スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

騰落レシオ 

日経平均、とうとう8月17日の年初来安値を割りましたね。
11月12日現在25日騰落レシオは67.3、6日騰落レシオは30.1まで下がりました。
6日の方は、今年の最低値で昨年の7月以来の数字です。
25日の方は、8月17日の日経平均が安値をつけた日が騰落レシオも今年の最低値でその時は、56.6でした。
さて、今回はどこで反転するんでしょ?

記事更新するにあたって検索していたら、興味深い記事を見つけましたので、ご紹介。
過去の株式相場における騰落レシオの異常値から考える! [お悩み資産運用/株式投資から年金・相続まで]
過去に騰落レシオが60を切ったり、130以上になった時は、何があった時かがまとめられています。

日本以外の世界(主にアジア)の騰落レシオはこちらのサイトで見ることができます。先週末11月9日までの数字が更新されてます。
韓国や台湾なんかは8月の時よりも下になるまで下がってますね。
8月の時の最低値に迫っているのが、日本・アメリカ・上海・タイ・シンガポールなど。
10月に騰落レシオが120位にまで上がっていた香港やマレーシアは、100を割った程度です。

なんだかんだで、主体性のない日本がどこで下げ止まるかは、アメリカなどがどこで下げ止まるか次第な気が。。


<以下 2006年5月15日に書いた過去記事です>

個別の銘柄ではなく、市場全体の買われ過ぎ・売られ過ぎを見る指標が騰落レシオです。
ある期間の値上がり銘柄数÷値下がり銘柄数×100でもとめられます。
短期は5日か6日間、中期としては25日間を用いる事が多く、単に騰落レシオと言ったら中期の25日を指す事が多いようです。
例えば
値上がり700銘柄・値下がり500銘柄なら700÷500×100=140 
値上がり600銘柄・値下がり600銘柄なら600÷600×100=100 
値上がり400銘柄・値下がり800銘柄なら400÷800×100=50 となります。
では基準となる数字はどの位でしょう。いろいろな説があるようですが、

中期では70%以下なら底値圏である事が多いので売りは控えた方がいい長期的な上昇トレンドの時は70%以下になる事は滅多に無く、80%以下とゆうのもひとつの目安となる。
120%以上では高値圏である事が多いので買いは控えた方が良い・150%以上なら危険水域
短期では35%未満が安値圏で、250%以上で高値圏 となります。これも上昇相場の時は50%位がひとつの目安になりそうです。

騰落レシオは[株式新聞]で見る事ができます。またチャートは[OPTICAST]で見る事ができ、騰落レシオ25日はこちら騰落レシオ6日はこちらのページです。

では実際に騰落レシオ25日のチャートを見てみましょう。まず騰落レシオが下向きから上向きに反転している所を見てみると、1月23日・2月20日・3月7日。これを日経平均のチャートと見比べてみると、反転しているポイントがほぼ一緒です。
ライブドアショック後の1月23日は、ずっと株価が上がっていた後だったので騰落レシオは90.4で反転しています。2月20日は77.0、3月7日は72.5で反転しています。去年の4月に一度70を割って以来、その後の上昇相場の中一度も70を割らないで反発しているようです。5月12日の騰落レシオは73.4まで下がっています。
さて今回も70を切らずに反転するのでしょうか?それとも?

おすすめ関連リンク
騰落レシオ[All Aboutマネー用語集・株]~騰落レシオについて簡潔に分かりやすくまとめられています。
騰落レシオをについて騰落レシオについて2[塩漬け姉さん]~騰落レシオについて、とても詳しく解説してあります。


<2006年9月追記>この記事を書いた時2006年5月12日は、騰落レシオが73.4で日経平均が16601でした。
騰落レシオはその後も下がり、6月8日54.3まで下がりました。その時の日経平均は14633。日経平均の底は6月13日14218
7月の2番底の時は、7月24日71.7で反転しています。その時の日経平均は14794。日経平均の底は7月18日14437
8月~9月上旬の上げの時の騰落レシオの天井は、8月23日で141.6。その時日経平均は16163。日経平均の天井は9月5日16389
騰落レシオの底と日経平均の底は1~2週間ずれたりする事もあるようです。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

騰落レシオ

こんにちは。
インデックス投資派なので、テクニカル指標はほとんど見ないのですが、騰落レシオは、市場全体の過熱度合いを見る意味で活用しています。
マネックスメールで日々チェックしています。

staygoldさん、こんにちは。私、2002年の11月から株式投資をやってますが、騰落レシオ70%割れはほとんど見たことがないですね。2003年上げ相場、2004年ボックス相場、2005年上げ相場でしたから。下降相場になれば、見る機会が増えるのかもしれません。

ちなみに私は騰落レシオ150%越えは記憶にありません。上昇相場でもかなりのレアケースかと思います。

コメントありがとうございます。

水瀬さん
マネックスメールでも見られるんですね。せっかくマネックスに口座持ってる事ですし、試しにマネックスメールの申し込みしてみようかな。

兜さん
なるほどお。
もう一度去年からのチャートを見てみると、昨年の夏からあんだけ騰がったのにせいぜい133%台までしかなってないですね。じゃあどんだけ騰がれば150%いくんだよって感じですよね。
OPTICASTのチャートで補助線を引いてる80%と120%がとりあえずの注目点になりそうですね。
本文も加筆修正しとこうと思います。ありがとうございます。

ひやあ

だんだんブログが本格的になってきましたね!素直に学ばせてもらっています。

Re:ひやあ

ゆうちゃんパパさん いつもコメントありがとうございます!

またまたそんなご謙遜を。

勝手に持論を言うと、例えば騰落レシオについて知りたいなと思ってる人がいるとして、その人が検索エンジンで「騰落レシオ」と検索したらこのブログが上位に表示されて、記事を読んで、「ああなるほどね」と思ってくれるのが、理想です。
まだまだそこまでにはなってないですが、そのキーワードについて詳しく書いてあったり・分かり易いなと思ったページにリンクする事で、結果的に「ああなるほど」と思ってくれればと。

そろそろ

はじめまして株初心者のサラリー万です
騰落レシオについて調べていたらこちらにたどり着きました。先週22日の25日移動平均騰落レシオが78.7と いうことは.. 今週あたりの割安低位株を仕込んでおけば、お小遣いが増えるかも?

Re:そろそろ

サラリー万さん はじめまして。

本文に、ちょっとデータを追記してみました。今回はどこで反転するんでしょうね。
そろそろですかね??
私は、10月もある程度下がるかもしれないとゆうのを想定しつつ、少しずつ買いの準備をしています。

今すぐ買わないにしても、悪いニュースがなかったのに、地合に引っ張られて割安になっている銘柄を、リストアップしておくといいかもしれないですね。

うわ

今日も、またまた下がってますねー。。(9:30現在)
S高、S安と忙しい動きの私の現在の持ち株、来年の株主優待が発表になりました。
3000円分の全国産地ギフト。結構よくない?
ただ、来年の5月まで、持ってればの話ですが。。。持ってるかなー。それって上がらないってことじゃん(*_*;

ダモさん こんにちは
3000円の全国産地ギフトいいですね。おいしいもの食べたい♪

今の株式相場は例えるなら夜だと思います。
「暗い暗い」言っててもしょーがないので、「暗くてもできることをする(暗いので足元には注意)」か、「寝る」かじゃないでしょうか。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/131-f7407c39

株式用語の覚書(騰落レシオ、信用評価損益率、信用倍率)

 株のお勉強。というより自分のためのメモ。■騰落レシオ 騰落レシオ - [マネー用語集]All About 市場の過熱感を見る指標。 25日の騰落レシオがよく使われる。中期的。以下、目安。 150%:危険ゾーン 120%:警戒ゾーン 70%:底値ゾーン ...
  • [2006/09/12 11:45]
  • URL |
  • 黄昏の屋上 |
  • TOP ▲
アクセス解析アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。