スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

ライブドアファイナンスで、比較チャート 

以前にヤフーファイナンスを利用した比較チャートの記事を書いたのですが、今回はライブドアファイナンスを使って比較チャートを作ってみました。
すみパパさんのブログでこのライブドアファイナンスを利用した比較チャートの記事を見て、面白いなと思いいろいろ試してみました。比較チャートに関しては、ヤフーファイナンスよりライブドアファイナンスの方が自由度が高く使いやすいなと思いました。この記事調子にのってでか画像を5つも載せたので重いかも。すんません。

チャートの比較日時を比較的自由に設定可能です。年々の何月何日からの比較伸び率の比較なんかもできます。下のチャートは大発会からに設定しました。
ライブドアファイナンスの比較チャートはこんな感じです↓

まずは定番中の定番アサヒビールVSキリンビールです。4月から6月にかけてキリンビールが勢いよく上がっていましたが、結局は元の鞘におさまったって感じの値動きですね。どちらもTOPIXを大きく上回っています。

ライブドアファイナンスは最大10銘柄+(日経平均・TOPIX・JASDAQ平均)の比較が可能です。
また、背景を黒に変えることもできます。

↑は自動車メーカーの比較チャートです。期間は180営業日です。さすがにここまでいっぺんに比較すると線が多すぎて見にくいかも。
比較チャートを見ていくと、マツダとスズキの強さが目立っています。この2社は比較的ヨーロッパでの販売比率が高めなのでユーロ高の影響もあるのかな?
ダイハツ以外は揃ってTOPIXを上回っていますね。円安の追い風があるからか自動車各社、今年の株価は好調のようです。
あと面白いなと思ったのが、トヨタのチャートと東証指数-輸送用機器のチャートがほとんど寄り添うように動いているところ。やはり日本の自動車メーカーの中心はトヨタなのか。東証指数-輸送用機器がどの様な計算で出されているのかは分かりませんが、なにもここまでトヨタと同じ様な値動きしなくてもいいのにと思ってしまいました。

また、ライブドアファインスの比較チャートの結果ページは、アドレスに銘柄コードなんかが含まれています。
なので、何回もチェックしたい銘柄群があれば、そのページをプラウザのお気に入りに入れたり、ブログなどからリンクするってのもいいと思います。
例えば上記の自動車メーカーの比較チャートのページへリンクすると、こんな感じです。

東証指数-輸送用機械 東証指数-その他金融 などといった指数の比較もできます

東証の業種別指数は33有りますが、さすがに33はいっぺんに比較できないので、私がなんとなく気になった
10業種の比較チャートを出してみました。
この中では「輸送用機器」と「電気機器」が強くて日経平均を上回っています。一方弱い方を見ていくと、「鉱業」がすごく弱い動きをしていますね。自分の予想では「その他金融」が一番悪いかなと思ったのですが。
まあ、ここまで一遍に比較しないにしても、気になる業種が他の業種やTOPIXなどと比べてどんな動きをしているのか、調べてみるってのも面白いと思います。

東証指数は、業種別の他に、大型・中型・小型などの規模別分類や、2部総合平均・マザーズ平均・REIT指数などといった市場別の分類、TOPIX core30などTOPIXの中のいろいろな分類などがあります。
↓は東証大型・中型・小型株指数と日経平均・TOPIXとの、ここ30営業日の比較チャートです。

日経平均が2%程度のプラスなのに対して、大型株がかろうじてプラス、TOPIXはわずかにマイナス、中型株は1%程度のマイナス、そして小型株は10月13日に大きくリバウンドしたもののそれでも4%以上の下落です。
なんかここのところ日経平均だけが強くて、小型株は弱い印象がありましたが、比較チャートで見るとそれがはっきりと裏付けられた感じです。
ちなみに、私が保有しているフィデリィテイ小型株ファンドも結構下がりました。小型株を持っている人、小型株ファンドを持ってる人には受難な1ヶ月でしたね。新興市場はさらにひどかったのでしょう。

中長期投資派の人は自分の保有銘柄の比較チャートなんて見てみるのも面白いと思います。いちおう記事の最後におまけとして私の現在の保有銘柄のチャートを載せときます。まあ他人のポートフォリオなんてみても面白くないと思うので、興味がある人だけ、見てみてください。

ライブドアファイナンスの比較チャートはおすすめです。あとは投資信託も比較できたら言う事なしなんですが。
上に上げた比較チャートはあくまで一例です。もっと興味深い組み合わせがいろいろ有ると思います。時間がある時にでも、いろいろ比較してみてはどうでしょうか。

おまけ
私が現在保有している銘柄のここ180営業日の値動き

いちおう1月26日からのチャートを出しましたが、私は完全な長期投資派ではないので、ちょこちょこ売買をしたりしています。
チャートのはじめの1月26日にすでに保有していたのは、アークスと大和工業とホンダ(この時はミニ株)の3社だけです。

5月に信越化学(ミニ株)、7月にヨロズ、8月にサンユー建設を買いました。ダイエーは何回か買ったり売ったりをしつつ、今年2万円ぐらい損をしているのですが、性懲りもなく先週また買って、さっそく1万円近くの含み損となっています。イオンとの提携がどうなるかは分かりませんが、経営再建の効果がでるのは1年以上先になるんじゃないかと思うので、まあ気長に保有してみよっかなと思ってます。

この比較チャートを見て改めて思ったのは、やはり分散投資の良さ。結構下がっている銘柄も有りますが、上がっている銘柄がそれをカバーをしてトータルではTOPIXと同じぐらいになってます。
それとたまたまなんですが、TOPIXを上回っている3銘柄中2銘柄がミニ株で買ったものです。ホンダは株式2分割があったので、買い増して単元にしましたけど。ミニ株に関しては、「指値注文ができない」「手数料率が単元株と比べて割高」などのデメリットが有り、短期投資には向きません。しかし中長期で半年以上とか保有するのであれば、手数料率の0.何パーセントの違いはそれ程気にしなくてもいいのかなと思います。
むしろ、良いと思った銘柄を単元で買う資金がないからと諦めるよりいいんじゃないかと思います。
それからヨロズや信越化学の値動きがそうなんですが、株価が横ばいで推移していても、上がる時は比較的短期間で上がっているなあと思いました。中長期で保有している時は、目先なかなか上がらなくてもあせらずに持っているのもありかなと。もちろん損切りラインまで下がったら一旦売却した方がいいと思いますし、ファンダメンタル的に悪くなったりしたなら売却するけれども。

まあ、私のポートフォリオをじっくり見てもしょうがないと思いますので、ご自分のポートフォーリオの比較チャートを見て値動きを見てみてください。設定期間を変えてみると、また印象が変わってくると思います。自分のポートフォリオをいろいろな見方をする事で何かのヒントになるかもしれません。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

これ、はまるんですよね!

NT倍率修正に向けて銀行買い、電機or半導体売りの機会を狙っています。
またペアトレードの対象がみつかったら手堅い投資として面白そうですね。

はまりますよね!

すみパパさん
おっ、株ですか。
NT倍率は10倍より低いってイメージがあったのに、一気に10倍超えてきましたよね。

小型株、新興株が下がり過ぎた事への修正高があって、次の動きは?
どうなるんでしょ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/192-999c08fc

アクセス解析アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。