EV/EBITDA倍率 

EV/EBITDA倍率EV(企業価値)がEBITDAの何倍になっているかを表す指標で、企業の買収に必要な時価総額と、買収後の純負債の返済に必要な金額を、EBITDAの何年分で賄えるかを表す。簡易買収倍率とも呼ばれている。


まず企業価値EVとは、時価総額+ネット有利子負債です。
ネット有利子負債 = 長期負債 + 短期負債 + 債券(CB含む) - 現金 - 有価証券
企業を買収するのに全部の株を買うのに必要なお金+買収した後返済しないとならない借金の合計。EV=買収にかかる費用 って感じ。

買収しようとすれば需給の関係で株価は上がるので、実際には時価総額の金額では100%買収は無理でしょうけど。

対して、EBITDAは税前利益+減価償却費+支払利息
こらまた大雑把に言ってしまうとEBITDA=1年間で回収できる金額

まとめると
EV/EBITDA倍率
=(時価総額+ネット有利子負債)/税前利益+減価償却費+支払利息)

=買収にかかる費用/1年間で回収できる金額
ようするに、買収費用を何年で回収できるかを大雑把に見るためのもの。

同じ買収でもPBRが企業を買収してそれを解体して売却したらどうなるかという数字なのに対して、EV/EBITDA倍率は企業を買収して、そのまま営業を続けたらどうなるかを表す指標。もちろん、前述したように時価総額で買収できるとは限らないし、今後も今と同じ収益を続けられるかはわからないです。あくまで、簡易買収倍率。

税引き後の利益で計算するPERだと会計基準の外国企業との単純比較はできませんが、EV/EBITDA倍率なら比較可能。機関投資家にも好まれる指標とのこと。

また実際に買収するつもりでない、個人投資家にとっても他の企業と比べて割安かだどうかの目安として使えると思います。

おすすめ関連リンク
EV.EBITDA
EV/EBITDA倍率 [かえるの気長な生活日記]
これによると、一般的にEV/EBITDA倍率が割安といえる水準は5倍以下との事。
この記事以外にもシンプルに良くまとまった記事が多く、読みやすいブログだと思います。

EV/EBITDA倍率も、他の指標と同じく同業他社との比較が有効だと思われます。

ちなみに、トヨタは9.57倍、日産が6.25倍。
東京電力が9.52倍、北海道電力が10.32倍、沖縄電力が8.30倍。

キリンビールが10.46倍、アサヒビールが8.39倍、サッポロが16.75倍。
そして今話題のブルドックソースが17.21倍。実際に敵対的に買収しかけようとすると、株価・時価総額は上がってしまいEV/EBITDA倍率も上がってしまうようです。


※ここからの内容は、本当は本文で書いていたのですが、小難しくなり過ぎたので、ファンダメンタルズ分析好きの人だけお読みください。

一見似てないけど、EV/EBITDA倍率に良く似た指標にPCFRがあります。
PERが株価/一株利益なのに対して、
PCFRは株価/(一株あたりの純利益+減価償却費)。
原価償却費を加える事で、株価を何年分のキャッシュフローで回収できるかといった指標です。

PCFR
=株価/一株あたりの(純利益+減価償却費)
=株価×発行済株式数/一株あたりの(純利益+減価償却費)×発行済株式数
=時価総額/(純利益+減価償却費)

EV/EBITDA倍率=(時価総額+ネット有利子負債)/(税前利益+減価償却費+支払利息)

つまりEV/EBITDA倍率は、PCFRの分子にネット有利子負債を、分母に支払い利息を加えたもの。PCFRにさらに財務体質の要素を加えた指標とも言えます

では、実際に各企業のEV/EBITDA倍率を見てみましょう。
時価総額に関してはヤフーファイナンス、ネット有利子負債、税前利益、減価償却費、支払い利息に関しては、企業の決算書に書いてあるので、自分で計算する事も可能です。
しかし、多くの企業でそれをやるとめんどくさいので、今回も楽天証券のスクリーニングを使わせてもらいました。

まずは、鉄鋼大手4社をチェック (時価総額順)

  EV/EBITDA倍率 PCFR  PER  PBR 
新日鉄  8.50倍  10.49 16.26  3.01 
JFE  8.07倍  9.15  14.36  2.97 
住友金属  9.95倍  11.51  15.96  3.44
神戸製鋼  8.32倍 7.61 15.85 2.14 

この4社は、PERが14.36~16.26と比較的バラつきが小さいですが、EV/EBITDA倍率も8.07倍~9.95倍とバラつきが小さいです。似たような収益構造なのかなと思います。

あと、ちょっとおもしろいなと思ったのが、新日鉄・JFE・住友金属がPCFRよりEV/EBITDA倍率が低いのに対して、神戸製鋼はPCFRの方が高い事。支払い金利は大きな割合は占めないと思うので、ネット有利子負債 が上記3社はマイナスで、神戸製鋼はプラスだってことですよね。
で、決算のキャッシュフローの欄で、新日鉄(8ページ目)と神戸製鋼(6ページ目)を比べてみると、キャッシュフロー対有利子負債比率は、新日鉄が2.5年なのに対して、神戸製鋼は4.3年。神戸製鋼の方が借金の負担が大きいようです。
ただし、PCFRで見ると神戸製鋼は4社の中では割安です。合わせて見ると、最近では神戸製鋼が借金をして新たな投資をして、それを減価償却中なのかなと想像できます。
財務体質的に新日鉄の方が良いという見方も有れば、神戸製鋼は減価償却
が済めば利益が上がりそうとの見方もできます。
ここでは、これ以上調べませんが、実際に投資するんなら神戸製鋼がどんな投資をしたのかとかまでチェックすると理想的。


続いて、電気機器の大手をチェックしてみます。(時価総額順)

  EV/EBITDA倍率 PCFR  PER PBR 
キヤノン  7.72倍  12.20  18.54 3.13 
ソニー  7.87倍  9.29  20.90  1.98 
松下電器  6.53倍  11.17  23.70  1.51 
日立 6.45倍  5.56  71.13  1.17
東芝  6.90倍  6.90  23.50  2.54 
ファナック  11.63倍 22.04  24.19  3.30
シャープ  6.65倍  7.73 23.75  2.11 
三菱電機 7.72倍  8.64 18.41  2.17 

恥ずかしながら、ファナックって会社知りませんでした。シャープや三菱電機、京セラなんかよりも時価総額で上なんですね。工場用ロボットの会社みたいです。

で肝心のEV/EBITDAを見てみると、特筆すべきなのは、日立ですね。日立は大幅な減益でPERで見ると71.13倍というちょっと高過ぎに見える数字なのですが、PCFRやEV/EBITDA倍率を見ると、まともな数字です。
なぜだろうと思い、決算のキャッシュフローを見てみると、純利益の金額に対して、減価償却費の数字が大きい事が分かります。どのように減価償却するかの計算方法によって、なんぼでも利益の数字はいじれそうです。大幅減益決算で良いとは言えませんが、日立が危ないのかというとそんな事はない感じ。


PERは、代表的な指標で私も一番参考にしている指標ですが、それだけ見てたら日立のキャッシュフロー構造には気付かなかったと思う。EV/EBITDA倍率と合わせて見る事で発見できた。

また、EV/EBITDA倍率とPCFRを比べる事で、EV/EBITDA倍率の方が高い企業は借金が多い、EV/EBITDA倍率の企業はキャッシュリッチなのかもと窺い知ることができる。(もちろん詳細はチェックする必要が有りますが)

別に指標を見なくても、各社の決算を注意深く読み比べると分かる事ばかりですが、指標を見比べると事で、何故だろうと思った事を調べた方が効率的に頭に入るような気がします。

EV/EBITDA倍率は、PERと比べて、減価償却費やネット有利負債も含まれているので、より総合的な指標と言える。
ただし、総合的であるがゆえに何が原因で高いのか低いのかは、EV/EBITDA倍率だけを見ていただけでは気付きにくい。PERやPCFRと合わせて見ることで効果を発揮するんじゃないかと、個人的に思います。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

紹介ありがとうございます!
楽天のスクリーニングは色々と使えますよね。
こうしてみますと、EV/EBITDAとPCFRを併用する事で大きく銘柄を絞れそうですね。

あとPCFRの方なのですが、投資CFがマイナスの場合はどういった判断をされているでしょうか?

かえるさん こんばんは
今までスクリーニングはリテラクレアを使う事が多く、あまり楽天のスクリーニング使ってなったなのですが。使ってみて便利ですね。他ではみられない指標とかが有って。

PCFRと投資キャッシュフローを結びつけて考えた事はなかったです。

企業の成長に、ある程度の投資は必要だと思うので、投資キャッシュフローがマイナスな事自体は普通かなと。
営業キャッシュフローに対して、投資キャッシュフローが多すぎだと、ちょっと心配。
ってレベルでしか投資キャッシュフローを見てませんでした。

質問お答え頂きありがとうございました。
私の間違えで"投資CF"ではなく"営業CF"でした。
申し訳ございません。

で、営業CFがマイナスでもPCFRを適用していいもでしょうか?
楽天のスクリーニングでは引っかかってくるので疑問に思いるところです・・・。

かえるさん こんばんは
営業CFがマイナスって事は、PCFRがマイナスって事ですよね?PERと一緒で、マイナスは除外(最低値を0)にしてスクリーニングした方がいいんじゃないかと思います。

PCFRがどうって言うより、営業CFがマイナスな企業は、個人的には投資対象として好みじゃないです。http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/blog-entry-140.html

普段、なかなかこういう話しする相手がいないので、ちょっと楽しいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/265-3b41e363

ブルドックソース

ブルドックソース|設立 = 1926年9月21日|本社所在地 = 東京都中央区日本橋兜町11-5|代表者 = 代表取締役社長:池田章子|業種 = 食料品|製品・サービス = ソース・調味料|資本金 = 10億4,437万円|売上高 = 12,338百万円(平成18年3月期)|外部リンク = h

EV/EBITDA倍率2(企業価値算定への道3)

前回の記事で、EV(企業総価値)とEBITDA(金利の受け払い、税金の支払い 減価償却前の利益)の説明をしました。今回は、この2つの指標を使って算出する、『EV/EBITDA倍率』(または単に『EBITDA倍率』)について書いていきま
  • [2007/06/30 19:14]
  • URL |
  • 株式十八番!  |
  • TOP ▲

-

管理人の承認後に表示されます
アクセス解析アクセスランキング