オリックス証券のメリット  

2/2よりワンショット手数料を値下げした オリックス証券のサービスについて見ていきたいと思います。

オリックス証券のメリット1、逆指値 連続注文

逆指値と普通の指値を同時にできるプラス逆指値(OCO)注文が可能です。

また、一つの注文が約定したら自動で次の注文を出せる連続注文も可能です。例えば、保有銘柄が売れたら、別の銘柄の買い注文。買い注文を出していた銘柄が買えたら、自動でそれの売り注文を出せたりします。


オリックス証券のメリット2、
手数料

一日定額手数料

  ~50万  ~100万円 以降100万ごとに   
オリックス  315円  840円  +840円  日計り取引、片道無料 
楽天  450円  900円 +1050円 日計り取引、片道無料 

一日定額手数料は、日計り取引(デイトレ)の場合、片道分は無料です。
手数料を見てみると、同じく日計り無料でOCO注文が可能な、楽天証券をターゲットにしている感じです。
全ての価格帯で、楽天よりも安い手数料となっています。
他の証券会社と比べても、特に50万円弱の取引で、315円というのは安いです。その他の価格帯は、まずまず。日計り取引する人には安いんじゃないかな。といったところです。

ワンショット手数料

  ~10万  ~20万  ~50万  ~100万  ~150万  ~3000万  3000万越え 
オリックス証券 200円 250円 420円 800円 950円  1500円  1575円 
楽天証券 472円  472円  472円  840円 1050円  1575円  1575円 
SBI証券  200円  250円  450円 800円  950円  1500円  1575円 
今回値下げになったワンショット手数料は、露骨にSBI証券に合わせてきました。いちおう20~50万の範囲だけ30円安いです。

また、先物の手数料は先物ミニの手数料が52.5円とSBIに合わせています。
また、先物ラージは472.5円とこちらはSBIよりも低い設定です。

オリックス証券のメリット2、手数料2ヶ月無料。
2009年8月31日までの口座開設で、口座開設から2ヶ月間は手数料が無料になるキャンペーン中です。

オリックス証券、その他サービス

香港上場の中国株の取引もでき、香港上場の海外ETFも扱っています。

夜間取引もあります。

FXの取扱いも有ります。

即時入金は、みずほ・三菱東京UFJ・三井住友・スルガ・ジャパンネット・イーバンク・郵貯銀行から、手数料無料で利用可能です。

まとめ
オリックス証券は、それなりにサービスが充実していて、手数料も安い方だと思うのですが。証券会社オタクの私からすると、なにか他には負けないコレといった特徴・利点が有ればもっといいと思うんですけどね。
まあでも、OCO注文や連続注文ができてSBIと同程度の手数料(ワンショットの場合)なら悪くないかなと思います。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

コメントありがとうございました

昨年12月にコメントいただいていたのに、お返事を差し上げず、失礼いたしました。いただいたコメントを元に、為替の投資戦略を考え直してみます。ありがとうございました!

ねこすけさん
わざわざありがとうございます。
ブログの方に、またコメントさせていただきました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/226-87cc229e

アクセス解析アクセスランキング