スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

グロソブの運用報告書を読む 

私はグロソブ持ってます。
分配金で千円ぐらいの金額、右も左も分からない最初の時に買ったものですので、見のがしてください。

グロソブの半年分の運用報告書が送られてきました。実は私グロソブの運用報告書読むの結構好きです。興味があるとこだけさらっと見る程度ですが。

例えば3ページ目の基準価格の主な変動要因を見れば、債券の要因で上がったのか為替の要因で上がったのかが国別で載っています。
これをみると、この半年は北米やオーストラリア・日本は債券の要因がプラスなのに対して。ヨーロッパ各国は債券自体はマイナスだった事なんかが分かります。

それから私がいつも見てるのが、投資環境見通し(12ページ目)です。経済環境と金融政策、債券市場や為替市場への見通しが書いてあります。
例えば、欧州の債券の見通しに関しては
「足元の景況感の強さから追加利上げに対する懸念が根強く、金利が低下しづらい局面が続くと見ています。しかし累積的な利上げ効果による景気鈍化やインフレ圧力の交代などを折り込む動きから、長期金利には低下余地が生じると考えています」
ファンドを運営するような人達が為替や債券に対してどんなふうに考えているか解かって、参考になります。このページはおすすめです。

もちろん、その予想通りになるかどうかは分かりませんよ。日本一の資産残高を誇るような投資信託を運営している人達が、どう考えてるのか知っておくのは参考になるって話しです。


4ページのベンチマークとの比較 では、
「ファンドのネット期間騰落率は、ベンチマークに対して0.6%下回り、為替の評価時点の違い等を考慮した参考指数を0.5%下回結果となりました。」と書いてあります。
そして、その下には主なプラス要因とマイナス要因が書いてあり、主なマイナス要因としては、
「・債券の国別配分について、相対的にリターンの高かった日本の債券をアンダーウェイトとしていたこと。
・債券のデュレーションおよび残存期間別の配分について、相対的にリターンの低かったユーロ圏の超長期債をオーバーウェイトとし、デュレーションを長めにしていたこと。」
などと書かれています。これを読むとなるほどそんな理由でマイナスだったんだと思ってしまいます。


で、さらに読みすすめていくと最後の方にグローバルソブリンオープンマザーファンドの運用報告書が載っています。
グロソブは毎月分配型や年1分配型など何タイプか有りますが、マザーファンドが債券を運用し、それぞれのタイプのファンドはこのマザーファンドを99%以上組み入れているかたちになっています。

そして、マザーファンドのベンチマークとの比較(36ページ)を読むと、
「ファンドの期間騰落率は、ベンチマークに対して0.1%上回り、為替の評価時点の違い等を考慮した参考指数を0.2%上回る結果となりました。」
そして、主なプラス要因・マイナス要因として、さっきの4ページに書いていたのと同じ内容が書いてあります。


ファンドの期間騰落率では(為替を考慮すると)ベンチマークに対して0.5%下回っていたのに、マザーファンドは逆にベンチマークに対して+0.2%。
その差は0.7%

グロソブの信託報酬は、1.31%です。半年だと約0.65%。

4ページを読んでると、もっともらしく感じましたが
ファンドがベンチマークに対して0.5%下回っていたのは、ファンドの運用がどうのこうのではなく、ただ単に
信託報酬分が引かれてるからマイナスになっている
って事ですね(笑)

まあ、信託報酬のためにベンチマークとなるインデックスを下回るのは、グロソブに限らず大抵の債券ファンドはそうだと思いますが。
例えば、外債のインデックスファンドなら信託報酬が0.8%前後ですが、半年なら0.4%確実にマイナスな運用な結果になると思います。

グロソブ(毎月分配型)とマザーファンドのリターンの差≒信託報酬+毎月分配である事によるロス 
になるかと思いますが、この場合毎月分配である事によるロスは半年で0.1%未満です。

参考記事 毎月分配型はどれだけ損なのか

↓1週間限定と言っておきながら、2週間以上投資信託の話ししちゃってます。株の話も書かなければ。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

グロソブですね。

こんにちは。

私も投資信託グロソブ(毎月決算分配受取)をもってます。投資信託をはじめてまもなく、あまり理解もせずに、最初に買った(5年前)のがこのグロソブです。

100万円で購入しているので、毎月4500円程度の分配です。この分は初買い記念?に他の投信に乗換えもせずにもっています(^_^)


>グロソブの信託報酬は、1.31%です。半年だと約0.65%。

ということで、信託報酬で運用パーフォマンスが悪化しているのが事実なようです。いまさらですが手元に112期(3/20~4/17)の運用状況がありますが、信託報酬金額は、一月で約57億になります。総資産額が馬鹿でかいので当然ですが。





グロハイ

大和証券が提供している”投資信託”の番組があり、たまたま見たところ、3月現在で2,000以上の商品があるそうです。そんなにあったらどれにしようか選ぶだけでも大変だ(@_@)番組内では、結婚相手を選ぶように、自分にあったものを選んでね。と言っていましたが^_^;
私は、グロソブではなく、グロハイを持っていますが、分配金もグロソブの倍ほどあるし、価格も上がってるしー。と、ちょっと優越感(すみません<(_ _)>)実は、あまり考えずに選んだのですがね。(2年連続、成績優秀だったで賞みたいなのとってるので良いのかなと思って)結婚相手はちゃんと選びました(笑)

サプライズさん こんにちは
ひと月57億。1年なら700億ぐらいですか?
すごい金額ですね。

5年前でしたら、定期預金に100万円なら1年分の利子で、グロソブのひと月の分配金以下だったと思うので、私もそうでしたが、今まで投資信託などをよく知らなかった人には、魅力的に見えてしまいますよね。(もちろん為替リスクがあるので元本保証ではないと理解はしてましたが。)

他の投資信託との比較ではなく、銀行などで販売する事により、定期預金や外貨預金などとの比較に、比較の軸を移しているのが、グロソブの販売戦略のうまいところだと思います。

ダモさん こんにちは
エマソブってのは知ってましたが、グロハイってのも有るんですね。名前とリターンから想像するに、オセアニア通貨の割合が高いのかな。
なにはともわれ、よく働く旦那さんで良かったですね。

投資信託が結婚相手だとしたら、なんだかんだで10本ぐらい保有している私は、気が多い男ってことですかね?(笑)

男っ!?

てっきり、女性だとばかり思っていました。とっても、とっても優しい言葉使いなので^_^; しかも、7時28分の恋人ことNHKの半井気象予報士のような、おしとやかなお姉さんを想像していましたわ(爆)

グロハイは、北米、欧州、アジア・オセアニアに3分の1づつ投資してるそうです(今、知った(笑))

それから、ウチの亭主は働きよくないです(笑)色男 金と力はなかりけり××ルックスで選んじゃった^_^;

Re:男っ!?

ダモさん こんにちは

そんな勘違いしてたんですね。
こんな理屈っぽい女性は少ないんじゃない?偏見かもしれませんが。


よく働く旦那さん=グロハイ のつもりで書いたのですが(笑)
自分の旦那を色男って言うなんて、よっぽどかっこいいんですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/278-e3f55c63

アクセス解析アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。