スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

現在の投資スタイル 

投資をはじめて1年が経ちました。1年前に書いた自分の投資スタイルはこんな感じでした。
1年経って修正した現在の投資スタイルについて書こうと思います。

現在は投資に対する予算は増えましたが、基本的には保有株4:キャッシュポジション2:投資信託4 ぐらいの割合がちょうどいいかなと思ってます。
ただ投資信託の中には日本株ファンドもあるので、資産における日本株の割合が大きすぎるかも。
キャシュポジションは基本的に大きな暴落があったとき用 ですが、寝かせておくのはもったいないので普段はIPOの応募に使ってます。
<追記 2007年7月現在のポートフォリオです>

現在株を買う際の選び方ですが、私の場合はまず株価を抜きにして、その財務面や戦略なんかで良い企業かどうか?そして良い企業の中で、株価が割高ではないもの。が基準です。財務面四季報を主に見てます。割高かどうかはPERを一番気にするかな。
また売買しようとする銘柄が決まったら、現在の株価がテクニカル的にどうゆう位置に有るかを一応チェックするようになりました。直近で上がり過ぎてる銘柄は反動で下がる危険性もあるのでなるべく避けるようにしています。

私が売買する銘柄は東証1部がほとんどです。たまに東証2部やJASDAQ銘柄を買う事も。値動きが激しい銘柄よりも、比較的安定した動きをする銘柄の方が好みです。

中期での安定した保有が基本です。長期的に何年も保有しようとゆう銘柄も有りますが、あらかじめこの株はこの位まで上がる価値があるだろうと予想し、その金額になったら売却する事が多いです。また、急に株価が上がってテクニカル的に加熱し過ぎだと思った際も利益確定することが有ります。
損切りは10%以上の値下がり、もしくはこの株を保有しているより他の株を買った方がいいなと思った時。今は損切りラインに逆指値入れっぱなしにしてます。 

たまに短期的な利益や株主優待を狙って売買する事も有ります。短期の場合も、良い企業かどうか?割高ではないか?のチェックは必ずするようにしています(中長期の時よりは甘めですけど)。ライブドアショックのように運悪く急落が有ったり、予想に反して株価が下がったりした時に、ちゃんとチェックせずてきとーに買った銘柄なら後悔や動揺が大きくなりますが、きちんとチェックして納得ずくの銘柄ならばどっしり構える事ができます。

投資を始めて1年が経ち、下落時の対応の重要性を感じるようになった為、ヘッジの信用売りをする為に信用口座を開設しました。
相場全体が下げそうな時・どっちに転ぶか分からない時は、保有株はそのままにETFや割高な銘柄を空売りしてます。予想に反して上がれば損切り、予想通り下がれば利確。

投資信託は基本的にバイ&ホールドです。また、毎月ドルコスト平均法で積立もしています。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

こんにちは

正統派バリュー投資ですね。
とても安心感があり好感が持てます。
私もちょうど投資スタイルを載せていますが、株式の方々には理解できないでしょうね^^;
手法は違いますがこちらも安定していますよ(笑)。

すみパパさん こんばんわ
どうもありがとうございます。

記事にはいれなかったんですが、今月オプション(買い)と先物ミニに手を出し、慣れない値動きの大きさにオロオロ。安心感のないトレードをしてました。
オプション、本を買って、売りを中心とした売買方法をきちんと勉強してから自分にもできそうと判断したら、売りもできるような証拠金を入金して再度挑戦してみようと思います。
すみパパさんのブログも参考にさせていただきますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 キャッシュポジションをどれだけ持つべきか、資金配分は銘柄選択より重要だとおもいます。

 買い付けも数回に分けたほうが良いですね。

一番良いのは継続的に資金追加することだと思います。これができれば鬼に金棒です(笑)

prosperさん はじめまして

大事なのは、キャッシュポジションと買い付けを数回に分ける。
考え方似てるかも。
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/blog-entry-197.html

相互リンクお願いします!

はじめまして。
だいとといいます。

ファンダメンタル分析に基づく投資ブログを探していて、
staygoldさんのブログにたどり着きました。

私もファンダメンタル分析に基づき、
長期的な株式投資を続けていきたいと思っています。

今年になってからですが、
ファンダメンタル分析での投資に関するブログを書き始めました。
外食業界を中心に分析しています。

もしよろしければ、相互リンクおねがいできませんでしょうか。
勝手ながら、staygoldさんのブログ、bookmarkに追加させてもらいました。

これからもよろしくお願いします!

Re:相互リンクお願いします!

だいとさん こんばんは
ブログさっそく見させていただきました。
きっちり数字を分析されていてなかなか興味深いと思いました。

こちらからもリンクさせていただきました。

また、時間有るときにでもゆっくる過去記事見に行きます。

バリュー投資

バリュー投資とのことで、景気減速が底を打った時には大きな飛躍が期待できそうですね。
バリュー投資と銘打ってファンダメンタルズを分析するのであれば、DCFくらいはやっておくと後々違ってくるでしょうね。企業本来の価値を割り出して、その価値よりも大幅に安い株をバーゲンプライスで買うのがバリュー投資の正攻法ですね。

valueさん コメントありがとうございます。

その名の通り、バリュー投資派ですか?

DCFですか。私は使いこなせてません。
が、ファンダメンタルの見方については少しづつ、学んでいきたいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/174-ca56af9f

2006年8月の相場を振り返る

2006年8月の株式市場は世界的に好調でした。主要先進国の中でもっとも成績がよかったのは日本です。日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)はともに4%前後上昇しました。欧米の主要株価指数も今年5月から6月にかけて急落した後の反発基調が継続しています。ただし、どの国...

株式投資のスタイル

デイトレード初心者の為の入門講座。デイトレードの基礎から勝つ為に最低限抑えておかなければならない知識をステップごとに分かりやすく解説。株式投資のスタイルは、投資の期間(株を保有する期間)によって大きく3つに分類できます。●短期の売買スタイル●中期の売買ス
  • [2006/10/16 21:44]
  • URL |
  • デイトレード初心者向け講座 |
  • TOP ▲
アクセス解析アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。