スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

カブドットコム証券のメリット~貸し株サービス開始 

今日は、2月18日から貸し株サービス(金利0.5%)が始まったカブドットコム証券について書きます。
現在スーパー証券口座開設キャンペーンとして、抽選でいろいろもらえるようですよ。

カブドットコム証券のメリット1、 超多彩な注文方法
カブドットコム証券の特徴はその注文方法の多さでしょう。詳しくはこちら
寄付は寄成、引けは引成、引け指値は引指、不出来引け成行きは不成と同じです。この注文方法はイートレードマネックスでも可能です。しかし、前場か後場かの指定ができるのはカブドットコム証券だけです。
例えば昼間注文ができないサラリーマンが、今日はおそらく寄り天で前場より後場が安くなるだろうと考えたら、後場寄付や後場引けの注文を出す事ができます。

逆指値は、なかなか自分で損切りする踏ん切りがつかない人や、昼間株価をチェックできない人におすすめ。
その他、Uターン注文やリレー注文などの自動注文も、昼間株価を見ながらの注文ができない人におすすめ。もちろん指値をいくらで入れるか考えたりするのは難しいと思いますが、カブドットコム証券には約定確立予測とゆうツールが有るので、指値を決める際の手助けになると思います。

カブドットコム証券のウィークポイント、手数料
株式の売買手数料を見てみましょう。
カブドットコムはワンショットのみです。

  ~2万 ~20万  ~100万  ~1000万  1000万越え 
成行 105円  500円  1050円 1890円 以降100万ごとに42円追加
指値 630円 1025円  1575円 2415円 以降100万ごとに42円追加
※ジャスダックは、別途約定代金の0.0315%を加算
イートレードなど他のネット証券の手数料と比べると、ちょっと高めです。便利で豊富な売買方法に対する手数料みたいなもんでしょうか。実際1000円程度の違いなので、逆指値などにより損失を1000円少なくしたり、1000円以上の+αの利益を取れそうなら、使ってみる価値大ですね。
それから、カブドットコム証券の株を保有していると株主優待で、手数料が1~15%引きになります。
またPTSの手数料は、1000万円まで一律378円です。

カブドットコム証券のメリット2ノーロードファンドが超充実!
カブドットコム証券のノーロードファンドの取扱い数は、67ファンド(ヘッジ有り無しを含めると110本)も有ります。ちなみにイートレード証券が92本、マネックスが39本なので、カブドットコムの多さが分かるかと思います。
例えばグローバルソブリンOP、私は銀行で手数料1.5%払って購入しましたが、カブドットコムなら無料です。毎月決済型だけでなく3ヶ月・1年決算型も有るので、毎月の分配金は必要ないって人にもいいですね。エマージングソブリンOPもノーロードです。
ノーロード以外も含めた投資信託の取扱い数は、157ファンド(247本)と大変充実しています。詳しくはこちら
またファンドの自動積み立ても有るので、ドルコスト平均法でコツコツ貯めたい人にはおすすめです。
このように、投資信託が充実。特にノーロードファンドが多いってゆうのが、私がカブドットコムに口座を開いた一番の理由です。

カブドットコム証券のメリット3貸し株
最初にも書きましたが、2月18日より貸し株のサービスが始まりました。
保有する株券をカブドットコム証券に貸すことにより、金利を受け取る事ができます。現在の金利は年率0.5%です。
貸し株サービスは、マネックス証券では既に行われていたサービスで私も利用しています。マネックスの金利は0.3%程度だったのですが、カブドットコムに対抗して0.55%に引き上げたようです。
また、マネックス証券の貸し株は信用口座を開いている場合は利用できませんが、カブドットコムの貸し株は信用口座を開いていても利用可能です。
ちなみに、貸し株は証券会社に万が一の時が有った時に、分別管理の対象ではないので全額返済されない可能性が有ります。
貸し株は考えようによっては、株券を担保にカブドットコム証券の社債を買っているようなものです。

カブドットコム証券のメリット4先物・OPやFXで、株や投資信託を担保にできる。
株や投資信託を担保に先物やOPFXの取引ができます。掛け目は0.7%です。先物やFXの証拠金は、現金のみしか受けてつけていない証券会社がほとんどなので、これはカブドットコム証券の特徴と言えると思います。先物ミニの手数料は1枚105円に値下げになりました。
なお、貸し株は担保にできません。

カブドットコム証券のウィークポイント、MRFが無い
カブドットコム証券はMRFが無いので、現金を入れておいても金利はつきません。
他の証券会社でも信用口座や先物口座を開設したら、MRFは利用できなくなりますが。
現物取引のみで、証券口座にお金をたくさん入れておくタイプの人には向きません。

カブドットコム証券のメリット5プチ株
カブドットコム証券にはミニ株は有りませんが、かわりに1株から売買が可能なプチ株が有ります。プチ株の良さはなんといっても、1株単位で買えて手数料が315円から買える事です。小額で株を始めたいけど、買える株が無いよ~って人にはうってつけだと思います。
また、S株やまめ株と比べると若干手数料が高めですが、プチ株は毎月の自動積立もできます。ドルコスト平均法でお気に入りの銘柄を購入していく事ができます。

カブドットコム証券のメリット6PTS
カブドットコム証券は、いち早くオークション方式(昼間の株式市場と同じ方式)の夜間取引PTSを始めました。
今年の3月から、取引時間は営業日の朝8時20分~23時59分に変更になりました。
普通の市場の始値がつく前に買う事ができたり、ザラ場中もPTS取引ができるっていうのは面白いですね。ミスプライスを見つけられれば、市場とPTS間で裁定取引ができるかも。また、手数料も1000万円まで一律378円と、普通の市場で買うよりも安くなっています。
ただ現在のカブドットコムPTSのデメリットはなんといっても出来高が少ないという事です。取引時間の延長などで、取引が活発になればよいのですが。

カブドットコム証券のメリット7、各種サービスが充実!
もともとカブドットコム証券はツールの取り揃えがわるくありませんでしたが、投資ツールが充実している事で有名だったMeネット証券と2005年に合併して、益々投資情報やツールが充実しました。詳しくはこちら
QUICKの投資情報や、株式新聞速報ニュース、ロイターニュース、会社四季報、QUICKや三菱UFJ証券のリサーチレポートなんかが読めます。
テクニカルツールとして、テクニカルで売買のサインが出ている銘柄だけを抽出するkabuスコープと、特定の銘柄がテクニカル的にどんな位置にあるかを見るkabuカルテが有ります。
有料ツールなので私は使ってませんが、売買ツールの
kabuマシーンは、使用者の評判はなかなか良いようです。

カブドットコム証券の現物株式は、「ループトレードが可能な前金制」と、「お預かり金に、お預かり有価証券の時価評価額を併せたお預かり資産の総額(最大買付可能額)から買付可能額を算出する」2つの決済スタイルからお好きな方法をお選びいただけるハイブリッド型です。

前金制は、他のネット証券と同じしくみです。頻繁に取引する人にはこちらがおすすめです。特にデイトレする人だったらこっちじゃないと駄目だと思います。

もう一つの制度は、例えば30万円のお金と50万円(銘柄A)の株券が有った場合、最大80万円までの株(銘柄B)を買えます。同じ日に銘柄Aを売れば、その代金が購入代金に引き当てられます。
もし銘柄Aを売らなかったりして不足した金額は、株の引渡し日(通常購入日を入れて4営業日目、権利確定日の時は5営業日目までに、入金。もしくは入金しなかった場合は、指定の銀行口座から手数料無料で引き落としになります。
長期保有の人で、株をちょっとづつ買い増していく人におすすめです。
買い増す分以上の金額の株券を保有していれば、お金が後払い(引き落とし)にできます。例えば前金制で成行き注文などをする場合、値幅制限一杯ストップ高分の現金余力をあらかじめ入れておく必要が有りますが、こちらの制度の場合、実際に約定した取引に関して不足する金額のみが引き落とされます。

まとめ
 
昼間は仕事で株価を見ながらの注文ができない人。いろいろな注文方法が選べます。
損切りができない人。逆指値注文があなたの代わりに損切りしてくれます。
投資信託の手数料って高いよなと思ってる人。カブドットコム証券は購入手数料無料で買えるファンドを数多く取り揃えています。
5万か10万くらいで株を始めてみたいけど無理かなと思ってる人。そんなあなたの為にプチ株が有ります。
株や投信がどう値動きするかなんて分からないでしょ。ドルコスト平均法でこつこつやるのが一番って思ってる人。投資信託を自動積み立てする投信つみたてファンド星人と、個別銘柄を積み立てるプチ株つみたてが有ります。
株やETFを長期保有したいが、どうせだったらプラスして金利がもらえると嬉しいという人。貸し株サービスが始まりました。
株も投資信託だけでなく、先物ミニやFXも一緒にやりたいという人。カブドットコム証券なら、先物やFX取引で、株や投資信託を担保に利用できます。
証券口座を開くのなんてタダなんだから、どんどん開設してツールや情報を有効活用すれば良いと思ってる人。約定確立予測やkabuスコープ・kabuカルテなんかはカブドットコム証券に口座がないと使えません。

そんな方にカブドットコム証券をおすすめします。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

セミナーで聞いてきたこと

1)カブドットコムっていくつか指値パターンを特許取ってるみたいですよ。だから、他社ができないことがあるのかもしれませんね。(ほら逆指値とか、他社がやれなかったですもんね)ちなみに資料によると自動売買の「±指値(プラマイさしね)」と「W指値」の2件が特許を取っているようです。

2)システム障害によって被った損害を補償する(らしいです)

※適当な情報でごめんなさい。

Re:セミナーで聞いてきたこと

そういえばゆうちゃんパパさんは、カブドットコム証券のセミナー行かれたんですよね。

「W指値」ってマネックスの「ツイン指値」と同じかなと思うのですが、マネックスが特許使用料払ってるんでしょうかね。

>システム障害によって被った損害を補償する(らしいです)
それってすごいですね!それ楽天証券がやってたら破綻してそう。。 (もちろん冗談ですが。)
顧客を大事にしてるんでしょうし、システムに自信有るって事なんでしょうね。

オンライン証券会社が増えて、これからはなんらかの強みがない所は厳しそう。そうゆう意味ではカブドットコムは強みがはっきりしてますね。

カブコムはとても重宝していますが、周りの人に勧めてみると、利用する人とそうでない人、はっきりわかれますね。

多くの方が気にするのは、やはり手数料の高さなのですが、多様な注文方法を体験してしまうと、手数料は気にならなくなるようです。

逆に、損切りをできない方は、カブコムには見向きもしないという感じですね。

今一つ地味なイメージなのか、楽天やマネックスを選ぶ人が多いようですけど、かなり使える証券会社として、個人的にお勧めしたいです。

spiral_blue さん
実際の利用者としてのコメント、とても参考になります。

私は20万円程度の低価格の銘柄の取引が多いんであれですが、50万とか100万とかある程度の金額の株を取引するんであれば手数料1000円位の差なら、多様な注文方法で簡単に元を取れそうですよね。

>逆に、損切りをできない方は、カブコムには見向きもしないという感じですね。
これはちょっと意外でした。損切りしなくちゃとは思うけど、損切りできないって言う人=実は損切りする気があまり無い人。って事なんですかね。←もしかして自分もかも。。

こんにちは

カブコムのメリットはなんといってもシステムの安定性ですね。
あと、こんな人はあまりいないかもしれませんが、TOPIX先物の売買ができること。これ、以外と少ないです。東証がTOPIXミニ先物をやるとNTスプレッドの使い勝手がよくなります。

カブコム、実際の利用経験者からのコメント参考になります。

記事に書こうかどうか迷ったのですが、5分以上の遅延保障してるネット証券ってあまりないですよね。そこら辺がシステムへの自信なんでしょうね。
http://www.kabu.com/riskmanagement/sla.asp

もしカブコムの株主してのの立場だったら、ちょっとした地雷のような気がしますが。。利用者としてはすごく有り難いシステムだと思います。

カブドットコムの信用取引口座を開こうとしましたが、WEB審査の○×設問をパスできないでおります!!常識問題だー、なんて軽く考えていたのに…。どこが間違っているかこちらにはわからないので…困りました。

初心者さん コメントありがとうございます。

カブドットコムのWEB審査はやった事ないので、なんとも言えませんが。
そういうのって、断定的・限定的に書かれているのは×な場合が多いですよね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/137-7432ea6b

ネット株取引ができる証券会社、カブドットコム証券

ネット株取引ができる証券会社の一つに、 カブドットコム証券があります。 カブドッ...
  • [2007/04/23 15:33]
  • URL |
  • ネット株取引・投資最新情報局 |
  • TOP ▲

カブドットコム証券:証券会社の疑問質問特集

カブドットコム証券は上場している証券会社で証券コードは8703です。ネット証券なのでホームページからログインすると株価情報や各種取引をすることができます。ipoの取り扱いが多いのも特徴です。もちろん携帯からも株価情報を見たり取引することができます。【カブドット
  • [2007/06/13 00:07]
  • URL |
  • 証券会社の疑問質問特集 |
  • TOP ▲

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます
アクセス解析アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。