スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

証券会社への住所変更手続き 

私は1ヶ月前に引越しをしたのですが、引越しをするといろいろと手続きが必要になります。
証券会社に口座を開いて取引をしているならば、住所変更の手続きもしないとなりません。私みたいに11社(下の表にある10社+野村證券)にも口座開いてると大変です!
まあ情報収集などの為などの口座開設で、実際に取引をおこなっていない所は住所変更しなくても困んないじゃないかなとも思いましたが、せっかくなんで全部いっぺんに住所変更の手続きをしてサービスを比較してみました。
(以下の内容は、引越しする人、する可能性の有る人向きの記事なので、関係ない人は読み飛ばしてください。)

比較の前に、住所変更について
まず常識的な事ですが、引越しをする際は郵便局に郵便物の転居届けを出しましょう。そうする事で1年間は、旧住所宛てに送られた郵便物は転送されて新住所に送られてきます。
証券会社からの郵便物、株を保有している企業からの決算報告書や配当金の郵便為替などの郵便物も、新しい住所に転送してくれます。なので引越しで忙しければ郵便局の転居届けだけは出しとけば、証券会社への手続きは後回しでもなんとかなります。

また、株を保有している企業への住所変更についてですが。基本的に権利落ちの時に証券会社に届けている住所のデータが、企業にいくようです。(←ほふりの場合。ネット証券を利用の場合は通常ほふりだと思います)

ですので、権利落ち前に証券会社への住所変更手続きを済ませておけばOKです。
もうすでに権利落ちしている分、権利落ちまでに住所変更の手続きが間に合わない場合は、旧住所へ決算報告書や配当金の郵便為替などの郵便物が送られるかたちになります。郵便局へ転居届けをだしていれば、新住所へ転送されてきます。

株主優待は、図書カードなどは郵便、自社商品などの場合も郵パックで送られてくる事が多いと思いますので、転居届けを出していればOK。
もし株主優待を郵パック以外の宅急便などで送ってくるケースだと商品は転送されないので、そういう場合は、その企業に問い合わせる必要が有ります。

参考ページ、キューピーのIRページ、ここが知りたい!FAQ(←補足、キューピーの権利落ちは11月です)

念の為、いつも取引している岩井証券に確認しましたが、上記の内容で正しいとの事です。
前回の記事で書いた株主優待は全て、旧住所に送られた物が転送されて届きました。


さて証券会社への住所変更の手続きですが、変更申込書に必要事項を記入・捺印し、新しい住所の本人確認書類と一緒に証券会社に送ると、不備が無ければ数日後には住所変更の手続きが完了します。

  1、住所変更
書類
2、クリック数 3、到着
日時
4、本人確認書類 5、記入枚数 6、住所印字  7、登録  点 
イートレード
証券
 
郵送 5 2 運・住・住記・印・健・各年 1  ◎ 2変更中  8
岩井証券 郵送 4 3  運・住・住記・印・健 1   ×   6 
カブドットコム
証券
 
郵送 3 2 運・住・印・健・国年 1  × 4  7 
GMO証券 郵送 3 2 運・住・住記・印・住基 2  × 2  6
松井証券  郵送 5 2 運・住・印・住基 1   ○ 2  8 
マネックス
証券
 

郵送(別な住所へはコールセンター)
PDF 

4 0 運・住・住記・印・健・各年・福手・母健手・パス・医受・医手・住基 1  × 2  8 
丸三証券  郵送 5 2 変更後の本人確認ができる本人確認書類 3   × 不明 4 
ライブドア
証券
 
郵送   3 変更後の本人確認ができる本人確認書類 2   × 2 7 
楽天証券  PDF 5 0

[運・住基のコピー]
もしくは[住・印の原本5ヶ月以内]

2  × 3 5
リテラクレア
証券
 
郵送
PDF
5 0 [・住・住記・印の原本1種類]または
[運・住・住記・印・健の複写2種類]
1  × 4  6 

1、まず住所変更申込書は、郵送で送ってくる証券会社多いですが、マネックス証券リテラクレア証券はサイトからPDFファイルでダウンロードも可能。楽天証券はPDFファイルのみです。(←コールセンターに電話すると郵送もしてくれるみたいです。)
PDFファイルですと、郵送で送られてくるまでの日数分が短縮されます。封筒とかをつくるのが若干めんどくさい。
郵送かPDF、どちらか選べる証券会社は好感度高いです。

2、証券会社のサイトの、住所変更申込書の郵送依頼ページ・もしくはPDFのダウンロードページまでにたどり着くまでに、要するクリック数です。GMO証券などは3回のクリックでたどりつけので好印象。逆に丸三はどこのページで、自分の登録住所が見られるか分からなかったです。

3、住所変更申込書を郵送依頼してから、実際に私の家(北海道在住)に届くまでにかかった日数です。
どこも非常に早く、2日ないしは3日で届きました。東京に住んでる人ならもっと早いと思います。
この中では、岩井証券だけが大阪なのでその分不利だったと思います。逆に西日本に住んでる人なら岩井が一番早いかもしれません。
東京なのに3日かかったライブドア証券だけが、住所欄が手書きでした。
PDF利用できる証券会社は0日としました。

4、新しい住所の確認書類の一覧です。
:運転免許証、:住民票の写し、住記:住民票の記載事項証明書、:印鑑登録証明書、:健康保険証、国年:国民年金手帳、各年:各種年金手帳、住基:住民基本台帳カード、福手:福祉手帳、母健手:母子健康手帳、パス:パスポート、医受:医療受給者証、医手:医療手帳

なお日本在住の外国人の方は、外国人登録書もしくは外国人登録原票の写しでもかまいません。
上記書類のコピーでOKの証券会社が多いです。
ただし楽天証券は、運転免許証や住民基本台帳カードはコピーで大丈夫ですが、住民票の写しや印鑑登録証明書はコピーだと駄目です。
また、リテラクレアは[・住・住記・印の原本1種類]または[運・住・住記・印・健の複写2種類]となっています。私は免許証と健康保険証の2種類にしましたが、免許持ってない人とかだったら、書類入手するのに市役所とかに行かないとならない。不正な登録を避ける為なんでしょうが、利用者としてはめんどください。
一方、丸三証券ライブドア証券は、[変更後の本人確認ができる本人確認書類]という事で非常にアバウト。細かい事気にする人なら迷いそう。まあ、上の表にあるような書類(コピー)を送っとけばどれでも大丈夫でしょう。

5、私みたいにたくさんの証券会社に口座を開設してると、その証券会社ごとに住所変更書類を書かないとなりません。これが結構大変。
記入枚数が1枚でいいところは、好印象。逆に2・3枚と書かせるところは、顧客の手間を省く事について考えてないなと思いました。

6、10枚以上の書類に、旧住所と新住所を書いて飽き飽きしてきました。
そんな中、松井証券は旧住所があらかじめ印字されていました。これは好印象!
さらに、イートレード証券は旧住所と新住所どちらも印字されていて、署名と捺印だけでOKでした♡
みんな、イートレードを見習ってほしい。

7、住所変更の書類を出してから、実際に登録住所が変更になるまでにかかった日数です。
メインで株取引をしている岩井証券だけ先に住所変更すませてしまったので、岩井証券が何日かかったかは測定していません。
また、丸三証券は登録住所をどのページで見る事ができるかわからなかったので、測定不能。
GMO証券・松井証券・マネックス証券ライブドア証券では、郵送した2日後にはもう、登録住所が変更になってました。
権利落ち前に間に合わせたい場合は、早いに越したことないと思います。
イートレードは、2日目から変更手続き中として、旧住所と新住所が両方表示され、再変更が簡単に行えるようになっています。これは訂正とかスムーズで便利かもと思いましたが、1週間たった今も変更手続き中のままです。いつになったら変更手続き終わるんだろう。

8、いろいろと長々書いてきましたが、まあ住所変更の手続きで証券会社選びする人はいないと思います。
今回の記事は細かすぎて伝わらない証券会社比較の一つとして、一応点数をつけました。
もちろん、点数高い証券会社でも低い証券会社でも、問題なく住所変更手続きは行えました。
こんな事いちいち比較して馬鹿らしいと言えば馬鹿らしいのですが、
一面だけではありますが、各証券会社の顧客へのサービスの考え方を垣間見れた気がします。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

引っ越しが多いので

気になってたんです。なかなかこういう観点での比較は無いですからとてもおもしろかったです。kabu.comはなかなか住所変更が反映されないのでやきもきしてます。

hogehogeさん コメントありがとうございます。

私も転勤が有るので、自分で調べた事が少しでも役に立ててたら嬉しいですv-14

どこの証券会社が、というのではないですが。私の時も証券会社によって反映までの時間は結構差が有りましたよ。

引越し

住所変更に伴う書類の申請や優待の受け取りが不安だったのですが、たまたま開いたここに色々載っていて勉強になりました。ありがとうございました。

たかふみさん
コメントありがとうございます。

引越しは、何かと大変だとは思いますが、がんばってくださいねv-14

引越し。

近々引越しをすることになりました。
この記事は大変有用です。
いまは「e転居」でオンラインでゆうびんの転送を申込めますから、とりあえずe転居だけ手続きしておけばOKみたいですね。

ちなみに、ゆうびんの転送手続きが完了しておけば、ヤマトもオンラインで転居手続きが可能です。(クロネコメンバーズ)

これで3月優待の受け取りも問題なさそうです。

ssさん おひさしぶりです!
記事お役に立てたようで良かったです。

郵便の転送手続きも簡単になったんですね。
引越しの準備・手続きなにかと大変ですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/214-49469753

アクセス解析アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。