証券会社への入金方法 

ひさびさにブログの名前通り、株をはじめる前の人向けの記事です。

株の取引を始めるには、まず証券会社の口座にお金を入れないと始められません。証券会社への入金するには、下の3つの方法が有ります。

1、証券会社の指定する銀行口座にお金を振り込む
どこの証券会社でもこの方法で入金可能です。丸三証券ライブドア証券なんかはこの方法でしか入金できません。
証券会社や振り込む時間によって違いますが、数時間~1日(土日をはさめば3日)程度で口座に入金が反映されます。
しかし銀行から、別の銀行宛へ振り込む場合210円~840円位かかるケースが多いです。(参考 みずほ銀行 北海道銀行)
はっきり言って、証券会社へ入金するのにこんな手数料を払うのはバカらしいと思います。
振込で入金する場合、おすすめなのは新生銀行です。ネットからの振込が月5回までなんと無料です!証券会社への入金はそう頻繁にする物でもないと思うので、月5回で充分間に合います。また新生銀行はセブン銀行で24時間手数料無料で入出金できるので、家の近くにセブンイレブンがある人にとってはすごく使いやすいと思います。

2、即時入金
即時入金サービスは無料もしくは格安な手数料(52円とか)で、即時~5分程度で証券口座に入金できるサービスです。
このサービスに対応しているのは、三菱東京UFJ・みずほ・三井住友といったメガバンク、郵便局ジャパンネット銀行イーバンク銀行・スルガ銀行といったネット銀行です。くわしくは、即時入金可能銀行一覧をご覧ください。
これからネットで株取引をされるならば、いずれかの銀行に口座を持った方が便利です。
メガバンクに口座を持っていて普段から使っているなら、その口座で充分だと思います。
私みたいに地方に住んでいて、メガバンクのATMは近くに無いけど、セブンイレブンのATMなら近くに有るよって人にはネット銀行が使いやすいと思います。私はいつもジャパンネット銀行から即時入金してます。

3、ATMカード
イートレード証券野村證券ではATM(セブン銀行等)で証券口座に直接入出金できるカードを作る事ができます。またマネックス証券ではクレジットカード一体型の入手金カード、丸三証券では出金のみ可能なカードを作る事ができます。
提携の金融機関では無料または210円程度の手数料で入出金可能です。
出金する場合翌営業日にあらかじめ指定してある銀行に振込とゆう証券会社が多いですが、ATMカードのある証券会社ならすぐに引き出す事ができるので急ぎの場合は便利です。
※株を売ってすぐの場合、その分は3日位引き出しできません。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

ありがとう^^

さっそく 載せてくれて ありがとう^^
最初ってなにを読んでもわからなくてね。
それと 練習がてら 投信を一本はじめてみました^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re:ありがとう^^

かずさん こんばんわ
記事、お役に立てたようで良かったです。v-14

投信始めたんですね。ローマへの道も一歩からです(古っ)。少しづつでも続けていけるといいです。

日記じゃない方のブログの更新楽しみにしてまーす。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/203-bbb4aef5

アクセス解析アクセスランキング