スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

PER 株価収益率 

PER=株価÷一株利益(EPS)

PER:株価収益率ともいい、株価が利益の何年分なのかを見る。数字は小さい方が割安。PER10倍なら、株価がその企業の10年分の利益と一緒。PER20倍なら、株価がその企業の20年分の利益と一緒という事。

日経平均のPERは20倍前後で、個別の企業を見る際もだいたい20倍というのが一つの目安とされる事が多い。
私的には大雑把に言って、15倍以下が割安、15~25倍が普通、25倍以上が割高って感じでとらえてます。

PERは成長力が高い企業・業種は高め、逆に成長力が低いと思われる企業・成熟業種は低めとなる。
なので、実際にPERを見る際は、単純に何倍かよりも同業種のライバル企業や業種平均と比べる方が有効
業種別のPERは東証のサイトで見る事ができます。


なお短期的な株価の動きは、PERなどのファンダメンタルよりも、相場の地合や需給などの影響の方がずっと大きいと思います。なので、3ヶ月ごとの四半期決算発表をまたがないような短期投資の場合はPERはそんなに気にする必要ないと思います。


PERは、低PERな割安銘柄を見つけるという積極的な使い方だけでなく、投資の候補銘柄から割高な銘柄をはじく為という使い方もあります。

私が読んで非常に参考になった「ウォール街のランダムウォーカー」では前半、チューリップバブルからITバブルまで、今までのバブルの歴史が書かれています。バブルの特徴は、割高だと思われるものまで、まだ騰がるだろうからと買われる事。バブルの時の日経平均はPERが40倍ぐらいになっていたにも関わらず、日本は特別だ外国と比べてPERが高くてもおかしくないと言われていたそうです。
また、ITバブルの時は、インターネット関連企業はこれからぐんぐん伸びるだろうと、PER100倍以上に買われた銘柄もあったようです。
しかし、バブルははじけました。

そして、2005年から2006年のライブドアショック前までは、成長力が高い新興企業が東証一部銘柄よりPERが高いのは当然といった感じで、PER50倍超えの銘柄も多かったです。その時2000を超えていたマザーズ指数は、現在800台です。JASDAQのPERもピーク時は50倍までいってましたが、今は20倍切りました。

高PERな投資対象を避ければ、バブル的な高値をつかまないですむのかなと思います。
高PER=バブルとは限りませんけど、高PERと低PERなら、バブルの可能性が高いのは高PERです。
もちろん、低PERな企業だけを買ってる人もバブル崩壊の時は全体が下がるので、損失を被ると思いますが、PERなどを気にしてない人と比べて、損失は小さく抑えられるんじゃないかと思います。


株価=一株利益×PER です。
つまり、株価が上がるには利益が上がるか、PERが上がるかする必要があります。いくら、PERが低くても利益が右肩下がりになると思う企業はだめ。

  PERが上昇 PER横ばい  PERが下落 
一株利益が上昇 株価↑↑ 株価↑  ↑or↓ 
一株利益が横ばい  株価↑  株価→  株価↓ 
一株利益が下落 株価↑or↓  株価↓  株価↓↓

利益が上昇した場合、PERが上がればもちろん株価は上昇しますし。たとえPERが上がらなくて、利益の上昇率以上にPERが下がらなければ、株価は上がります。
つまり、利益が伸び、PERが割安(PERがこれ以上下がりにくい)銘柄を選べば、株価は上がります
もちろん、これまで増益基調でかつ低PERの銘柄でも減益になってしまえば株価は下がる可能性が有ります。


逆の視点で、PERが下落した場合。利益が下落や横ばいの場合、株価は下がります。増益でも、PER下落率>増益率なら、株価は下がります。
なので、PERが高い銘柄を選んだ場合、PERがどこまで落ちる可能性があるか心配する必要があります
もちろん高PERでも、PERの下落以上の利益の伸びが続けば、株価は上がりますが。


まとめ
・PER(株価収益率)、株価を一株利益(EPS)で割ったもので、一般的に小さいほど割安。
・同業種のライバル企業や業種平均と比べるとよい。
・PERは中長期投資に有効な指標
・高PERの銘柄は、バブル的な割高さの可能性も有る。PERが大きく下がる可能性があり、その際は株価も大きく下がる。
・低PERの銘柄は、PERが下がる余地が小さいので、その分株価が下がる余地も少なくなる。(もちろん企業の利益が少なくれば株価が下がる可能性は有る)


私の基本戦略
低PERで、かつ利益が右肩上がりで今後も成長が続くと思う企業を、中長期保有。短期投資の場合も、PER30倍以上の銘柄は買わない


おまけ  金持ちA株・貧乏B株  (去年実際に私が売買した銘柄の話)

当時不人気だったセクターのA株が有りました。増益基調なのに、PERが8倍と非常に低かったです。去年の1月私はこれは割安だなと思い19万5千円(1950×100株)で買いました。そして10月に25万円で売りました。
そしてA株がその後どうなったかというと、

 

今45万円になってます。今のPERは13倍台。私は中期で売ってしまいましたが、正解はそのまま保有の長期投資でした。
増益による上昇とPERの上昇により、ダブルで株価が上がり、株価は1年半で2倍以上になりました。


増益基調で、将来性がありそうなB株が有りました。しかしPERは60倍以上でした。でも、私は成長株はどんなもんだろうと、昨年の夏に9万5千円で買いました。ちなみに、PERが30倍以上の銘柄を私が買ったのは後にも先にもこの銘柄だけです。
一旦は1万円ぐらい上がりましたが、ずるずる下がり結局1ヵ月後に7万円で損切りしました。
そしてB株がその後どうなったかというと、


今、3万5000円になってます。PERで20倍くらい。
この1年間で増益であったにもかかわらず、PERがそれよりも格段に下がったので、株価は1年で3分の1になりました。

もちろん、B株が悪いのはではありません。悪いのはそんな高値で買った自分です。
蛇足ですが、B株もPERが20倍まで下がったので、また1株だけ買ってみました。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

はじめまして

はじめまして。よくこちらの記事をみて、勉強させてもらってます。私のように初心者(これから株をはじめよう、という初心者です)にもわかりやすく、情報量の多い記事でとても参考になります。

一株利益とPERの上昇と横ばい、下落から株価の動向についてまとめた表が大変分かりやすかったです。ありがとうございました^^

新着コメが

あったので、改めて見てみました。
で、疑問が。私は、日経マネー&マーケットとYahoo!ファイナンスの2つで株価チェックをしてるんですが、違うんですよ。数値が。Yahooの方がリアルタイムで、日経の方が前日の値で算出してるっぽいですが。
もう一つは、株価が安いほうが小さいんですよね?今、下がってる銘柄(どこも下がってますが)買い時と思うんですが、今日時点で20倍以上あるんですよ。じゃ、株価が高かった頃はもっと大きかったってことですかね?
あと、一株利益は年2回変わるんですか?(決算時)

ぜっくん さん
コメントありがとうございます!
そういう方に、分かりやすくって為になるってのを目標にしているので、そう言っていただけるとすごく嬉しいです。

ダモさん
まず、PERは実績PERと予想PERってのがあります。実績PERは、すでに発表になった本決算の1株利益をもとに計算します。予想PERは今期の本決算の1株利益がこの位になるだろうという予想値で計算したものです。

>一株利益は年2回変わるんですか?(決算時)

実績PERの場合は本決算の数字を使うので変わるのは年1回です。
予想PERの場合は、予想が変われば変わります。

>日経マネー&マーケットとYahoo!ファイナンスの2つで株価チェックをしてるんですが、違うんですよ。数値が。Yahooの方がリアルタイムで、日経の方が前日の値で算出してるっぽいですが。

日経とヤフーはどっちも実績PERのようです。で、おっしゃる通り、ヤフーが現在の株価で算出、日経の方が前日の値で算出しているようです。ただ日経の方は、0.1%程度計算と違ったりするのですが、この理由はよく分からないです。ただ、気にするほどの差でもないと思います。

>今、下がってる銘柄(どこも下がってますが)買い時と思うんですが、今日時点で20倍以上あるんですよ。じゃ、株価が高かった頃はもっと大きかったってことですかね?

買う前にPERってチェックしなかったんですか?
新興企業などで業績の伸びが大きい人気のある企業なんかは、PERが30倍以上なところもけっこうありますよ。2年前のライブドアショックの頃なら、50倍以上という企業も結構有りました。
さて問題、PERが25倍だった企業がPER20倍まで落ちたら、株価は何%下落するでしょう?

答えは、(20-25)÷25×100=-20%
ちなみに去年の日経平均の下落率は-11.2%、
ジャスダックインデックスで-16.3%でした。



ブルボン

>買う前にチェックしなかったんですか?

はい(*_*;
これからは、見るようにします。
でも、それ以前に、当期利益が赤字だったんですよ。その場合は-ですかね?

タイトルのブルボン。
関係ない話ですが、(PERの高位ランキングに出てたので)チャートみて気付いたこと。
有名なお菓子の会社ですが、売買が1日に数件しかないのは何ででしょう?メジャーな会社は取引が多そうですが。。。

N/A

って表示ですね。赤字会社は・・・
問題外ですか?(爆)

ダモさん
>赤字会社は・・・
問題外ですか?(爆)

その赤字が一時的なもので、今後、現在の株価にみあう以上の収益が出ていくだろうという確信があるなら、いいんじゃないでしょうか。

ブルボンは、なんでなんでしょうね。
ブルボンのお菓子、けっこうおいしいですよね。
株主優待、水じゃなくお菓子にすればいいのに。(別に優待目的で買うつもりはないですけど。)

いまさらの投稿ですが><

増益基調で、将来性がありそうなB株が有りました。しかしPERは60倍以上でした。でも、私は成長株はどんなもんだろうと、昨年の夏に9万5千円で買いました。ちなみに、PERが30倍以上の銘柄を私が買ったのは後にも先にもこの銘柄だけです。
一旦は1万円ぐらい上がりましたが、ずるずる下がり結局1ヵ月後に7万円で損切りしました。
そしてA株がその後どうなったかというと、

ということはA株はあがったものの下がったと言うことでしょうか?
それとも誤記でしょうか。いきなりA株が時間軸の関連がなく出てきたので?と思ったのですが。
まあ、現状ここまで下がる可能性もなきにしもあらずですが^^;

クズさん コメントありがとうございます。

そしてA株がその後どうなったかというと
→そしてB株がその後どうなったかというと

のタイプミスです。申し訳ございません。本文の方も修正しました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/267-f092ff68

PER(株価収益率)

株式投資-株式用語説明-PER(株価収益率)とは
  • [2007/10/10 13:38]
  • URL |
  • たかぷ~の株投資戦略ブログ |
  • TOP ▲
アクセス解析アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。