スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

優柔不断で貧乏性な私の投資信託選び 

1月中旬に、私がマネックス証券で保有していた三菱UFJグローバルスターオープンが償還になりました。

償還になったらそのお金は、同じく世界の株に投資するトヨタアセットバンガード海外株式ファンドに投資しようと思ってました。

でもマネックス証券からのお知らせを見たら、
「当社において償還日までファンドを保有したお客様は、償還日の翌営業日以降、3ヶ月間に、当社で別の国内株式投資信託を購入された場合は、当該償還金額の範囲内で、お申込時の手数料が無料となります。」
との事。

せっかく手数料が無料になるなら、手数料は高めでいいから信託報酬の低くめの良いファンドはないかといろいろ調べてみました。
マネックス証券の取扱いファンド一覧

まず探してみたのは、ヨーロッパを主な投資対象にしているファンド。
私としては昨年の11月にアメリカ株のETFを買ったので、バランス的にヨーロッパ株(主に西ヨーロッパ)のファンドを増やしたいかなというのが有りました。
しかし、マネックスで扱っているヨーロッパファンドは、どれもアクティブファンドで信託報酬が1.5%以上とちょいと高め。(まあそれを言うなら、三菱UFJグローバルスターオープンもアクティブファンドで同じ様な信託報酬だったんですけど…。)
それだったら、アメリカとか入っててもいいから、信託報酬低めのファンドの方が良いしと思ってしまう。マネックスでとなったら、結局トヨタアセットバンガード海外株式ファンドになってしまう。
ヨーロッパ株の、信託報酬の低いインデックスファンドが欲しい。何で無いんでしょ。
ヨーロッパ株のファンドを検討中の人には、[投信で手堅くlay-up!]の欧州株ファンドの検討という記事がおすすめ!各ヨーロッパ株ファンドのコスト面が、分かりやすく比較されています。

あと興味を持ったのが、欧州新成長国株式ファンド。人件費が安めで新しくEU入りしてヨーロッパとの貿易が増えている国(ハンガリーとか)は、以前から気になっている国々だったので。
ただし、ファンド一覧で信託報酬が1.26%となってますが、このファンドはファンドオブファンズです。実質の信託報酬は2.0%程度です。

実質の信託報酬については、目論見書などを注意深く読めばわかるのですが、モーニングスターで調べるのが便利だと思います。
マネックス証券で販売している国際株型のファンドを検索したらこんな感じで表示されます。あとは、ファンド名クリックするとこんな画面になるので、さらに基本情報のところをクリックすれば、信託報酬などが書かれたページが表示されます。

また、手数料が無料なら、普段手数料が高めなBricsファンドインド株ファンドを買ってみようかなとも思う。
でも改めて見ると、信託報酬2%以上。う~ん。
インド株なら楽天で海外ETF買った方がいいかもしれないし。もしかしたら大証にETF上場されるかもって淡い期待を抱いたりもするし。

素直にトヨタアセットバンガード海外株式ファンドに預けかえるのが一番いいんじゃないか。と思いつつ、せっかく手数料無料で買えるチャンスなのにノーロードファンドを買うのはもったいないと思ってしまう貧乏性

期待通りの、手数料は高くても信託報酬の低いファンドってのは見つかりませんでした。

結局、貧乏性&優柔不断な私はシュローダー・ヨーロピアン・オープンB 欧州新成長国株式ファンド HSBCインドオープン を3分の1づつ買う事にしました。もし大証や東証でETFが上場されたら、その時乗り換えればいいかなと。

<追記>
超馬鹿だ!欧州新成長国株式ファンドはノーロードだった。HSBCインドオープンは乗り換え手数料無料対象外だった。
替わりにHSBCブラジルを追加で買いました。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

(^O^)

確かに、特典で無料⇒どうせなら高い手数料のとこにしたくなる気持ちはわかります(笑)
私は、手数料はモノによって違うのはわかっていましたが、報酬ってのは知らずに選んでしまいました。昨年の10月末に初めて2つの商品を始めましたが、これが配当がすごくってびっくりしてます。始めに払う手数料のもとをとるのには通常1年~2年かかります。と言われたので、そのつもりでいましたが、わずか2ヶ月で元はとれて、今現在プラス15万円超え。(私のちまちました)株よりぜんぜんいいです。

こんにちは

1つの証券会社だと選択の範囲がかぎられてしまいますよね。
私は買付手数料3%、信託報酬1.8%ピクテヨーロピアンファンドを所有していますが、パフォーマンスは中国、J-REITについで3番目の10%/3ヶ月でした。が、これはきっとユーロ高の恩恵です。為替がどんと円高になればなにか海外投信を買おうかと思いますが、こういう人って結構いるんでしょうね。だから円高にはならない?(笑)ちなみに個人のFXのインパクトは320兆でヘッジファンド円キャリートレードをしのぐ勢いだとか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

TBありがとうございます

いやー限定で手数料無料と言われても、選ぶのが難しいですね。
私も手数料高めで普段なら買わないようなものを選ぶと思います。
たまにある、マネックスの手数料無料キャンペーンの時には「HSBCブラジルオープン(販売手数料3.15%)」を買っていますが、キャンペーン時以外にはとても買う気になれません(苦笑)

そうだね

せっかく無料なんだからノーロード買うのはもったいないって 思っちゃうね。
わかる~!!

ダモさん
コメントたくさんありがとうございます。
手数料のもとをとるのには通常1年~2年かかります。ってのはいくらなんでもかかり過ぎ!だと思います。
でも、昨年暮れは世界同時株高&円安で大きな利益が出た投資信託は多かったと思います。
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/blog-entry-216.html
調子がいいって事は中国株とか?

すみパパさん こんにちは
ヨーロッパ株のファンドを選んだ理由に、ユーロがベースの資産も保有しときたいってのも有ります。

個人のFX、320兆円ですか?レバレッジ
の力ですね。
なんとなく、ブログとか見てると、FX始めたって人が増えてきているような。、2005年後半~2006年初めの株の様な状態になってる気がしないでもないです。
償還分の手数料タダにするのって、ある種の顧客囲い込み手法ですよね。
これがなかったら、償還された金額の使い道は、マネックスに限らないで考えたと思います。

じゅん@さん こんばんは
そうですよね。手数料無料ってのがなかったら、これらのファンドは選ばなかったです(断言)。

かずさん
普段はノーロードから探す事が多いけど、今回はノーロード以外から探しました。いつもと違う視点から投資信託選びするのはちょっと楽しかったです。優柔不断なんで、なかなか決められなかったけど。

izumiさん
urlなどの連絡先書いて無かったので、ここでお返事。
もちろんOKですよ。大歓迎です。
良かったら、TBもお待ちしてます。

ありがとうございます!

すみません、管理人だけに表示を許可ってところに
間違ってチェックを入れてしまいました。 (^^;

>もちろんOKですよ。大歓迎です。
感謝感激雨あられです(笑)
今後ともよろしくお願いいたします~

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/233-fde33376

ファンドの選び方

現在販売されているファンドは4000を越えます。4000以上もあるファンドのどれがよくてどれが悪いのかもファンド名からでは全くわかりません。その中で、気になるファンドをピックアップする作業を始めに行いますが、まずはど
  • [2007/04/26 23:38]
  • URL |
  • 50歳から始める投資信託-投資信託初心者用 |
  • TOP ▲
アクセス解析アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。