RSI 

日経平均が17500円超え、TOPIXがITバブルの時の高値を突破と、最近やたらと騰がってますね。株の投資家として嬉しい反面、ちょっと加熱気味なんじゃないと心配になってしまいます。相場の加熱感(買われ過ぎ)を表す指標の一つにRSIがあります。今回RSIについて勉強しようといろいろ調べてみました。

参考にさせていただいたサイト
RSIとは [株寺]
RSI [テクニカル分析ABC NIKKEINET]
RSIって何?上手な活用法について [初心者のための割安株ドットコム]

日経平均が最近やたら上がってるなあとは誰もが思っていると思います。じゃあどの位上がってるの?100%でいったらどの位?
そんな疑問に答えてくれるのが、RSIです。
RSI は、買われ過ぎ売られ過ぎを表すテクニカル指標です。公式で表すと。
RSI=一定期間の値上げ幅の合計÷(一定期間の値上げ幅の合計+一定期間の値下げ幅の合計)×100
一定期間とゆうのは14日間と9日間とゆうのが一般的なようです。つまり14日間連続で上昇の場合が100、14日間続落の場合が0になります。
目安として、70もしくは80を超えると買われ過ぎ、30もしくは20を割ると売られ過ぎと判断します。
計算方法については[テクニカル分析ABC]に詳しく載ってます。紙とペンを用紙して計算機片手にRSIを計算してみてください。

とゆうのは冗談で、わざわざ自分で計算しなくてもいろいろなサイトでRSIを見る事ができます。代表的な所では、YAHOOファイナンスinfoseekマネーで見る事ができます。
ヤフーの方はまず見たい銘柄のチャート画面を開きます。追加指標の欄のRSIをクリックすると、チャートの出来高欄の下にRSIの推移が出ます。RSIは14日日間のもので、20%と80%の所に補助線が引いてあります。
インフォシークの方は、チャート画面を開くと初期設定でRSIが表示されています。20%30%70%80%に補助線が有ります。RSIは14日間と9日間の2つが表示され、カーソルを合わせるとRSIの具体的な数字も表示されます。ただちょっと細か過ぎるのとRSIの2本の線が重なって若干見にくいです。
RSIをとりあえず大雑把に知りたいならヤフー、じっくり詳しく見たいならインフォシークがおすすめです。

実際にインフォシークマネーで4月7日の日経平均のRSIを見てみると、
14日間で86.6%、9日間だと91.8%です。買われ杉!
RSIのグラフを見ると、昨年の10月中旬に一旦下がったもののその後上昇。1月中旬のライブドアショック時に大きく下げるもその後急反発、2月は再び下げ、3月後半から再び上昇と、日経平均のチャートと連動した動きをしています。上げ下げにより計算した指標なんであたり前ってゆったら当たり前ですが。
これを見ると、9日RSIが30%を下回った10月中旬、ライブドアショック、2月の下落時が押し目買いの絶好のチャンスだったといえそうです。

では、実際にRSIが売買のサインとして有効か実際に検証してみましょう。RSIが20を割った翌日の始値で買い、RSIが80を超えた翌日の始値で売るとします。
まずはアークスについて見てみます
9月の上旬と2月に20%を割り、10月、11月、そしてこの4月に80%を超えています。
RSIを14日間の物を使用すると
9月8日1429円買い→10月28日1616円売り(+187円)
2月16日1700円買い→4月7日1780円売り(+80円)でトータル267円のプラス。
RSIを9日間の物を使用すると
9月1日1442円買い→10月21日1555円売り(+113円)
12月30日1893円買い→3月31日1670円売り(-223円)でトータルで110円マイナスです。
RSIが9日よりも14日の方が動きが遅いので、下がった時はより下がった価格で買え、上がった時はより上がった価格で売れた事になります。
ちなみに9月8日からずっと持ち続けていると、1429円→1778円で349円のプラスです。

みずほフィナンシャルについて見てみると、RSI14日を使用した場合は2月の下落時に20%に届かず絶好の押し目買いチャンスを逃しています。それに対してRSI9日を使用すると、
7月29日488000円買い→7月29日509000円売り(+21000円)
1月11日900000円買い→2月1日953000円売り(+53000円)
2月14日880000円買い→3月6日933000円売り(+53000円)
この数字だけ見ると、短期に的確に利益をだせていると言えそうです。
今年ずっと持ち続けたとすると、1月4日(945000円)→4月7日(1000000円)でプラス55000円です。それに対してRSIを参考にした場合はプラス106000円です。
だがもし昨年7月29日(488000円)からずっと昨日4月7日(1000000)まで持ち続けた場合ははプラス51万2000円なのに対し、RSIにより売買するとプラス12万7000円です。

[初心者のための割安株ドットコム]や[株寺]でも指摘されていますが、RSIを売りのサインに使うと、早売りをしてしまい大きな上昇のチャンスを逃してしまう可能性が有ります。RSIを買いのシグナルとして使うのは良いかも。
ここで日経平均の5年チャートを見てみましょう
ITバブル時崩壊後の下落相場の中何度かRSIが20を割り、買いのシグナルが出ていますが、ここで買ってもさらなる下落が待っていました。下落途中の2002年上旬にRSIが80%を超え売りシグナルが出ていますが、このあたりは一時的に株価を戻した時期であり売りのチャンスであったように見えます。
以上をまとめると、長期的な上昇トレンドの中では買いのシグナルとして使用でき、長期的な下落トレンドの時には売りのシグナルとしてRSI は使えそうです

まとめ
1、RSIは、買われ過ぎ度・売られ過ぎ度を測る指標。
2、RSIは70もしくは80を超えると買われ過ぎ、30もしくは20を割ると売られ過ぎと判断します。
3、テクニカル重視の逆張り派の人にとっては、買われ過ぎは売りのサイン、売られ過ぎは買いのサインと見る事ができます。特に、上昇トレンドの時は買いのサイン、下降トレンドの時は売りのサインとして有効。
4、9日のRSIを使うよりは14日のRSIを使う方が、30・70%で判断するよりも20・80%まで待った方が、買いの際はより下がった価格で買え・売りの際はより上がった価格で売れます。しかし、基準に達しないうちに値動きが反転する場合も有り、その際は買い逃し・売り逃しの可能性が有ります。
5、RSIで売買するよりも、そのまま保有しつづけた方が利益が大きいケースも多いです。
6、RSIだけを見て売買するのは個人的には懐疑的ですが、その株が現在買われ過ぎているか・売られ過ぎであるかを見る為の指標としては使えると思います。

RSIを見ると、日経平均が今買われ過ぎているのは確かです。ですがRSIが80を超えてもすぐに下落するとは限らず、まだまだ上がり続けるかもしれません。
去年株式投資を始めたばかりの素人の個人的な考えを言うと、現在保有している株を急いで売る事はしないにしても、新たに今の水準で買い増ししようとは思えないかな。

<ブログ内関連リンク> この記事を書いた後にRSIのセミナーを受けました。追加で勉強になった事を2点書いています。→ RSIのセミナーを受けました

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

RSI、MFI、ROCを併用

わたくしも売買タイミングを計る指標としてRSIを最も重視してゐますが、そのほかにMFIとROCも併用してゐます。特殊な場合を除けば、RSI、MFI、ROCの3つで大体間に合ひますね。

Re:RSI、MFI、ROCを併用

どうも、こんばんわ。

[猿でもできる株式投資法]を読んでると、自分の知らなかったテクニカル的な見方を知る事ができて、勉強になります。
今回調べてみて、RSIとゆう指標は結構興味深いなと思いました。MFIとROCについても、いつか勉強したいと思います。

RSIのほかには

僕はMACDを見ますよ。yahoo!のはちょっと分かりにくいのですが、なんとなく他人(ファンドなど)が買う時にMACDで判断しているような気がして。
相変わらず素晴らしい記事をありがとうございます。もしかしたらyahoo!ディレクトリに登録できるくらいのブログになっているのでは?

Re:RSIのほかには

ゆうちゃんパパさん
いつも書き込み&お褒めいただきありがとうございます。やる気が出ます。

私は今までRSIを見ていなかったのですが、結構見てる人多そうですね。

MACDについては正直全然わからないので、今度勉強してみようと思います。

MACD

RSI分析がそぐわない銘柄の場合には、わたくしもMACD(マックディ)を補助的に使ひますね。したがつて、わたくしが最も重視するテクニカル分析指標は、RSI(&MACD)、MFI、ROCといふことになります。

ご無沙汰しています。
RSIの他、MACD、スローストキャスティクスを愛用しています。
RSIを見る際には、数値の水準だけではなく、
RSI自体にトレンドラインを引いて、RSIのトレンドの
変化に注目すると、何かといいことが多い気がします。

RSIって・・

こんばんは、今までRSIなどの指標は使った事がありませんでしたが、
とてもわかりやすく書いてあってあり難いです。

恐縮ではありますが、僕のblogからリンクさせて頂いています。
とても為になるblogだと思ったものですから。
もしもご不快でしたら、ご連絡いただければ即刻削除いたしますので、
よろしくお願いします。
  • [2006/04/11 22:40]
  • URL |
  • sellzeny@10万円から始める株式投資
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

猿でもできる株式投資法 さん
マックディって読むんですね。普通にエムエーシーディーと読んでました。

spiral_blue さん
こちらこそご無沙汰しています。コメント書き込みはしてませんが、いつもブログ見てますよ。
トレンドラインを引くってゆうのは、何かのソフトかサイトを利用してるのですか?それともプリントアウトして自分で線を引くって事ですか?それとも頭の中で?

株式経験豊富な方々がMACD利用しているみたいなんで、これはぜひ勉強しなくては!教えていただきありがとうございます。

sellzenyさん
不快だなんて事、全然無いですよ。リンクしていただきありがとうございますv-14
ちなみにうちのブログからのリンクは、現在は相互リンク集の方にお願いしております。もしよければご登録ください。
http://www.finito-jp.biz/link2-1/basic_link.cgi?id=kabuhazi

>トレンドラインを引くってゆうのは...
大抵は頭の中で引いています。
私の場合、売り買いの力関係の方向性を参考にするだけで、
売買のサインにはしないので、比較的アバウトかも。
RSIの右肩上がりのトレンドが崩れたら警戒し、
他の指標に問題がないか確認したり、
ストップをきつくするような感じで使っています。

もちろん、RSIだけを見て売買するのは、私も懐疑的です。

spiral_blueさん
丁寧な返答どうもありがとうございます。
単純な絶対値だけでなく、流れをみるって事ですね。ほんと勉強になります。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/117-de35cece

RSIとMFI

株の売買タイミングを計るためのテクニカル分析の指標として代表的なものにRSIとMFIがあります。RSIは「Relative Strength Index」(相対力指数)、MFIは「Money Flow Index」(マネー
  • [2006/04/19 10:34]
  • URL |
  • 猿でもできる株式投資法 |
  • TOP ▲

MACD(マックディ)とROC

株の売買タイミングを計るためのテクニカル分析の指標としてわたくしがよく用ゐるのはRSI、MFI、MACD、ROCです。RSIとMFIについては4月5日の当ブログでお話しましたので、今日はMACDとROCを
  • [2006/04/22 13:47]
  • URL |
  • 猿でもできる株式投資法 |
  • TOP ▲

ストキャスティクス(Stochastics)

株の売買タイミングを計るためのテクニカル分析の指標として、RSIとMFIを4月15日に、MACD(マックディ)とROCを4月22日に当ブログで取り上げましたので、今日はファースト・ストキ
  • [2006/04/29 13:20]
  • URL |
  • 猿でもできる株式投資法 |
  • TOP ▲
アクセス解析アクセスランキング