スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

下落時の対処法 私の場合 

最近記事の更新が少なめなので、株・投信質問掲示板への回答をそのまま記事にさせていただきます。
手抜きですんません。

暴落時の対処法 - れい

 staygoldさん、こんばんは。いつもためになるブログを提供して下さって有難うございます。
 今日もまたまた、質問させて下さい。
 私は株を始めて日が浅いのでまだ相場全体の大暴落を経験したことがないのですが、例えば、ライブドアショックのような事態が生じて、相場全体が暴落し、自分の保有する銘柄までもが暴落の憂き目に遭った場合、投げ売るのが正しいのか、それとも、買い増しするのが正しいのか自分ではなかなか判断できそうにありません。私の場合は判断する前に速攻狼狽売りしてしまいそうなんですが・・orz
 回答に窮するような質問で申し訳ございませんがご教授頂ければ有難いのですが・・・。  

正しいかどうか分からない、あくまで私の場合です。
事前にあらかじめ損切り(場合によっては利確)ポイントを決めておくようにしています。以前は決めていなかったのですが、いざとゆう時にうまく損切りの判断できなかったので、今はあらかじめ決めるようにしています。証券会社が逆指値に対応していれば、その損切りポイントに逆指値をいれて置いてます。
暴落時に損切りポイントより下がれば、売る。それより下がらなければ売らない。

ライブドアショックの時は、個別の要因でライブドアに全く関係のない会社まで下がりました。結果論ですが、そんな場合は買い増しが正解でした。

基本的には、暴落時は絶好の買い増しポイントだと思いますそんな時の為のキャッシュポジションは取っておいた方がいいと思います。あるいは、一旦損切りした銘柄の安く買い直すポイントだと思います。
ただし、どこまで落ちるのかが分からないので、早く飛びつき過ぎるのも危険

以下の記事は、暴落ってほどでもないかもしれませんが、大きく下がった時に書いた記事です。
1月21日 ライブドアショックを振り返って
去年の夏から株式投資をはじめた私には、初めての大きな下落でした。当然何も出来ませんでした…。しかしこのライブドアショックでキャッシュポジションの重要性を知る事ができたのが収穫です。ちなみに記事に書いてある、ライブドアショック後にあらたに買った銘柄は、大和工業です。個人的に今年一番利益を得ている恩株です。

6月12日 リスク管理
日経平均が15000円を割った時に書いた記事です。この下落をきっかけに損切りについて考えさせられました。

7月18日 ナンピンじゃなくって分割買い
6月を底に一旦上昇したのですが、7月に再び14500円を割った時の記事です。
これが、現在の私の考えといいますか、下落時のmy戦略です。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

ベトナムから帰ってきました。早速の来訪ありがとうございました。
本件、全くおっしゃるとおり。下落時にはキャッシュが大きくモノを言いますね。でもそうそうキャッシュはもてないので、せめて信用買をめいいっぱいしないようにだけはしたいですね。
具体的には、暴落及びその後の投売り、も一つ投売りくらいまでを想定しておきたいところでしょうか。。。。

こんばんわ。大きな下落の前には大きな上昇とか急ピッチな上昇がつきものだと思います。LDショック直前は、急ピッチな上昇と信用買い残の多さがささやかれていましたし、5月の暴落前も急ピッチの上昇でした。そのような気配を感じながらキャッシュポジションを増やしていくとか、逆日歩のかからないミニ先物でヘッジするというのが理想なのでしょうね。ちなみに私LDショック前に持ち株をすべて現金化しており難を逃れました。

ゆうちゃんパパさん
ベトナムおつかれさまでした。

信用買いを暴落の初期でしちゃうと諸刃の剣なので、信用買いは底確認してからかなと思います。チキンな私の場合。でもいざとゆう時信用枠が有るってのは心強いです。

すみパパさん
確かに言われてみれば、今年の1月も4月も加熱感有りましたね。短期的な暴落とは違いますが、バブル崩壊もまずバブルが有っての、崩壊ですからね。
勉強になりました。

LDショック前は、たしかゆうちゃんパパさんもポジションを落としてましたし、分かる人には分かるんですねー!
私もそうなりたいところです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/197-b42bb5d0

アクセス解析アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。