スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

【入庫】ほふりで株を移管する【出庫】 

一部の銘柄を移管しようと思って、この記事を見直してみたところ、リンク切れや株券電子化で変更になった点も多々有りましたので、大幅に書き換えました。


証券会社から別の証券会社へ株を移す(移管する)には、
(1)、ほふり(証券保管振替機構)を利用して移管する
(2)、クロストレード:保有の株を一旦売って、新しい証券会社で買いなおす。
の二つがあります。

ほふりを利用した移管のルール
1、基本的に移管できるのは、
特定口座→特定口座 もしくは一般口座→一般口座 のみです。なお、源泉徴収有りか無しかは問いません。

2、同一銘柄の一部のみの出庫はできません。 
A証券で300株保有していて、そのうちB証券に100株だけ移す という事はできません。

3、移管手続き中は売買ができません。
各証券会社の説明を読むと、1週間から14営業日程度。3月などは遅れる場合が有る。などと書かれています。
なのでその銘柄の決算発表をはさむ時期とか株価が大きく動きそうな時期は、避けた方がいいかもしれませんね。

ほふりを利用した移管の手順
1、出庫する側の証券会社に「口座振替依頼書」の郵送を依頼する。
依頼の仕方は証券会社によって違います。リンク集を作ったので、出庫の項目をご覧ください。
マネックス、野村ジョイはサイトから依頼すると、3日後位に返信用の封筒(切手不要)と共に送られてきました。SBIだとコールセンターに電話すると送ってくれるみたいです。
松井や丸三はサイトにPDFファイルがあるのでそれを印刷すればOKです。なので早く移管手続きが進められます。切手代と封筒が必要ですが。

2、口座振替依頼書に必要事項を記入する
口座依頼書は、こんな感じです。証券会社によって若干違いますが大まかなところはだいたい同じだと思います。
入庫先の証券会社の所在地や機構加入者コードなどを記入する欄が有ります。これは、入庫する側の証券会社のサイトに書いてあります。リンク集の「機構加入者コード」の欄を見てください。よくわからなければ入庫する側の証券会社のサポートに問い合わせてみてください。

3、口座依頼書を出庫先の証券会社に郵送する
ほふりをつかって出庫する場合の手数料ですが、有料のところと無料のところがあります。野村証券などは有料で、1000円~の手数料がかかります。ネット証券は無料の所が多いです。出庫側の証券会社のサイトをチェックしてみてください。

4、1・2週間後移管され、入庫先の証券会社の残高に反映される。

リンク集

  出庫 入庫  機構加入者コード
SBI
証券
 
Link 無料   Link  1125660
岩井証券 Link 無料 Link   1117660
カブドットコム
証券
 
Link 無料 Link  0000560
クリック証券 Link 無料 Link  1172760 
野村ジョイ証券  Link 無料 Link 1550161 
松井証券  Link 無料 Link 1256060
マネックス
証券
 
Link 無料 Link  1233060 
丸三証券  Link 無料  Link  1263261 
楽天証券  Link 無料 Link 1205760 
リテラクレア
証券
 
Link 無料 Link  1270460 

リンク集に無い証券会社は、「出庫」「入庫」などのワードでサイト内検索するか、入出庫というページを探してみてください。


クロストレード:保有の株を一旦売って、新しい証券会社で買いなおす。

クロストレードのメリット
・売買すると、すぐに口座残高に反映されいつでも売却可能
・手間がかからない。ほふりを利用した移管はのべ10~15分位の手間がかかりますが、クロストレードなら最短1・2分

クロストレードのデメリット
・売買手数料がかかる。
・株を購入する為の資金を一旦用意しないとならない。売却の4営業日後には回収できますが。

クロストレードその他の特徴
・うまくクロストレードをする、つまりより高く売って、より安く購入できると、その差額が利益となる。ただし、逆に損失になる可能性も有る。
・クロストレードだと一旦売却する事になるので、含み益・含み損が確定益・確定損となる。これは税金に関係してきます。
含み損や含み益が結構有り、確定申告をするつもりのない人は、税金面も考えて、ほふりを利用するかクロストレードを利用するかを考えた方がいいと思います。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

株式を証券会社間で移動させるという発想そのものが、僕にはありませんでした。
なので、びっくりしました。
有利な証券会社の利用を、本当に徹底されてますね!

大喜利参加ありがとうございました!!

証券会社から別の証券会社へ株を移せるなんて

知りませんでしたよ!!

また、勉強させてもらいますね!!

それでは、ポチっポチっ!!(参加賞!!)

staygoldさん こんばんは!!
いつも分かりやすい内容で凄く勉強になります。株券移管したんですね??今証券会社5つ開設済みですが丸三とE*TRADEしか使ってないのが現状です。でも・・・岩井証券って口座開設後3ケ月間1日の約定代金30万円まで手数料無料なんですよね?この機会に作っちゃおうかな~って思ってます。3ヶ月が終わったとしても手数料安いですしね・・・。でも難しいのが特定口座、源泉徴収有り無しなんですよ。そこまで利益が出ればいいんですが出ないと確定申告が面倒だな・・・って考え中です。

コメントどうもです。

水瀬さん こんばんわ
なんか最近は株の入門ってゆうより、証券会社入門ブログみたくなってきてます(笑)

しんえもんさん
コメント、ポチありがとうございます。記事がちょっとでも役に立てたようで良かったです。
大喜利、次回は参加賞ではなくざぶとんを狙いますよ~!

☆プッチ☆さん どうもこんばんわ
そうです株券移管を実際にやってみました。信用取引の担保にする為ってのが一番なんですが、ブログのネタにする為ってのもあり。

>そこまで利益が出ればいいんですが出ないと確定申告が面倒だな・・・って考え中です。
これどうゆう意味ですかね?今Eトレと丸三は徴収有り?無し?
あと、記事の最後に追記したんですが、年末に含み損・含み益が出ている株を移管させる事で税金の調整をする事もできるなとも考えてました。岩井は出庫に1050円かかってしまいますが。

それから岩井証券、3ヶ月間は1日30万円までは手数料無料でなかなか良いですよ。もし30万超えてしまっても、手数料それほど高くないですし。

staygoldさん 
度々のコメントですみません。
特定口座源泉徴収の有り無しですが・・・全て有りにしてあります。前は分けていたんですが混乱しそうになったので同じようにしました。
年末に移管させるのは凄くいい方法ですね!こんな方法思いつきもしなかったので本当に勉強になりました!ありがとうございます。

☆プッチ☆さん こんばんわ
源泉徴収有りでしたら、なるべく口座のマイナスを無くして年を越したいところですよね。

年末に移管させるってのは、記事を書いててたまたま思い浮かびました。

ほふりを盛んに宣伝している金融機関に言いたい。古いタンス株が出てきても、相続の確認や名義の変更にたいそうな手間がかかり、結局入庫できないではないか!! 2年後の電子化実施時期にはそうした株を金融機関が棚上げして、最後には取り上げてしまうつもりなのか? 社保庁よりひどいと言わざるを得ない。

宮本さん こんばんは

2年後の電子化実施直前には、こういったトラブルが続出しそうな感じですね。対策はきっちりとって欲しいです。

相続の確認や名義の変更に手間がかかるのは、金融機関のせいなのか、制度のせいなのかは分かりませんが。

たまたま西友株を持っていて

TOBが開始されたのはいいけど申し込み
方法が分からず、調べていたらここに
辿り着きました。
細かくやり方を書いてあってとても
勉強になりました。ありがとうございます。
(結論としては、移管するのめんどくせー
んで市場で売ることにしました)

とくめーさん
コメントありがとうございます。
TOBの受け方はどうすれば良いかという情報は少ないように感じたので、まとめてみました。
お役にたてたようで良かったです。

いっぱい持っているなら別ですけど、TOB価格と1円や2円の差ならば、めんどうなので市場で売るって人多いでしょうね。

こんにちわ (*^.^*)

ブログ拝見させて頂きました。
良いブログですね。

私は興味を持った色々なジャンルの話題を扱っています。
また、お邪魔させて頂きますね。

デコ丸さん こんばんは
多少なりともお役に立てたようで良かったです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/169-9cf1dae7

アクセス解析アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。