新規公開株IPOの買い方 

株ブログ回りをしていて、IPOに関するイイ記事を発見したので過去記事を更新しました。

その良い記事は↓
7/1新配分ルール~まとめ~ [IPO落選日記(ノ∀`)] です。
証券会社のIPOルールの変更点がまとめられており、IPOで証券会社選びしようとする人にとってはとても良い記事、良いブログだと思います。
この記事を読んで知った変更点を加筆修正しました。(変更点はの後です。)

昨年、株式市場に新規上場した企業は158社有りました。公開価格よりも初値が値下がりした銘柄は3つ。公開価格と初値が同じだった銘柄が4つ、そして初値が公開価格よりも値上がりした銘柄が151。
一番値上がりしたオールアバウトは、公募価格が26万円で初値は202万円。実に7.7倍にもなってます。新規公開158社の平均でも2.3倍と倍以上になってます。
これだけ値上がり銘柄が多いと、初値が公募価格を割るとその企業のイメージ的にあまり良ろしくなく、幹事証券会社のメンツ?もあるようで公募価格は控えめな価格(お得な価格)になっているようです。IPO銘柄が何倍にも値上がりしてPERが100倍以上とかになってるのを見ると、個人的にどうかとは思いますが、少なくとも公開価格で買えるならお得だと思います。なので、最近私もIPOの購入申し込みを始めました。
もちろんIPO銘柄が高騰しているって情報は、知る人ぞ知る情報ではなく皆が知ってる事なので、当然公開株数に対して多数の申し込みが有り、抽選に当らないと公募価格で買う事はできません。
それからIPOの申し込みはどこの証券会社でも出来るわけでなく、その銘柄の割り当てがある証券会社でのみ申し込みできます。特に主幹事となる証券会社は割り当て数が多く、当選する確立が高くなるようです。

4月12日上場予定のクラスターテクノロジーを例に証券各社での申し込みの仕方をまとめてみました。カッコ内の日付はクラスターテクノロジーの場合です。

イートレード証券でのIPOの買い方
①ブックビルディングに申し込む
ブックビルディング申し込み期間(3/24 9:00~3/30 18:00)の間に購入の申し込みが必要です。
仮条件価格の範囲(6万円~7万円)内で購入希望価格を入力します。当然申し込み者が多いので仮条件の上限の価格(7万円)でないと抽選の権利を得るのすら難しいようです。

②抽選前(3/30 18:00)までに口座に資金を用意します。抽選中は資金が拘束されます(7万円が口座から引かれます)
抽選の結果はずれると、資金は口座に戻されます。

③当選すると、買うか買わないかの意思表示をする画面が有り、買うと意思表示すると公開価格での約定。買わないと意思表示したり指定期間中に意思表示をしないと、キャンセルになり口座に資金が戻されます。

ポイント1、イートレードではハズレの場合資金の拘束時間が抽選中の数時間だけ。なので、多くの銘柄に同時に申し込む事が可能です。
ポイント2、はずれた場合はIPOポイントが1ポイントもらえます。
ポイント3、1株申しこんだ場合は抽選権が1、10株申し込んだ場合は抽選権が10になります。この為たくさん資金が有る人の方が当りやすい。IPOポイントを使うと使用ポイント数分当選確率が上がります。個人のお客様への配分予定数量の70%については、買付余力の確認ができました有効申込株数に応じて厳正かつ公正な抽選を行わせていただきます。尚、一のお客様への当選数量には、上限を設けるものといたします。また、残りの30%については買付余力の確認ができました有効申込株数を対象に、お客様にご申告いただいたIPOチャレンジポイント数に応じて、指定IPOチャレンジポイント数の多いお客様順に配分させていただきます。指定IPOチャレンジポイント数が同一のお客様が複数おられる場合は、抽選により配分の順位をつけさせていただきます。
おそらく沢山の資金がない多くの個人投資家は30%のパイを奪い合う形になるかと思います。ただ今まで当らない事で有名?だったイートレですが、IPOポイントをコツコツ貯める事で当選のチャンスが増えそうです。
注目度の高い騰がりそうな銘柄の為にIPOポイントを取っておこうとする人が増えるかと思います。そうならばそれ程人気のない銘柄にIPOポイントをつぎ込めば当る可能性は上がりそう。イートレでIPOをする際は、貯めたIPOポイントをどう使うかの戦略が大事になってくるんじゃないかと思います。

マネックス証券でのIPOの買い方
①口座に資金を用意して、ブックビルディングに申し込む
ブックビルディング申込期間(3/24 0:00~3/30 11:00)中に、口座に資金を用意した上で申し込む。
申し込んだ時点で資金は拘束されます。
同時に複数の銘柄のブックビルディングに申し込みたい場合は、それぞれの購入資金の合計が口座に無いと申し込めません。

②抽選が行われます。抽選の結果はずれると資金は口座に戻されます。

③当選すると、買うか買わないかの意思表示をする画面が有り、買うと意思表示すると公開価格での約定。買わないと意思表示したり指定期間中に意思表示をしないと、キャンセルになり口座に資金が戻されます。

ポイント1、申込者数が配分単位数よりも多い場合は、1株申し込んでいた人も10株申し込んでいた人も抽選権は1になります。この為資金が有る人も無い人も当選確率は一緒
ポイント2、マネックス証券が主幹事の場合は当選数も多くなり、当りやすくなる。
ポイント3、ブックビルディング申し込み時に資金が拘束されるので、イートレードよりは資金拘束時間が長くなり、資金に余裕がないと同時に複数の銘柄に申し込めない。

野村證券ホームトレードでのIPOの買い方
①ホームトレードでは、野村證券が主幹事の銘柄のみIPOに参加可能です。
抽選申し込み期間中(3/24 6:00~3/30 11:00)に抽選の申し込みをします。抽選購入可能なのは1口のみ。

②抽選が当った場合は、口座に資金を用意して、購入申し込み期間(4/4 6:00~4/6 15:30)に購入申し込みします。

ポイント1、あらかじめ口座に資金を用意しなくても、抽選に当ってから資金を用意しても大丈夫。
ポイント2、野村が主幹事の銘柄のみなので、チャンスが少ない。ただし当選確立は悪くはない。原則として国内証券取引所に上場する新規公開株式のうち弊社で引受のある銘柄が対象です。(抽選参加いただける銘柄を拡大し、平成18年7月1日以降に決議された銘柄より弊社主幹事銘柄以外の銘柄も対象となりました)
野村が幹事の時は、主幹事でない銘柄も新たに抽選の対象になるってことです。これは野村に口座を持っている人にとっては朗報ですね。
ポイント3、野村證券は口座管理料がかかり、売買手数料も他のネット証券よりは高め。→ほっとダイレクト口座なら条件により口座管理料が無料になり、売買手数料の値引きも有ります。まあそれでもイートレなどと比べると高いけど。

自分流のIPOとの付き合い方
私の場合は、50万円をIPO用の予算にしました。当然もっと予算がある方が当りやすいしお金のやりくりも楽だとは思いますが、今はこれ位が限度です。10万円代で買える銘柄も結構あるので20万円位でも始める事は可能だと思います。
いろいろなIPOの情報サイトが有りますが、すぐに売るのであれば、とりあえずマネックスでフィスコの新規公開株情報見とけばいいかなと思ってます。
最近IPO申し込みを始めたばかりですが、今の所、資金はイートレードの口座に入れておいて、IPOの申し込みしています。
マネックスが主幹事の魅力的な銘柄があれば、一時的にマネックスに資金を動かして申し込みしようと思ってます。
またゆうちゃんパパさんに教えてもらった野村證券ホームトレードにも口座開設の手続き中です。口座管理料がかかりますが、1回でも当れば元とれるかなと。
これまで、イートレードは北海道銀行、マネックスは郵便局と指定出金先がバラバラだったんですが、スムーズに資金移動できるようにジャパンネット銀行に出金先を統一しました。

もちろん当選を期待したり、それが高騰してくれるのを願ってはいます。でもクジ運悪いし、そんなに簡単に当選しないだろうとも思ってます。もともとそれほど投資資金が有る訳ではないので、当らないと50万円が寝るのはもったいですが、いざとゆう時のキャッシュポジションで有ると考えれば、落選してもそれほど苦じゃないです。

以上IPO当選経験の無い初心者がいろいろと語りましたが、IPOに関するサイトは多く内容もずっと充実しているので、興味をもたれる方は見てみてください。
<おすすめ関連リンク>
[IPO勝利学]
IPOの事がよく分からないのであれば、まずはこのサイトを見てみるのをおすすめします。
各証券会社のIPOデータが、すごく役に立ちました。他のIPOサイトへのリンクも充実してます。

[TOKYO IPO]
IPO予定企業の日程や会社のデータを見る事ができます。その銘柄を申し込む事ができる証券会社とその割り当て割合を見る事ができます。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

う~ん、あいかわらずハイクオリティな記事を書かれていますね。

私も野村の口座を作ろうかなあと思いました。

紹介ありがとうございました。
<Eトレ>
ポイント3:申込み口数×IPOポイントと掛け算と思いこんでました。だからうん1000万円以上のお金が無いとほとんど当たらない現状になっていると。
<野村HT>
ポイント3:口座管理料は「ほふり」か何かにしておけば不要かと。
・IPOの申込みは1口のみ。
だったような気がします。うろ覚えですみません。

コメント

兜さん
お褒め頂きありがとうございます。
これからも、がんばっていこうと思います。

ゆうちゃんパパさん
イートレのIPOポイントはゆうちゃんパパさんのおっしゃる方が正しいです。本文訂正しました。ほんとうにありがとうございます。
https://newtrading.etrade.ne.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?getFlg=on&burl=search_home&cat1=home&cat2=service&dir=service&file=home_ipo.html
野村なんですが、自分が見たページでは、ほふり利用で口座管理料が半額になるって書いてました。全部のページきちんと見てないので、見逃してるのかもしれないです。
http://www.nomura.co.jp/hometrade/faq/qa_c13_01.html
野村の新しいネット専業証券会社はIPOとかどうなるんでしょうね。

相変わらず凄い情報量ですね。
頭が下がります。時間のあるときに
じっくり参考にしたいと思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/113-8df8077a

-

管理人の承認後に表示されます
アクセス解析アクセスランキング