投資信託で、証券会社比較 

細かすぎて伝わらない証券会社比較の第5回目は、「投資信託」です。
投資信託による証券会社比較は前からあたためていた記事のひとつです。
私は投資信託を買うのに最も適しているのは、大手証券会社や銀行・郵便局ではなく、ネット証券だと思ってます。

  投信
総本数
ノーロード
ファンド
日本株
本数 
225
低コスト 
TOPIX
低コスト 
国際株
本数 
国際株
低コスト 
外貨
MMF 
積立 点 
イートレード
証券
 
255本 41本  110本
+22本 
手0%
報0.546%
 
手0%
報0.546%
 
48本 手0%
報1.6275%
米ドル   
7本
 

9

岩井証券 26本 0本  15本  手2.1%
報0.546%
 
手2.1%
報0.651%
 
3本    ×  ×

4

カブドットコム
証券
 
208本 64本 80本 手0%
報0.546% 
手0%
報0.651% 
37本  手0%
報0.9975%
留0.3% 
 ×   
76本
9
GMO証券 0本 0本  0本      0本     ×  × 0
松井証券  0本 0本  0本     0本   米ドル  × 2
マネックス
証券
 
118本 19本  43本  手0%
報0.84%
 
手0%
報0.546%
40本  手0%
報1.255%
 
米ドル
ユーロ
豪ドル 
 
32本

9

丸三証券  52本 1本  41本 手0%
報0.84%
  8本       
17本
4
ライブドア
証券
 
2本 0本  0本      2本    ×  × 2
楽天証券  50本 31本 21本
+4本 
手0%
報0.5775%
 
手0%
報0.651%
11本 手0%
報0.9975%
留0.3%
 
米ドル  × 7 
リテラクレア
証券
 
34本 1本 20本 手0
報0.84% 
  9本  手3.15%
報1.365%
 ×  × 5

投信総本数:取り扱っている投資信託の数です。総本数が表記されていない証券会社は私が数えた数なので、数本の数え間違いがあるかもしれません。
多いほうが当然選択肢が増えます。イートレードとカブドットコムが200本以上とすごく多く、マネックスの118本がそれに続きます。

ノーロードファンド:購入時の取扱い手数料が無料のノーロードファンドの取扱い数です。
やはり購入する側としては、同じファンドなら手数料が安い、無料に越した事はありません。

日本株本数:日本株に投資する投信の数です。これはイートレードが100本越えとすごく多いです。多すぎてひとつひとつ見ていくのが大変なぐらい。

225低コスト:日経平均225のインデックスファンドの、コストです。225型のファンドが2本以上ある証券会社は、手数料・信託報酬が低い方の数字です。
イートレードとカブドットコムは三菱UFJのインデックスファンド225の数字です。
DKAの株式インデックスファンド225は、楽天とイートレードで扱ってます。
マネックス・丸三・リテラクレアは、日経225ノーロードオープンです。このファンドはイートレ・楽天・カブドットコムでも購入可能です。

TOPIX低コスト:TOPIXインデックスファンドの、コストです。TOPIXのファンドが2本以上ある証券会社は、手数料・信託報酬が低い方の数字です。
マネックスとイートレードはインデックスファンドTSPの数字です。
カブドットコムと楽天は三菱UFJのトピックスオープンの数字です。

国際株本数:国際株(主に日本以外の株)に投資する投信の取扱い数です。イートレード・マネックス・カブドットコムが多いです。

国際株低コスト:アメリカを中心としてヨーロッパなど世界的に投資してファンドの中で、コストが低いものを抜き出しました。アメリカのみや、中国のみなど地域が限定されている国際株ファンドは除外しています。
カブドットコムと楽天は、ステートストリート外国株式インデックスです。イートレでもこのファンドを扱ってますがノーロードではありません。
マネックス証券は、トヨタアセットバンガード海外株式Fの数字です。アメリカだけの株式ファンドでは、[梅屋敷商店街のランダムウォーカー]の水瀬さんイチオシバンガードトータルストックマーケットインデックスの取扱いがあります。
イートレードは富士グローバルアクティブオープンの数字です。

外貨MMF:外貨MMFの取扱い状況です。米ドルのMMFは、イートレード・松井・マネックス・楽天で取扱いがあります。為替手数料は1ドルあたり、松井が0.2円、他の3社は0.25円です。
また、マネックス証券は、ユーロとオーストラリアドルのMMFも取り扱っています。

積立投資信託の積立を扱っているかどうかです。
積立可能のファンドの数は、カブドットコム証券が圧倒的に多いです。
マネックス証券は、カード引き落としや地方銀行等を含めほとんどの銀行から引き落とし可能なのが特徴です。ちなみに私はマネックスで投信積立をしています。

:上記のポイントをふまえて、私が独断でつけた点数です。

投資信託3強
イートレード証券(9点):投資信託の総取扱い数が255本と1番多く、ノーロードファンドも41本と充実しています。
国際株ファンドで低コストの物がないことと、積立可能ファンド数がライバルのカブドットコム・マネックスと比べて少ない為、1点減点しました。
ログインしない状態でファンドの詳しい情報を見る事ができ、信託報酬や投信の協会コードなどが分かりやすい位置に表記されているなど、サイトの使いやすさではピカイチです。

カブドットコム証券(9点):投資信託の総取扱い数が208本と2番目に多く、ノーロードファンドが64本と最も充実しています。
外貨MMFの取扱いがないので、1点減点しました。
ログインすると、いろいろな投資信託の情報を見る事ができます。取扱い数が多いだけに、検索機能が便利です。

マネックス証券(9点):総取扱い数が118本、ノーロードファンドが19本と上記の2社と比べて少ないので1点減点にしました。
しかし、これだけあれば充分な数だとも思います。外貨MMFが3通貨に対応していたり、積立投信が充実していたりとなかなか使いやすいと思います。

4位 楽天証券(7点):上記の3強に続くのが楽天証券です。ノーロードファンドが31本と充実しており、インデックスファンドを低コストで購入可能です。

丸三証券は、ネットだけで購入する事ができなく電話等で申し込む必要が有ります。ライブドア証券は、Bricsファンドとインド株ファンドの2本のみと偏った取扱いのみです。
リテラクレア証券岩井証券は、ほどほどの取扱い数が有りますが、ノーロードファンドが少なく、外貨MMFや積立の扱いがありません。
GMO証券は現在のところ投資信託の取扱いがないので0点、松井証券はMMFのみの取扱いの為2点としました。
これらの証券会社で株取引している人は、投資信託だけ別の証券会社で取引するってのも一考だと思います。私は株取引は主に岩井を使ってますが、投資信託はマネックスイートレで買ってます。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

トラックバックありがとうございました。
投資信託での比較は、他でもあまり見かけませんので、ぼくのブログでもトライしてみました。
各社、けっこう違いが出てますよね。

イートレードの不満点

始めまして。役立つ記事の数々、いつも参考にさせていただいております。

私もマネックスとイートレードで投資信託を購入しているのですが、以前こちらの「投資信託の税金」という記事の中で触れられていたように、イートレでは買取請求がコールセンター経由でしかできない点に大いに不満を感じています。また金額指定買付が可能な投信が著しく少ない点も不満です(口数指定買付だと分配金再投資を選べないので)。

よろしければこのような点も評価項目に加えていただければ嬉しいです。

ふむふむ

やっとなにを書いているか 少しわかるコーナーだ・・(笑)
そうそう 口座を開きま~す。
郵便物も ぞくぞく届きました。
積み立て信託を考えています。

水瀬さん
こんばんわ。
水瀬さんのブログの投資信託からの証券会社の特徴を書いた記事、とても参考になりました。
こうやって、見てみると、投資信託に力を入れてる所とそうじゃない所がはっきりしてますよね。

おやじダンサーさん
はじめまして。
いろいろ記事読んでいただいたようで、ありがとうございます。
なるほど、確かに普通に買取請求ができたり、分配金の再投資ができるかどうかって大事ですよね。
次の機会に書いてみたいですね。
投資信託の記事も、興味を持ってくれる人が結構いるようなので、これからも書いていこうと思います。

かずさん
こんばんわ。
おっしゃる通り、「株をはじめる前に読むブログ」なのに、信用取引とか先物・OPとかの記事が最近多いですよね。
もしよければ、過去記事ですが、[株をはじめる前に(株初心者向け)]のカテゴリーの記事を読んでみてください。
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/blog-category-11.html

投信積立を考えていましたが参考になりました。

1行でも、参考になったと書いていただけると、ブログを続けていく励みになります。
ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

投資信託

はじめまして。
海外ファンド積立投資商品のブログをやっています。

詳細で具体的な記事が魅力的なブログですね!

勉強になります。

fpファンさん はじめまして。

コメント励みになります。
お互いブログがんばっていきましょう。

この記事、ちょっと古めになってしまったので、更新したいなと思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/187-bde4aba9

アクセス解析アクセスランキング