スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

上海ショック、サブプライム問題で最も損失が大きかった投資信託 

ちょっと、興味深かい記事だったのでメモ的に残しておきます。

絶望的な投資信託 「盆栽名人」 [チラシの裏]

当たり前の事ですが、投資信託を選ぶ際は投資対象がどういったもので、それが最悪の場合どの位のリスクが有るのかは、知っておく必要がありますね。これは、投資信託に限らず、投資全般に言える事だと思いますけど。

それから、「保有していた多くの投資家が「償還反対!!」と抗議して償還は中止されていた」ってのも興味深いなと。

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事が参考になりましたら、どれか1つクリックお願いします。

コメント

こんにちは

これはオプション個人投資家の間では有名な話ですね。ショートストラングルは、相場が動かないときに儲ける手法で、暴落に滅法弱い手法であることはオプション投資家なら誰でも知っています。こんなものを投資信託にしているのが間違いなのですが。まだ、損失限定のニアピンワラント(バタフライ)の方がマシですね。
一方で、暴落時は、IV暴騰を見越した戦略、特にバックスプレッドが有効であり、私含め経験者が今回の暴落でかなり儲けさせていただきました。
盆栽名人なんてマイナーな投信を買う人はいないでしょうが、いわゆる仕組み債(日経平均や為替がいくらまでなら。。。)のなかにはオプションが組み込まれているものが多々存在するので初心者はそんなものには手を出さない方がよいでしょうね。
 ただし、オプションそのものが悪かというとそんなことはなくて、うまく飼いならせばもう株や先物には戻れません(笑)そのためには相当な勉強が必要ですが。

盆栽名人みましたが、凄い綺麗な落ち方ですね。個別株では見かける事はありますが......。

償還に反対とありましたが、ビジネスでもよくありますね。
見通しの立たないプロジェクトなのに、ここまで来たからとりあえず、完成させような感じでしょうか。

見極めって大事だと考えさせられます.....

すみパパさん
この記事、すみパパさんの見解を知りたいなと思ってました。コメントありがとうございます!

オプションの、それも一つの投資手法だけを投信にするというのが、無理ありますよね。投信だと「休むも相場」的な事はできないと思うので、常にショートのポジションを持たざるを得ないでしょうし。

仕組み債、仕組み定期預金。いろいろ愛称がついていて、パンフレットの太字のところだけ読めば、良さそうに見えるけど…。
中身や条件をよく精査する必要がありますね。もしくは、よく分からないものは買わない。

オプション自体は、良いとか悪いとかの話しをするつもりはもちろんないです。
私はうまく飼いならせなかったというか、売りの場合のリスク(変動)は自分の許容度を超えてるので、たまに買いを利用するぐらいにしようと思ってますが。


かえるさん
ほんと、粉飾がばれて整理ポスト入りしたのかのような、落ちっぷり。

ビジネスへの例え、言いえて妙だと思います。
運用者の方も、ここまで来る前に、この仕組みの投信は失敗だったと気付いていたと思うんですけどね。

進化する個人オプション投資家

盆栽名人のようなヘッジなしのショートストラングルは、いくら場中でコントロールできても、今回の暴落のような700円のギャップダウンには耐えられません。これはかつて私のブログにも書いていたことであり、ちょっと考えればすぐわかることですが、明らかに設計ミスというか、シロウトの運用ですね。オレンジ共済みたいなものと考えてもよいのでは?
ところで、せっかくですので、私がよくいく個人オプション投資家のブログをご紹介します。2回の暴落局面で、大きな利益をあげているサイトです。
http://blog.livedoor.jp/actok/
私は書店に並んでいるオプション関係の本は全て読みましたが、全て読んでも不十分なことがわかり、独自にヘッジ手法を開発しています。上記ブログは、私の方法とは少し異なりますが、リスクの認識と対処という意味では、大変参考になります。内容は理解できないでしょうが、オプション取引とはここまでやって初めてその優位性が味わえるものです。しかし、このブログの登場により、個人オプション投資家のレベルはかなり底上げされたと思います。

すみパパさん
ご紹介のブログ、早速見にいってみますね。まぁ、見てもちんぷんかんぷんかもしれませんが。

オプションの手法は、まだ進化していくかもしれませんね。

オプション

>staygoldさん

トラックバックありがとうございました. 以前よりときおり拝読しておりました. 独自の数理的な分析がたいへん参考になります.

何に投資するにせよ, 中身を精査しなければならないとは, そのとおりですね. 地道な作業が伴いますが投資家の義務だと思います. 甘いセリフが散りばめられたパンフレットの太字だけ見て意思決定していては, 危ないですよね(斜めに見て真意を読み解くのは面白いですが). 法学部出身の友人からもらったアドバイスは, 「米粒みたいな小さい文字ほどよく読んでおけよ」でした.

>すみパパさん

今はせいぜいインデックス投資くらいしかしていないのですが, 暇があればオプションについてもきちんと勉強してみたいと思っています. 「うまく飼いならせばもう株や先物には戻れません」とはずいぶん興味がそそられるお言葉です. すみパパさんのブログも読みたいと思ったのですが, 検索しても見当たりませんでした. URLをお教えくだされば幸いです.

しんのすけさん
はじまして。
こちらの方も、以前海外ETFの記事でTBをもらってから、ときおり拝見させてもらってます。

投資は最後は自己責任ですからね。

パンフレットを斜めに見るってのは面白いかもしれませんね。
自分が買いたいかどうかは別にして、パンフレットや金融雑誌の広告を見る時は、売れそうな商品だなとか、魅力がなかったり伝え方が下手で売れなさそうな商品だなとかと、とかいった視点でみることもあります。

すみパパさんのブログは、個人投資家のオプションブログとしては、一二を争う良ブログでした。
しかし、多くのオプション投資家の惜しむ声のなか、ブログはやめられてしまいました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/tb.php/307-ece70250

アクセス解析アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。