下げた1月でした。
Brics
を見てみると、(現地通貨ベース。ロシアは米$建て)
上海総合指数は、3539.2→2737.6(-22.6%)(今年-22.6%)
香港H株指数は、9661→8029(-16.9%)(今年-16.9%)
インドSENSEX指数は、26161→24871(-4.9%)(今年-4.9%)
ブラジルは、43350→40406(-6.8%)(今年-6.8%)
ロシアは、757.0→745.3-1.5%)(今年-1.5%)

中国株(上海)は暴落と言ってもよい2割以上の下落。香港H株も約-17%のマイナス
その他の新興国もマイナスですが、後述する先進国と同程度のマイナス幅。

アメリカ株 はというと、(米ドルベース) 
NYダウが、2015年末17425→1月末16466-5.5%)(今年-5.5%)
SP5002043.9→1940.2(-5.1%)(今年-5.1%)
NASDAQは5007.4→4614.0(-7.9%)(今年-7.9%)
アメリカ株はNYダウとSP500が5%台の下落。NASDAQは8%近い下落。

ヨーロッパ株
はいうと、(現地通貨ベース)
ドイツDAXは、10743→9798-8.8%)(今年-8.8%)
イギリスFT100は、6242.3→6083.8(-2.5% )(今年-2.5%) 
円建てでは、ユーロが+0.5%だったので、ドイツ株は-8%位のマイナス。
ポンドは-2.6%だったので、イギリス株は-5%位のマイナス

投資信託(含む海外ETF) -6.5%(今年-6.5%)
NISA購入枠分の投資信託を一旦売って、NISAで買い替えしました。

新規積立購入分は、現在は円債券型を中心にしています。下落しないに越した事はないですけど。下落する確率も0ではないので、どちらでも対処できるように。
保有全体では外国株式型が8割がたなので焼石に水だとは思いますが。下がった時に買い出動できるキャッシュポジが少しでも有った方が、気持ち的に楽なので。リーマンの時にはその余裕が少なかった反省もあり。


為替を見てみましょう。対円 
米ドルは、12月末120.1→1月末121.1(+0.8%)(今年+0.8%)
ユーロは、130.5→131.2(+0.5%)(今年+0.5%) 
英ポンドは、177.0→172.4(-2.6%)(今年-2.6%)
豪ドルは、87.6→85.8(-2.1%)(今年-2.1%)
NZドルは、82.0→78.5(-4.3%)(今年-4.3%) 
カナダドルは、86.8→86.7(-0.1% )(今年-0.1%)

どちらかと言うと1月は円高で推移してましたが。最後黒田バズーカで無理やり対ドル・ユーロで円安に戻しました。それでもNZドルなどは-4.3%でした。

商品市場を見てみましょう。3つの数字は米ドル建てです。

WTI原油先物は、37.04→33.62(-9.2%)(今年-9.2%)
COMEX金先物は、1060.2→1116.4(+5.3%)(今年+5.3%)
CRB商品先物は、176.27→166.75(-5.4%)(今年-5.4%)

原油は、-10%越えだった11月・12月に続き、-9.2%の下落でした。
一方金先物は、+5.3%とプラスでした。

外貨FX 0% (今年0%)
取引無し。2016年円高と円安どっちに振れる可能性が高いかでは円高かなとは思いますが、金利スワップも考えるとなかなか外貨のショートする勇気もなく。まぁ別に今の状況で無理に取引しなくても良いかなと。

日本の株価指数を見てみましょう。
日経平均 2015年末19034→1月末17518(-8.0%)(今年-8.0%)
TOPIXは、1547.3→1432.1(-7.4%)(今年-7.4%)
2部株価指数は、4729.8→4482.2(-5.2%)(今年-5.2%)
日経JASDAQ平均は、2647.6→2480.3(-6.3%)(今年-6.3%)
マザーズ指数は、887.1→831.3(-6.3%)(今年-6.3%)
REIT指数は、1747.5→1781.0(+1.9%)(今年+1.9%)

日本株は、日経平均が-8.0%だったのを筆頭に軒並み5%以上の下落でした。
もし黒田バズーカが無ければ、さらに大きな下落となるところでした。
そんな中、REIT指数だけは2%近いプラスでした。

株 -8.0%(今年-8.0%)
先物ミニ・OP   0% (今年0%)
1月は取り引きなし。きっちり、日経平均の負けに付き合う形となりました。。


トータル -6.9%  (今年-6.9%)   
大きめなマイナススタートの2016年となりました。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。
アクセス解析アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。