野村ジョイ証券のメリット 

野村ジョイ証券についてです。2009年11月にジョインベスト証券は野村ジョイ証券へと生まれ変わりました。手数料値上げなど、多くの個人投資家にとっては嬉しくない変更が目立ったのですが。。
記事がジョインベストの時の内容のままでしたので、今回書き直しました。

野村ジョイ証券のメリット1、便利な注文方法
各証券会社の注文方法を比較 を見ていただけると分かりますが、野村ジョイ証券は注文方法が結構充実しています。

ジョインベスト証券でできる特殊注文

逆指値注文 設定したトリガー価格(注文を執行するための条件となる価格)に到達した時点で、あらかじめ指定した注文単価で注文を執行する方法です。 
上下指値注文 株価が「上昇した場合」と「下落した場合」それぞれに対して、トリガー価格を設定することで、株価がいずれかのトリガー価格に到達した時点で注文を執行する方法です。 
追跡逆指値注文 上下指値注文と同様に「株価の上昇」「株価の下落」の両方を設定して注文する方法で、片方の条件として目標とする株価に到達した後の「高値からの下落幅」「安値からの上昇幅」を設定することにより機動的な注文を可能とする方法です。 
連続注文 連続注文は、売買両方の注文を設定しておくことで、1次注文が約定した時点でその反対となる2次注文を執行する方法です。 

ちなみに上記4つの注文方法のうちSBI証券で取り扱っているいるのは逆指値注文のみです。逆指値は、普通の指値と併用できるW指値(上下指値注文)が出来るほうが、ずっと使いやすいです。

それから、これまでカブドットコム・マネックス・オリックスなど限られた証券会社しか対応していなかった、連続注文も可能です。ずっとザラ場を見られない人にとっては便利になると思います。

野村ジョイ証券のメリット2、豊富な無料サービス
ジョイエクスプレスというトレーディングツールが無料で使用可能です。2010年1月からの東証の新システムに合わせてこれまでの上下10本の表示から上下16本の表示となっています。
元になっているソフトは、松井証券ネットストック・ハイスピードと一緒です。

口座開設する事で無料で見られる情報は、会社四季報、Quick、ロイターニュース等です。その他にもスクリーニングや簡単銘柄検索、アナリスト予想や銘柄比較なども見られます。

野村ジョイ証券手数料
ワンショット手数料(現物株)は、


~10万 
10
~20万
20
~30万
 
30
~50万
50
~100万
100万
~150万 
 
野村ジョイ証券 500円 500円 500円  500円 1000円 2000円 ~200万まで2000円
野村證券(窓口) 2730円  2730円  ~4095円  ~6825円  ~11634円  ~15834円  ほっとダイレクトは半額 
SBI証券 200円  250円  450円  450円 800円  950円  ~3000万まで1500円
3000万以上1575円
そしあす証券  231円  231円  231円  231円  462円  462円  ~300万まで462円以降300万ごとに+462円
楽天証券 472円 472円  472円  472円  840円 1050円 150万越え1575円
カブドットコム証券
(指値) 
500円
(1025)
500円
(1025) 
1050円
(1575)

1050円
(1575) 

1050円
(1575) 
1890円
(2415) 
~1000万まで1890円
以降100万ごとに+42円

ジョインベスト証券から野村ジョイ証券へとなり、1日10万までが100円→500円、30~50万が400円→500円、300万までが1500円→3000円など軒並み手数料が値上げとなりました。 まあ、それでも本家の野村證券と比べるとぐっと安い手数料ですが。ちなみに野村證券でもネット専用口座のほっとダイレクトでは、これの半額の手数料となります。

一日定額手数料(現物株)は、

  0
~10万
10
~20万
20
~30万 
30
~50万 
50
~100万
100
~200万 
200
~300万 
 
野村ジョイ証券 2500円  2500円  2500円  2500円  2500円  2500円  2500円  300万ごとに
+2520円
 
SBI証券 100円  200円  300円  450円  800円  1220円  1640円  100万ごとに
+420円
 
松井証券 21円  315円  315円  525円  1050円  2100円  3150円  100万ごとに
+1050円
 
マネックス証券 2625円 2625円 2635円  2635円 2525円 2625円 2625円  300万ごとに
+2625円

1日定額手数料は、マネックス証券とほぼ同程度(若干安い)となっています。ジョインベスト証券時代は、1日定額手数料もSBI証券と同程度の手数料だったんですどね~。

同じくW指値と連続注文の両方ができる証券会社は他に、カブドットコムマネックスなどがありますが、それらの証券会社に比較的近い手数料となりました。
↓複雑な注文方法は必要ないので、手数料が安い方が良いって人は、下記の記事をご覧ください。
ワンショット手数料値下げ競争
1日定額手数料値下げ競争
信用取引 手数料・金利徹底比較!

野村ジョイ証券投資信託
投資信託のラインナップはジョインベスト証券時代の約240本から175本へと減少。そのうち銀行からの引き落としの積立投資可能な銘柄は約140銘柄から35銘柄へと激減。
ノーロードファンドの取扱い数も一気に減りました。

低コストなのは、ノーロードで信託報酬が~0.63%と低コストなバランス型ファンド「投資生活」ぐらい?比率は外国株・日本株・外国債券がそれぞれ3分の1づつ。日本債券が入っていないバランス型ファンドを求めている人にとっては良いんじゃないでしょうか。定評のある中央三井インデックスファンドと同じマザーファンドを使用しています。

野村ジョイ証券 その他サービス
即時入金サービス
は、みずほ銀行・三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・ジャパンネット銀行・イーバンク銀行・セブン銀行・スルガ銀行・郵貯銀行から、手数料無料で利用可能です。

まめ株 株を1株から買える単元未満株取引も可能です。個人的には、少ない金額からできる単元株未満取引は結構好みです。


まとめ
逆指値(W指値)や連続注文を使いたい。
・無料で16本値まで見られるツールを使いたい。
・野村グループの安心感が欲しい。

そんな人には、野村ジョイ証券がおすすめです。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

最新情報への書き直しお疲れ様です。ここは大改悪で私が口座解約したところというのもあってメリットが全くみえないですね。取扱ファンドの大幅削減、手数料大幅増大の嵐で、さすが安心感のある野村グループ様といったところです。

kenzさん コメントありがとうございます。

確かに、この改訂は残念な内容ですね。もう野村は、野村Joyを自然消滅(吸収)を考えているのかもしれませんが。そうでないのなら、債券だ外貨MMFだ外国株(ETF含む)だとか、他のネット証券との差別化が必要だと思いますが。どうなんでしょうね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/225-c4abd1df

ジョインベスト証券ジョインベスト証券(ジョインベストしょうけん)は、野村ホールディングス傘下のネット専業の証券会社。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL
  • [2007/07/25 19:48]
  • URL |
  • 証券会社完全ガイド |
  • TOP ▲
アクセス解析アクセスランキング